エド・バロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エド・バローEdward Grant Barrow, 1868年5月10日 - 1953年12月15日)は、アメリカメジャーリーグの元監督、後に球団経営者。イリノイ州スプリングフィールド生まれ。1920年から1940年代のニューヨーク・ヤンキースの躍進を支えた人物。

来歴・人物[編集]

最初新聞社で働いていたバローは、1894年にインターナショナルリーグのホイーリングで監督をつとめ、野球界とかかわりを持つようになる。マイナーリーグ球団の監督をしていた1890年代に、バローは後に名選手となるホーナス・ワグナーを見出したとされる。1902年までマイナー球団のオーナーだったが、1903年から2年間デトロイト・タイガースの監督をつとめている。その後1910年にイースタンリーグの理事長となり、1918年にはボストン・レッドソックスの監督に就任、チームを1年目にワールドシリーズ制覇に導く。

しかし1920年に当時のレッドソックスのオーナーだったハリー・フレイジーは、財政難からチームの看板選手だったベーブ・ルースをヤンキースに放出、バローもこの年限りで監督をやめ、ヤンキースのゼネラルマネージャー職をつとめるようになる。彼はヤンキースの選手達に厳しい規律を科し、また元々所属していたレッドソックスから次々と主力選手をトレードすることでチームを強化していく。また同時期に球団経営に関わっていたジョージ・ワイスのファーム整備の効果もあり、1921年から1945年の25年間で、ヤンキースはリーグ制覇を14回、10度のワールドシリーズ制覇という常勝の球団となった。

1939年にヤンキースの球団代表となり、1945年に球団がラリー・マクフェイルらに売却されると球団の取締役となったが、2年ほどで引退した。1953年アメリカ野球殿堂入りし、同年12月にニューヨークで死去した。

監督としての戦績[編集]

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1903年 DET AL 137 65 71 .478 5位
1904年 84 32 46 .410 7位
1918年 BOS 126 75 51 .595 1位 WS優勝
1919年 138 66 71 .482 6位
1920年 154 72 81 .471 5位
通算 639 310 320 .492

出典・外部リンク[編集]