ジョン・アンダーソン (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ジョセフ・アンダーソン
John Joseph Anderson
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー
エストフォル県サルプスボルグ
生年月日 1873年12月14日
没年月日 1949年7月23日(満75歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手一塁手
初出場 1894年9月8日
最終出場 1908年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・ジョセフ・アンダーソン(John Joseph Anderson、1873年12月14日 - 1949年7月23日)は、主に1890~1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは外野手一塁手ノルウェーサルプスボルグ生まれ。右投げ、スイッチヒッター。ニックネームは"Honest John"

メジャーリーグでは最初のノルウェー出身者で、1906年にアメリカンリーグ最多盗塁のタイトルを手にした。

来歴・人物[編集]

1894年、ニューイングランドのヘイバービルという球団の選手だったアンダーソンは、8月に400ドルの金銭で当時のブルックリン・グルームス(現ロサンゼルス・ドジャーズ)に入団する。すぐに外野のレギュラーとなり、毎年3割、30盗塁前後の成績を挙げられる選手だった。1898年、オーナーの意向で当時の強豪球団だったボルチモア・オリオールズから多くの選手がブルックリンに移って来る中、アンダーソンは5月に『条件つき移籍』でワシントン・セネタース(当時)に4ヶ月だけ所属し、再びブルックリンに復帰したという経歴を持っている。所属チームが代わる中で、アンダーソンはこの年リーグ最多の22本の三塁打を放ち、また長打率でリーグ1位という活躍をしている。

1901年にアメリカンリーグが発足するとミルウォーキー・ブルワーズ(現ボルチモア・オリオールズ)に移籍する。年齢とともに長打の数は減っていたが、1901年に記録した35盗塁はリーグ7位の成績だった。その後ニューヨーク・ハイランダース、ワシントン・セネタース(現ツインズ)と渡り歩き、1906年にセネタースで自身最多となる39盗塁を記録、この数はエルマー・フリックと並びリーグ最多であった。

チームを乗せる元気なプレーヤーだったが、それが過ぎたことがある。満塁の場面で盗塁してしまったのだ。それも1904年、1905年と2年連続である。1905年のほうは、1点差で迎えた9回2アウトという場面だった。1塁ランナーだったアンダーソンは突然走り出し、タッチアウトでゲームセットになってしまったのである。

1908年のシカゴ・ホワイトソックス在籍を最後にメジャーから退き、1949年にマサチューセッツ州で亡くなった。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後ろの"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1635 6341 1841 328 124 49 870 976 338 55* 310 53 64* .290 .329 .404

獲得タイトル・記録[編集]

  • アメリカンリーグ最多盗塁:1906年
  • 長打率リーグ1位:1898年 (.494)

出典・外部リンク[編集]