第21回全国中等学校優勝野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 第21回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1935年8月13日 - 8月20日
出場校 22校
参加校数 666校
優勝校 松山商愛媛、初優勝)
試合数 21試合
大会本塁打 0本塁打
 < 19341936 > 
夏の甲子園
テンプレートを表示

第21回全国中等学校優勝野球大会は、1935年昭和10年)8月13日から20日に兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)の阪神甲子園球場で実施された全国中等学校優勝野球大会である。

この年から入場式のブラスバンドが登場し、山田耕筰作曲・指揮の『(野球)大会行進曲』による入場を行うようになった。

出場校[編集]

北海道

  • 北海中(北海道、2年ぶり10回目)

奥羽

東北

北関東

南関東

東京

甲神静

信越

北陸

東海

京津

大阪

兵庫

紀和

  • 海草中(和歌山、6年ぶり2回目)

山陰

山陽

四国

北九州

南九州

朝鮮

満州

台湾


試合結果[編集]

1回戦[編集]

  • 育英商 5 - 4 米子中
  • 甲府中 10 - 3 青島中
  • 大分商 10 - 0 北海中
  • 千葉中 16 - 9 石川工
  • 呉港中 3 - 2 飯田商
  • 日新商 3 - 1 福島師範

2回戦[編集]

  • 松山商 3 - 0 海草中
  • 嘉義農林 4 - 1 平安中
  • 愛知商 13 - 0 新義州商
  • 秋田商 4 - 0 桐生中
  • 育英商 11 - 0 甲府中
  • 大分商 3 - 2 千葉中(延長12回)
  • 早稲田実 7 - 1 佐賀商
  • 呉港中 11 - 10 日新商

準々決勝[編集]

  • 松山商 5 - 4 嘉義農林(延長10回)
  • 愛知商 5 - 2 秋田商
  • 育英商 5 - 0 大分商
  • 早稲田実 5 - 0 呉港中

準決勝[編集]

  • 松山商 4 - 0 愛知商
  • 育英商 4x - 3 早稲田実(延長10回)

決勝[編集]

  • 松山商 6 - 1 育英商
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
松山商 1 0 0 5 0 0 0 0 0 6
育英商 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
  1. 松 : 中山 - 筒井良
  2. 育 : 佐藤 - 西谷
  3. [審判](球)池田(塁)横沢・有田・町田

1回表、松山商は4番筒井修の適時打で先制。その裏、育英商も4番田代が適時打で同点に追いついた。その後も押し気味に試合を進めたが得点できなかった。逆に松山商は4回表、1死から安打四球、失策で満塁とする。ここで何でもない右飛が落球となって2点追加。その後2死二塁となって安打、失策、2連打と攻めて計5点を奪い、試合を決定付けた。このリードをエース中山が守りきり、松山商は念願の初優勝を遂げた。

大会本塁打[編集]

なし

主な出場選手[編集]

関連項目[編集]