金メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金メダル(きんメダル)は、スポーツ音楽などの競技会・競演会(コンクール)において、各部門中、最も優秀な成績を挙げた個人または団体に対し、その栄誉を称え授与される賞牌である。

概要[編集]

本来は製で、円盤形をしており、表面には勝利を象徴する月桂樹などの模様が施されているメダルをこう呼ぶ。また、本体上部には、に掛けてぶら下げるための幅広の紐やリボンがつけられている。また、比喩的表現として「勝利」「優勝」などの意味としても使われる。

オリンピック[編集]

近代オリンピックにおける金メダルは、“純度92.5%以上のスターリングシルバーまたはブリタニアシルバー)製メダルの表面に6g以上の金メッキしたもの”[1](つまりバーメイルであること)と、オリンピック憲章(規則70 付属細則2-2)に定められている。これは、開催国によって経済的な不利が無いようにとの配慮である。

メダルの意匠は大会によって異なる。長野オリンピックでは一部に塗りが用いられたほか、トリノオリンピックでは形状がドーナツ型で形態が様々であった。ただし夏季オリンピックの裏面については規格が統一されており、勝利の女神が浮き彫りにされている(2004年アテネよりギリシア側のIOCへの要請により統一規格が変更)。

脚注[編集]

関連項目[編集]