本塁打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イチローの本塁打

本塁打(ほんるいだ)、ホームラン英語: Home Run)とは、野球における打者記録スポーツ新聞紙上などではHRと略される事がある。

定義[編集]

打者が正規の打撃を行ったもののうち、次のいずれかの場合を本塁打という。

  1. 打者が打った正規の打球が、地面かあるいは「野手以外のもの」に触れることなく(これを「インフライトの状態」という)、両翼のファウルラインとフェンスの交差地点の間(交差地点上を含む)を通過してプレイングフィールドの外へ出た場合。または、ファウルラインがフェンスと交差する地点から垂直に伸びるファウルポール、もしくはポールのフェアゾーン側に伸びている長さ数十センチメートルの金網に当たった場合[1]。「プレイングフィールドの外へ出る」とは、スタンドに入ること、更にはスタンドを越して球場外へ出ること(場外本塁打)を意味する。審判員によって「ホームラン」が宣告される。
  2. 審判員が明らかに上記1になるであろうと判断した打球に対して、野手が、グローブや帽子などを本来身につけるべき場所から外して投げつけ、現実に打球の進路を変えた場合。ただし、投げつけても、打球に当たらなければそのまま競技続行である。
  3. 打者が打った打球のうち、一度でも地面に落ちたフェアボールを守備側が失策を伴うことなく処理する間に、打者走者が本塁まで進塁した場合。これを特にランニングホームラン英語ではinside-the-park home runまたはinside-the-park homer)というが、記録上は上記1、2の本塁打と区別されない。

上記1、2の場合はボールデッドとなり、審判員は右手を頭上で回すジェスチャーとともに「ホームラン」と宣告する。この宣告により、打者を含めた全ての走者には本塁までの安全進塁権が与えられる。走者は本塁まで正規の走塁を行うことにより、その数だけ得点することができる。打者走者が正規に本塁まで走塁し得点が認められたとき、打者に本塁打が記録される。上記3はボールインプレイであり、審判員の「ホームラン」の宣告はない。

  • 「インフライトの状態」とは、打者が打った打球がまだ地面かあるいは「野手以外のもの」に触れていない状態をいうので、一度野手に触れた後、地面に落ちることなくスタンドに入った場合も、「インフライトの状態でプレイングフィールドの外へ出た」ことになる。すなわち、フェア地域で野手に触れた打球で、まだ地面に落ちていないものが上記の定義1、2に該当する場合は本塁打であり、審判員によって「ホームラン」が宣告される[2]
    ただし、一度野手が触れた打球は、その時点でフェアかファウルかが確定する[3]。したがって、野手がファウルグラウンドで打球に触れ、インフライトの状態のままフェアゾーン側のスタンドに入った場合は、ファウルボールである。一方、野手がフェアグラウンドで打球に触れ、インフライトの状態のままファウルゾーン側のスタンドに入った場合は、ボールデッドになり、審判員によって二塁打(エンタイトルツーベース)が宣告される[4]

野手がフェンスによじ登って、あるいはフェンスの上に登りジャンプして捕球を試みることも許されてはいる。フェンスによじ登った野手が、本塁打になりそうな打球をプレイングフィールド内で捕球した場合は、捕球したままプレイングフィールド内に残ればアウト、打球に触れたが、ボールがグラウンドに落ちた場合はボールインプレイとなる。また、捕球した選手ごとスタンドへ入ってしまった場合、審判員が正規の捕球とみなされなければ本塁打、正規の捕球の後にスタンドに入ったと判定した場合は、打者はアウトになり、ボールデッドとなって、無死もしくは一死の場合は塁上の走者に1個の安全進塁権(テイクワンベース)が与えられる[5](1979年公認野球規則に2.15「キャッチ」【原注】が書き加えられたが、アウトになるルール自体が改正されたわけではない)。

なお、フェンスによじ登るなどしている野手は危険を承知でプレイしているものとみなされ、このような状況で野手が観衆の妨害を受けたとしても、審判員によって妨害が宣告されることはない。ただし、観衆がフェンスを超えてプレイングフィールド側に手を出して野手を妨害したり打球に触れたりした場合は、審判員によって妨害が宣告され、ボールデッドとなる。審判員は、妨害がなければ競技はどのような状態になったかを判断して、ボールデッド後の処置をとる[6]

打球が外野フェンスの頂上に当たった場合はその時点でフェアとなるが、はねた打球がスタンドに入ったとき、それを本塁打と判定するかどうかについてはグラウンドによって事情が異なる。一般には、本塁打と判定するための境界線がフェンスの頂上に設定されているため、打球がその後スタンドに入るかポールに触れた場合は本塁打、プレイングフィールドに落下または野手が処理した場合はインプレーとなるが、例えばフェンス上に設置されている手すりなどがある場合の扱いは各野球場で定められており、この場合はその定められた境界線をフェンスの頂上に準ずるものとして扱う。

ドーム球場のフェア地域の天井や懸垂物などにボールが当たったり挟まったりした場合、その場所によって本塁打と認定するなど各球場ごとにグラウンドルールが定められている。詳しくはドーム球場の特別ルールの項を参照のこと。

アベック本塁打[編集]

アベック本塁打(アベック砲、アベック弾、アベックホームラン、アベックホーマー、アベックアーチ)とは、同じ球団の2人の選手が同じ試合で放った本塁打をいう。試合毎に回数で数える。1つの試合の中で一方又は双方の選手が複数の本塁打を放って達成した場合も1回と数える。2人の強打者が同時期に同球団に所属していなければ多く発生しない。

王貞治長嶋茂雄ON砲巨人)による106回、山本浩二衣笠祥雄YK砲広島)による86回、野村克也ケント・ハドリ南海)の70回、秋山幸二清原和博AK砲西武)による62回が有名である。

サイクル本塁打[編集]

日本プロ野球およびアメリカ・メジャーリーグベースボールにおいて「一試合に」一人でソロ、2ラン、3ラン、満塁の4種類の本塁打(サイクルホームラン)を打った者は未だにいない。1999年4月18日中日レオ・ゴメス東京ドームで行われた対巨人戦で2回にソロ、3回に3ラン、5回に2ランを放ち、その後8回の5打席目に満塁の場面で打席が回ったが空振り三振に倒れ記録達成はならなかった。

ただし「一日に」一人で上記の4種類の本塁打は、1979年5月27日にヤクルトのジョン・スコット甲子園球場で行われた阪神とのダブルヘッダーで2試合に跨る形で記録している(第1試合の1回に小林繁から2ラン、9回に江本孟紀から満塁、第2試合の8回に山本和行からソロ、9回に安仁屋宗八から3ラン)。

アメリカのマイナーリーグでは達成者がおり、1998年7月27日に行われたカージナルス傘下の2A級アーカンソー・トラベラーズ対サンアントリオ・ミッションズ戦で、トラベラーズのタイロン・ホーンが1回に2ラン、2回に満塁、5回にソロ、6回に3ランと一人で4本塁打、10打点という記録を残している。

チームでの記録としては過去多数。

ホームランボールの扱い[編集]

  • 日本のプロ野球ではホームランボールは原則としてキャッチした観客のものとなる。『原則として』とあるのはその選手にとって区切りの本数(通算100号、シーズン本塁打記録更新など)の場合は打った選手に渡る場合があるためである。
  • 高校野球では夏の甲子園では打った選手のものとなる。ホームランが生まれると、そのホームランボールは係員によって回収され、そのボールに『大会名・試合日・高校名・選手名』を書きこんだあと、試合終了後にホームランを打った選手本人の手に渡る。地方大会の場合は都道府県により対応が異なる。

本塁打数に関する記録[編集]

通算本塁打の日本プロ野球記録を持つ王貞治

日本プロ野球[編集]

最多本塁打[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 本塁打数 順位 選手名 本塁打数
1 王貞治 868 11 田淵幸一 474
2 野村克也 657 12 土井正博 465
3 門田博光 567 13 T.ローズ 464
4 山本浩二 536 14 長嶋茂雄 444
5 清原和博 525 15 秋山幸二 437
6 落合博満 510 16 小久保裕紀 413
7 張本勲 504 17 中村紀洋 404
衣笠祥雄 18 山崎武司 403
9 大杉勝男 486 19 山内一弘 396
10 金本知憲 476 20 大島康徳 382
原辰徳
  • 記録は2013年シーズン終了時[7]

シーズン記録[編集]

個人[編集]
順位 選手名 所属球団 本塁打数 記録年 備考
1 W.バレンティン 東京ヤクルトスワローズ 60 2013年 セ・リーグ記録
2 王貞治 読売ジャイアンツ 55 1964年
T.ローズ 大阪近鉄バファローズ 2001年 パ・リーグ記録
A.カブレラ 西武ライオンズ 2002年 パ・リーグ記録
5 R.バース 阪神タイガース 54 1985年
6 野村克也 南海ホークス 52 1963年
落合博満 ロッテオリオンズ 1985年
8 小鶴誠 松竹ロビンス 51 1950年
王貞治 読売ジャイアンツ 1973年
T.ローズ 大阪近鉄バファローズ 2003年
  • 記録は2013年シーズン終了時[8]
チーム[編集]
順位 球団名 本塁打数 記録年 備考
1 読売ジャイアンツ 259 2004年 セ・リーグ記録
2 近鉄バファローズ 239 1980年 パ・リーグ記録
3 読売ジャイアンツ 226 2010年
4 西武ライオンズ 219 1980年
阪神タイガース 1985年
6 近鉄バファローズ 212 1985年
7 大阪近鉄バファローズ 211 2001年
8 広島東洋カープ 205 1978年
読売ジャイアンツ 2003年
10 阪急ブレーブス 204 1980年

個人月間記録[編集]

選手名 所属球団 本塁打数 記録月
W.バレンティン 東京ヤクルトスワローズ 18 2013年8月

個人1試合記録[編集]

選手名 所属球団 本塁打数 記録日 対戦相手 球場
岩本義行 松竹ロビンス 4 1951年8月1日 大阪タイガース 上田市営球場
王貞治 読売ジャイアンツ 1964年5月3日 阪神タイガース 後楽園球場
T.ソレイタ 日本ハムファイターズ 1980年4月20日 南海ホークス 大阪球場
N.ウィルソン 日本ハムファイターズ 1997年6月21日 近鉄バファローズ 大阪ドーム
古田敦也 ヤクルトスワローズ 2003年6月28日 広島東洋カープ 広島市民球場

年齢別シーズン最多本塁打数[編集]

年齢 所属 選手名 本数
17歳 国鉄スワローズ 金田正一 1本 1950年
18歳 西鉄ライオンズ 豊田泰光 27本 1953年
19歳 西武ライオンズ 清原和博 31本 1986年
20歳 西鉄ライオンズ 中西太 36本 1953年
21歳 西鉄ライオンズ 中西太 31本 1954年
西武ライオンズ 清原和博 1988年
国鉄スワローズ 町田行彦 1955年
22歳 読売ジャイアンツ 王貞治 38本 1962年
読売ジャイアンツ 松井秀喜 1996年
23歳 読売ジャイアンツ 王貞治 40本 1963年
西武ライオンズ 秋山幸二 1985年
24歳 読売ジャイアンツ 王貞治 55本 1964年
25歳 埼玉西武ライオンズ 中村剛也 46本 2008年
26歳 読売ジャイアンツ 王貞治 48本 1966年
埼玉西武ライオンズ 中村剛也 2009年
27歳 読売ジャイアンツ 王貞治 47本 1967年
28歳 南海ホークス 野村克也 52本 1963年
29歳 東京ヤクルトスワローズ W.バレンティン 60本 2013年
30歳 西武ライオンズ A.カブレラ 49本 2001年
31歳 西武ライオンズ A.カブレラ 55本 2002年
32歳 ロッテオリオンズ 落合博満 52本 1985年
33歳 大阪近鉄バファローズ T.ローズ 55本 2001年
34歳 読売ジャイアンツ 王貞治 49本 1974年
35歳 大阪近鉄バファローズ T.ローズ 51本 2003年
36歳 読売ジャイアンツ 王貞治 49本 1976年
読売ジャイアンツ A.ラミレス 2010年
37歳 読売ジャイアンツ 王貞治 50本 1977年
38歳 読売ジャイアンツ 王貞治 39本 1978年
ロッテオリオンズ J.アルトマン 1971年
松竹ロビンス 岩本義行 1950年
39歳 東北楽天ゴールデンイーグルス 山崎武司 43本 2007年
40歳 南海ホークス 門田博光 44本 1988年
41歳 東北楽天ゴールデンイーグルス 山崎武司 39本 2009年
42歳 オリックス・ブレーブス 門田博光 31本 1990年
43歳 読売ジャイアンツ 落合博満 21本 1996年
44歳 福岡ダイエーホークス 門田博光 7本 1992年
45歳 西武ライオンズ 野村克也 4本 1980年


  • 上記表の年齢はそのシーズンが開催される年に達する満年齢である。豊田泰光、町田行彦、岩本義行、門田博光は早生まれであり、アルトマンも日本の学齢に合わせると早生まれとなる。
  • 最年長本塁打の記録は岩本義行の45歳5ヶ月である。

メジャーリーグベースボール[編集]

通算本塁打のメジャーリーグ記録を持つバリー・ボンズ

最多本塁打[編集]

個人通算記録[編集]

順位 選手名 本塁打数 順位 選手名 本塁打数
1 バリー・ボンズ 762 11 ハーモン・キルブリュー 573
2 ハンク・アーロン 755 12 ラファエル・パルメイロ 569
3 ベーブ・ルース 714 13 レジー・ジャクソン 563
4 ウィリー・メイズ 660 14 マニー・ラミレス 555
5 アレックス・ロドリゲス 654 15 マイク・シュミット 548
6 ケン・グリフィー・ジュニア 630 16 ミッキー・マントル 536
7 ジム・トーミ 612 17 ジミー・フォックス 534
8 サミー・ソーサ 609 18 ウィリー・マッコビー 521
9 フランク・ロビンソン 586 フランク・トーマス
10 マーク・マグワイア 583 テッド・ウィリアムズ
  • 記録は2013年シーズン終了時[9]

個人シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 本塁打数 記録年 備考
1 バリー・ボンズ サンフランシスコ・ジャイアンツ 73 2001年 ナ・リーグ記録
2 マーク・マグワイア セントルイス・カージナルス 70 1998年
3 サミー・ソーサ シカゴ・カブス 66 1998年
4 マーク・マグワイア セントルイス・カージナルス 65 1999年
5 サミー・ソーサ シカゴ・カブス 64 2001年
6 サミー・ソーサ シカゴ・カブス 63 1999年
7 ロジャー・マリス ニューヨーク・ヤンキース 61 1961年 ア・リーグ記録
8 ベーブ・ルース ニューヨーク・ヤンキース 60 1927年
9 ベーブ・ルース ニューヨーク・ヤンキース 59 1921年
10 ジミー・フォックス フィラデルフィア・アスレチックス 58 1932年
ハンク・グリーンバーグ デトロイト・タイガース 1938年
マーク・マグワイア アスレチックス→カージナルス 1997年
ライアン・ハワード フィラデルフィア・フィリーズ 2006年

被本塁打[編集]

被本塁打とは、投手打者に打たれた本塁打のことを言う。ただし、投手によって投球回が違うため、被本塁打数が多いからといって一概に本塁打をよく打たれる投手とは言えない。そのため、本塁打を打たれやすいかどうかは、被本塁打率(被本塁打数÷投球回×9)で比べることが多い。この率が低ければ低いほど本塁打を打たれにくい投手と言えるが、単年での被本塁打率は当てにならないと言われている[10]

NPB被本塁打記録[編集]

通算記録
順位 選手名 被本塁打数 被本塁打率 投球回
1 鈴木啓示 560 1.10 4600.1
2 山田久志 490 1.14 3865
3 東尾修 412 0.91 4086
4 北別府学 380 1.10 3113
5 金田正一 379 0.62 5526.2
6 平松政次 374 1.00 3360.2
7 米田哲也 370 0.65 5130
8 小山正明 365 0.67 4899
9 工藤公康 362 0.98 3336.2
10 柳田豊 359 1.37 2357.2
シーズン記録
順位 選手名 所属球団 記録年 被本塁打数 被本塁打率 投球回
1 池谷公二郎 広島東洋カープ 1977年 48 1.91 226 セ・リーグ記録
2 金田留広 東映フライヤーズ 1971年 42 1.41 268 パ・リーグ記録
高橋里志 広島東洋カープ 1977年 1.33 284.2
井本隆 近鉄バファローズ 1980年 1.84 205.2 パ・リーグ記録
山田久志 阪急ブレーブス 1985年 1.70 222.1 パ・リーグ記録
6 鈴木啓示 近鉄バファローズ 1968年 41 1.03 359
柳田豊 近鉄バファローズ 1980年 1.75 211.1
小野和義 近鉄バファローズ 1986年 1.88 195.1
9 平松政次 大洋ホエールズ 1976年 40 1.38 260.1
10 真田重男 松竹ロビンス 1950年 39 0.89 395.2
鈴木啓示 近鉄バファローズ 1971年 1.20 291.1
遠藤一彦 横浜大洋ホエールズ 1984年 1.27 276.2
山内孝徳 南海ホークス 1986年 1.66 211.1
1試合記録
選手名 所属球団 被本塁打数 記録日 対戦相手
川崎徳次 読売ジャイアンツ 8 1949年4月26日 大映スターズ

注釈[編集]

  1. ^ 公認野球規則7.05(a)
  2. ^ 俗にアシストホームランと呼ばれ、元福岡ダイエーホークス岸川勝也鈴木貴久の、元読売ジャイアンツ松本匡史ボブ・ホーナーの放った打球を本塁打にしてしまっている。ホセ・カンセコは、カルロス・マルティネスの放った打球が頭に当たり、これがフェンス外側へ飛んで、結果本塁打にしてしまったことがある。その他、大豊泰昭山田勉もホームランをアシストしてしまったことがある。
  3. ^ 公認野球規則2.25(e), 2.32(d)
  4. ^ 公認野球規則7.05(f)(1)
  5. ^ 公認野球規則7.04(c)
  6. ^ 公認野球規則3.16
  7. ^ NPB 通算本塁打記録 - 日本野球機構オフィシャルサイト(シーズン中は毎日更新)
  8. ^ NPB シーズン本塁打記録 - 日本野球機構オフィシャルサイト
  9. ^ MLB 通算本塁打記録 - Baseball-Reference.com
  10. ^ When do stats become meaningful?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]