第48回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 第48回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1966年8月12日 - 8月24日
出場校 30校
参加校数 2,415校
優勝校 中京商愛知、12年ぶり6回目、春夏連覇
試合数 29試合
選手宣誓 瑞慶山良武(沖縄興南
始球式 有田喜一文部大臣
大会本塁打 11本塁打
 < 19651967 > 
夏の甲子園
テンプレートを表示

第48回全国高等学校野球選手権大会1966年昭和41年)8月12日から24日の間、兵庫県阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

中京商が12年ぶり6回目の優勝を遂げ、史上2校目の春夏連覇を達成した。また、興南が沖縄勢としてはじめて南九州大会を勝ち抜いて出場した。

出場校[編集]


試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 中京商 2 - 0 秋田
  • 岡山東商 8 - 5 海星
  • 桐生 3 - 1 広島商
  • 北陽 6 - 2 福島商
  • 報徳学園 8 - 3 津久見
  • 竜ヶ崎一 6x - 5 興南(延長10回)
  • 平安 9 - 0 花巻北
  • 三重 6 - 1 鹿児島実
  • 松山商 1x - 0 塚原(延長11回)
  • 静岡商 4 - 0 金沢商
  • 小倉工 3 - 1 釧路江南(延長12回)
  • 鳴門 3 - 0 修徳
  • 横浜一商 13 - 3 駒大苫小牧
  • 郡山 5 - 1 小千谷

2回戦[編集]

  • 中京商 5 - 4 岡山東商
  • 桐生 10 - 1 北陽
  • 報徳学園 9 - 1 竜ヶ崎一
  • 平安 7 - 2 三重
  • 松山商 5 - 1 静岡商
  • 横浜一商 6 - 2 郡山(延長10回)
  • 小倉工 2 - 1 鳴門
  • 甲府工 3 - 2 早鞆

準々決勝[編集]

  • 中京商 4 - 2 桐生
  • 報徳学園 1 - 0 平安
  • 松山商 4 - 2 横浜一商
  • 小倉工 5 - 3 甲府工

準決勝[編集]

  • 中京商 2 - 1 報徳学園
  • 松山商 1 - 0 小倉工

決勝[編集]

  • 中京商 3 - 1 松山商
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中京商 0 0 1 0 1 0 1 0 0 3
松山商 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
  1. 中 : 加藤 - 矢沢
  2. 松 : 西本 - 沢田
  3. [審判](球)郷司(塁)中西明・三輪・三宅

2回に松山商が1点を先制したが、中京商は3回に1番平林の適時二塁打で同点とすると、5、7回にも適時打で加点して大会屈指の本格派といわれた西本を攻略、突き放した。守っては再三のファインプレイで松山商に付け込む隙を与えず、エース加藤が抑え切って完投、大会史上2校目の春夏連覇を達成した。加藤は春夏全10試合完投勝利という快記録をつくった。

大会本塁打[編集]

  • 第1号:藤本和男(平安)
  • 第2号:奥柿幸雄(静岡商)
  • 第3号:青井泉(岡山東商)
  • 第4号:田代治夫(竜ヶ崎一)
  • 第5号:岩崎忠義(津久見)
  • 第6号:上野民雄(桐生)
  • 第7号:佐藤直信(岡山東商)
  • 第8号:青井泉(岡山東商)
  • 第9号:荒武康博(報徳学園)
  • 第10号:西本明和(松山商)
  • 第11号:芝田政博(中京商)


主な出場選手[編集]

関連項目[編集]