フランク・バイオーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ヴァイオーラ
Frank Viola
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ヘンプステッド
生年月日 1960年4月19日(54歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
209 lb =約94.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 MLBドラフト2巡目
初出場 1982年7月6日
最終出場 1996年5月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フランク・ジョン・ヴァイオーラFrank John Viola, 1960年4月19日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ニューヨーク州ヘンプステッド出身。ニックネームは「Sweet Music」。

経歴[編集]

ミネソタ・ツインズ[編集]

1978年ドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから16巡目に指名を受けるが契約せず。1981年のドラフトでミネソタ・ツインズから2巡目に指名を受け入団。1982年6月6日ボルティモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。8月24日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初完封を達成するが、その後6連敗を喫し、4勝10敗・防御率5.21に終わる。1983年も7勝15敗・防御率5.49に留まった。本拠地メトロドームは本塁打が出やすいこともあり、被本塁打は2年間で56に上った。1984年に18勝10敗・防御率3.21・4完封を記録し、サイ・ヤング賞の投票で6位に入った。1985年も18勝を挙げ、エースに成長する。1987年に17勝10敗・防御率2.90を記録し、チームの17年ぶりの地区優勝に貢献。デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは1勝を挙げ、22年ぶりのリーグ優勝を果たす。セントルイス・カーディナルスとのワールドシリーズでは3試合に先発して2勝を挙げ、チームは4勝3敗でカーディナルスを破ってワシントン・セネタース時代の1924年以来、ミネアポリス移転後初のワールドチャンピオンに輝き、シリーズMVPに選出された。サイ・ヤング賞の投票では6位。1988年5月1日5月6日ボストン・レッドソックス戦で連続完封勝利。前半戦で9連勝を記録するなど14勝を挙げ、自身初のオールスターゲームに選出され、先発投手を務めた。24勝7敗・防御率2.64の成績で最多勝のタイトルを獲得、サイ・ヤング賞も初受賞した。1989年は開幕から5連敗を喫するなど不調で、7月31日リック・アギレラケヴィン・タパーニデイヴィッド・ウエスト(後にダイエー)ら5選手との交換トレードでニューヨーク・メッツに移籍。

ニューヨーク・メッツ[編集]

移籍後は5勝を挙げ、シーズン通算で13勝17敗・防御率3.66。261イニングと211奪三振は共にキャリアハイとなった。1990年は開幕から7連勝するなど好調を維持し、2度目のオールスターゲームに出場。20勝12敗・防御率2.67を記録し、サイ・ヤング賞の投票で3位に入った。1991年は前半戦で10勝を挙げ、2年連続でオールスターゲームに出場するが、後半戦は終盤で7連敗を喫するなど3勝10敗・防御率5.53と不調で、13勝15敗・防御率3.97に留まり、被安打259はリーグ最多だった。オフにフリーエージェントとなる。同年、トレード移籍時の交換相手であるタパーニは先発投手として、アギレラはクローザーとしてツインズのワールドシリーズ制覇に大きく貢献し、メッツにとっては悔やまれる結果となった。

ボストン・レッドソックス[編集]

1992年1月2日にレッドソックスと契約。本拠地フェンウェイ・パークは左翼が狭く、伝統的に左投手には不利な球場だが、1年目は13勝12敗・防御率3.44、1993年は11勝8敗・防御率3.14とまずまずの成績を残した。1994年は故障で5月3日を最後に戦線離脱。6試合の登板で1勝に終わり、オフにフリーエージェントとなった。

以後[編集]

1995年4月24日トロント・ブルージェイズと契約するが、メジャーでの登板は無く7月25日に解雇。同日シンシナティ・レッズと契約し、3試合に先発するが0勝に終わり、再びフリーエージェントに。1996年2月22日にブルージェイズと契約するが、シーズン初登板で10失点を喫するなど1勝3敗・防御率7.71と結果を残せず、6月5日に解雇され、そのまま引退した。

引退後は、フロリダ州オーランドの学校でコーチを務めている。

長女ブリタニーは飛込競技選手で、2004年アテネオリンピックのアメリカ代表候補にもなり、息子の同名ジュニアはシカゴ・ホワイトソックスのマイナーで父と同じ投手としてプレイ、二女カリーもバレーボールの選手として活躍。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 MIN 22 22 3 1 1 4 10 0 -- .286 543 126.0 152 22 38 2 0 84 4 1 77 73 5.21 1.51
1983 35 34 4 0 0 7 15 0 -- .318 949 210.0 242 34 92 7 8 127 6 2 141 128 5.49 1.59
1984 35 35 10 4 1 18 12 0 -- .600 1047 257.2 225 28 73 1 4 149 6 1 101 92 3.21 1.16
1985 36 36 9 0 2 18 14 0 -- .563 1059 250.2 262 26 68 3 2 135 6 2 136 114 4.09 1.32
1986 37 37 7 1 0 16 13 0 -- .552 1053 245.2 257 37 83 0 3 191 12 0 136 123 4.51 1.38
1987 36 36 7 1 0 17 10 0 -- .630 1037 251.2 230 29 66 1 6 197 1 1 91 81 2.90 1.18
1988 35 35 7 2 1 24 7 0 -- .774 1031 255.1 236 20 54 2 3 193 5 1 80 75 2.64 1.14
1989 24 24 7 1 3 8 12 0 -- .400 731 175.2 171 17 47 1 3 138 5 1 80 74 3.79 1.24
NYM 12 12 2 1 2 5 5 0 -- .500 351 85.1 75 5 27 3 1 73 3 0 35 32 3.38 1.20
'89計 36 36 9 2 5 13 17 0 -- .433 1082 261.0 246 22 74 4 4 211 8 1 115 106 3.66 1.23
1990 35 35 7 3 0 20 12 0 -- .625 1016 249.2 227 15 60 2 2 182 11 0 83 74 2.67 1.15
1991 35 35 3 0 0 13 15 0 -- .464 980 231.1 259 25 54 4 1 132 6 1 112 102 3.97 1.35
1992 BOS 35 35 6 1 0 13 12 0 -- .520 999 238.0 214 13 89 4 7 121 12 2 99 91 3.44 1.27
1993 29 29 2 1 0 11 8 0 -- .579 787 183.2 180 12 72 5 6 91 5 0 76 64 3.14 1.37
1994 6 6 0 0 0 1 1 0 -- .500 136 31.0 34 2 17 0 0 9 2 0 17 16 4.65 1.65
1995 CIN 3 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 64 14.1 20 3 3 1 0 4 1 0 11 10 6.28 1.60
1996 TOR 6 6 0 0 0 1 3 0 -- .250 150 30.1 43 6 21 3 2 18 1 0 28 26 7.71 2.11
通算:15年 421 420 74 16 10 176 150 0 -- .540 11933 2836.1 2827 294 864 39 48 1844 86 12 1303 1175 3.73 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 16 (1982年 - 1989年, 1992年 - 1994年)
  • 26 (1989年)
  • 29 (1990年 - 1991年)
  • 44 (1995年)
  • 19 (1996年)

外部リンク[編集]