銅メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスクワオリンピック(1980年)の銅メダル

銅メダル(どうメダル)は、スポーツ音楽などの競技会・競演会(コンクール)において、各部門中、3番目の成績をあげた個人または団体に対し、その栄誉を称え授与される賞牌である。実際には純銅製ではなく他の金属との合金である。錫との合金の青銅が多いが、銀、亜鉛、ニッケルとの合金の場合もある。英語ではブロンズメダルであるため、翻訳すると青銅メダルである。中国語では銅牌と言う。

  • ただし第1回近代オリンピックでは優勝者に銀メダル、準優勝者に銅メダルが贈られ、3位入賞者にはメダルではなく賞状が贈られた。
  • ワールド・ベースボール・クラシック高校野球の春・夏の甲子園大会は銅メダルがない。
  • FIFAワールドカップでは4位チーム(3位決定戦敗退)にも銅メダルが授与されたことがある。
  • 一部個人競技の大会ではレギュレーション上、2人に銅メダルが授与される。この場合、一方が剥奪されても繰り上げはない。

実力があっても大きな競技会では3位が多い選手やチームは「ブロンズコレクター」と呼ばれることがある。

関連項目[編集]