日本の高校野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春の「センバツ」、夏の「甲子園」の本選球場として知られる阪神甲子園球場
2007年夏の全国高等学校選手権大会・神奈川県地区予選の高校球児

日本における高校野球(こうこうやきゅう)とは、日本中等教育学校後期課程及び高等学校の生徒、高等専門学校の第1学年から第3学年の学生が行う野球のこと。

特に阪神甲子園球場で行われる二つの全国的な男子硬式野球大会は「甲子園大会」あるいは単に「甲子園」と呼ばれている。

なお、高等学校野球 (旧制)とは言葉が同じであるが、これは現在の大学野球の前身で全く異なる。現在の高校野球の前身は、旧学制による「中等学校野球」が該当する。戦後の学制改革によって再編・継続され、名称も変更されているためである。

目次

大会[編集]

男子硬式[編集]

全国大会[編集]

選抜高等学校野球大会、全国高等学校野球選手権大会の2大会を総称して「甲子園大会」あるいは単に「甲子園」と呼ぶ。通常、新入学生(1年生)の選手は夏の大会のみしか出場できない(春の大会は新学期の2年生、3年生の選手のみとなる)ため、甲子園出場のチャンスは3年間で最大5回になる。

選抜高等学校野球大会(春の甲子園、センバツ)
出場校数32(記念大会では34あるいは36)
毎年3月下旬から4月上旬にかけて開催される。秋季地区大会の成績などを参考に選抜された一般選考28校、特別選考の21世紀枠3校、明治神宮枠1校(明治神宮枠は獲得地区の一般枠を増枠する)の計32校で行われるトーナメント大会。2003年から2008年までは希望枠が1校存在した(21世紀枠は2校)。地区大会の成績や選考次第では同一府県から2校以上の出場する場合もある(一般枠のみで3校選出はしないこととなっており、3校出場は21世紀枠を含めた場合に可能)。2008年の第80回記念大会は一般選考30校、21世紀枠3校、希望枠1校、明治神宮枠2校の計36校で、2013年の第85回記念大会は一般選考30校、21世紀枠4校、明治神宮枠1校、東北絆枠1校の計36校で争われた。
優勝校には大紫紺旗が贈られる。
全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園、選手権)
出場校数49(記念大会では55)
毎年8月に開催される。各府県1校ずつ、北海道は南北海道・北北海道の2校、東京都は東東京・西東京の2校の合計49校によるトーナメント大会。6月中旬から7月下旬(雨天順延で8月にずれ込む場合もある)にかけて行われる地方大会を勝ちあがった学校が出場できる。1998年の第80回記念大会と2008年の第90回記念大会は、従来の北海道と東京に加え、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫の各府県からも2校ずつ代表校が決定され、計55校で争われた。
国民的行事と呼ばれ、ときに社会現象となるほどの盛り上がりを見せる学生スポーツ最大の大会である。優勝校には大深紅旗が贈られる。
国民体育大会(国体)・硬式の部
出場校数12
毎年10月に開催される。選手権で成績上位の高校から選考された11校と開催地枠1校によるトーナメント大会で、シーズン最後の全国大会。日程の余裕がないため、雨天中止が続いた場合には、ダブルヘッダーの実施や同時優勝になることもある[注 1]。秋季地区大会の最中に行われることになるため、3年生のみで参加する高校も多い。公開競技であるため成績は天皇杯に加味されない。
明治神宮野球大会・高校の部(神宮大会)
出場校数10
毎年11月に開催される。秋季地区大会で優勝した10チームによるトーナメント大会で新チーム最初の全国大会。
出場校は各地区大会での優勝により翌年のセンバツ出場がほぼ確実になったチームばかりなので、センバツの前哨戦としての意味合いを持つ。同大会での優勝校所属地区は翌年のセンバツの出場枠を1つ多く獲得できる特典がある(明治神宮枠→但し2003年の34回大会以後)。2007年の第37回大会では決勝進出の両地区に翌2008年のセンバツ出場枠が与えられた(記念大会のため)。
1982年から1998年まで東北・北海道と中国・四国は隔年での出場であり、1999年まで秋季大会の日程の都合上地区によっては優勝校が出場するとは限らなかったためかつては招待試合の色彩が濃かった。優勝校のみが出場するようになった現在でも出場校が主力選手を温存することもある[注 2]
主催[編集]

主催は、全国大会は日本高等学校野球連盟(高野連)と新聞社(選抜高等学校野球大会毎日新聞社全国高等学校野球選手権大会全国高等学校軟式野球選手権大会朝日新聞社)が行っている。

2010年より選抜の後援に朝日新聞社が、選手権(全国大会のみ)の後援に毎日新聞社が、完成以来両大会の会場を提供してきた阪神甲子園球場が「特別協力」として加わる[1][2][3]

この他、地方大会は各都道府県高等学校野球連盟など(夏の全国選手権出場校を決めるための地方大会は朝日新聞社も)が主催する。

明治神宮野球大会高校の部は日本学生野球協会明治神宮の主催であり高野連は関与していない。 このため運営ルールは大学の部に準じており、コールド規定や応援ルールなども高野連主催の大会とは異なっている。

地方大会[編集]

試合後の審判団・対戦両チームによる挨拶風景・2007年の横浜スタジアム
秋季都道府県大会
新チームにとって最初の大きな公式戦である。地域によっては予めトーナメント方式やリーグ方式などで地域大会を行い、都道府県レベルの大会への出場校を決定する場合も多い。また秋季地方大会の前に新人大会を行い、秋季都道府県大会のシード校を決定する地域も見られる。成績優秀校は地区大会へ進出する。
秋季地区大会
北海道、東北、関東、東京、東海、北信越、近畿、中国、四国、九州の10地区でそれぞれ地区大会が開催される。東京地区が関東地区と別枠なのは、センバツの代表選考において、東京都は関東地方とは別枠で出場枠が与えられているためである。センバツの予選ではないが、この大会の成績が翌年のセンバツ出場校選考の際、非常に重要な資料となる。なお、この大会は明治神宮野球大会の予選を兼ねており、各地区大会優勝校が神宮大会出場権を獲得する。
春季都道府県大会
成績優秀校は春季地区大会へ進出する。この大会の成績を基に夏の大会のシード校を決定する地域も多い。特に四国、九州のセンバツ大会出場校は日程的な問題で出場せず、チャレンジマッチ(都道府県大会優勝校との春季地区大会出場(順位)決定戦)のみの出場や、予選免除で地区大会に出場する場合がある。この大会から1年生が出場可能になる。
春季地区大会
北海道、東北、関東(東京都含む)、東海、北信越、近畿、中国、九州の9地区でそれぞれ地区大会が開催される。甲子園には直結しない大会である。
選手権大会地方予選(夏季都道府県大会)
毎年6月中旬から7月にかけて開催され、優勝校は夏の甲子園に出場できる。3年生にとっては選手として迎える最後の公式大会であり、敗戦は「引退」を意味する。この大会で敗退したチームは世代交代が行われ、再び秋の大会へ向けて1・2年生による新チームが始動することとなる。
その他
新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯。

男子軟式[編集]

全国高等学校軟式野球選手権大会(軟式選手権)
出場校数16
毎年8月、夏の甲子園終了後に兵庫県立明石公園第一野球場を主会場に開催される。ブロック(北海道、北東北、南東北、北関東、南関東、東京、北信越、東海、近畿、大阪、兵庫、東中国、西中国、四国、北部九州、南部九州)各1校、合計16校によるトーナメント大会。7月上旬から8月上旬にかけて行われる地方大会、ブロック大会を勝ち上がった学校が出場できる。
国民体育大会(国体)軟式の部
出場校数10
硬式の部同様毎年10月に開催される。選手権で成績上位の高校から選考された9校と開催地枠1校によるトーナメント大会。硬式同様日程の影響を受ける場合があり、2008年は決勝に進出した両校優勝となった。
全国高等学校定時制通信制軟式野球大会
全国高等学校定時制通信制軟式野球連盟などの主催、文部科学省や高野連などの後援。定時制高校通信制高校を対象とした大会で毎年7月に地方予選が行われた後、8月に全国大会が明治神宮野球場など東京都内の球場で行われている。

女子硬式[編集]

全国高等学校女子硬式野球選抜大会全国高等学校女子硬式野球選手権大会
ともに全国高等学校女子硬式野球連盟主催。選抜大会は毎年3・4月に、選手権大会は8月に行われるが、参加校数が少ないため、地方大会はなく、選抜大会も特に選抜されることはない。

女子軟式[編集]

全国高等学校女子軟式野球選手権大会
全日本女子軟式野球連盟の主催。毎年8月に行われるが、女子硬式同様参加校数が少なく、地方大会はない。

※以降の記述は特記なき場合、男子硬式大会に関するものである。


審判員[編集]

高校野球の審判員は高校野球審判員という資格が必要であり、各都道府県の野球連盟の審判部に登録されている高校野球審判員の中から各都道府県高野連理事の推薦により、甲子園に出場する審判が選ばれている。そのため審判員は元高校球児など野球経験者が多いが全てボランティアである。

特別ルール[編集]

臨時代走
不慮の事故などにより一時走者を代えて送られる臨時の代走者のこと。高野連の場合、高校野球特別規則「6.臨時の代走者」に定めている。参加チーム、審判団でもルールの誤解等が見られ、トラブルとなった事例もある。
危険行為防止(ラフプレーの禁止)
落球を誘発するような体当たり行為の禁止。発端は2012年に行われたU18世界選手権大会でアメリカ合衆国の選手が本塁突入の際捕手を2度突き飛ばし負傷させたことから日本アマチュア野球規則委員会が2013年2月に新設した。審判員の判断で野手が危険行為を受け落球したと認められた場合、走者には『アウト』が宣告される[4]。2013年選抜大会では本塁突入の際、捕手に体当たりをした走者に対しアウトが宣告された例もある[5]
当該選手による抗議権
日本のプロ野球や大学、社会人野球、WBCやU18などの国際大会では、ルール上、監督のみ抗議権が認められており選手、コーチの抗議権は認められていない。しかし、高校野球のみ選手やコーチに抗議権が認められている。
コールドゲームの規定
地方大会では大量の点差が開いた際、コールドゲームを成立させる規定がある。以前、コールドゲームの規定は各都道府県連が独自に制定していたため統一性が無く、地域差が存在。1998年、100点差以上の点差がついた試合[6]を受け2000年の大会から5回10点差以上、7回7点差以上でコールドゲームを成立するよう全国でルールを統一した。地方大会の決勝戦や全国大会は点差によるコールドゲームの規定はない。

中継[編集]

春の選抜高校野球、夏の全国高校野球共にNHK地上波放送、及びNHKラジオ第1で全国中継がされる(国会中継などの特別編成により別媒体での放送あり)。このうちNHK地上波放送は時間帯によってNHK総合NHK Eテレのリレーで放送される。

また、夏の全国高校野球は近畿地区ではABCテレビ(朝日放送)でも中継される。これは夏の全国高校野球が朝日新聞社主催のためである。なお昼の一部の時間帯は近畿地区の各独立(非ネット)テレビ局とのリレー中継となる。BSではBS朝日で朝日放送制作の中継がノーカットで放送される。また朝日放送のホームページでインターネット配信によるライブ映像が無償で視聴できる。決勝戦と表彰式(閉会式)はテレビ朝日系列全局で放送される。

この他、独立(非ネット)テレビ局のある県では、その県の予選大会も中継され、地区大会の準決勝以上となると地元のNHKテレビ(放送エリアが複数地区にまたがる地区では総合テレビで愛知県大会、Eテレで岐阜県大会というようにチャンネルを分けて放送。決勝も同様)が放送し、地区大会の決勝戦はNHKテレビに加えて地元のテレビ朝日系列の民放局による中継も行なわれる場合がある。

エピソード[編集]

外地からの参加[編集]

第二次世界大戦前は、日本領である台湾朝鮮満州租借地といった外地の学校も、予選および全国大会に参加していた(春は台湾のみの参加)。1921年の夏の第7回大会に釜山商(今の釜慶(プギョン)高等学校)(朝鮮)、大連商が外地の学校として初出場。準優勝した例もあった。戦後、台湾・朝鮮・満州らは日本領ではなくなったため、参加がなくなった。

これまでの海外勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1926年 夏・第12回 大連商 準優勝 1-2 静岡中(静岡)
1931年 夏・第17回 嘉義農林(台湾) 準優勝 0-4 中京商(愛知)

分校・連合チームの参加[編集]

日本高等学校野球連盟(高野連)の大会参加資格規定では、「参加チームは、その学校の代表であることを要する」としており、原則として1校1チームでの出場が求められるが、本校との距離等の問題で本校と同一チームと出来ない分校は高野連に単独加盟することができる[7]。この例が適用され、都道府県大会に参加した学校は複数存在するが、実際に全国大会に出場した経験を持つ学校は、1997年の選抜大会に出場した和歌山県立日高高等学校中津分校のみであり、夏の甲子園に出場した分校のチームはない。

また、1997年の規約改正で、全国高等学校体育連盟の定めた指針に準じる形で、学校が統廃合される場合に限り、各都道府県高野連の承認を得た上で、新旧学校による連合チームの出場が認められるようになった。また、2011年には東日本大震災に被災して部員数が減少した高校同士による連合チームの出場を容認する特例措置を設けている[8]。これらの形で各都道府県大会に出場する連合チームがあるが、春・夏の甲子園に出場した連合チームはまだない。[注 3]

大学野球経験者の出場・19歳以上での出場[編集]

大会初期の頃、大学野球経験者が高校野球全国大会(当時は中学野球)に出場することがあった。また初期の選抜高校野球では、年齢制限がなかった。

1918年、全国大会に出場した慶應普通部(東京)の山口昇は、慶應義塾大の選手として大学野球経験があった。山口は全国大会出場時は中学5年だったが、当時の大学野球の規約では系列校であれば大学生でなくても大学野球に出場できたため、このような現象が起こった。

また、1920年、全国大会に出場した豊国中(福岡)の小方二十世は、出場時は19歳であり、法政大の選手として大学野球経験があった。当時の中学野球の規約では選手の年齢制限はなく、在籍生を学校長が代表選手と認めればどんな選手でも出場できたため、このような現象が起こった。

1922年に選手年齢制限や転校後2学期以上の出場停止にするなどの規約改正を行い、以降は基本的には大学野球経験者が出場することはなくなった。

1927年の第4回選抜大会巨人の創設メンバー・田部武雄が、広陵中学の投手として21歳で出場している。田部は同年夏の選手権大会には、「年齢制限」ではなく「他チームでの在籍は1年のみ」という制限に引っ掛かり出場できなかった。

規約改正以降も年齢制限を超えながら出場特例が認められ、甲子園に出場した選手が何人かいる。1956年の夏大会で甲子園に出場した米子東(鳥取)の長島康夫は、外地からの引揚者であり大会出場時には19歳になっていたが、高野連は事情を考慮して、予選1ヶ月前に特例を設けて長島の出場を許可している。その後、中学卒業後に1年以上何らかの事情で高校に進学できなかった選手に関しては、満19歳以下でも出場資格が得られる規則になっている。1999年の春大会で甲子園に出場した明徳義塾(高知)の森岡エーデル次郎は、ブラジルからの帰国子女のため学年がずれ、大会出場時には満19歳(20歳になる年度)になっていたが、特例が認められ出場した。この森岡は1980年の早生まれだが、ブラジルの中学を卒業後に日本の高校野球を目指し、祖父母ゆかりの高知県に渡った。そこでひとまず日本語習得の為に明徳義塾中学校に編入した。そして1997年度に明徳義塾に入学した際、学校側が早生まれを見落として選手登録(森岡は1979年度の生まれだが1980年度生まれと誤認)をし、また高野連もそれに気付かずに許可を継続していたので、いわば過失相殺の意味があっての正に特例中の特例と言える。その為、森岡は在校3年目だが、その3年目となる1999年センバツ以降の公式戦は出場できなかった。この1999年センバツ2回戦、敗北した海星(三重)戦が最後の公式戦となった。森岡のように帰国子女生徒の学年が2学年ずれるのは非常に稀であった(2005年春に羽黒の主戦投手として出場した新3年生の片山マウリシオは1987年1月生まれの早生まれだったが、何故かこれまでの日系帰国子女選手には早生まれの選手が目立った)。

最近では1983年春夏の仲田幸司や2010年春の大湾圭人(ともに興南高校)、2004年春の蕭一傑日南学園)、2014年春の蔡鉦宇(八戸学院光星)など、19歳になる年度(4月1日時点で満18歳)の大会に出場した選手は何人かいる。東筑米子東など、地方の進学校の3年生選手には、19歳になる年度の大会への出場が過去に見られた。

なお前述の森岡エーデル次郎の一件から規則が一部改められた。中学卒業の翌年度に何らかの理由で高校に進学せず、高校入学が通常より2学年遅れとなる18歳になる年度(4月1日時点で満17歳、中学卒業までに原級留置が2年あった場合を含む)になった選手は、高校2年の学年末まで試合出場可と改められた。センバツは前年度の大会でもあり新年度の大会でもある側面を持つ為、最長で新3年生となる年のセンバツ大会決勝まで出場可となった。森岡が出場した海星戦は、文字通り新年度となる4月1日に行われたが、今後2学年ずれて入学した選手が学齢で最も早い誕生日となる4月2日生まれの選手であった場合、センバツ大会で上位に進出すれば20歳で出場することもあり得ることになる(この制度が設置される以前の2学年遅れの高校入学者としては林威助が知られており、林威助もまた早生まれである)。余談だが、中学卒業の翌年度に何らかの理由で高校に進学せず、高校入学が通常より3学年遅れとなる19歳になる年度(中学卒業までに原級留置が3年あった場合を含む)になった選手についての取り扱いは、特にされていない。

規約では高野連に部員登録をしたことがある生徒が、正当な理由(廃校や家族を伴う転居など)以外で転校した場合、新たな学校への転入の日から1年間は公式戦に選手登録することができない(前学校で高野連に部員登録がない場合は登録可能)。部員登録をしたことがあっても中退・再入試を経て別の学校に入学すれば、公式戦に出場できる。ただしこの措置は、公式戦における通常(3年夏まで)の選手登録を保証するものではなく、選手登録は高等学校または高等学校に準ずる学校への在籍期間が3年以下の選手に限り認可される。例えば1年の途中で中退し、翌年度別の学校に入学すると、3年の選抜大会に出場しない限り2年秋までしか選手登録はできない(前述の大湾圭人や蕭一傑はこれに該当する。また前学校に野球部が存在しない場合は除く)。同様に、同じ学校内で軟式から硬式、硬式から軟式への転部した場合も、1年間公式戦に選手登録できない(部員不足の部の救済などの場合を除く)。

家庭の事情を考慮した特例(一家転住)もあるが、過去には1998年秋季中国大会で開星は一旦は優勝を果たしたが、試合に正選手として出場していた選手2名(ともに1998年1月に埼玉県より転入学)が、選手登録できない選手(1998年3月に家族とともに島根県に住民票を移していたが、家族は選手が1998年5月に選手登録されてすぐに埼玉県に住民票を戻しており、家庭の事情とは言い難い)と判明し、この2選手が出場した秋季中国大会優勝までの14試合の記録と秋季中国大会優勝が取り消されたことがある。

甲子園6回以上出場[編集]

現在、1人の選手が甲子園に出場できる回数は最大5回まで。しかし、学制改革前は旧制中学が5年制のため6回以上甲子園に出場することが可能であり(ここには学制改革が行われた直後の高校生を含む)、理論上は1人の選手が9回出場することが可能だった。1人の選手による最多出場回数は小川正太郎(和歌山中、現・和歌山県立桐蔭高校)の8回が最高。学制改革後に、5回すべてに出場した選手は荒木大輔(早稲田実・1980年1982年、のちヤクルトスワローズ)、小沢章一(早稲田実・1980年~1982年、荒木と同期の選手)、清原和博(PL学園・1983年~1985年、のち西武ライオンズ他)、桑田真澄(PL学園・1983年~1985年、のち読売ジャイアンツ)、梅田大喜(明徳義塾・2002年~2004年)、鶴川将吾(明徳義塾・2002年~2004年)、道端俊輔(智弁和歌山・2009年2011年)などがいる。

甲子園の土[編集]

甲子園の土を集める高校球児

現在では甲子園での最後となった試合の後に選手が土を拾って持ち帰ることが伝統となっているが、いつごろに定着したかははっきりしていない。定着する以前の具体的な持ち帰り事例には以下の3例がある。

  1. 1937年第23回大会で、熊本工業は決勝戦で敗れて準優勝に終わった。決勝戦終了後に、熊本工の投手だった川上哲治(のち読売ジャイアンツ監督)は甲子園の土をユニフォームのポケットに入れ、自校の練習場にまいた。川上自身は甲子園以外で同様のことをしている選手の真似であったことを語っている[9]
  2. 1946年第28回大会では、準決勝にて敗れた東京高等師範附属中(現・筑波大学附属中学校・高等学校)の佐々木迪夫監督が、最上級生以外の選手達に(この中に竹田晃がいた)来年また返しに来るという意味で、各ポジションの土を手ぬぐいに包んで持ち帰らせた。ただしこれは米軍接収中の甲子園ではなく阪急西宮球場でのことである。これは新聞で記録されている最古の持ち帰りである[9]
  3. 1949年第31回大会で、準々決勝で敗れた小倉北のエース福嶋一雄が、ホームベースの後方で無意識に足元の土を摘んでズボンの後ろポケットに入れた。大会役員からの励ましの速達で無意識の行為に気付いた福嶋はユニフォームから土を取り出し、玄関に置いてあるゴムの木の植木鉢に入れた[10]

学校や指導者の方針によっては土を持ち帰らないことがあり、監督として春夏通算10回出場した野々村直通は試合に敗れても選手に土を持ち帰らせなかった[11]。また出場機会を残す選手が「次も来る」という意思表示で個人的に持ち帰らないケースもある[12]

1958年当時の沖縄はアメリカ統治下にあった。その夏の大会で、春夏を通じて初めて沖縄から首里が出場。1回戦で敦賀(福井)に敗戦し、試合終了後に甲子園の土を拾った。しかし、検疫の関係で沖縄に持ち帰ることができず、帰郷後処分されたという[13]。外国の土・動植物を検疫を経ずに持ち込む事はどこの国でも法で禁じられているが、沖縄以外のもの(外国や日本本土も含めて)という理由での処分にも関わらず、那覇港の沿岸に捨てられている。なお、那覇港にてアメリカ人職員が高圧的に没収したわけではなく、沖縄の係官が申し訳なさそうに「規則なので…」といった感じでの没収だったため、申し出ずに土を持ちかえった高校生もいたという。それを知った日本航空客室乗務員有志らが、球場周辺にあった海岸の石を拾い首里に寄贈[14]。同校庭に、今も甲子園初出場を記念した「友愛の碑」というモニュメントとして飾られている[14]。また、これがメディアで扱われ、沖縄返還運動を加速させる一端ともなったという[15]

地方大会での阪神甲子園球場の使用[編集]

兵庫県大会や近畿大会では、阪神甲子園球場を使用することがあるため、全国大会未経験でも甲子園の土を踏んだ高校球児が存在する。

阪神甲子園球場が完成した1924年から地方大会に使用されており、兵庫県の球児は本大会より一足先に完成されたばかりの阪神甲子園球場でプレーしていた。その後も兵庫県内の球場事情や立地が重なり、たびたび阪神甲子園球場が使用されてきた。

ただ、元々地方大会が行われる7月はプロ野球阪神タイガース長期ロードを前に集中して主催試合を行うため地方大会の会場としての日程の確保が難しく、また現在は兵庫県下各地(淡路島も含めて)に多数の野球場があることから、平成になって以降は地方大会で使用されることは少なくなり、2004年以降は使用されていない。

甲子園練習[編集]

春と夏の全国大会開幕前に、出場が決まった全代表チームの阪神甲子園球場での事前練習(通称:甲子園練習)が行われる。これは大会までに、甲子園のグラウンドの雰囲気を事前に確かめるという目的があり、大会開幕の概ね1週間前から順次行われる。1チームの割り当ては概ね30~50分程度。[要出典]又一般客は球場のバックネット裏席に座り、無料で甲子園練習の風景を見ることができる。ただし雨天等の場合は甲子園練習を中止、室内練習場での調整となる(この場合一般客は練習風景を見ることは不可)。

なお、夏の大会についてはプロ野球阪神タイガースの公式戦との日程調整の関係で午前中だけの開催となる場合がある。また、1998年第80回と2008年第90回の選手権記念大会では、それぞれ日程上の都合で甲子園練習ができず、施設見学のみが行われた。

勝利校の校歌演奏(斉唱)と校旗掲揚[編集]

神奈川県地区予選・試合後の勝利校の校歌演奏風景・2007年の横浜スタジアム

試合で勝負を決した後、勝利校の校歌演奏と校旗掲揚が行われている。

これを発案した人物は、大阪毎日新聞の記者だった人見絹枝である[16]。人見は1928年アムステルダムオリンピックの女子800mで日本女子陸上初となる銀メダルを獲得しており、このときの表彰式での国歌演奏・国旗掲揚に感激してこれを発案、1929年春の第6回大会から始められた。最初に校歌演奏と校旗掲揚を行った学校は、八尾中(大阪)だった。

夏の大会での勝利校の校歌演奏と校旗掲揚は、春の大会より28年遅れて、1957年の第39回大会から始められた[17]最初に校歌演奏と校旗掲揚を行った学校は、坂出商(香川)だった。夏の大会では「校歌演奏」とアナウンスされるが、春の大会では「校歌斉唱」とアナウンスされる(初戦の2回攻撃前は「校歌演奏」とアナウンスされる)。なお、地方大会では、校歌演奏(斉唱)のある地区とない地区に分かれる[要出典]

雨天コールドで勝利した場合、雨に濡れた選手や応援団の体調を考慮し、校歌演奏を省略することがある[注 4][要出典]。また引き分け再試合が決まった場合は両校の校歌は当然のことながら演奏されない。

以前は試合に勝たなければ校歌を聞くことはできなかったが、1999年の第71回選抜大会から春・夏の各甲子園大会の初戦の試合中(2回表裏前)に両校の校歌が場内に流されている[18]

7回裏の後、校旗が一旦降納され、試合終了後に勝利校の校旗が掲揚される。

夏の甲子園では主催者側が男声合唱による音源を用意するが、センバツや夏の地方大会では学校側のものが使われる。甲子園出場校の校歌そのものが話題に上ることもあり、2011年には夏の甲子園に出場を決めた至学館(愛知)の校歌『夢追人』がアニソンのような感じの校歌であったことから大会前から評判となったが[19][20]、大会では通常のものに編曲された。

済美(愛媛)のように、校歌が制定されているが別の応援歌や学園歌が演奏されることもある(済美は女子校から共学化したのを機に「学園歌」が制定された)。

夏の大会では校歌をもたない学校が勝利した場合、「栄冠は君に輝く」が校歌代わりとなる(ただし近年はそのような例はない)。[要出典]

なお、大学の系列・係属・提携校で高校独自の校歌が未制定である場合、母体の大学の校歌が演奏されることがある(近大付や駒大高、駒大岩見沢、駒大苫小牧等)。また同じく独自の校歌を持たない天理(奈良)の場合は「天理教青年会歌」が演奏される。校歌が一定の長さ以上の場合、省略したものを用いたり、省略を要請したりする場合がある。最近では2004年春の済美、2004年夏の千葉経大付などが該当する。また沖縄水産は校歌3番を斉唱している。

春優勝校と夏優勝校の決戦試合[編集]

高校野球の全国大会は春と夏で年2回あるが、両大会の優勝校同士による決戦試合が1回行われたことがある。

1927年、春優勝校は和歌山中(和歌山)で夏優勝校は高松商(香川)だったが、阪神間のファンから「ホンマに強いのはどっちやろ。試合やらしてみればどうや」という声があがり[21]、同年11月6日に大阪の寝屋川球場で両校による決戦試合が行われた。この試合は7対4で高松商が和歌山中に勝利した。

少数部員の活躍[編集]

選抜大会では出場対象の学年が2学年しかないことから、部員の総数がベンチ入り選手制限に満たない高校の快進撃が時折起きた。有名処では1974年大会の池田高校(部員11人で準優勝)、1977年の中村高校(部員12人で準優勝)があり、1987年も大成高校が部員10人で選抜大会に出場した。

全国大会出場辞退[編集]

全国大会の出場が決まったものの、何らかの事情で出場を自主的に辞退するケースがある。この「何らかの事情」は、一般には出場校で不祥事(暴力事件やその他の犯罪行為、規約違反など)が発生した場合といわれることが多いが、出場辞退の理由について辞退校から明言されるケースは皆無に等しく、多くは報道機関等による推測に基づくものでしかない。[要出典]もちろん、やむを得ない理由(病気等による規定人数未満)による出場辞退のケースもある。

以下は、選抜大会・選手権大会における全国大会出場辞退校の一覧。校名が太字の学校は、以後全国大会への出場機会がない学校。

開催年 大会 学校
1922年 夏・第8回 新潟商(新潟)
1935年 春・第12回 浪華商(大阪)
1939年 夏・第25回 帝京商(東京)
日大三(東京)
1952年 春・第24回 門司東(福岡)
1958年 春・第30回 浪華商(大阪)
1965年 春・第37回 高知商(高知)
1967年 春・第39回 津山商(岡山)
1971年 春・第43回 北海(北海道)
三田学園(兵庫)
市和歌山商(和歌山)
南部(和歌山)
1975年 春・第47回 門司工(福岡)
1984年 春・第56回 池田(徳島)
函館大有斗(北海道)
1985年 春・第57回 明徳義塾(高知)
1987年 春・第59回 東海大浦安(千葉)
1989年 春・第61回 岩倉(東京)
1992年 春・第64回 上宮(大阪)
神戸弘陵(兵庫)
2000年 春・第72回 敦賀気比(福井)
2005年 夏・第87回 明徳義塾(高知)
2006年 春・第78回 駒大苫小牧(北海道)

春夏連覇・夏春連覇[編集]

春の選抜大会で優勝した年の夏の全国大会で優勝することを春夏連覇という。また、夏の全国大会で優勝した翌年の春の選抜大会で優勝することを夏春連覇という。春夏連覇や夏春連覇をすると、優勝校には2つの優勝旗が同時期に置かれることになる。過去に11例がある。

初出場・初優勝[編集]

第1回は含まない。

開催年 大会 学校 備考
1916年 夏・第2回 慶應普通部(東京)
1917年 夏・第3回 愛知一中(愛知)
1919年 夏・第5回 神戸一中(兵庫)
1923年 夏・第9回 甲陽中(兵庫) ここまでセンバツ開始前
1934年 春・第11回 東邦商(愛知) 春夏通じて初出場
1936年 夏・第22回 岐阜商(岐阜)
1949年 夏・第31回 湘南(神奈川) 春夏通じて初出場
1950年 春・第22回 韮山(静岡) 春夏通じて初出場
1953年 春・第25回 洲本(兵庫) 春夏通じて初出場
1954年 春・第26回 飯田長姫(長野)
1955年 夏・第37回 四日市(三重)
1961年 春・第33回 法政二(神奈川)
1964年 春・第36回 海南(徳島) 春夏通じて初出場かつ最後の出場(2006年3月閉校[注 5]
1965年 夏・第47回 三池工(福岡) 春夏通じて初出場・以後は甲子園未出場
1967年 春・第39回 津久見(大分)
1968年 春・第40回 大宮工(埼玉) 春夏通じて初出場
1968年 夏・第50回 興國(大阪)
1971年 夏・第53回 桐蔭学園(神奈川) 春夏通じて初出場
1972年 春・第44回 日大桜丘(東京) 春夏通じて初出場
1973年 春・第45回 横浜(神奈川)
1976年 春・第48回 崇徳(広島)
1976年 夏・第58回 桜美林(東京)
1984年 春・第56回 岩倉(東京) 春夏通じて初出場
1985年 春・第57回 伊野商(高知) 春夏通じて初出場
1988年 春・第60回 宇和島東(愛媛)
1991年 夏・第73回 大阪桐蔭(大阪) 夏の選手権大会、史上最速の創部4年目
1995年 春・第67回 観音寺中央(香川) 春夏通じて初出場
2004年 春・第76回 済美(愛媛) 春夏通じて初出場。春の選抜大会、史上最速の創部3年目
上甲正典監督は宇和島東時代に続いて2度目の初出場・初優勝達成
2013年 夏・第95回 前橋育英(群馬)

夏の甲子園専門[編集]

夏の大会から10年後に春の大会が始まった。回を重ねるごとに春夏の甲子園出場の高校が増えてくる一方で、夏の甲子園しか出場できていない高校もある。特に夏に比べ枠の数が少ない地区で顕著である(例:東北)。

岩手県福岡高校は、1927年夏に甲子園へ初出場を決め、1985年の夏まで10度甲子園に出場し8強入りも2度あるが、春の甲子園には一度も出場していない(昭和3年と4年には選抜されたが予算不足で辞退)。原則1府県1校の夏と違い、春は1地区2、3校と甲子園の出場枠が狭い。夏の甲子園に2ケタ以上の出場経験があり春出場なしというのは福岡高校の1校しかない(戦前は満州・朝鮮・台湾からも出場があり、満州の大連商業が夏12回出場し準優勝もありながら、春の出場がないという例がある)。

夏の出場回数の方が極端に多い高校は他にもあり、青森の青森山田は夏は2004年から2009年までの6年連続で出場し、計10回出場して11勝をあげているが、春の出場は2005年の1回のみで、その大会は初戦敗退に終わったため春は未勝利である。2ケタ以上の勝利がありながら春の勝利がない学校は2014年現在青森山田と長崎・海星、沖縄の浦添商の3校だけである。

主に夏に強い学校を「夏将軍」「夏の○○」と呼ぶ。福井の福井商、京都の龍谷大平安(旧平安)、広島の広島商、愛媛の松山商、高知の明徳義塾などが代表例である。

  • 福井商は夏22回出場、春17回出場・準優勝1回あるが、春は2005年を最後に出場していない。
  • 平安は2014年春までに通算70回出場し、夏の大会では優勝が3回、準優勝が4回あるが、春は長年にわたりベスト4が最高で優勝がなく、2014年の大会において38回目の出場で初めて優勝した。
  • 松山商は甲子園通算80勝のうち4分の3の60勝が夏の勝利である。
  • 明徳義塾は夏優勝1回、初戦敗退は一度もない。春はベスト4が最高、初戦敗退は2回ある。

春の甲子園専門[編集]

春の出場のみという高校は、甲子園の出場回数は最高でも4回である。東京の二松学舎大付、兵庫の三田学園、福岡の博多工がそれぞれ4度春の大会に出場しているが夏の出場はない。その中でも二松学舎大付は春は準優勝の経験がありながら、夏は東京大会・東東京大会の決勝で10回敗れており夏の甲子園への出場はない。かつて春に7回出場し、夏出場がなかった東京の国士舘は2005年夏に初出場した。ただし、和歌山の海南(旧海南中、春14回・夏4回)や大阪の上宮(春8回・夏1回)のように、春の出場回数の方が極端に多い学校は出場枠の多い大都市圏を中心に多数存在する。例えば東海大相模(神奈川)は、2000、2011年のセンバツで全国制覇したほか、'92(準優勝)、'95、'05、'06と近年もセンバツで好成績を残しているが、夏の甲子園は1977年の次の出場は2010年(準優勝)であった。

春夏両方の出場経験はあるが、勝利したのは春だけという高校も存在し、香川の丸亀城西(旧丸亀商)、兵庫の県尼崎は春は7勝しているが夏の勝利はない。北海道の北照は春は5回出場、ベスト8を2回しているが夏の勝利はない。 なお和歌山の向陽(旧海草中)は出場回数は春15回・夏7回と倍の差があるが、勝利数は春7勝・夏14勝と逆転している。夏は1929年に準優勝、1939年・1940年は連覇を達成しているが、春はベスト8が最高である。

主に春に強い学校を「春将軍」「春の○○」と呼ぶ。愛知の東邦愛工大名電、岐阜の大垣日大、広島の広陵などが代表例である。東邦は甲子園通算66勝のうち約4分の3の50勝が春の勝利で、センバツでは優勝が4回(最多回数)、準優勝が2回あるが、夏は優勝経験はなく準優勝が1回のみである。愛工大名電は甲子園通算20勝のうち16勝が春の勝利で、春は2004年準優勝、2005年優勝と好成績を残すも、夏は1981年に3勝(ベスト4)、1988年に1勝を挙げた以降、平成に入ってから8度出場も全て初戦敗退である。大垣日大は春は2007年、2010年、2011年に出場しているが、夏の出場は2007年の次が2013年だった。1967年から2004年夏までの東邦と2005年春からの大垣日大は阪口慶三監督が率いている。また広陵は春3回の優勝があるが夏は準優勝3回で優勝はまだ無い(夏は偶然なのか、丁度40年周期で準優勝している。1927年は高松商業に1対5、1967年は習志野に1対7、2007年は佐賀北に4対5で敗れている)。

新設校の快進撃[編集]

新設の野球部(最近では主に女子校の共学化)が突如として地方大会や全国大会を勝ち進むことがある。駒大苫小牧(南北海道)は1966年夏の選手権に、明野(茨城)は1979年夏の選手権に、共に創設3年目で出場した。済美(愛媛)は創部2年目の2003年の夏までは目立った成績はあげられなかったが、その年の秋の四国大会でいきなり優勝し、2004年春の選抜でも快進撃は続き優勝、夏の選手権で準優勝(共に初出場)に輝いた。同様な例に、神村学園(鹿児島)の2005年春選抜準優勝などがある。また、2002年夏の選手権でベスト8に進出した遊学館(石川)は実質創部1年4ヶ月後である。2011年春の選抜に出場した創志学園(岡山)は前年春の創部後、全員1年生で秋季中国大会準優勝を果たし、創部1年で甲子園出場となった。この記録は史上最速で全国大会に出場した記録である。しかし結果は初戦敗退に終わった。なお創志学園は2010年、2011年夏の岡山大会は初戦で敗退しており、2012年夏に初勝利を挙げるまで甲子園出場経験がありながら夏の予選未勝利という珍しい状況であった。

最も遅い初○○[編集]

47都道府県最後の各記録
記録 シーズン 都道府県 大会 達成した学校 備考
初出場 山形 1973年・第45回
沖縄 1958年・第40回
春夏通じて 沖縄 1958年夏・第40回 宮崎・沖縄は学制改革以前の出場が春夏通じて無い。
初勝利 新潟 2006年・第78回
滋賀 1979年・第61回
春夏通じて 山形 1973年春・第45回
初ベスト8
春夏通じて
初ベスト4
春夏通じて

身体障害者、特別支援学校の出場[編集]

日本学生野球憲章では都道府県の高等学校野球連盟に加入できない特別支援学校学校教育法の扱いが異なる)の出場を認めていない。しかし1983年、『北城ろう学校高等部』が当時の高野連会長牧野直隆の計らいで特例として沖縄県予選に出場を果たした[22]。この話は戸部良也『青春の記録 遥かなる甲子園 聴こえぬ球音に賭けた16人』、小野卓司の『廃校の夏~風疹児たちのプレイボール』(講談社刊)としてノベル化や映画化された。

サイレン[編集]

日本のアマチュア野球では、その機能が設置されている野球場の場合、プレイボール時とゲームセット後の挨拶時に、ほとんどの場合モーターサイレンが吹鳴される。甲子園球場での高校野球大会では、春・夏を問わず球場の開場時間、プレイボールとゲームセット後に長吹鳴の、また試合直前のシートノック(守備練習)開始・終了時に短吹鳴のサイレンが吹鳴される。高校野球では決勝戦を除いて、最低でも1日に2試合を行うため、[注 6]試合待ちの選手や担当係員への伝達のためにサイレンが必要となっている。

アマチュア野球にモーターサイレンが導入された経緯については、詳しくわかっていない[23]。ただ、1937年第23回選手権大会は盧溝橋事件が始まった直後に開会されたため、試合の開始、終了はサイレンを使用せず、進軍ラッパが代用された。

その他、選手権大会期間中の8月15日(終戦の日)の正午には、黙祷を行うため1分間にわたってサイレンが鳴らされる(1963年の第45回大会から)。ただし、正午が試合中でない場合はこの限りではなく、2010年は観客の安全面を考慮して試合開始直前の12時7分に鳴らされた。

甲子園出場の経験を持つ人物[編集]

プロ野球選手経験者を除く。

芸能人[編集]

名前 高校名 出場大会
山本譲二 早鞆 1967・第49回夏
美木良介 岡山東商 1974・第46回春、1975・第57回夏
森永健司 広島商 1981・第63回夏
レッド吉田TIM 東山 1983・第65回夏
ゴルゴ松本(TIM) 熊谷商 1985・第57回春
有田真平 海星(長崎県) 1989・第71回夏
関泰章 帝京 1998・第80回夏
安村昇剛(アームストロング) 旭川実 1999・第81回夏
宮田慧(BREATHE 東北 2001・第73回春
安藤龍PureBoys 静清工 2005・第87回夏

テレビ局員[編集]

名前 テレビ局名 役職 高校名 出場大会 備考
林正浩 TBS アナウンサー 桜美林 1973・第45回春
伊藤慶太 NHK アナウンサー 秋田 1989・第61回春
上重聡 日本テレビ アナウンサー PL学園 1996・第78回夏、1998・第70回春、第80回夏 第80回夏・準々決勝では、松坂大輔がいた横浜高校と、延長17回・死闘を演じたチームのエースである。
矢野勝嗣 愛媛朝日テレビ 職員 松山商 1996・第68回春、第78回夏 第78回夏決勝戦では、延長10回裏に急遽右翼手で出場の直後、いわゆる「奇跡のバックホーム」を演じて、優勝に大きく貢献した。

競輪選手[編集]

名前 高校名 出場大会 備考
鈴木保巳 1 県立前橋 1948・第30回夏
坂東利則 28 市立西宮 1964・第36回春
宮内英雄 41 銚子商 1974・第56回夏 主将として選手宣誓も行った。
星川淳 41 東海大相模 1974・第56回夏
岡本新吾 42 伊都 1975・第47回春
佐古雅俊 45 福井 1976・第58回夏
荒川博之 49 小山 1976・第48回春、第58回夏
大井健司 54 平安 1980・第52回春
南雲孝之 54 二松学舎大付 1982・第54回春
工正信 55 広島商 1982・第64回夏
渡辺一貴 58 比叡山 1982・第64回夏
澤田光浩 63 福井 1985・第67回夏
森内章之 64 熊本工 1986・第58回春
角田直樹 71 高崎商 1990・第72回夏
粕谷正美 78 宇都宮工 1989・第61回春
合志正臣 81 熊本工 1995・第67回春
阿竹智史 90 徳島商 1999・第81回夏、2000・第82回夏
伊原克彦 91 福井商 1999・第71回春
阿久津浩之 94 佐野日大 2001・第83回夏
上田栄蔵 95 伊都 1995・第67回春、1996・第68回春
矢口大樹 95 千葉経大付 2004・第86回夏
高市訓但 97 済美 2005・第87回夏
中井太祐 97 智辯学園 2007・第89回夏
一ノ瀬貴将 98 長崎日大 2003・第85回夏
西山圭二 100 徳島商 2000・第82回夏

プロゴルファー[編集]

名前 高校名 出場大会 備考
渡辺司 日大一 1973・第45回春、第55回夏
平石武則 東洋大姫路 1977・第59回夏
須藤聡明 取手一 1972・第54回夏、1973・第55回夏
桑田泉 PL学園 1987・第59回春、第69回夏 実兄は桑田真澄

プロ野球経験者による監督・指導[編集]

従来は蔦文也のようにプロ球団退団後1年間を経るなどすれば監督登録されることが可能だったが、1962年に規定改正(柳川事件を参照)が行われて以降、プロ野球経験者がアマチュア野球の監督に就任することは、相当な困難を伴うことになった(元プロ野球選手が高校野球チームを指揮する場合、少なくとも高野連加盟の同一高校で2年以上教職員として教鞭をとった上で、日本学生野球協会主催の審査により高校野球指導者としての認定を受けなければいけない)。これ以降は甲子園大会では新規に、これまで3名が4度指揮を執っている。今後は教員免許や教職経験が無くとも指導が出来るようにプロ-アマ間で検討が行われている[24][25][26][27]

開催年 大会 氏名 指揮を執った学校 都道府県 現役時代に在籍していた球団
1991年 春・63回 後原富 瀬戸内 広島 東映フライヤーズ
2000年 夏・82回
2008年 夏・90回 佐野心 常葉菊川 静岡 中日ドラゴンズ
2012年 春・84回 大越基 早鞆 山口 サリナス・スパーズ[注 7]福岡ダイエーホークス

放棄試合・没収試合[編集]

放棄試合没収試合は全国大会での例はないが、地方大会で発生している。主な原因は一方的な試合展開による人数不足が原因であるが、下記のような例もある。

  • 1959年の島根県大会準決勝では前日日没再試合となった後再試合の実行を前に大社高校側が審判の交代や主催者の謝罪を要求。高野連側が拒否し試合を開始、大社高校側が納得せず守備につかなかったため、大社高校に没収試合が宣せられた。
  • 1969年の長野県大会では打球の判定をめぐりスタンドから数人が乱入、試合が中断。丸子実高側が日没再試合狙いの遅延行為に出たため没収試合の裁定が下るがこの裁定に激昂した丸子実高側の観客がスタンドに放火、球場設備を壊すなどの暴動を起こし、逮捕者2名を出した[28]。試合後丸子実高には2年間の対外試合停止処分が課されたが11カ月後に処分は解除された。
  • 2007年の大阪府大会では飛翔館の投手が打球の直撃で心肺停止状態に陥り、AEDによる蘇生措置によって一命を取り留めるという事態が発生。この出来事にショックを受けた飛翔館側から放棄試合とすることが申し入れられた[29]
  • 2008年の埼玉県大会では川本高校の先発投手の投球数が250球を超えたことから、選手の健康を考え川本高校の監督が試合放棄を申し出て受理された[30][31]
  • 2011年の広島県大会では広島井口と広島工大高、双方の選手が熱中症で次々に倒れ、特に広島工大高は控え選手まで使い切ってしまったため試合続行が不可能となり没収試合が宣告された。

4アウト、四球でも四球でなし[編集]

1982年選手権、益田対帯広農業で、9回表の益田の攻撃の際、1イニングで4アウトという珍事が発生した。

1994年選抜大会、小倉東対桑名西で、スコアボードのミスにより球審が四球を宣告せず。他の審判や選手からのアピールがなかったためプレーが続行された。試合後審判が謝罪した[32]

誤審を招いた歴代優勝校ボード[編集]

1984年選抜大会、佐賀商業対高島で、ラッキーゾーンのフェンス手前でワンバウンドしてスタンドインしたエンタイトル二塁打の打球を本塁打と誤審。試合後に高野連が会見して誤審を認め、誤審の原因となった選抜高等学校野球大会歴代優勝校ボード(白地に歴代優勝校の校章が描かれていたパネルボードであった)[33]を全て撤去した。

当時の高野連会長は試合後誤審を行った審判と共同での記者会見を行い誤審の原因を説明し「選手が判定に疑問を持ったらどんどんアピールしてよい」と発言している[34]

問題とされた作戦[編集]

1992年8月16日に行われた明徳義塾対星稜の試合では明徳義塾の監督は星稜の4番松井秀喜に対し5打席すべてを敬遠するという作戦に出た。試合は明徳義塾が勝利したが試合終了直後から試合内容に納得のいかない観客から「帰れ」コールやブーイングが起き、これによって校歌斉唱の声が潰されただけではなく、高野連が異例の声明を発表する事態になる。監督は試合終了後に「高校生の中に一人プロが混じっていた。勝つために(敬遠を)指示した」と記者団に答えた。スポーツ紙、テレビニュース、一般紙は明徳義塾の行動に対する非難を行い、プロ野球経験者は非難、擁護と意見が二分した。

2006年に行われた高校野球県秋田県予選準決勝の本荘対秋田戦で行われた、雨天ノーゲームを巡る遅延行為と故意遅延プレーの発生。9-1と本荘がリードしていた5回裏に、雨天による一時中断があった。高野連のルールでは7回が終了しない状態では雨天ノーゲームとなるため、秋田は雨天ノーゲームを狙い、打者が一球ごとに打席を外す、投球テンポを遅くする、送球されたボールを盗塁したランナーを故意にタッチせず進塁させるなどの遅延行為を行った。本荘はそれに対抗し、監督の指示でわざとアウトになるようなプレー(敬遠球への空振りや無謀な盗塁)を行った(試合は本荘がコールド勝ち)。この試合では本荘の行為のみが問題とされ始末書の提出を県高野連から求められたが、秋田へは何の処分もなかった[35]

作戦としての抗議を公言[編集]

2000年鹿児島大会の鹿児島玉龍対樟南戦(7月12日)では審判の判定に樟南の監督が30分にわたり抗議。最終的に審判がマイクで観客に説明した。試合後の会見で、樟南の監督は判定が覆らないのはわかっていたが自軍選手の鼓舞、相手高校の良い流れを断ち切るための作戦として抗議を行ったと説明[36]。当時、樟南の監督は県高野連の理事を務めていたが、試合後に自ら辞任を申し出た[37]。県高野連は7月20日に理事会を開催して監督を理事から辞任させることを決定し、またこの監督に始末書の提出を求めた[38]

見出しで「誤審」と報道[編集]

  • 倉敷工業対金光大阪(2009年選抜) - 一死三塁の場面で倉敷工業がスクイズを敢行。突っ込んできた三塁走者に触球する際、ミットから球がこぼれ空タッチとなったが球審は正規触球後の落球としてアウトと判定。主将が抗議したが判定は覆らず。この判定に対し、試合を見ていた視聴者から抗議電話が殺到した。しかし試合は倉敷工業が延長12回サヨナラ勝ちし勝敗は左右しなかった[39]
  • 花巻東盛岡大付(2012年選手権岩手大会決勝) -3回表、一死一・二塁の場面で盛岡大付の選手が放った左翼ポール付近のファウル打球を審判が本塁打と誤審。花巻東の伝令が「ファウルではないのか」と猛抗議するが、判定は覆らず試合は3-5で花巻東が敗退した。この試合は同大会準決勝でアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した注目右腕・大谷翔平(現北海道日本ハムファイターズ)の最後の夏の甲子園出場をかけた試合だったため試合前から注目度が高く、誤審は全国的に知れ渡った。翌日のスポーツ紙は「大谷、審判の誤審に泣く」「花巻東、誤審の前に消える」などと敗れた花巻東に同情する記事を掲載した[40]。また、この一件に関して、この年の全国選手権大会の閉会式において高野連会長奥島孝康が講評の中で「とりわけ残念なのが、大谷投手を甲子園で見られなかったこと」と述べた。この発言に対し、高野連に「盛岡大付を侮辱し、失礼ではないか」などの批判が寄せられたという[41]

幻の甲子園大会[編集]

太平洋戦争中の1942年8月、文部省主催(本大会のみ朝日新聞社ではなかった)の大日本学徒体育振興大会の一つとして、全国から16代表を集めて開催された。2010年8月のNHK「戦争と平和」特集で「幻の甲子園」として採り上げられた。

地域事情[編集]

2013年現在、春は福島・新潟・石川・滋賀・島根・佐賀の6県が、夏は富山県がベスト4に入っていない。

北海道[編集]

北海道は1959年から南・北に分割され、南北海道代表は函館(渡島・檜山管内全域)・小樽(後志管内全域)・室蘭(胆振・日高管内全域)・札幌(石狩管内全域)の4地区、北北海道代表は空知(空知管内全域)・旭川(上川・留萌管内中南部)・名寄(上川・留萌管内北部及び宗谷管内全域)・北見(網走管内全域)・十勝・釧根(釧路・根室管内全域)の6地区に分かれている。なお2006年まで空知地区は、南空知地区が南北海道・北空知地区が北北海道だった。少子化・過疎化に伴う学校数減少と南北北海道の学校数のバランスを取るために、07年春季全道大会から南空知地区(南北海道)と北空知地区(北北海道)を空知地区として統一の上、北北海道に編入した経緯がある。

南北海道はかつては札幌地区に有力校が多かったが、進学校化や選手の分散・流出や駒大苫小牧を筆頭とする苫小牧近郊の高校の台頭も著しい。北北海道は旭川地区が圧倒的勢力で、十勝地区がこれに次いでいたが、空知地区の編入により、勢力が移りつつある。名寄地区のみが春夏通じて甲子園出場校を出していない。

かつて、北海道の高校野球は「負け」の代名詞とさえ言われたが2004年夏の駒大苫小牧の優勝で見事に覆した。2004年夏の駒大苫小牧の優勝まではベスト4進出は1928年の北海のみ、ベスト8進出は1931年の札幌商(南北海道)、1961年・1962年・1994年の北海(南北海道)と1995年の旭川実業(北北海道)のみだった。春の代表は1963年に北海が準優勝、駒大岩見沢が1983年にベスト8、1993年にベスト4まで勝ち進んでいる。

駒大苫小牧が大会のチーム打率(チーム打率.448を記録)を更新する豪打で2004年夏に北海道勢として初優勝。その駒苫ナインを乗せた飛行機内では、キャビンアテンダントが「みなさま、当機はただいま津軽海峡を越えました。当機には高校野球の甲子園大会で優勝された駒大苫小牧高校の選手や関係者の方々にご搭乗いただいております。甲子園大会の深紅の大優勝旗も、ただいま初めて津軽海峡を越えました」と放送し、乗客はこぞって歓声を上げたという[42](駒苫の優勝時に発行された北海道新聞の号外では「大旗海峡渡る」と表記された)[43]。続く2005年夏には57年ぶりの夏2連覇、そして2006年夏には優勝こそ逃したものの、決勝で早稲田実業学校と球史に残る死闘を演じ、延長15回引き分け再試合の末、準優勝。21年ぶりの夏3年連続決勝進出を果たした。

甲子園で北海道のチーム同士の対戦が今までに1度だけある。1994年夏の2回戦、北海(南北海道)対砂川北(北北海道)の試合であり、北海が10-1で勝利を収めた。この大会で、北海は北海道勢として夏は32年ぶりのベスト8進出を果たした。

旭川市より北側の日本最北端に近い地域の野球部として、1993年夏に稚内大谷、2004年夏に雄武、2005年夏・2006年夏・2011年夏・2012年夏に遠軽が北北海道大会決勝に進出したが、いずれも敗退した。2005年夏には日本最東端の根室と最北端野球部の稚内(日本最北端の礼文は野球部が無い)が北大会に出場したが、初戦で敗退した。

2013年現在、最北の出場校は遠軽(2013年春・21世紀枠)、夏では網走南ヶ丘(1967年夏)である。最東の出場校は中標津(1990年夏)である。

今までの北海道勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1963年 春・第35回 北海(北海道) 準優勝 0-10 下関商(山口)
2004年 夏・第86回 駒大苫小牧(南北海道) 優勝 13-10 済美(愛媛)
2005年 夏・第87回 駒大苫小牧(南北海道) 優勝 5-3 京都外大西(京都)
2006年 夏・第88回 駒大苫小牧(南北海道) 準優勝 1-1(延長15回引き分け)
3-4(再試合)
早稲田実(西東京)
(参考)今までの北海道勢の決勝戦進出回数
地区 [44]
優勝 準優勝 優勝 準優勝
北北海道
0
1
0
0
南北海道
2
1
合計 0 1 2 1


東北[編集]

甲子園大会ではかつて東北地方以北からは優勝校が出なかったため、歴史上の関所になぞらえて優勝旗が『白河の関』を越す・越さない、と象徴的に表現されてきた。2004年・夏の大会において、駒大苫小牧(南北海道)が全国制覇を成し遂げると、それまでの最北だった作新学院(栃木)を大きく更新し、優勝旗は一気に津軽海峡を渡ることとなった(北海道の欄参照)。駒大苫小牧の優勝後、白河市長が苫小牧市長宛てに祝福の手紙を送っている[45]

2009年春には岩手の花巻東が決勝に駒を進めたが、紫紺旗を長崎にもたらした初の高校である清峰に阻まれ、翌日の一部スポーツ紙には「津軽海峡は渡ったけどまだ越えられない白河の関」という見出しがつけられた[46]。また2011年は光星学院が青森勢としては夏選手権で42年ぶりに、さらに翌2012年春選抜では再び光星学院が青森勢として史上初の決勝進出をそれぞれ果たしたものの、いずれも決勝戦で敗れ準優勝に終わった。

さらに、同2012年夏も光星学院が3季連続で甲子園大会の決勝戦に進出。3季連続の決勝進出は、1983年夏から1984年夏のPL学園以来28年ぶりとなった。また、対戦相手は奇しくも同年春選抜優勝の大阪桐蔭(大阪)とだったが、同じ年の春夏の甲子園大会で決勝戦が同一カードとなるのは史上初だった。「三度目の正直」での優勝を目指した光星学院だった。その2012年夏の大会決勝戦を前に光星学院(現・八戸学院光星)の仲井宗基監督は「いつまでも(マスコミから)白河の関と言われないように結果を出したい」とコメントするほどであった[47]。しかし、又しても大阪桐蔭に敗れて3季連続の準優勝に終わり、悲願の全国制覇はならなかった。

このように、東北地方の高校は、2012年夏までに春夏合計で10回(春3回・夏7回)も決勝戦まで勝ち進んでいながら、未だ優勝したことは1度も無い。東北地方の学校が優勝していない原因については、北海道と同様の不利を挙げられることがある。実際、降雪期から隔たった秋季に行われる国体や明治神宮大会は、優勝校を出すことに成功している。国体でも1952年に盛岡商(岩手)が、明治神宮大会では1977年に東北(宮城)が、それぞれ東北勢として初優勝している。

今までの東北勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1915年 夏・第1回 秋田中(秋田) 準優勝 1-2 京都二中(京都)
1969年 夏・第51回 三沢(青森) 準優勝 0-0(延長18回引き分け)
2-4(再試合)
松山商(愛媛)
1971年 夏・第53回 磐城(福島) 準優勝 0-1 桐蔭学園(神奈川)
1989年 夏・第71回 仙台育英(宮城) 準優勝 0-2 帝京(東東京)
2001年 春・第73回 仙台育英(宮城) 準優勝 6-7 常総学院(茨城)
2003年 夏・第85回 東北(宮城) 準優勝 2-4 常総学院(茨城)
2009年 春・第81回 花巻東(岩手) 準優勝 0-1 清峰(長崎)
2011年 夏・第93回 光星学院(青森) 準優勝 0-11 日大三(西東京)
2012年 春・第84回 光星学院(青森) 準優勝 3-7 大阪桐蔭(大阪)
2012年 夏・第94回 光星学院(青森) 準優勝 0-3 大阪桐蔭(大阪)
(参考)今までの東北勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
青森
0
1
0
3
岩手
0
1
0
0
宮城
0
1
0
2
秋田
0
0
0
1
山形
0
0
0
0
福島
0
0
0
1
合計 0 3 0 7


関東[編集]

関東の学校が全国制覇を成し遂げ優勝旗がその学校にもたらされることを江戸時代の交通の難所(あるいは関所)になぞらえ「箱根の山を越える」と表現することがある。初めて「箱根を越した」のは1916年の夏の大会の慶應普通部(東京[注 8])、その後1949年の夏の大会の湘南(神奈川)が達成した。

1916年夏に慶應普通部の優勝から湘南の優勝まで33年間の空白があるがこれが関東勢(東京都含む)にとって最長である。

春の優勝は1957年早稲田実(東京)が最初。以後、1962年作新学院(栃木)が史上初の春夏連覇を達成し、2004年夏に駒大苫小牧(南北海道)が優勝するまで最北端の優勝校だった。

1957年春までの関東勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1916年 夏・第2回 慶應普通部(東京) 優勝 6-2 市岡中(大阪)
1920年 夏・第6回 慶應普通部(東京) 準優勝 0-17 関西学院中(兵庫)
1924年 春・第1回 早稲田実(東京) 準優勝 0-2 高松商(香川)
1925年 夏・第11回 早稲田実(東京) 準優勝 3-5 高松商(香川)
1936年 春・第13回 桐生中(群馬) 準優勝 1-2 愛知商(愛知)
1949年 夏・第31回 湘南(神奈川) 優勝 5-3 岐阜(岐阜)
1955年 春・第27回 桐生(群馬) 準優勝 3-4 浪華商(大阪)
1957年 春・第29回 早稲田実(東京) 優勝 5-3 高知商(高知)
(参考)今までの関東勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
茨城
1
2
2
1
栃木
1
2
1
1
群馬
0
2
2
0
埼玉
2
2
0
2
千葉
0
2
3
3
東京[48][49]
5
9
1
2
東東京[50]
2
0
西東京[50]
4
1
神奈川
6
4
3
山梨
0
0
0
0
合計 15 23 21 13


茨城県[編集]

茨城県勢の優勝は3回(夏2回、春1回)だが、いずれも木内幸男率いるチーム(取手二及び常総学院)によりもたらされたものである。

今までの茨城勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1984年 夏・第66回 取手二 優勝 8-4(延長10回) PL学園(大阪)
1987年 夏・第69回 常総学院 準優勝 2-5 PL学園(大阪)
1994年 春・第66回 常総学院 準優勝 5-7 智弁和歌山(和歌山)
1999年 春・第71回 水戸商 準優勝 2-7 沖縄尚学(沖縄)
2001年 春・第73回 常総学院 優勝 7-6 仙台育英(宮城)
2003年 夏・第85回 常総学院 優勝 4-2 東北(宮城)
栃木県[編集]

栃木県勢の優勝は2回(春1回、夏1回)。その2回とも作新学院が同一年度に優勝し、史上初の春夏連覇を達成した。準優勝は3回(春2回、夏1回)。

今までの栃木勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1959年 夏・第41回 宇都宮工 準優勝 2-8(延長15回) 西条(愛媛)
1962年 春・第34回 作新学院 優勝 1-0 日大三(東京)
1962年 夏・第44回 作新学院 優勝 1-0 久留米商(福岡)
1976年 春・第48回 小山 準優勝 0-5 崇徳(広島)
1986年 春・第58回 宇都宮南 準優勝 1-7 池田(徳島)
群馬県[編集]

群馬県勢の決勝戦進出は春夏通じて過去4回。1999年、夏選手権に群馬代表で初めて決勝進出の桐生第一が、群馬県勢として念願の全国制覇を達成した。尚春選抜は、準優勝の桐生(旧・桐生中)が2回のみで、群馬代表として春の優勝はまだ一度も無い。

今までの群馬勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1936年 春・第13回 桐生中 準優勝 1-2x 愛知商(愛知)
1955年 春・第27回 桐生 準優勝 3-4x(延長11回) 浪華商(大阪)
1999年 夏・第81回 桐生第一 優勝 14-1 岡山理大付(岡山)
2013年 夏・第95回 前橋育英 優勝 4-3 延岡学園(宮崎)
埼玉県[編集]

関東1都6県の内、埼玉県勢のみ夏の優勝がない。夏の決勝戦進出は過去2回有るが、いずれも準優勝に終わっている。尚春選抜は1968年に大宮工、2013年に浦和学院がそれぞれ全国制覇を達成した。

今までの埼玉勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1951年 夏・第33回 熊谷 準優勝 4-7 平安(京都)
1968年 春・第40回 大宮工 優勝 3-2 尾道商(広島)
1993年 春・第65回 大宮東 準優勝 0-3 上宮(大阪)
1993年 夏・第75回 春日部共栄 準優勝 2-3 育英(兵庫)
2008年 春・第80回 聖望学園 準優勝 0-9 沖縄尚学(沖縄)
2013年 春・第85回 浦和学院 優勝 17-1 済美(愛媛)
山梨県[編集]

山梨県勢は、春夏通じて決勝戦進出の経験がない。平成時代に入り、2004年夏第86回選手権で東海大甲府がベスト4に進出したが、準決勝戦では優勝した駒大苫小牧(南北海道)に8-10で敗れた。さらに東海大甲府は8年後の2012年夏第94回選手権もベスト4進出するも、準優勝した光星学院(青森)に3-9で敗れ、それぞれ山梨県勢初の決勝進出を逃している。

東海[編集]

(参考)今までの東海勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
静岡
4
0
1
6
愛知
10
8
8
1
岐阜
3
4
1
4
三重
1
0
1
0
合計 18 12 11 11

北信越[編集]

北信越地方長野県新潟県富山県石川県福井県)は、長野県の松本商(1928年夏)と飯田長姫(1954年春)以外の優勝校が存在しない。

2014年春現在、北信越地方で決勝に進出した回数は10回で、内訳は長野が7回(春3回・夏4回)、新潟・石川・福井が各1回(新潟・石川は夏のみ、福井は春のみ)である。北信越勢で初めて決勝に進出したのは1919年夏の長野で、1954年春まで6回続く。その後、1978年春に福井、1995年夏に石川、2009年夏に新潟が初めて決勝に進出。

新潟県勢は2008年まで春夏通じて唯一ベスト4に入っていなかったが、2009年夏選手権で日本文理が新潟県勢初のベスト4及び決勝戦の進出を果たした(山形県も2004年まで春夏通じてベスト8止まりだったが、2005年春選抜で羽黒が山形県勢初のベスト4進出を達成)。これで47都道府県すべて春夏の最低限どちらかでベスト4進出を果たしたこととなった。

北陸3県(富山県・石川県・福井県)では、甲子園大会では優勝校が存在しないが、若狭(福井)が1952年の国体と1973年の明治神宮大会で北陸勢として初優勝をしている。その後も北陸勢は国体や明治神宮大会で何度か優勝をしている。なお、甲子園大会では、1978年春に福井商(福井)が、1995年夏に星稜(石川)がそれぞれ準優勝を記録している。

また、富山県勢は春夏通じて決勝戦進出の経験がない。夏は1947年の高岡商、1958年の魚津、1967年の富山商、1969年の富山北部、1973年の富山商(6年ぶり2回目)、2013年の富山第一のベスト8、春は1986年の新湊のベスト4が最高。特に、初出場ながら準々決勝に進み徳島商延長18回引き分け再試合を演じた1958年夏の魚津と、春夏通じて富山県勢初のベスト4進出を果たした1986年春の新湊の活躍は、それぞれ「蜃気楼旋風」「新湊旋風」と呼ばれている。

今までの北信越勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1919年 夏・第5回 長野師範(長野) 準優勝
1924年 夏・第10回 松本商(長野) 準優勝
1926年 春・第3回 松本商(長野) 準優勝
1928年 夏・第14回 松本商(長野) 優勝
1930年 夏・第16回 諏訪蚕糸(長野) 準優勝
1954年 春・第26回 飯田長姫(長野) 優勝
1978年 春・第50回 福井商(福井) 準優勝 0-2 浜松商(静岡)
1991年 春・第63回 松商学園(長野) 準優勝
1995年 夏・第77回 星稜(石川) 準優勝 1-3 帝京(東東京)
2009年 夏・第91回 日本文理(新潟) 準優勝 9-10 中京大中京(愛知)
(参考)今までの北信越勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
長野
1
2
1
3
新潟
0
0
0
1
富山
0
0
0
0
石川
0
0
0
1
福井
0
1
0
0
合計 1 3 1 5


近畿[編集]

滋賀県[編集]

甲子園のお膝元である近畿地方に属するものの、滋賀県勢は近畿勢で唯一2013年現在春夏とも優勝校がない。原因の一端として滋賀県は1974年まで夏選手権大会の区分けが京都府と同じ出場枠(京滋大会)だったため、滋賀県の高校が本大会に出場しにくかったことにある[注 9]。その影響から[要出典]滋賀県勢が夏の大会で初勝利を挙げたのは47都道府県最後であった。2001年になって、夏選手権で近江が、春夏通じて滋賀県勢初の決勝進出を果たしたが、決勝では日大三に敗れて準優勝となった。

今までの滋賀県勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
2001年 夏・第83回 近江 準優勝 2-5 日大三(西東京)
(参考)今までの近畿勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
滋賀
0
0
0
1
京都
2
2
4
大阪
9
9
5
兵庫
6
4
7
3
奈良
1
0
2
0
和歌山
5
4
7
5
合計 23 19 31 23


中国[編集]

山陰[編集]

山陰地方鳥取県島根県)の高校も甲子園大会優勝経験がない。

2014年春までの甲子園での通算成績は、鳥取が56勝93敗(春:19勝25敗、夏:37勝68敗)、島根は40勝86敗(春:11勝30敗、夏:29勝56敗)と大きく負け越している。

鳥取県・島根県については、草創期には何度か上位進出があるものの、人口が少ない地域(とくに鳥取県の人口は全国最少)であるため、相対的に高校球児の絶対数も少ない。[要出典]

2013年現在まで山陰地方から決勝進出を果たした学校は、1960年春選抜で準優勝した鳥取の米子東のみである。また2003年夏選手権では、島根の江の川(現・石見智翠館)が、島根県勢として80年ぶり(80年前は松江中=現・松江北以来)にベスト4に進出した(準決勝戦、1-6で宮城・東北高校に敗退)。

今までの山陰勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1960年 春・第32回 米子東(鳥取) 準優勝 1-2 高松商(香川)
(参考)今までの中国勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
岡山
1
0
0
1
広島
5
6
7
4
鳥取
0
1
0
0
島根
0
0
0
0
山口
1
0
1
6
合計 7 7 8 11


四国[編集]

徳島県[編集]

徳島県だけは、2013年現在私立高校の甲子園出場がない。理由のひとつとして徳島県内に私立高校が3校しかなく、3校のうち硬式野球部があるのが生光学園1校だけということである[要出典][54][55][56][57]

今までの徳島県勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1947年 春・第19回 徳島商 優勝 3-1 小倉中(福岡)
1950年 夏・第32回 鳴門 準優勝 8-12 松山東(愛媛)
1951年 春・第23回 鳴門 優勝 3-2 鳴尾(兵庫)
1952年 春・第24回 鳴門 準優勝 0-2 静岡商(静岡)
1958年 夏・第40回 徳島商 準優勝 0-7 柳井(山口)
1964年 春・第36回 海南 優勝 3-2 尾道商(広島)
1974年 春・第46回 池田 準優勝 1-3 報徳学園(兵庫)
1979年 夏・第61回 池田 準優勝 3-4 箕島(和歌山)
1982年 夏・第64回 池田 優勝 12-2 広島商(広島)
1983年 春・第55回 池田 優勝 3-0 横浜商(神奈川)
1986年 春・第58回 池田 優勝 7-1 宇都宮南(栃木)
2002年 春・第74回 鳴門工 準優勝 2-8 報徳学園(兵庫)
(参考)今までの四国勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
香川
3
2
2
1
徳島
5
3
3
愛媛
4
3
6
5
高知
3
5
2
2
合計 15 13 11 11


九州[編集]

九州では1947年の夏の大会で小倉中(福岡)が優勝し、深紅の大優勝旗は初めて関門海峡を越え、それまでの最西だった松山商(愛媛)を更新した。小倉中学の春の選抜準優勝に続く夏の全国制覇は九州地区の中学校の野球熱を一段と高めた。この機運に乗って朝日新聞西部本社の運動部長芥田武夫は全国に先駆け、全国中等学校野球連盟九州支部を組織し、秋に第一回九州大会を鹿児島の鴨池球場で開催した。九州大会は大成功を収め、他の地域も翌秋から地区大会を開催するようになる。この秋の地区大会での成績が以後、春の選抜大会出場校を決める際の重要な選考基準になる [10]。 春の大会では1958年の済々黌(熊本)が達成。その他1967年春に津久見(大分)、1994年夏に佐賀商(佐賀)、1996年春に鹿児島実(鹿児島)、2009年春に清峰(長崎)が優勝し、それぞれ県勢初優勝を果たした。九州では宮崎だけが春夏通じて優勝がないが、1999年度の明治神宮野球大会で日南学園が優勝している(#宮崎県を参照)。九州で春夏共に優勝しているところは大分(津久見が春夏共に1度優勝)だけで、福岡・佐賀は春の優勝がなく、長崎・熊本・鹿児島は夏の優勝がない。

今までの九州勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1934年 夏・第20回 熊本工(熊本) 準優勝 0-2 呉港中(広島)
1937年 夏・第23回 熊本工(熊本) 準優勝 1-3 中京商(愛知)
1947年 春・第19回 小倉中(福岡) 準優勝 1-3 徳島商(徳島)
1947年 夏・第29回 小倉中(福岡) 優勝 6-3 岐阜商(岐阜)
1948年 夏・第30回 小倉(福岡) 優勝 1-0 桐蔭(和歌山)
1954年 春・第26回 小倉(福岡) 準優勝 0-1 飯田長姫(長野)
1958年 春・第30回 済々黌(熊本) 優勝 7-1 中京商(愛知)
1962年 夏・第44回 久留米商(福岡) 準優勝 0-1 作新学院(栃木)
1965年 夏・第47回 三池工(福岡) 優勝 2-0 銚子商(千葉)
1967年 春・第39回 津久見(大分) 優勝 2-1 高知(高知)
1972年 夏・第54回 津久見(大分) 優勝 3-1 柳井(山口)
1988年 夏・第70回 福岡第一(福岡) 準優勝 0-1 広島商(広島)
1992年 夏・第74回 西日本短大付(福岡) 優勝 1-0 拓大紅陵(千葉)
1994年 夏・第76回 佐賀商(佐賀) 優勝 8-4 樟南(鹿児島)
1994年 夏・第76回 樟南(鹿児島) 準優勝 4-8 佐賀商(佐賀)
1996年 春・第68回 鹿児島実(鹿児島) 優勝 6-3 智弁和歌山(和歌山)
1996年 夏・第78回 熊本工(熊本) 準優勝 3-6 松山商(愛媛)
2005年 春・第77回 神村学園(鹿児島) 準優勝 2-9 愛工大名電(愛知)
2006年 春・第78回 清峰(長崎) 準優勝 0-21 横浜(神奈川)
2007年 夏・第89回 佐賀北(佐賀) 優勝 5-4 広陵(広島)
2009年 春・第81回 清峰(長崎) 優勝 1-0 花巻東(岩手)
2011年 春・第83回 九州国際大付(福岡) 準優勝 1-6 東海大相模(神奈川)
2013年 夏・第95回 延岡学園(宮崎) 準優勝 3-4 前橋育英(群馬)
(参考)今までの九州勢の決勝戦進出回数
地区
優勝 準優勝 優勝 準優勝
福岡
0
3
4
2
佐賀
0
0
2
0
長崎
1
1
0
0
熊本
1
0
0
3
大分
1
0
1
0
宮崎
0
0
0
1
鹿児島
1
1
0
1
合計 4 5 7 7


宮崎県[編集]

宮崎県は2013年夏延岡学園が決勝進出するまで、九州で唯一決勝進出経験がなかった。

沖縄県[編集]

沖縄はアメリカ管轄下にあった1958年に初出場。1999年の選抜で沖縄尚学が沖縄勢として初優勝、優勝旗は海を渡り翌日の新聞紙面も「優勝旗が海を渡る」などと表現した[58]。また、それまでの最南端優勝校だった鹿児島実(鹿児島)を更新した[注 10]。2010年に興南が沖縄勢として夏の初優勝と史上6校目の春夏連覇を達成した。

今までの沖縄勢の戦績(決勝)
開催年 大会 学校 結果 相手校
1990年 夏・第72回 沖縄水産 準優勝 0-1 天理(奈良)
1991年 夏・第73回 沖縄水産 準優勝 8-13 大阪桐蔭(大阪)
1999年 春・第71回 沖縄尚学 優勝 7-2 水戸商(茨城)
2008年 春・第80回 沖縄尚学 優勝 9-0 聖望学園(埼玉)
2010年 春・第82回 興南 優勝 10-5 日大三(東京)
2010年 夏・第92回 興南 優勝 13-1 東海大相模(神奈川)
(参考)今までの沖縄勢の決勝戦進出回数
優勝 準優勝 優勝 準優勝
3 0 1 2


夏の大会では1977-78年に宮古、1988年に八重山がそれぞれ県大会準優勝とあと一歩のところで甲子園出場を逃しているが、2006年夏に八重山商工が出場(同年選抜で沖縄県の離島勢として初めて出場した)し、2勝を挙げている。[注 11]

禁止事項[編集]

高校野球では高野連や文部科学省が通達を出し禁止あるいは自粛となった事例がある。この項の内容は2007年に行われた高校野球特待生問題有識者会議で明らかにされたものである。

野球大会の主催[編集]

昭和20年代後半、山梨県の高校が県下の中学校を集めて野球大会を主催し有力選手をスカウトしていた。その後、文部省が事務次官レベルで全国に通達を出し、上位の学校(高校)が下位(小中学)の学校の大会を主催する事を禁止した[59]

佐伯通達[編集]

1955年、全日本ハワイ遠征の際、プロ野球関係者が選手たちの見送りに混ざり全日本の選手たちに「餞別」の名目で現金を渡していたことが発覚した[60]。当時の高野連副会長佐伯達夫はこの行為に激怒し高校球児はプロ野球の札束攻勢に惑わされてはいけないとの理由で「通達」(佐伯通達)を出した。佐伯は高校側に罰則を設け、それに違反した学校には連座罰則を課すという強い態度で臨んだ。

野球用具の商標規制・商品無償提供の禁止[編集]

昭和40年代、高校野球がマスメディアによって盛大に報道され始めると宣伝効果を狙いスポーツメーカーや商店が甲子園出場校に甲子園出場祝いの名目で野球用具などを無償で提供するようになった。高野連はこれをすぐに禁止したが、今度は出場校の宿舎に商品の宣伝を主とした飲食物の無償提供までが行われた。高野連は改めて商標規制や無償提供の禁止を通達、高校野球が商業主義に冒されることが無いよう関係各位に自粛、自戒を求めた[61]

優勝パレード・優勝セールの禁止[編集]

1980年の選手権大会で横浜高校が優勝した際、新横浜駅に2万人の人だかりができ横浜高校ナインの到着を待った事に起因し雑踏警備の対策として優勝パレードの禁止や、商店街による「優勝セール」などの便乗商法も合わせて禁止する対策が必要になってきたとまとめている[62]

相手高校や関連団体へのヤジ・罵倒の禁止[編集]

以前は応援の際、『◇◇倒せ』『やっつけろ◇◇』のような応援や『打倒◇◇高校』のような横断幕などの使用が行われていたが、近年では日本高野連が『◇◇倒せ』『やっつけろ◇◇』のような応援や『打倒◇◇高校』のような横断幕などの使用を禁止。応援は自校のチームおよび選手の激励・賞賛とし、相手校に対しては、健闘を称えるものに限るという通達を出した事が明らかにされている[63]。しかし、高野連が通達を出した時期や経緯・理由は一切明らかにされておらず、時期や経緯・理由について様々な憶測が流れている。ただし、保護者など大人によるヤジ・罵倒は行われており、1992年選手権大会の明徳対星陵戦では明徳の敬遠作戦によって球場全体からブーイングや「帰れ」などのヤジが明徳ナインに向けられたほか、1998年選抜大会のPL学園対創価戦では球場の外でPL教団の信者と創価学会の学会員の間で教義を巡る口論から小競り合いが起こり創価学会員3名が逮捕されたケースや[64]出場校の監督が21世紀枠の高校に敗北後「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」と発言したことを受け責任を取り監督を辞任した[65]ケースがある。

高校野球に関する問題提起[編集]

単なる高校部活動の対抗戦に留まらず、時には社会的関心を集めるほど人気の高い高校野球であるが、様々な角度から(“血と汗と涙と泥にまみれて努力する高校生達”の“清く正しい”イメージを守ろうとする連盟に対しても)問題提起が行われている。

メディアの扱いに関する問題[編集]

学校の部活動の一つである高校野球が、新聞やテレビなどのメディアにおいて、他のスポーツの部活動に比べて突出して扱われている(あるいは他の高校スポーツの取り上げられ方が高校野球に比べて極めて少ない)ことを問題視する意見がある。スポーツライターの相沢光一は、NHKが2010年夏の大会では約130時間にわたって全試合を完全中継した(テレビが朝9時、ラジオが朝8時から、一日最大10時間もの放送枠を設定し、通常の番組は全て休止)のに対し、同じ高校の総合大会である全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の放送時間はNHK Eテレで10時間のダイジェストに過ぎなかったことを指摘し、NHKは他スポーツの放送をもう少し増やしてもいいのではないかとの意見を述べている[66]。またネット上では「高校野球だけが地域代表じゃない、人気は主催する朝日新聞社や長時間放送をするNHKによる創作」「メディアと高野連が選手によるドラマを創り崇めている」という指摘もある[67]

選手への負担の問題[編集]

選手権と選抜は夏休み春休みに開催されるが、休み期間中に集中して行うため選手への負担が大きい。特に投手はエース同等の力量を持つリリーフを育てる余裕がないという選手層の問題もあって一人の主戦投手に頼らざるを得ないケースが多く[注 12]、地方大会や全国大会で勝ち進んだ学校などでスポーツ障害燃え尽き症候群になることがある。燃え尽き症候群は近年に限った事ではなく、古くは王貞治(現福岡ソフトバンクホークス取締役会長)も「もし5季連続出場を果たしていたら野球にけじめをつけて大学にいっていたと思う。最後に出られなかったことで気持ちが宙ぶらりんになった」と後年語っている[68]

選抜は秋季大会の結果が反映され参加校数が絞られるが、選手権は真夏の日中・炎天下の屋外球場で全国規模のトーナメント方式(4095校対自校)による勝者総取りゲームを行なうためさらに過酷である。2011年には選手が熱中症で次々に倒れて試合続行が不可能となり没収試合となる例まで出た。2013年には38度を超える猛暑の中で行われた試合中に熱中症になった選手に対して、チームの監督や県高野連の関係者が選手の体調管理に問題がある旨の発言をした[69]事を受け、インターネット上では「虐待」「体罰」「死者が出るまで同じことが続きそう」といった批判、「開催時期をずらすべきだ」「ドームでやった方がいい」などの意見がツイッターなどで見られた[67]

実際に日本体育協会が推奨する熱中症予防のための運動指針では気温35度以上時の運動は特別の場合を除き原則禁止(対象が子供の場合は中止すべき)としており[70]、「もう夏のスポーツはやめよう」といった意見まで出ている[67]。このような批判が出る事に対しスポーツジャーナリストの玉木正之は「人気の裏返しでもあるのだろうが、長年マスコミが封印してきた高校野球への本音が、ネットでは言えるからだろう」と指摘、さらには「マスコミが大会を主催することで競技を発展させた面はあるが高校野球が商売と切り離せなくなった結果、開催時期などの問題点を指摘できず、健全なジャーナリズムが機能しなくなっている。選手がアマチュアであることに甘えている」とも指摘した。ダルビッシュ有は「見直すべきだと思うが、壁となるのが50年以上もの歴史」[67]

夏の日中に集中して行われる大会運営に対しては野球に批判が集中しがちではあるが[67]全国高等学校総合体育大会(インターハイ)においてもその状況に大差はない[71]

このため、春・夏とも2004年[注 13]から、全国大会の準々決勝を2試合ずつ・2日に分けて開催していたが、夏は2013年から準々決勝を1日で4試合一括開催に戻し、準々決勝の次の日を休養日とする日程に見直した[注 14]

高校球児自身や保護者の問題[編集]

数々の問題が指摘される中、高校球児自身やその保護者の対応を批判する声もある。横浜高校監督・渡辺元智は著書「高校野球って何だろう?」(報知新聞社刊)の中で「教育としての高校野球」「人を育てるのも人」を強調。その上で最近の生徒たちを「(昔の生徒に比べ)あいさつができない」「(悪い事をしても)謝らず言い訳をする」「口のきき方を知らない」「一般常識が欠けている」と批判。保護者へは「(他校の監督より)高校野球に熱が入るあまり、肝心な生徒さんの教育にはそっちのけで監督にかけあう、お届けものをする、監督や選手の人事に口を出す保護者、父母会まであると聞いている」と苦言。「生徒さんを強豪校へ入学させたりプロを目指したいならまずは野球の技術よりも生徒さんの教育(人間形成)が一番必要ではないのか」と批判した[72]

また、別の意味で高校球児自身の問題も発生している。近年、高校球児が刑事事件を起こし逮捕され学校や高野連が謝罪や釈明に追われるケースが急増している[73][74][75]。特に2012年夏の選手権大会では甲子園出場校の高校球児が大会期間中に刑事事件を起こし逮捕されたことを受け[76][77]高野連が緊急の会見を開く事態となった。これら刑事事件を起こした高校が出場を辞退したケースはなく、問題を起こした者を外し大会に出場している。

東映や巨人でプレーし、引退後は数々のプロ球団で、また母校・中央大学でも監督を務めた高橋善正も、「野球部はプロ養成所ではない。規律や社会のルールを破った者には以後1年間活動を認めない、部も一定期間活動停止にする、この位の厳しさが必要だ。高校野球部の不祥事は起きるべくして起きている」と論評している[78]

部活動としての高校野球の問題[編集]

高校野球も他のスポーツと同様に「勝利至上主義」基づく体罰などの「過剰な指導」、根性論に根ざすシゴキ、「指導者・先輩への絶対服従、上意下達」、「連帯責任」的な処分[注 15]が存在する。シゴキの一例としてニューヨークヤンキース黒田博樹は高校時代、夏の県大会で、自分の起こしたミスに対し監督から朝6時から夜9時まで15時間、ポールとポールの間のフェンス際を、水さえ与えられず際限なくただ「走れ」と命じられたという内容を2012年7月、ニューヨーク・タイムズに告白、掲載された[79][注 16]。このようなシゴキがエスカレート、地方・全国大会の出場を辞退したケースや先輩の暴行による後輩部員の死亡事故まで起きている[注 17]。連帯責任は1960年代から70年代にかけては野球部とは全く無関係の在校生徒が起こした問題を受け連帯責任で甲子園出場を辞退したケースもあった。その後、対象が在校生徒から野球部関係者と範囲が狭くなり近年は、問題を起こした者を外せばよいなど対象範囲が縮小されている。

体罰に関してはプロ野球経験者の間でも意見が二分している。松坂大輔はリトルリーグ時代「野球でミスをしても怒られないが、悪い事をすれば尻をバットで叩かれること位は当たり前だった」と回顧[80]松井秀喜も中学時代、度重なる敬遠四球にふてくされた態度をとったところ試合後、監督から体罰を受けたと証言するが、一方で監督の体罰が無ければ今の自分はいなかったと回顧[81]。逆に桑田真澄は、自らが殴られた経験を踏まえ「体罰は不要。子どもの自立を妨げ、成長の芽を摘みかねない」と指摘している[82]

高野連は2013年1月、社会問題化した桜宮高校の体罰問題を受け、2月、加盟校全校に体罰根絶の徹底を求める通達を出し、下村博文文部科学大臣が選抜大会開会式のスピーチで体罰根絶を改めて訴えるなど体罰根絶に努めた。しかし6月、高野連が野球部指導者にアンケートを行い、指導者から部員への体罰問題の項目では、全体の9.7%が「(体罰は)指導する上で必要」と回答したことを発表。アンケート結果を受け、西岡宏堂・審議委員長は「間違った考えの人がまだこれだけいることはショックだ。体罰がなくなるまで言い続けないといけない」と厳しい口調で語り体罰根絶に改めて努めていく旨を示した[83]


野球留学[編集]

甲子園出場を目的として保護者と同居し中学校に在学していた都道府県から、遠方の都道府県の特定の学校へ「野球留学」・越境通学をする例、あるいは「スポーツ推薦」で他地域の高校へ入学する例が増えた。

高野連は1990年の第62回選抜大会で宮城県、山梨県、奈良県代表の複数の出場校で選手の半数以上が県外の生徒だったことに着目。選抜大会終了後に行われた衆議院の文部教育委員会でも社会党沢藤礼次郎議員が野球留学について触れ、こういう事(野球留学)は果たして良いのかと文部省に質問した[84]。文部教育委員会の議論を受け高野連は1990年5月、高校側から中学生の勧誘を戒める通達を出している[85]

以前、高野連が県外から入学している生徒に野球留学をした理由を尋ねたところ、高校数・生徒数が少ない都道府県の学校に入学すれば、全国大会に出場する難易度が低くなることを理由として挙げた生徒が一番多く、次に多かったのが学校の環境や施設の充実、良い指導者(監督)がいるためを挙げ、学費や寮費の減免や高校側からの勧誘を挙げた生徒は3番目、4番目に多い答えだった[86]。また2007年に行われた高校野球特待生問題有識者会議でも全国大会に出場する難易度が低くなることや学校の環境や施設の充実を理由に野球留学をすることは問題視していない事が明らかにされている[87]

日本学生野球憲章で禁じられている(教育基本法や学校教育法では禁止していない)はずの野球による特待生制度が報じられたこともある[88]。2007年春には高野連と朝日新聞社が、特待生の糾弾と根絶をめざすキャンペーンを始めたが、有識者からの反対意見や、生活困窮者がやむを得ず学費や寮費の減免がある学校へ特待生として進学した現状を高野連も考慮[89]、結果として、高野連や朝日新聞の意図とは逆の方向に日本学生野球憲章が改変され、特待生は条件付きで容認することになった。ただし、前述の特待生の糾弾と根絶をめざすキャンペーンの対象は特待生全体ではなく、生徒たちを有力高校に斡旋し金銭を得ていたブローカーの問題や有力校からの勧誘を歓迎する一部の保護者たちであった[90]。また高野連は特待生制度の改革を理由とした転校者、退学者を出すことは改革の本末転倒になるとして十分な緩和措置を講じた結果、実際に転校者、退学者は一人も出なかったとしている[91]

公立校では体育科を設置しスポーツ推薦を行ったり、商業科など実業系の学科や総合学科に選手を集めるなどして強化を行っている。また一般的に進学校とされる学校の中には秋田、静岡、今治西のように、一般推薦の中に「野球部枠」のある学校も存在する。強豪校の監督の中には福井商・北野尚文、池田・蔦文也(蔦に関しては、徳島県教育委員会が池田高校の全日制定時制を交互に異動させていた)のように、教員でありながら長年にわたり同じ学校で指揮を執り続けるケースもある。また、松山商や池田が他県出身の中学生を3年次に地元中学に転校させたり、鵡川が同一都道府県における通学圏外の選手を多数入部させるなどしていた(2002年春に21世紀枠で出場した際はベンチ入り16人中10人が地元・胆振支庁の出身ではなかった)というケースもある。

高校野球と賭博[編集]

高校野球が大人たちの賭博対象となっている問題。高校野球賭博は主に「対象試合の勝敗予想」「優勝校の予想」など対象になっている。かつては暴力団が胴元となり一試合に数百万から数千万円が動いたケースもあったが[92][93]近年では高校野球賭博が暴力団だけでなく一般市民や身内のグループ、会社のサラリーマン内で横行し検挙された例もある[94][95][96][97]。また賭博は大人だけに限らず高校球児も行っており甲子園に出場を果たした某高校の野球部員がブログ上に仲間内の賭けボウリングや入場を禁止されているパチスロに興じている内容を掲載し問題視されたケースもある[98]

高野連の過度な干渉[編集]

主催する高野連が学校や周辺に過度な干渉をしているという問題。部の場合、ユニフォームはともかくマネージャーの服装に至るまで指定され[99]、過去に出場校のユニフォームに入っている刺繍が好ましくないとして刺繍をはずさせた事例がある[100]。部外では長野県知事の応援に対して干渉した例、開会式当日、広島への原子爆弾投下の時刻にあわせて開会式で黙祷を捧げようと計画した選手を開会式の列から除外させた例もある。

報道への干渉例として読売新聞が2007年8月1日から2007年8月3日にかけ、3回シリーズで連載した高野連の在り方や問題点を取り上げた特集記事「高野連ってなに?」[101]を掲載。高野連が読売新聞に対し、記事の訂正と謝罪を求めた。

監督による抗議[編集]

高校野球では一部の例外[注 18]を除き抗議は原則禁止されている[102]。また、抗議は主将、伝令または当該選手のみが可能であり、監督が抗議を行うことは禁止されている。

次の事例がある。

  1. 広陵佐賀北(2007年選手権決勝) - 微妙な判定をきっかけに佐賀北が逆転。広陵の監督が抗議を表明し、高野連から注意を受けた[注 19]
  2. 明石商対加古川北(2009年秋季兵庫大会) - サヨナラ打の判定をめぐり両校の監督が審判に抗議した結果、審判の判断が二転三転した[103]。県高野連は9月25日にベンチを出て抗議した明石商の監督と部長に注意を、試合後選手に整列を指示しなかった加古川北の監督、部長に厳重注意をそれぞれ言い渡した。また、県高野連審判部が二転三転した判定について県高野連に謝罪し、「再発防止に努める」とした[104]
  3. 横浜対関東一(2012年選抜大会準々決勝) - 5回裏一死一、三塁の場面で横浜がセーフティースクイズを敢行。同点かと思われたが、関東一より「三塁走者が本塁を踏んでいない」とのアピール。球審がアピールを認めたため、同点スクイズは幻となった。球審がマイクを握り「三塁走者が本塁を踏んでいないとアピールしたので、アウトにしました」と宣告後、横浜高校の監督が身ぶり手ぶりを加え、球審に「走者はベースを踏んでいる」と猛抗議した。しかし、大会本部の総務委員から「監督に抗議権はない」事を告げられ口頭で注意を受けた。横浜の三塁走者は試合後、記者団に。「踏んでなければスパイクの裏の感触でわかる。ガッツリ踏んだと思いました」と語り、テキサス・レンジャーズダルビッシュ有ツイッターで「横浜高校渡辺監督に注意って。てかいつも思うけど何で抗議がダメなの? 高校野球やってた時から色々と謎な決まりが多かった記憶が。」と横浜監督を擁護し、高野連の体制を批判した[105]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1979年は日程が消化できず、ベスト4に残った4校が優勝校扱い。また、2008年はわずか2日しか試合が実施されなかったため、優勝校無しとなった。
  2. ^ 例として2001年優勝の報徳学園はエース大谷智久を1試合も登板させなかった。
  3. ^ 軟式では、2011年・2012年に大津大津緑洋(西中国・山口)の連合チームが初めて全国大会に出場した。
  4. ^ 1988年夏1回戦勝利の滝川二(兵庫・対高田戦)や1993年夏2回戦勝利の鹿児島商工(鹿児島・対堀越戦)がある。
  5. ^ 2004年4月より日和佐宍喰商と合併し、海部へと改組。
  6. ^ ただし、引き分けや雨天ノーゲームなどによって再試合に至った場合は、1試合のみ行うことがある。
  7. ^ アメリカ合衆国マイナーリーグ球団
  8. ^ 当時。2013年現在は神奈川県に移転。
  9. ^ 1953年の第35回記念大会から1977年の第59回大会まで、記念大会以外で滋賀県勢が出場できたのは3回だけ。
  10. ^ 試合終了後、スタンドでは相手校応援団を交えてのウェーブが起きた。
  11. ^ 八重山商工の他、沖縄本島以外の「島」からは久賀(山口:1962年春、1999年夏)、隠岐(島根:2003年春)、洲本(兵庫:1953年春、1975年夏、1986年春、2012年春)、佐渡(新潟:2011年春)が甲子園に出場している。
  12. ^ 逆にこれが“n百球を独りで投げ抜いた”という根性論にありがちなドラマ作りがされる原因にもなっている
  13. ^ 夏の大会は2003年から導入するとしていたが、雨天中止による延期が頻発したため、1日4試合で開催した。この場合、春は2日、夏は3日以上雨天中止などによる順延が生じていれば、準々決勝は4試合を一括開催するとしていた。
  14. ^ 本来なら春の大会も2014年から同様に行うとしていたが、雨天中止と、2回戦の1試合で引き分け再試合が生じて順延が2日生じたために、準々決勝の翌日に予定されていた休養日は取り消しとなり、結果的に連続開催となった。
  15. ^ PL学園では3年生に1・2年生の“付き人”がつけられることはよく知られる。【高校野球 TVではわからないホンネと裏側】―思い出してもゾッとする 甲子園常連校の「野球部の掟」1 PL学園 ロッテ・今江敏晃日刊ゲンダイ2010年8月18日)
  16. ^ 黒田によればこのシゴキは4日間続き、その間風呂にも入れなかったと告白。最後は見かねたチームメイトの保護者が介入し事態は解決する。ニューヨーク・タイムズ特集『ヤンキース黒田は日本で苦痛によって作られた』より引用
  17. ^ 青森山田高校、野球部員死亡で謝罪 ちなみに「殴打」した側の上級生野球部員は殺人過失致死で逮捕される事もなく書類送検のみ(暴行と死亡との因果関係の特定には至っていないという理由)で、その後の野球部の処遇については(出場辞退や廃部など)学校側からも高野連からも発表されていない。
  18. ^ 三振や四球の状態で宣告が無い場合やアウトカウントの相違など明らかな問題に対しては抗議をすることが出来る。 - 高校野球特別規則第26条
  19. ^ 抗議はしなかったが佐賀北と対戦した帝京、長崎日大の監督も試合後、記者団へ微妙な判定は全て自分たちに不利だったというコメントを残している

出典[編集]

  1. ^ 朝日と毎日が相互に甲子園を後援 高校野球、春夏の大会 - 47NEWS 2009年11月27日
  2. ^ 春の選抜・夏の選手権 朝日、毎日と相互後援 高校野球 - アサヒコム、2009年11月27日
  3. ^ 高校野球:毎日新聞社と朝日新聞社、相互に後援 一層の発展へ、協力関係を明確化毎日jp、2009年11月28日
  4. ^ 毎日新聞2013年3月31日付 運動面
  5. ^ 毎日新聞2013年3月31日付 運動面 守備妨害でゲームセット
  6. ^ 「122対0の青春 深浦高校野球部物語」
  7. ^ 大会参加者資格規定 - 日本高等学校野球連盟公式サイト
  8. ^ 被災地の野球部「連合チーム」もOK 高野連が震災特例 - 朝日新聞2011年4月13日
  9. ^ a b 『「甲子園の土」ものがたり』(三浦馨著、明治書院)
  10. ^ a b 大羽武著『甲子園2連覇 -焼け野原から立ち上がった球児・福嶋一雄-』(朝日クリエ 2012年7月25日)
  11. ^ 【末代までの教育論】“甲子園の土”はおみやげか!?
  12. ^ 成立学園2年エース、土は持ち帰らない 高校野球朝日新聞デジタル、2012年8月12日
  13. ^ 〈甲子園アルバム11〉港で捨てた「外国の土」”. 朝日新聞 (2007年8月17日). 2013年8月13日閲覧。
  14. ^ a b あこがれの「日本の土」 全部捨てたのはホント?”. おきなわ野球大好き. 2013年8月13日閲覧。
  15. ^ 『世界飛び地大全』(吉田一郎著、社会評論社)
  16. ^ センバツ事典:/3 【校旗掲揚】人見絹枝記者の発案 - 毎日新聞大阪版朝刊2012年2月11日
  17. ^ スポーツQ(17) 校歌 - 朝日新聞2010年3月29日
  18. ^ 選抜大会・大会小史 - 日本高等学校野球連盟公式サイト
  19. ^ [1]愛知代表至学館、いまどき校歌 動画サイトで50万回 2011年8月6日掲載分 2012年8月18日閲覧
  20. ^ 夢追う異色校歌 中日新聞夕刊 2011年8月3日1面 (新聞閲覧2012年8月21日)
  21. ^ 結踏一朗、『野球の島に四商ありて』 「夢のプレーオフ」内、p52、四国4新聞社、1997年 
  22. ^ 出場が認められたのは沖縄県大会のみであり仮に県大会で優勝しても全国大会へは出場できなかった。
  23. ^ マーティ・キーナート「文武両道、日本になし」
  24. ^ [2]:プロ選手OB “高校生指導”緩和へ(NHK)(2013年1月17日)
  25. ^ 教員でない元プロも高校野球監督OK14年度にも:朝日新聞(2013年1月18日)
  26. ^ 元プロの指導者資格条件緩和 プロ側の反応は…?:スポニチ(2013年1月17日)
  27. ^ 現役の高校監督は歓迎、学生指導の難しさも指摘:サンスポ(2013年1月17日)
  28. ^ 朝日新聞昭和44年7月26日号
  29. ^ 打球直撃の投手、AEDで救命処置 高校野球・大阪朝日新聞、2007-04-30
  30. ^ 2回途中0-66、試合放棄申し出る…埼玉県大会スポーツ報知 2008年4月16日
  31. ^ 2回途中0―66、試合放棄申し出る…埼玉県大会 ウェブアーカイブ保存ページ
  32. ^ 恒川直俊 記録で読む甲子園「ミスから生まれた無四死球試合」-高校野球asahi.com(朝日新聞) 2007年09月19日
  33. ^ 日本経済新聞1984年3月28日
  34. ^ 1984年3月27日NHKニュースおよび朝日新聞1984年3月28日付
  35. ^ サンケイスポーツ2006年7月23日付など
  36. ^ 「抗議で30分中断」『朝日新聞』2000年7月13日付朝刊18面
  37. ^ 『読売新聞』2000年7月16日付西部本社朝刊28面。
  38. ^ 『朝日新聞』2000年7月21日付西部本社朝刊鹿児島31面。
  39. ^ 倉敷工“誤審”負けず逆転発進/センバツ - 第81回センバツ高校野球ニュースnikkansports.com 2009年3月22日
  40. ^ スポーツニッポン2012年7月26日付など
  41. ^ 盛岡大付高を侮辱?高野連会長の発言とは:読売新聞(2012年8月24日)
  42. ^ 時事通信 高校野球ライブラリー「津軽海峡を越えたのは…」2012年12月14日閲覧
  43. ^ 北海道新聞 号外「駒苫優勝」(2004年8月22日)2012年12月14日閲覧
  44. ^ 春の選抜は北海道として出場するため、結合している。左の表も参照されたい。
  45. ^ 朝日新聞 「『白河越え』は死語に? 駒大苫小牧の優勝で地元心配」2004年8月23日、2012年9月19日閲覧
  46. ^ スポーツニッポン2009年4月3日
  47. ^ 光星学院 仲井監督「いつまでも白河の関と呼ばれないように」 スポニチアネックス2012年8月22日配信 2013年1月19日閲覧
  48. ^ 春の選抜は東京として出場するため、結合している。
  49. ^ 夏の東京代表の記録は1973年までの記録
  50. ^ a b 1974年からの記録。
  51. ^ 1998年の第80回大会は東神奈川代表。
  52. ^ a b 1942年の全国中等学校野球大会は記録に含まれていない。
  53. ^ 2008年の第90回大会は北大阪代表
  54. ^ 徳島県教育委員会公式HP 徳島県の高等学校
  55. ^ 香蘭高等学校公式HP
  56. ^ 徳島文理高等学校公式ホームページ
  57. ^ 生光学園公式ホームページ
  58. ^ 朝日新聞1999年4月5日号運動面
  59. ^ 高校野球特待生問題有識者会議7P
  60. ^ 高校野球特待生問題有識者会議7P
  61. ^ 高校野球特待生問題有識者会議8P
  62. ^ 高校野球特待生問題有識者会議8P
  63. ^ 神奈川県高野連応援規定 5注意より
  64. ^ 読売新聞1998年4月1日号
  65. ^ 開星元監督「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」発言の背景
  66. ^ 高校スポーツの光と影――いまだに「甲子園」ばかりが優遇される現実、ダイヤモンド・オンライン、2010年8月24日発行
  67. ^ a b c d e 【ネットろんだん】暑過ぎる高校野球 球児たちの「物語」にネットは冷めた視線 1/22/2 産経新聞2013年7月19日
  68. ^ 2010年8月、『高校野球熱闘の世紀ザ・ベスト』、ベースボール・マガジン社〈B・B MOOK 684 スポーツ・スピリット No. 34〉 ISBN 978-4583616971
  69. ^ 埼玉大会で熱中症相次ぐ 熊谷38.3度 日刊スポーツ2013年7月12日
  70. ^ 公益財団法人日本体育協会熱中症予防のための運動指針
  71. ^ 北部九州総体日程
  72. ^ 渡辺「高校野球って何だろう?」(報知新聞社刊)
  73. ^ 天理高野球部員を逮捕 女性医師に抱きついた疑い 共同通信2009年9月11日
  74. ^ 仙台育英野球部員、被災の店に侵入…書類送検 読売新聞2011年6月18日
  75. ^ 浦和学院 野球部員が痴漢で逮捕 電車内で女子高生の下半身触る スポーツニッポン2012年6月14日
  76. ^ 甲子園出場校の部員再逮捕=女子高生にわいせつ容疑-広島県警 時事通信
  77. ^ 元作新学院野球部員 検察官送致に 栃木 産経新聞2012年10月23日
  78. ^ 【高橋善正(中大監督)大学日本一を目指して】野球部はプロ養成所ではない 日刊ゲンダイ2011年8月27日
  79. ^ ヤンキース黒田は日本で苦痛によって作られた ニューヨーク・タイムズ2012年7月6日
  80. ^ 吉井妙子「夢を見ない男 松坂大輔」新潮社
  81. ^ 松井「不動心」新潮新書
  82. ^ 体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ 朝日新聞2013年1月11日、本人共著『野球を学問する』
  83. ^ 「体罰必要」高校野球部1割…高野連は衝撃」 読売新聞ONLINE(2013年6月21日)
  84. ^ 高校野球特待生問題有識者会議8P
  85. ^ 高校野球特待生問題有識者会議8P
  86. ^ 高校野球特待生問題有識者会議9P
  87. ^ 高校野球特待生問題有識者会議9P
  88. ^ 高野連、専大北上を「除名相当」と判断 裏金問題で東北高、春の高校野球地区大会辞退 特待生制度絡みかアサヒコム
  89. ^ 高校野球特待生問題有識者会議12P
  90. ^ 高校野球特待生問題有識者会議9~10P
  91. ^ 高校野球特待生問題有識者会議12P
  92. ^ 毎日新聞1985年10月22日号 高校野球賭博で山口組組員を逮捕
  93. ^ NHKニュース全国版1985年10月22日放送
  94. ^ 大阪ガス野球部員ら18人、高校野球賭博の疑い MSN産経ニュース2012年12月10日配信分2013年1月19日閲覧
  95. ^ JR西社員ら、野球やサッカーで賭博行為2013年1月19日閲覧
  96. ^ 高校野球賭博で山口組系幹部逮捕、客39人送検 サンスポ.com2013.1.11 18:02配信分 2013年1月19日閲覧
  97. ^ 高校野球賭博でサラリーマン大量送検…でも今年一番熱かったのはAKB総選挙賭博だった 2013年1月18日閲覧
  98. ^ 生ビールで乾杯・キス写真・賭博疑惑も 甲子園準V光星学院「仰天ブログ」の全容 2013年1月18日閲覧
  99. ^ 福島県高等学校野球大会規定および注意事項 福島県高等学校野球連盟
  100. ^ 高野連が沖尚指導/「文武両道」の刺しゅうで 琉球新報1999年4月10日
  101. ^ (上)憲章タテに巨大影響(中)税制優遇、収益還元(下)独自の組織論 変わるか - すべて読売新聞の記事より
  102. ^ 野球規則9.02(C)
  103. ^ 神戸新聞2009年9月24日号など
  104. ^ 神戸新聞2009年9月26日号
  105. ^ “ダルがツイッターで横浜・渡辺監督を擁護”. デイリースポーツ. (2012年4月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/04/02/0004937291.shtml 2012年4月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]