エドゥアルド・エスコバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルド・エスコバー
Eduardo Escobar
ミネソタ・ツインズ #5
Eduardo Escobar on April 5, 2013.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アラグア州ビヤ・デ・クラ
生年月日 1989年1月5日(26歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2006年 アマチュアFAでシカゴ・ホワイトソックスと契約
初出場 2011年9月2日、デトロイト・タイガース
年俸 $495,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エドゥアルド・エスコバーEduardo José Escobar, 1989年1月5日 - )は、ベネズエラアラグア州ビヤ・デ・クラ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投両打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

来歴・人物[編集]

2006年シカゴ・ホワイトソックスと契約。

2011年9月2日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビューし、初打席でジャスティン・バーランダーからメジャー初安打となる内野安打を放った[2]。この年は僅か9試合の出場ながら、打率.286をマークした。

2012年、ホワイトソックスで36試合に出場していたが、打率.207・3打点と不振に陥った。同年の7月28日、フランシスコ・リリアーノとのトレードで、ペドロ・ヘルナンデスと共にミネソタ・ツインズに移籍。ツインズ移籍後も数字は上向かず、打率は.227に留まった。一方で出場試合数 (14試合) の約半数にあたる数字・6の打点を稼いだ。守備面では、内野のユーティリティとして起用され、ホワイトソックス時代には外野守備にも就いた。

2013年も引き続きユーティリティとして起用され、66試合に出場した。シーズン打率こそ.236だったものの、左右どちらの打席でも一定の結果を出せるようになり、打撃面での安定度が増した[3]

2014年2月28日にツインズと1年契約に合意した[4]。この年は、ようやくショートのレギュラーに定着し、133試合の出場で98試合の遊撃守備に就いた。打撃面では打率.275・6本塁打・37打点という成績を残し、打率を大きく上昇させた。守備面ではショートで5失策・DRS - 6、サードでの25試合でも3失策・守備率.944・DRS - 1に終わり、精彩を欠いた。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 CWS 9 7 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .286 .286 .286 .571
2012 36 97 87 14 18 4 1 0 24 3 2 0 1 0 9 0 0 23 0 .207 .281 .276 .557
MIN 14 49 44 4 10 0 0 0 10 6 1 0 1 1 2 0 1 8 0 .227 .271 .227 .498
'12計 50 146 131 18 28 4 1 0 34 9 3 0 2 1 11 0 1 31 0 .214 .278 .260 .537
2013 66 179 165 23 39 5 2 3 57 10 0 2 2 1 11 0 0 34 0 .236 .282 .345 .628
通算:3年 125 332 303 41 69 9 3 3 93 19 3 2 4 2 22 0 1 66 0 .228 .280 .307 .587
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Eduardo Escobar Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月31日閲覧。
  2. ^ Chicago White Sox vs. Detroit Tigers - Play By Play - September 02, 2011. ESPN.com(英語). 2011年10月4日閲覧
  3. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、170頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  4. ^ Twins agree to terms with all players on 40-man roster”. MLB.com Twins Press Release (2014年2月28日). 2014年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]