スイッチヒッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野球におけるスイッチヒッター (switch hitter) は左右両方の打席でバッティングを行う選手を指す。

ボクシングで右構えと左構えの両方で自在に戦える選手(例えばマービン・ハグラーナジーム・ハメドなど)もスイッチヒッターと呼ばれることがある。

概説[編集]

野球では、投手の利き腕に対し逆の打席の方が、一般に打者に有利とされる。このためスイッチヒッターは、投手が右投げの場合は左打席に、左投げの場合は右打席に立つことが多い。また、ルール上は途中で打席を変えることもできる(例えば、はじめ右打席に立った後、相手投手が1球投げてから、その後左打席に変える等)。日本プロ野球では柿本実中日)が1963年8月28日の対阪神戦の第1打席(投手は村山実)で1球ごとに打席を替え、6球目に三振したという例がある[注釈 1]

日本では、足が速く長打力の無い右打ちの選手が、一塁に近いなどの理由で出塁に有利とされる左打ちをするためスイッチヒッターに転向するケースが多い。元々左打者であった選手が左投手に苦しんだために右打席も練習して、スイッチヒッターに転向するパターンもあるが、左打ちの方が得が多いために少なく、特に左投げのスイッチヒッターは希少である。一方、米国ではマーク・テシェイラランス・バークマンのような長距離砲のスイッチヒッターも珍しくない。

日本では、近年は俊足の選手が右打ちから左打ちに転向する際には一度スイッチを経て、右打ちを捨てて左打者専門になるケースが多くなってきており、スイッチヒッターは減少傾向である[要出典]。米国ではいろいろなことが出来る、いわゆる便利屋型の選手の方がチャンスをたくさん与えてもらえるため、メジャーでの出場機会増加のため、スイッチヒッターに転向するケースも多い。

スイッチヒッターは左右両方で打撃を行うため、バットスイングによる体のゆがみが悪化しにくくスポーツ障害を起こしにくいと言われている。そのため最近では本来の打席と反対の打席で打撃練習をすることがよく行われるようになっている。

最初のスイッチヒッターは1871年から1874年にかけてニューヨーク・ミューチュアルズなどでプレーしたボブ・ファーガソンに遡る。両打席で打率長打率を併せ持った成績を挙げる選手はミッキー・マントル(1951年 - 1968年にプレー)まで現れなかった。[1]

主なスイッチヒッター[編集]

MLB[編集]

現役選手[編集]

引退選手[編集]

スイッチヒッターのシーズン最高記録[編集]

  • スイッチヒッターのシーズン最高打率(.418)
タック・ターナー(en)(フィラデルフィア・フィリーズ)(1894年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多本塁打(54本塁打)
ミッキー・マントルニューヨーク・ヤンキース)(1961年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多打点(144打点)
マーク・テシェイラテキサス・レンジャーズ)(2005年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多安打数(230安打)
ピート・ローズシンシナティ・レッズ)(1973年)
ウィリー・ウィルソンカンザスシティ・ロイヤルズ)(1980年)

スイッチヒッターのタイトル獲得者[編集]

トミー・タッカー(en)(1889年)
ミッキー・マントル(1956年)
ピート・ローズ(1968年、1969年、1973年)
ウィリー・ウィルソン(1982年)
ウィリー・マギー(1985年、1990年)
ティム・レインズ(1986年)
テリー・ペンドルトン(1991年)
バーニー・ウィリアムズ(1998年)
ビル・ミラー(2003年)
チッパー・ジョーンズ(2008年)
ミッキー・マントル(1955年、1956年、1958年、1960年)
エディ・マレー(1981年)
ハワード・ジョンソン(1991年)
マーク・テシェイラ(2009年)
ミッキー・マントル(1956年)
エディ・マレー(1981年)
ルーベン・シエラ(1989年)
ハワード・ジョンソン(1991年) 
ランス・バークマン(2002年)
マーク・テシェイラ(2009年)

日本プロ野球[編集]

現役選手[編集]

スイッチヒッター経験のある選手

引退選手[編集]

スイッチヒッターのシーズン最高記録[編集]

  • スイッチヒッターのシーズン最高打率(.34606)
金城龍彦(横浜)(2000年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多本塁打(44本塁打)
フェルナンド・セギノール(日本ハム)(2004年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多打点(108打点)
フェルナンド・セギノール(日本ハム)(2004年)
  • スイッチヒッターのシーズン最多安打数(206安打)
西岡剛(ロッテ)(2010年)

スイッチヒッターのタイトル獲得者[編集]

正田耕三(広島)(1987年、1988年)
西村徳文(ロッテ)(1990年)
金城龍彦(横浜)(2000年)
西岡剛(ロッテ)(2010年)
オレステス・デストラーデ(西武)(1990年 - 1992年)
ドゥエイン・ホージー(ヤクルト)(1997年)
フェルナンド・セギノール(日本ハム)(2004年)
オレステス・デストラーデ(西武)(1990年、1991年)
松井稼頭央(西武)(1999年、2002年)
西岡剛(ロッテ)(2010年)
スティーブ・オンティベロス(西武)(1983年、1984年)
松永浩美(阪急)(1989年)

韓国プロ野球[編集]

引退選手[編集]

フィクション[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、柿本は通常は右打の選手であり、スイッチヒッターではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年7月28日号68ページ「ベースボール雑学トリニティ アメリカ野球雑学概論」

関連項目[編集]