サウスポー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サウスポー: southpaw)は、野球ボクシングなどスポーツ競技の左利き選手や、楽器などの左利き演奏者のこと。一般的に左利きの割合が少ないため、相手にとって不慣れな状況となり、テニスフェンシングなど多くのスポーツで有利とされるが、ポジションやルールが右利きであることを基準に作られている場合不利になることもある。サッカーラグビーでは左手足を無理なく使えることから左サイドで起用されるケースが多いが、その場合はレフティと呼ばれることが多い。

語源[編集]

英語でサウス(south)は南を、ポー(paw)は動物の前足を意味する。野球場は、午後の日差しがバッティングの妨げにならぬよう、バッターからピッチャーを向く方向が東北東になるよう設計されるのが一般的であった[1]。このため左投手は南側の手(paw)で投球することになり、その事から左投手がサウスポーと呼ばれるようになったという説が主流である[2]。また、アメリカ南部出身のピッチャーに左腕投手が多かったためサウスポーと呼ばれ始めたという説もある。

野球[編集]

野球用語でサウスポーとは左手投げの投手のことを指す。左腕左投手とも呼ばれる。一方、打席が左である場合は、サッカーのレフティー同様、必ずしも利き腕の左右と一致していないため、左打者左打ちと表現することはあっても、サウスポーと呼ばれることはない。「左キラー」、「左殺し」という俗称表現は投手、打者両方に用いられる。しかし、「左キラーの投手」は左投手であることが多く、「左キラーの打者」は右打者であることが多い。

サウスポー投手は少ないため、バッターは左投げに慣れておらずピッチャー側が有利であるとされている。また一塁への牽制は、右投手が背中越しに一塁走者の二盗を警戒しなければならないのに対し、サウスポーは正面から走者を威嚇出来る(一塁手もサウスポーであれば、お互いに向き合い、体を捻らない自然な姿勢でキャッチボールが出来る)。ただしボールの軌道上、左打者に強く右打者に弱いとされている。そのため、野球チームによっては相手の先発投手の利き腕によってスターティングメンバーを大きく入れ替えるプラトーン・システムを採用する。

左打者に対した場合は、打者の背中側に投手の投げる手があるためにリリースポイントが見極めにくく、投手有利であるとされる。中でもサイドスローのサウスポー投手の投球軌道は左打者にとって極めて見にくくなる。そのため、野球チームによっては左のワンポイントなどと称される特定の左打者を打ち取るためだけに登板するリリーフ投手を擁する。

左打者は右打者とは逆に、絶対数が多い右投手の投球が見やすい。また左打席は右打席よりも一塁に近く、打った後に体が自然と一塁側に向くため走塁においてはさらに有利になる。このため右利き、右投げでありながら左打ちである野手は比較的多い。

元来は右利きであるが野球ではサウスポーが有利だという理由で、左投げに転向する選手も多い。石井弘寿井川慶などである。江夏豊は兄の勧めで、柴原洋杉内俊哉は親の方針で、今中慎二石井一久は初めて貰ったグラブの都合で、野村弘樹巨人の星に憧れて、鈴木啓示中村良二福浦和也ビリー・ワグナーは右腕を故障したために左投げに転向したという例もある。

守備動作の特性上、一塁手を除く内野手と捕手は右投げを要求される場合が大多数である(内野手は一塁方向への送球が左利きでは遅れる、捕手は左投げは打者が右打席に立つことが多いため打者と重なり二塁送球が難しくなる、走者が左側三塁から帰ってくるため左手で捕球しないとタッチがしにくい)。それ故、左利き用の内野手用グラブ、捕手用ミットは殆ど生産されておらず、右利き用よりも高価であるか、特注で製作する必要がある。そのため元来左利きの選手は守備位置の制約(投手、一塁手、外野手のみ)を受ける事となり、右投げの習得を要求される場合もある。なお、上記の選手の多くが内野手、捕手である。但し、少年野球から中学野球、ボーイズリーグの段階までは利き腕の左右にかかわらず選手の好むポジションを守らせる考えの指導者も少なくなく、左投げの二塁手などもさほど珍しくはない。

そのため、元来左利きであるが右投げという選手も実在する。掛布雅之藤井康雄立浪和義阿部慎之助田中賢介鳥谷敬由規丸佳浩(以上、左打ち)、衣笠祥雄山崎武司岩隈久志片岡易之坂本勇人炭谷銀仁朗(以上、右打ち)らである。但し、掛布の場合は野球の左打ち修正の際に日常生活の動作を左に変え、そのまま左利きになったと言われる。また松中信彦は社会人野球以前は左肩の故障により右投げであったがプロ入り後左投げに戻した。

プロ野球では左投げの野手はポジションがほぼ一塁手外野手に限定されるため、左投げの野手はかつての王貞治、松中信彦など、打撃に重点を置く選手が多い。日本では左投げ野手は打席において有利とされる左打ちを選択する場合が圧倒的に多く、高校野球以上のレベルでは「左投げ右打ち」の野手は珍しい存在である。2011年現在日本プロ野球に所属する「左投げ右打ち」の野手は、竹原直隆のみである(ちなみに竹原本人は右利き)。米国でも通算4,000打数以上の打者では、リッキー・ヘンダーソンを含めて2人しかおらず、日本と同様珍しい存在である。近年では2008年シルバースラッガー賞を受賞したライアン・ラドウィックが左投右打の打者として有名である。

また、少数事例として左右両方で投げられる投手も稀に存在する。スイッチピッチャーを参照。

格闘技[編集]

ボクシング[編集]

ボクシングにおいては左構え(右足を前に出す構え)の選手を「サウスポー」と呼ぶ。ボクシングにおけるオーソドックスなスタイルは、利き腕の右を後ろに引いてリードブロー(ジャブ)を繰り出す左を前に出す半身の構えであるが、利き腕が左の選手の場合はこれが逆になる。先天的な利き腕は右の選手でも、左構えで戦うコンバーテッドサウスポー(英:converted southpaw)も存在する(例:川島郭志粟生隆寛[3])。剣道(西洋剣術のフェンシングも同様)ではボクシングのサウスポーが基本的な構えで、これらの競技の出身者がボクシングに転向した際には身についた左構えを受け継ぐことが多い(例:大熊正二[3])。逆にアメリカ合衆国では、サウスポーの選手は右構えの一般的な選手と相対するとリードブローがかち合うことで距離が離れ打合いには向かず、派手な打撃戦を好むアメリカの観客には受けが悪いため、かつては左利きの選手を右にコンバートする例が多かった(例:ジョー・フレージャーオスカー・デ・ラ・ホーヤ)。このようなサウスポーの性格は、映画ロッキーでも主人公の逆境の象徴として演出の一つに利用されている。

原功によれば、machismo(マチスモまたはマチズモ、男性優位主義を意味するスペイン語)を旨とするメキシコなどでは、戦いにおいて条件を対等なものにすることを好み、練習や試合で敬遠されたり急所の肝臓を相手の近くにさらしたりすることを避ける目的でマルコ・アントニオ・バレラのように生来の左利きも右構えにするために伝統的にサウスポーは少なく、これと逆に優位性を追求する日本などでは渡辺二郎(拳法由来)、大熊(剣道由来)、粟生のように右利きの選手を意図的に左構えにしたコンバーテッドサウスポーを仕立てる傾向があるという。また原は、2011年3月末の時点でboxrec.comの記録を分析し、各階級の男子世界王者1,454人のうちサウスポーは214人(15パーセント弱)であること、そのうち多国籍国家のアメリカ合衆国や記録が4地域に分割されているイギリスなどを除く、10以上のサンプルを持つ主要各国において世界王者に占めるサウスポーの比率を比較すると、上位国はフィリピン(約52パーセント、33人中17人)、ドイツ(約33パーセント、18人中6人)、日本(約28パーセント、65人中18人)に次いでパナマ(約26パーセント、27人中7人)、下位国はメキシコ(約13パーセント、109人中14人)に次いでプエルトリコ(約14パーセント、43人中6人)となっていることを報告している[4]

その他の格闘技[編集]

ボクシング同様、ムエタイキックボクシングでもサウスポーは有利になる[要出典]人体の急所の一つである肝臓胴体の右側に位置しているため、そこを狙うミドルキックは左の方が有利となる。他方、サウスポーは肝臓を前に出すことになるため、ボディブローで肝臓を狙われやすいともいえる。いずれにせよボクシング同様にコンバーテッドサウスポーの選手は他の立ち技競技にも存在する。

総合格闘技ではさらに右利きのサウスポーが多い。これは右利きの選手は右前半身に構える柔道アマチュアレスリングからの転向者が多い為である。未経験者でも右利きの人は組み技の右半身から教わる人が多いため、そのまま打撃もサウスポーになる選手が多い。

柔道、アマチュアレスリングでは、左半身構えの方が少ないため、希少性の有利を狙い右利きでオーソドックスに構える選手もいる。

現代剣道で通常指導される右中段の構えでは右手と右足を前に構え、逆の構えの剣士はほとんど存在しない。通常の右構えで竹刀を振る際、左手を主に使い右手は添える程度で握るのが基本とされる為、左利きはやや有利になる。

なお現代剣道で一部の剣士が遣う左上段の構え(右中段の構えから竹刀を頭上に振りかぶり左足を一歩前に踏み出した構え)では、頭上の竹刀を左手一本で相手の面や小手に打ち下ろす技が多用されるため、必然的に左利きが有利である。千葉仁(範士八段)は左利きであったことから左上段を遣うようになったという。前述の千葉を含め左上段の構えを遣い全日本剣道選手権大会を制した剣士も少なくない。

ゴルフ[編集]

左打ちの著名選手は羽川豊フィル・ミケルソンマイク・ウェアバッバ・ワトソンなどが挙げられるが、ゴルフにおいては、一般にフック気味に打ったときに距離が出るため、右利き選手のために左方向へ曲がるホールがやや多い[要出典]。さらに左打ち用のクラブも希少である上、練習場などでの打席数も少ないなど左打ち選手が不利になることが多い。

尚、ジャック・ニクラス岡本綾子の様に左利きでも右打ちに矯正する選手もおり、日本男子ツアーでは、2009年シーズン以前の10年間でシード選手となった者は一人もいない[5]

ボウリング[編集]

ボウリングのレーンは本来左右対称ではあるが、右利き選手が多いため 右利きのボールの軌道は、表面のオイルの落ちが多い。左利きの場合 オイルが十分乗った軌道をボールが走ることとなる。このためわずかに左利きが有利とされる。

バレーボール[編集]

バレーボールの場合、左利きの選手はライトのポジション(オポジット)になることが多い。また、サウスポー(あるいは両利き)のセッターは、ツーアタックを打つ点で有利である(セッターの試合中の体勢は、ネットを背にして、やや右方向を向いているため)。

楽器演奏[編集]

楽器の殆どが左右の手を独立させて動作させ発音させるという便宜上、楽器の殆どは右利き用に製作されている。その理由は、利き腕に向いた動作機能を考えるのが比較的無意味と捉えうることからなど。左利き用に構造を単純に逆転させただけの楽器を製作することも可能であるが、特注ゆえに高額となり、使用されることは殆どない。オーケストラなどに加わって演奏する際には右利き演奏者が多数を占めるため、左利き演奏者も右利き用の「通常の楽器」を使用せざるを得ないのが実情である。なお、バイオリンなどは右手による運弓も左手による運指もともに高度な熟練を要するため、相当な熟練者の場合は利き腕による有利不利は少ないと考えられるといった説もあるが、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハなどは弦楽器を苦手とした。

本来は左利きであるが、右用のギターを操るギタリストは多数存在している。ゲイリー・ムーアスティーヴ・モーズキコ・ルーレイロノエル・ギャラガーハーマン・リINORANLUNA SEA)などはそうで、同じく利き足から判定すると本来は左利きである分類には、エドワード・ヴァン・ヘイレンなどがいる。

逆に、左利き用のギターを使用しているギタリスト(ベーシスト)の方が珍しく、ポール・マッカートニーカート・コバーンポール・グレイオマー・ロドリゲス・ロペストニー・アイオミなどごく少数である。

ジミ・ヘンドリックスは右利き用のギターを左に持ち替え、弦を逆に張り替えて演奏している。他にはダン・スワノなどが同じスタイルをとっている。調達がしやすく、楽器選択の幅が広がる反面、シングルカッタウェイが逆になるためハイポジションの演奏で不利になる、ナットの消耗が激しいというデメリットがある。トグルスイッチやボリュームノブの位置が上下逆になることを利用し、ジミは演奏しながらノブやスイッチをコントロールする独特の奏法を確立した。

アルバート・キング松崎しげるは弦を張り替えずに左に持ち替えているため、コードの抑え方が通常とは上下逆になっている。ベーシストのジミー・ハスリップイエロージャケッツ)も同様のスタイルを使用している。

特殊な例では、今井寿など左用のギターを使うギタリストで本来は右利きという奏者もいる(もっとも、今井寿はカードをシャッフルする場合など、一部のケースでは左手を利き腕に使用する癖があったと言う)。前述のジミ・ヘンドリックスにも、右利き説が存在する。

声優の日笠陽子は右利きであるが、アニメのライブ演奏では自らが演じるキャラ設定に合わせて左用のベースを演奏しているという稀有なケースである。篠原ともえ番組の企画でポール・マッカートニーのオマージュで左用のベースを使用した名残で、左用のベースを使用している。

また、リンゴ・スターは左利きでありながらドラムセットを右用に組んでおり、これが独特なロールやタム回しに繋がっている。したがって、右利きが右用のセットでコピーしようとすると苦労を要するフレーズが多い。

マイケル・アンジェロは本来左利きであるが、猛練習により右手でも完璧に演奏できるようになった。教則DVDでは右で演奏することが多い。左右どちらでも演奏できるダブルネックギターやマルチネックギターを演奏する事もある。

左利きの音楽家や演奏家は歴史的に遍在している。チャーリー・チャップリンはヴァイオリンを左手で弾いていた(映画ライムライト)。

脚注[編集]

  1. ^ MLB公認規則1.04 には「本塁から投手板を経て二塁に向かう線は、東北東に向かっていることを理想とする」とある。Rule 1.01 to 1.04 (PDF)”. MLB. 2012年12月10日閲覧。
  2. ^ "southpaw"”. Online Etymology Dictionary. 2012年12月10日閲覧。
  3. ^ a b 原功 (2011年2月23日). “BOX! – サウスポー全盛の日本ボクシング界”. 日刊スポーツ. 2011年2月24日閲覧。
  4. ^ 原功 (2011年4月1日). “なぜ日本人王者にサウスポーが多いのか”. 『スポルティーバ』公式サイト. 2011年4月4日閲覧。
  5. ^ 日本ゴルフツアー機構ホームページ[1]

関連項目[編集]