アントニオ・パチェコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・パチェコ
Antonio Pacheco
基本情報
国籍 キューバの旗 キューバ
出身地 サンティアーゴ・デ・クーバ州パルマ・ソリアーノ
生年月日 1964年6月4日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
207 lb =約93.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 1992年1996年2000年
オリンピック
男子 野球
1992 野球
1996 野球
2000 野球

アントニオ・パチェコ・マソー(Antonio Pacheco Massó 1964年6月4日 - )は、キューバの元野球選手二塁手遊撃手、右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

1980-1981シーズンから2001-2002シーズンまでキューバ国内リーグ "セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のサンティアーゴ・デ・クーバに所属。キューバ代表の主将を務め、オマール・リナレスオレステス・キンデランクリーンナップを担った。1983年パンアメリカン競技大会から代表入りをして、以後2001年までの25の国際大会のうち11で打率4割以上を打つ。守備でも軽々としたフットワークから強い送球で走者を刺す二塁手だった。

2002年のシーズン中、キンデランとともに社会人野球シダックスに入団。翌2003年から監督に就任した野村克也の指導の下でキンデランとクリーンアップを打ち、チームの打撃の中核を担った。同年行なわれた第74回都市対抗野球では準優勝に貢献したが、その翌月にアキレス腱を痛めてシーズン後半は欠場を余儀なくされ、翌2004年も負傷の影響で前年ほどの活躍はできなかった。同年限りで現役を引退、キューバに帰国。

帰国後、2004-2005シーズンから2010-2011シーズンまでサンティアーゴ・デ・クーバの監督としてチームを率いる。チームは2004-2005シーズン・2006-2007シーズン・2007-2008シーズンにシリーズ優勝。2008年の北京オリンピックでは代表監督に就任。キューバを銀メダルに導いた。

2011-2012シーズンにエンリケ・エステバン・ディアスによって破られるまで、通算最多安打記録(2356本)を保持していた。

エピソード[編集]

  • 野村は「キンデランは天才的な選手であったが、パチェコは頭脳的な選手であった。非常に野球を良く知っている。キューバ代表の監督になることは当時から言っていた」と振り返っている。(スポーツうるぐすより)

キューバ国内リーグ(選抜リーグ含む)通算打撃成績(22シーズン)[編集]

打率.334 出塁率.399 長打率.525 OPS.924
1853試合 7045打数 2356安打(歴代2位) 366二塁打 63三塁打 741四球 77敬遠 73死球 834三振 284本塁打 1304打点(歴代3位)
60盗塁 44盗塁死 

リンク[編集]