大辞林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大辞林(だいじりん)は三省堂が発行する中型国語辞典。中型国語辞典としては、岩波書店広辞苑と並ぶ双璧。市場シェアでは広辞苑に大きく水をあけられているが、2006年に11年ぶりの改訂を行い、Web上でも使えるデュアル・ディクショナリーとして発表され、新たな動きがみられる。書籍版は23万8000語、Web版は約26万語(2010年3月現在)。

概要[編集]

初版
1988年に発行の比較的新しい辞典。ただし、ライバルである広辞苑に対抗して新しい辞典を出版する企画が持ち上がったのは1959年であった[1][2]
第二版
1995年発行で、収録語数は約23万3千語。CD-ROMポータルサイトYahoo! JAPANエキサイトなど)、電子辞書等にも収録され、さまざまなメディアで利用可能になっている。なお、CD-ROM、Web、電子辞書で提供されているものは、新語を増補し「スーパー大辞林」(収録語数25万語)という名称となっている。三省堂WebDictionary「e辞林」で提供されているのはこれである。EPWING版の「スーパー大辞林」は「大辞林」第二版から増補されていない。これはデイリーコンサイス英和・和英と合本の意である。2006年現在、初版と第二版の合計で約150万部を売り上げる[3]「ほぼ日刊イトイ新聞」の企画「声に出して読めない日本語」の解説にも使われている(「ヨメナ語」の企画自体は終了)。
第三版
2006年10月27日発行で、収録語数は約23万8千語で、総ページ数2,976ページ。コトバンクにも提供されている。新たな試みとしてWebと紙媒体の融合「デュアル大辞林」を掲げて登場。Web版では新語など紙の辞書ではすぐに反映できないものも盛り込む。2010年3月現在で約26万語。増補分の新語にはいつ使われだした語なのかタイムスタンプを表示。類語には意味分類をしたツリー表示がほどこされている。

歴史[編集]

  • 1988年11月3日 初版 発行
  • 1995年11月3日 第二版 発行
  • 2006年10月27日 第三版 発行

ラインナップ[編集]

紙媒体
第二版では、並版[新装版]・机上版・三分冊 机上版があり、漢字引き・逆引き大辞林も1997年に出版されている。第三版では、いまのところ並版のみ。個人名や会社名を入れられるサービスがある。
電子媒体
概要に挙げたようにいくつかのポータルサイトや辞書サイトでも利用できる。また、第三版では紙媒体の辞書を買った人のみのサービスとして、デュアル・ディクショナリーが発表された。
そのほかには、会員登録によってスーパー大辞林を含め外国語辞書なども利用可能な三省堂WebDictionaryや、携帯電話用にも主なキャリア向けの「三省堂辞書」がある。カシオキヤノンなどの電子辞書にも収録されている。最近ではPDA用のソフトAirDictionaryもリリースされた。また、CD-ROMとして第二版は音声付きCD-ROM スーパー大辞林・コンサイスカタカナ語辞典があり、第三版は株式会社電子辞典から2007年4月27日に発売された。エルゴソフト日本語入力システムegbridge Universal 2には最新辞書として『ウィズダム英和・和英辞典』とともに『大辞林』が標準装備されていた。
2008年12月5日には物書堂によりiPhone / iPod touch版がリリースされている。2011年6月30日のアップデートによりiPadにも対応した。

なお、ジャストシステムよりATOK用の電子辞書として大辞林が発売されている。「本製品に含まれる電子辞典は、各製品の書籍版データおよび書籍版『大辞林 第三版』を大幅に増補した『スーパー大辞林3.0』に基づいて、ATOKのかな漢字変換に必要な情報を示す機能を持たせたものです。そのため、書籍版とは一部相違があることをあらかじめご了承ください。」という但し書きがある。また、ATOK用電子辞書を購入してもデュアル・ディクショナリーは利用できない。

脚注[編集]

  1. ^ 「大国語辞典、意外な喜び」『朝日新聞』2003年10月11日付朝刊、23面。
  2. ^ なお、三省堂がかつて発行していた中型国語辞典「広辞林」は1983年の「広辞林第六版」を最後に改訂されなくなり発行が停止された。
  3. ^ 新文化 過去のニュースフラッシュ 2006年5月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]