打数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

打数(だすう、:At bat)は、野球において打席数から四死球犠打犠飛打撃妨害走塁妨害の数を除いたものである。

概要[編集]

打率長打率本塁打率等は、打数を分母または分子としており、打撃成績を述べる上で常に言及される為に注目度の高い記録である。アメリカメジャーリーグ及び日本プロ野球においても、1957年規定打席が導入されるまでは「規定打数」が用いられていた。NPBの個人通算記録のうち、打率[1]と長打率[2]の規定は4000打数以上である。

打数に関する個人記録[編集]

日本プロ野球[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 打数 順位 選手名 打数
1 野村克也 10472 11 谷繁元信 8501
2 張本勲 9666 12 高木守道 8367
3 衣笠祥雄 9404 13 大島康徳 8105
4 王貞治 9250 14 長嶋茂雄 8094
5 金本知憲 8915 15 山本浩二 8052
6 門田博光 8868 16 秋山幸二 7997
7 福本豊 8745 17 山崎裕之 7845
8 立浪和義 8716 18 中村紀洋 7841
9 土井正博 8694 19 清原和博 7814
10 石井琢朗 8638 20 榎本喜八
大杉勝男
7763
  • 記録は2013年シーズン終了時点[3]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打数 記録年 備考
1 広瀬叔功 南海ホークス 626 1963年 パ・リーグ記録
2 荒木雅博 中日ドラゴンズ 623 2005年 セ・リーグ記録
3 佐々木信也 高橋ユニオンズ 622 1956年 NPB新人記録
4 M.マートン 阪神タイガース 613 2010年
5 石井琢朗 横浜ベイスターズ 612 2005年
6 清水隆行 読売ジャイアンツ 609 2002年
坂本勇人 読売ジャイアンツ 2010年
8 仁志敏久 読売ジャイアンツ 608 2004年
9 石井琢朗 横浜ベイスターズ 604 2006年
10 A.ラミレス 東京ヤクルトスワローズ 603 2006年
川崎宗則 福岡ソフトバンクホークス 2011年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[4]

1試合記録[編集]

  • 7 - 記録多数

1イニング記録[編集]

選手名 所属球団 打数 記録日 対戦相手 イニング
大松尚逸 千葉ロッテマリーンズ 3 2009年6月11日 広島東洋カープ 6回裏

メジャーリーグベースボール[編集]

通算記録[編集]

順位 選手名 打数 順位 選手名 打数
1 ピート・ローズ 14053 11 ウィリー・メイズ 10881
2 ハンク・アーロン 12364 12 クレイグ・ビジオ 10876
3 カール・ヤストレムスキー 11988 13 ポール・モリター 10835
4 カル・リプケン 11551 14 ブルックス・ロビンソン 10654
5 タイ・カッブ 11434 15 デレク・ジーター 10614
6 エディ・マレー 11336 16 オマー・ビスケル 10586
7 ロビン・ヨーント 11008 17 ラファエル・パルメイロ 10472
8 デーブ・ウィンフィールド 11003 18 ホーナス・ワグナー 10439
9 スタン・ミュージアル 10972 19 ジョージ・ブレット 10349
10 リッキー・ヘンダーソン 10961 20 ルー・ブロック 10332
  • 記録は2013年シーズン終了時点[5]

シーズン記録[編集]

順位 選手名 所属球団 打数 記録年 備考
1 ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 716 2007年 ナ・リーグ記録
2 ウィリー・ウィルソン カンザスシティ・ロイヤルズ 705 1980年 ア・リーグ記録
3 イチロー シアトル・マリナーズ 704 2004年
4 フアン・サミュエル フィラデルフィア・フィリーズ 701 1984年
5 デーブ・キャッシュ フィラデルフィア・フィリーズ 699 1975年
フアン・ピエール シカゴ・カブス 2006年
7 マティ・アルー ピッツバーグ・パイレーツ 698 1969年
8 ウッディ・ジェンソン ピッツバーグ・パイレーツ 696 1936年
アルフォンソ・ソリアーノ ニューヨーク・ヤンキース 2002年
ホセ・レイエス ニューヨーク・メッツ 2005年
  • 記録は2013年シーズン終了時点[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]