ボールカウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボールカウントとは、野球ソフトボール試合における投手打者との勝負に対する判定(ボールストライク)の記録である。単にカウントと呼ばれることも多い。

概要[編集]

打者はストライクを3回宣告されると三振(第3ストライクがきちんと捕球されなかった場合は即アウトにはならない。振り逃げを参照)、ボールを4回宣告されると四球となる。ボールカウントは、投手と打者の勝負の経過を表すものであり、投手有利か打者有利かを示すバロメーターとなっている。一般的にストライクが先行していれば投手有利、ボールが先行していれば打者有利と言われる。

  • 2ストライクになると、投手は「追い込んだ」、打者は「追い込まれた」と言われる。3ボールは逆に打者が「追い込んだ」、投手は「追い込まれた」と言われる。

野球の試合においてボールカウントの把握は、そのイニングにおけるアウトの数を示すアウトカウントとともに重要であり、野球場のスコアボードや野球のテレビ中継の字幕等にはしばしば、下の図のように表示されている。

B●●●
S●●
O●●

3ボール-2ストライク
2アウト

ボールカウント・アウトカウントに色をつけて表現する場合、ボールは緑、ストライクは黄、アウトは赤で示すことが慣例となっているが、そのようにしなければならないという根拠となるものはない。

ボールカウントの順番[編集]

国際的には、ボール→ストライクの順で読み上げる(BSO方式)。読み上げる際には、しばしば英語数字のみを用いて簡略される。

  • 3ボール1ストライクは、 "three and one," あるいは "a three-one count" と表現され、3-1と表記される。

一方、日本やその影響を受けた韓国台湾では長くストライク→ボールの順に読み上げてきた(SBO方式)。1996年にハバナで試合を観戦した伊東一雄によると、キューバもこの時点ではストライクを先にコールする方式を採用していた[1]

  • 3ボール1ストライクは、日本語では"ワン・スリー"と表現され、1-3と表記される。
  • 日本語でツー・スリー(2-3)と言えば「2ストライク3ボール」を指し、フルカウントとも表現される。フルカウント後の投球は、俗に“勝負球”と呼ばれる。

野球場のスコアボードや野球のテレビ中継の字幕等も、下の図のようにSBOの順で表示される。

S●●
B●●●
O●●

2ストライク-3ボール
2アウト

今では、日本もBSO方式になっているところがほとんどである。 したがって単に2-1と書いたり、ツー・ワンと読み上げたりした場合、国際的には2ボール1ストライクと認識されるが、日本や韓国では2ストライク1ボールと認識される場合がある。そのため、特に日本では、意味を明確にするため、2ボール1ストライクと省略せずに表したり、2B-1Sのように、BやSの字を付加して表記したりするなどの工夫が求められる。

日本国内での読み上げ順番変更[編集]

日本では国際慣習に従い、日本高等学校野球連盟1997年選抜大会から、球審がボール→ストライクの順で読み上げるように変更した(ただし、この時点から2010年までは一般向けにはSBO式で表示・アナウンスしていた)。

大リーグ中継(NHK制作分)では、以前からBSO式で表示しているが、2008年ごろから、オリンピックの野球やワールド・ベースボール・クラシックソフトボールの中継についても、国際慣習に倣ってBSO式で表示している。

また、日本プロ野球でも2010年シーズンからは球審がボール→ストライクの順でコールをすることとした[2]。同年より大学社会人野球もプロ野球に合わせている[3]。 これを受け、一部新聞や、J SPORTS STADIUM千葉ロッテマリーンズ球団制作映像(地上波放送局(以下地上波)はチバテレ)、埼玉西武ライオンズ球団制作映像(地上波はテレ玉、BSはいずれもTwellV)が2010年からBSO方式に変更され、NHK民間放送各局も2011年からは高校や大学などの中継を含めてBSO方式に変更された。

プロ野球本拠地の野球場では、2011年シーズンに本拠地全てが「BSO」表記になった。また、地方球場でも「BSO」方式に変更している球場が増えている。

脚註[編集]