ハリー・フーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・フーパー
Harry Hooper
Harry Hooper 1915.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
生年月日 1887年8月24日
没年月日 1974年12月18日(満87歳没)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1908年
初出場 1909年4月16日
最終出場 1925年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1971年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ハリー・フーパーHarry Bartholomew Hooper, 1887年8月24日 - 1974年12月18日)は、1910年代 - 1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは右翼手カリフォルニア州ベルステーション生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"Hoop"(フープ)。1910年代レッドソックスでリードオフマンを務め、4度のワールドシリーズ制覇に貢献した守備的外野手。

経歴[編集]

カリフォルニア大学セントメリー校在学中の1908年にボストン・レッドソックスと契約、大学卒業時には、フーパーは工学の学位を持っていた。翌1909年にメジャーデビューし81試合に出場、打率.282を記録する。スライディング・キャッチを得意としていたフーパーはその守備力を買われ、2年目の1910年には右翼手としてレギュラーに定着、攻撃ではリードオフマンを務めるようになる。また同年は左翼手としてセントメリー校の後輩だったダフィー・ルイスが入団、中堅手トリス・スピーカーが打率.340を記録しブレイクした年でもある。以後彼ら3人は『100万ドルの外野陣』として名を馳せる。ルイス、スピーカー、フーパーのトリオは1915年までレッドソックスの不動の外野として活躍し、チーム1912年と1915年の二度のワールドシリーズ制覇に導いている。

その後1919年にはレッドソックスのキャプテンを務めるなどチームの中心選手となり、レッドソックスでのワールドシリーズ出場は計4度を数える。レッドソックス時代はほぼ毎年100近い得点を上げ、三塁打数は1912年から7年続けて2桁を記録するなどコンスタントに活躍していた。三塁打数と盗塁数については、2006年現在もレッドソックスの球団記録を保持している。

1921年のシーズン始めにホワイトソックスに移籍。レッドソックス時代の走力には衰えがあったものの1924年には自身最高の打率.327をマークした。1925年に引退。1971年にベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出した。1974年カリフォルニア州サンタクルスで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

































O
P
S
2309 8785 2466 389 160 75 1429 817 375 412 1136 76 247 .281 .368 .387 .755

投手成績[編集]

  • 通算:1試合、0勝0敗、投球回2.0、三振0、被安打2、与四球1、防御率0.00

獲得タイトル・記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:4回 (1912年、1915年、1916年、1918年)
  • 通算三塁打数:130(レッドソックス球団記録)
  • 通算盗塁数:300(レッドソックス球団記録)

特筆・エピソード[編集]

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]