ケンドリス・モラレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンドリス・モラレス
Kendrys Morales
フリーエージェント(FA)
Kendrys Morales on August 4, 2013.jpg
シアトル・マリナーズ時代(2013年8月4日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国[1]
出身地 キューバの旗 キューバ
サンクティ・スピリトゥス州フォメント
生年月日 1983年6月20日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 一塁手
プロ入り 2004年 アマチュアFA
初出場 2006年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケンドリス・モラレス・ロドリゲスKendrys Morales Rodriguez , 1983年6月20日 - )は、キューバ共和国サンクティ・スピリトゥス州フォメント出身のプロ野球選手一塁手)。右投両打。現在は、フリーエージェント(FA)。

2004年アナハイム・エンゼルスに入団してから2010年までは、登録名をケンドリー・モラレスKendry Morales)としていた[2]

経歴[編集]

キューバ時代 - 亡命[編集]

キューバサンクティ・スピリトゥス州に生まれ、キューバ代表の主砲としてオリンピックで2つの金メダルを獲得したアントニオ・パチェコに憧れて育った [3]

モラレス自身は元々は投手をしており、1999年8月の第18回AAA世界野球選手権大会予選ではメキシコを相手に2-0の完封勝利を収めている[4]

地元キューバのカマグエイで開催された2001年7月の第35回AAUジュニアオリンピックの決勝戦ではアメリカ合衆国スコット・カズミアーと投げ合い、彼から本塁打を放った上、9回を投げて勝利投手になっている[5]。このような大会で、投球だけでなく打撃でも活躍していた事から、次第に「オマール・リナレスの後継者になるのでは」と見られるようになっていった[6]

のちに本格的に野手へ転向し、2001年にキューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"にレオネス・デ・インダストリアレスの一員としてデビュー。翌2002年まで続いたシーズンでは投手として登板した事もあったが、基本的には一塁手三塁手右翼手として守備に就き[7]、本塁打(21本)を始めとする打撃9部門で新人記録を塗り替えて新人王に輝いた[8]。さらにこの年、ユリエスキ・グリエルフレデリク・セペダなど同年代の若手と共にA代表入りした[6]。10代の選手がA代表に選ばれたのはリナレス以来だった[9]。キューバにとって同国と結び付きの強かったソビエト連邦の崩壊(1991年)以降に育った世代から登場した最初のスターだった[10]

キューバ代表としては2003年10月の第35回ワールドカップ準決勝の対チャイニーズタイペイ戦で満塁本塁打を放つなど[4]、主砲としての役割を果たした。続く11月にパナマで開催されたアテネオリンピック地区予選にも出場。しかし予選のある試合の3回に選手交代で急に下げられ、そのままキューバへ送還された[7]。加えて、所属するインダストリアレスや代表チームからも永久追放された。モラレスが亡命を企てているという噂が常にあったうえ[8]、前月にマエルス・ロドリゲスら2選手が亡命していた事から[11]、代表チームは選手の動向に敏感になっており、亡命を阻止するためにこのような措置を取ったものと見られた。だがこの時のモラレスには亡命の意思は全く無く、この仕打ちを受けてからは国への不信感から亡命を決意する事となった[9]

その後は何度も亡命を試みるものの、そのたびに失敗しては当局によって72時間拘束される、といった事を繰り返す[12]。最終的に2004年6月9日、18人の仲間と共に高速ボートで4時間ほど海を渡ってアメリカ合衆国フロリダ半島へ辿り着き、9度目の試みでキューバからの脱出に成功した[7][9]。その時に最初に思ったのは「自由だ」だったという[13]フロリダ州マイアミ移民拘留所から釈放された後、キューバ時代から面識があったカナダ人会計士のジョン・ディ・マンノと合流し、フリーエージェント(FA)の取得を目指して第三国のドミニカ共和国へ渡る。

2004年8月、モラレスはドミニカ共和国で居住権を確立した[14]。これによりMLBドラフトの指名対象とはならず、FAとして複数の球団と自由に交渉が出来るようになった。キューバ代表の主砲だった強打者の獲得には、MLBニューヨーク・ヤンキースシアトル・マリナーズフロリダ・マーリンズ等が関心を寄せる。しかし数か月に渡る交渉のうちに、当時ヤンキースで投げていたキューバ出身のホセ・コントレラスが期待外れのまま他球団へ放出されたのが影響したのか、各球団のモラレスへの興味は次第に薄れていった[7]。そんな中で、スカウトをモラレスと同じホテルに滞在させるなど、最後まで獲得に熱心だったのがアナハイム・エンゼルスだった。同年12月1日、モラレスはエンゼルスと6年総額450万ドルの契約を結び、入団した。そのおよそ2週間後、エンゼルスはボビー・ジェンクス40人枠から外し(DFA)、その空いた枠にモラレスを登録した[15]

エンゼルス時代[編集]

2005年にプロ1年目を迎えたが、パスポートビザの取得に手間取ったためにアメリカ合衆国への入国が遅れ、スプリングトレーニングはおろかシーズン開幕を過ぎてもなおドミニカ共和国で足止めを食う事態に[16]。結局、プロデビューは5月21日までずれ込む事となる。それでも、マイナーリーグのAdv-A級ランチョクカモンガの一員として出場したこの試合で、初打席本塁打を放った[13]。ランチョクカモンガでこの試合を含め22試合に出場し、打率.344・5本塁打・OPS.944という成績を残し、6月にはAA級アーカンソーに昇格。そこでも7月にはオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選ばれるなど活躍し[17]、シーズン終了時点で打率.306・17本塁打・OPS.879と好成績を挙げた。ただその一方で、一塁守備中に自らの打撃フォームを確かめるような動作を取ったり、ゴロを打っても一塁へ全力疾走しなかったり、と基礎中の基礎が出来ていない事が露呈[18]。また、本塁打を放った後で勝ち誇ったかのような仕草を取ったために翌日の試合で報復死球を受けるなど、アメリカ合衆国とキューバの野球文化の違いや野球の不文律を身をもって体験する事となった[9]

2006年のスプリングトレーニングでMLBのキャンプに参加。首脳陣から高い評価を受けるも[19]開幕ロースター入りはならずAAA級ソルトレイクに配属された。それでも、5月途中までの41試合で打率.317・5本塁打・29打点という成績を残し、22日にはMLBへの昇格を果たす[20]。翌23日の対テキサス・レンジャーズ戦で5番・一塁手としてスタメン入りし、MLB初出場。初打席ビセンテ・パディーヤから左前単打を放つと、第2打席ではパディーヤに2点本塁打を浴びせ、5打数3安打・2打点とチームの勝利でデビュー戦を飾った[21]。この試合を含め最初の5試合で打率.409・2本塁打・9打点を記録する。しかしその後は徐々に成績が下降していき、7月22日の試合を最後にAAA級へ降格した。9月には再昇格するも成績は上向かないままシーズンが終了。この年の成績は、AAA級では66試合で打率.320・12本塁打・52打点・OPS.879だったのに対し、MLBでは57試合で打率.234・5本塁打・22打点・OPS.664に終わった。

2007年・2008年のモラレスの昇降格
昇格日 降格日 出場
2007年 --- 3月31日 ---
4月20日 4月26日 2
5月8日 6月1日 7
6月23日 7月24日 11
8月24日 --- 23+3[22]
2008年 --- 3月29日 ---
4月20日 4月25日 0
5月10日 5月13日 1
8月15日 8月23日 5
8月31日 --- 21+4[22]
日付はMLB.com Transactionsより
ロサンゼルス・エンゼルス時代(2007年)

そこから2007年2008年と、AAA級では.340を超える高打率を残しておきながらMLBには定着出来ない日々が続く。2007年は守備と選球眼に優れたケイシー・コッチマンが正一塁手となり、モラレスはシーズン開幕2日前にAAA級へ降格。そこから前半戦だけで3度昇格するが、6月下旬に6試合連続で先発出場した以外はまとまった出番が与えられずにAAA級へと戻された。8月24日に4度目の昇格をしてからは閉幕まで23試合で打率.324・OPS.845を記録し、9月7日の対クリーブランド・インディアンス戦ではサヨナラ安打を放ったものの、シーズンを通しての出場試合数は前年より14試合減って43試合に留まった。翌2008年も、モラレスは前年同様に開幕直前でAAA級へ。この年も引き続きコッチマンが正一塁手を務めていたが、打線が得点力不足だった事から、チームは7月末にトレードでコッチマンらを放出してマーク・テシェイラを獲得した。モラレスの出場試合数は27試合にまで減った。

テシェイラは2008年のシーズン終了後にFAとなるため、他球団へ移籍する可能性があった。それでもエンゼルスがテシェイラの獲得に踏み切ったのは、AAA級でのモラレスが攻守に進歩しているのでテシェイラがいなくなっても痛手にはならない、という計算があったためだった[23]。実際にFAとなったテシェイラは、12月にニューヨーク・ヤンキースへと移籍。2009年にエンゼルスはモラレスを正一塁手に据える。スプリングトレーニングの時点で、マイク・ソーシア監督が「彼がもし通用しないとなったら、これまでで最もひどい失敗という事になる」と言うほど、球団首脳は自信を持っていた[18]

2009年にようやくMLBでもレギュラー定着。3割・30本塁打・100打点を達成し、本塁打と打点はチーム1位。8月には.385・10本塁打・33打点を記録し、ボビー・ボンズ1977年、31打点)の8月の月間打点の球団記録を更新。月間MVPに選ばれた[24]

2010年はチームの主砲として期待されたが、5月29日の対マリナーズ戦の延長10回裏に満塁サヨナラ本塁打を放ち、喜びのあまりジャンプしてホームベースに着地した際、バランスを崩し転倒して左足下腿部を骨折。故障者リスト(DL)入りしてしまった。

2011年は手術の影響でシーズンを全休した。

2012年3月22日のスプリングトレーニングの試合で2年ぶりに戦列に復帰した[25]セントルイス・カージナルスからアルバート・プホルスが加入したため、主に指名打者で出場した。同年7月30日の対レンジャーズ戦の6回に右投手ロイ・オズワルトと左投手のロビー・ロスから合計6打点(勝ち越し2点・満塁)の2打席連続本塁打を放ち、カルロス・バイエガ1993年)、マイク・ベルホーン(2002年)に次いで史上3人目となる1イニング左右打席本塁打を達成した[26]。2009年以来の2度目となる規定打席に到達し、打率.273・22本塁打・73打点を記録した。12月19日にジェイソン・バルガスとのトレードでマリナーズへ移籍した[27]

マリナーズ時代[編集]

2013年6月23日の対オークランド・アスレチックス戦の同点で迎えた延長10回裏に代打で出場してサヨナラ3点本塁打を放ち、静かにホームベースを踏んだ[28]。10月31日にFAとなった。マリナーズはクオリファイング・オファーを提示していたが[29]、モラレスは拒否した[30]

ツインズ時代[編集]

2013末から各球団と交渉を行っていたが、代理人であるスコット・ボラスが提示した高額な契約内容に各球団とも辟易し、モラレスは6月までFA市場に残される事になった。2014年6月7日にミネソタ・ツインズと1200万ドルの1年契約を結んだ[31]。契約後は39試合に出場し、1本塁打18打点、打率.234だった。この結果に、ツインズの地元紙は「調整不足だ」と批判した。

マリナーズ復帰[編集]

2014年7月24日にスティーブン・プライヤーとのトレードで、古巣のマリナーズへ復帰した[32]。マリナーズ復帰後は、指名打者を中心に59試合に出場したが、ツインズでプレーしていた頃よりも打率を下げ、打率.207・7本塁打・24打点と低迷し、期待に応えられなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

[33]

















































O
P
S
2001-2002 IND 90 400 352 60 114 24 1 21 203 82 2 2 0 4 38 7 6 57 9 .324 .395 .577 .972
2002-2003 56 254 202 47 79 13 2 9 123 42 0 1 0 2 42 3 8 24 2 .391 .508 .609 1.116
2006 LAA 57 215 197 21 46 10 1 5 73 22 1 1 0 1 17 1 0 28 11 .234 .293 .371 .664
2007 43 126 119 12 35 10 0 4 57 15 0 1 0 0 6 2 1 21 5 .294 .333 .479 .812
2008 27 66 61 7 13 2 0 3 24 8 0 1 0 0 4 0 1 7 3 .213 .273 .393 .666
2009 152 622 566 86 173 43 2 34 322 108 3 7 0 8 46 10 2 117 15 .306 .355 .569 .924
2010 51 211 193 29 56 5 0 11 94 57 0 1 0 1 12 3 5 31 5 .290 .346 .487 .833
2012 134 522 484 61 132 26 1 22 226 73 0 1 0 3 31 1 4 116 11 .273 .320 .467 .787
2013 SEA 156 657 602 64 167 34 0 23 270 80 0 0 0 1 49 6 5 114 21 .277 .336 .449 .785
CNS:2年 146 654 554 107 193 37 3 30 326 124 2 3 0 6 80 10 14 81 11 .348 .439 .588 1.027
MLB:7年 620 2419 2222 280 622 130 4 102 1066 345 4 12 0 14 165 23 18 434 71 .280 .333 .480 .813
  • 2013年度シーズン終了時
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001-2002 IND 1 0 0 0 -- 0 0 0 -- ---- 8 2.1 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.43
CNS:1年 1 0 0 0 -- 0 0 0 -- ---- 8 2.1 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.43
  • 2012年度シーズン終了時

表彰[編集]

CNS
MLB

背番号[編集]

  • 22 (2006年 - 2007年)
  • 19 (2008年 - 2009年)
  • 8 (2010年 - 2013年)
  • 17 (2014年 - 同年途中)
  • 21 (2014年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Hitting on all cylinders, all shores” (英語). ESPN.com. 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ Angels FYI: Kendry Morales goes back to birth name Kendrys” (英語). Los Angeles Times. 2013年4月5日閲覧。
  3. ^ Morales poised to make impact / Angels first baseman out to prove late mentor was right” (英語). The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2013年4月5日閲覧。
  4. ^ a b Kendry Morales: Taking On All Challenges” (英語). BaseballAmerica.com. 2005年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  5. ^ Kazmir will be boost in stretch” (英語). The Orange County Register. 2013年4月5日閲覧。
  6. ^ a b World Baseball Classic: Cuba's Yuliesky Gourriel” (英語). BaseballAmerica.com. 2013年4月5日閲覧。
  7. ^ a b c d The Cuban Import” (英語). The New York Times. 2013年4月5日閲覧。
  8. ^ a b 鉄矢多美子『Field of Dreams』第112幕 鮮烈デビューを飾った亡命キューバ人選手・モラレス”. 日刊スポーツ. 2013年4月5日閲覧。
  9. ^ a b c d He's Defect Free” (英語). Los Angeles Times. 2013年4月5日閲覧。
  10. ^ Morales made his mark in Cuba” (英語). ESPN.com. 2013年4月5日閲覧。
  11. ^ AROUND THE MAJORS; Quiet Role of White Sox In Testing for Steroids” (英語). The New York Times. 2013年4月5日閲覧。
  12. ^ Morales gives Angels taste of persistence” (英語). The Orange County Register. 2013年4月5日閲覧。
  13. ^ a b Cuban slugger hopes to hit it big for Angels” (英語). Associated Press. 2013年4月5日閲覧。
  14. ^ Cuban slugger Morales obtains Dominican residency” (英語). CBSSports.com. 2013年4月5日閲覧。
  15. ^ Angels infielder/outfielder Kendry Morales added to 40-man roster” (英語). The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2013年4月5日閲覧。
  16. ^ Cuban Defectors Remain In Limbo” (英語). BaseballAmerica.com. 2013年4月5日閲覧。
  17. ^ Futures GameHistory” (英語). MLB.com. 2013年8月31日閲覧。
  18. ^ a b Angels feel Morales ready for key role” (英語). ESPN.com. 2013年4月5日閲覧。
  19. ^ Morales making powerful impression / Better defense, plus slugging, add up to roster consideration” (英語). The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2013年4月5日閲覧。
  20. ^ Notes: Angels struggling in May / Poor pitching, injuries contribute to 5-14 record to start May” (英語). MLB.com. 2013年4月5日閲覧。
  21. ^ May 23, 2006, Angels at Rangers Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月5日閲覧。
  22. ^ a b ポストシーズンでの試合数を追加した。
  23. ^ Morales gave Moreno confidence to make trade” (英語). The Orange County Register. 2013年4月5日閲覧。
  24. ^ Angels 1B Kendry Morales Named A.L. Player of Month” (英語). MLB.com. 2009年10月25日閲覧。
  25. ^ Kendrys Morales back after 2 years”. ESPN.com. 2013年9月2日閲覧。
  26. ^ 史上3人目 1イニング左右両打席弾で計6打点”. スポニチアネックス. 2012年8月1日閲覧。
  27. ^ Mariners add big bat in Morales, part with Vargas” (英語). The Official Site of The Seattle Mariners. 2009年10月25日閲覧。
  28. ^ Morales HR gives Mariners 6-3 win in 10 innings”. Sports.yahoo.com. 2013年9月2日閲覧。
  29. ^ Greg Johns (2013年11月9日). “Mariners, Morales make intentions known early”. MLB.com. 2014年1月5日閲覧。
  30. ^ Greg Johns (2013年11月11日). “Morales rejects Mariners' qualifying offer”. MLB.com. 2014年1月5日閲覧。
  31. ^ Twins sign Kendrys Morales to a one-year contract”. MLB.com Twins Press Release (2014年6月8日). 2014年7月25日閲覧。
  32. ^ Mariners Acquire 1B/DH Kendrys Morales from Minnesota for RHP Stephen Pryor”. MLB.com Mariners Press Release (2014年7月24日). 2014年7月25日閲覧。
  33. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]