第91回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 第91回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 2009年8月8日 - 8月24日(雨で2日順延)
出場校 49校
参加校数 4,041校
優勝校 中京大中京愛知、43年ぶり7回目)
試合数 48試合
開会式司会 谷本菜乃子(兵庫武庫川女子大付属高校3年)
頃安優志(兵庫・小野高校2年)
入場先導 高橋俊平(三重宇治山田高校3年)[1]
選手宣誓 吉永圭太(佐賀伊万里農林高校)
始球式 田中怜朗(広島広島国泰寺高校3年)[1]
閉会式司会 山田桜子(兵庫・小野高校3年)
中垣優也(兵庫・須磨東高校3年)
総入場者数 812,000人(1試合平均 16,917人)
最高入場者数/1日 67,000人
大会本塁打 35本塁打
 < 20082010 > 
夏の甲子園
テンプレートを表示

第91回全国高等学校野球選手権大会(だい91かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、2009年8月8日から8月24日までの17日間にわたって阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

キャッチフレーズは「 “夏”という名の宝物 」。

概要[編集]

南北北海道、東西東京都と、各府県の代表計49校によって48試合が行われた。また、前回は北京オリンピック開催により日程や組み合わせの決定方式も変則的になっていたが、例年の日程に戻る。

この大会よりベースコーチヘルメットの着用が義務化される。

開会式の入場行進先導役は宇治山田(旧制三重県立第四中学校)、始球式は広島国泰寺(旧制広島県立広島第一中学校)に選定された。これは第1回大会の出場10校中、両校のみが、それ以降の全国大会出場から遠ざかっていたためである[1]

初出場校は13校。そのうち、長野日大華陵選抜高等学校野球大会に1度出場経験があり、この2校を除いた11校は春夏通じて初出場となる[2]

開会式には皇太子徳仁親王が、1988年(当時は立太子前)の第70回大会以来、21年ぶりに台覧した。

帝京の1年生、伊藤拓郎が対敦賀気比戦で、甲子園の高校1年生史上最速の148km/hを記録した[3]。それまでの記録は2005年の選手権、大阪桐蔭中田翔が1回戦・対春日部共栄で記録した、146キロ。

日本文理新潟県勢では春夏通じて初となる、決勝戦進出を決めた。これにより本大会終了地点で春夏通じて甲子園で決勝進出がないのは、山形・富山・山梨・島根・宮崎になった。さらにこれまでの最高がベスト8だった新潟県勢がベスト4以上に進出したことにより、全47都道府県の代表が、春夏どちらかでベスト4以上に進出経験があることとなった。

この大会で関西学院25回大会の関西学院中時代以来となる70年ぶりに出場したが、これは第1回目大会から今まで歴代の学校の出場記録が残る限りで第82回大会札幌南の61年ぶりを更新しブランク最長記録となった[4]

なお、日本文理の記録員・安達優花は2003年夏以来となる決勝まで進んだ女子記録員である。

日程[編集]

  • 4月17日 - 運営委員会で本大会の日程を決定
  • 6月20日 - 南北海道沖縄を皮切りに地方大会が開始
  • 8月1日 - 大阪代表が決まり、全代表校が決定(当初は7月30日に決まる予定だったが、雨により順延された)
  • 8月2日 - 甲子園球場での練習開始(5日まで)
  • 8月5日 - グランキューブ大阪で3回戦までの組み合わせ抽選会実施
  • 8月8日 - 開幕
  • 8月9日 - 第1試合、如水館広島)対高知高知)は3回終了後に試合中断30分の後、台風9号の影響で降雨ノーゲームとなる。なお第2試合以降の3試合も中止、全試合翌日へ順延。翌日以降の試合日程も全て1日ずつ順延された。
  • 8月10日 - 第1試合の如水館対高知は5回表途中で中断30分後、またも降雨ノーゲームとなる。第2試合以降の3試合も中止、全試合翌8月11日へ順延。但し第2試合を第1試合、第3試合を第2試合、第4試合を第3試合にそれぞれ1試合ずつ繰り上げ、如水館対高知を第4試合に変更。翌日以降の日程は変わらず全て1日ずつ順延される。同一試合が2日連続ノーゲームは大会史上初めて。また全試合が2日続けて順延されたのは、1975年第57回大会の決勝戦、習志野千葉)対新居浜商愛媛)以来である。
  • 8月24日 - 決勝戦中京大中京愛知)が日本文理新潟)を10-9で降し、1966年第48回、当時 中京商の春夏連覇)以来7度目の優勝を果たした[5]。一方、日本文理は新潟県勢で春夏通じて初の決勝進出であった。

出場校[編集]

地区 地方大会 代表校 出場回数
北海道 北北海道 旭川大高 6年ぶり7回目
南北海道 札幌第一 7年ぶり2回目
東北 青森 青森山田 6年連続10回目
岩手 花巻東 2年ぶり5回目
宮城 東北 4年ぶり21回目
秋田 明桜 13年ぶり8回目
山形 酒田南 2年連続9回目
福島 聖光学院 3年連続6回目
関東 茨城 常総学院 4年連続13回目
栃木 作新学院 31年ぶり6回目
群馬 東農大二 15年ぶり5回目
埼玉 聖望学園 6年ぶり3回目
千葉 八千代東 初出場
東東京 帝京 2年ぶり11回目
西東京 日大三 4年ぶり13回目
神奈川 横浜隼人 初出場
山梨 山梨学院大付 9年ぶり4回目
北信越 新潟 日本文理 3年ぶり5回目
富山 南砺総合福野 初出場
石川 日本航空石川 初出場
福井 敦賀気比 11年ぶり5回目
長野 長野日大 初出場
東海 岐阜 県岐阜商 3年ぶり27回目
静岡 常葉橘 初出場
愛知 中京大中京 5年ぶり25回目
三重 三重 3年ぶり10回目
地区 地方大会 代表校 出場回数
近畿 滋賀 滋賀学園 初出場
京都 龍谷大平安 6年ぶり30回目
大阪 PL学園 5年ぶり17回目
兵庫 関西学院 70年ぶり7回目
奈良 天理 3年ぶり24回目
和歌山 智弁和歌山 5年連続17回目
中国 鳥取 鳥取城北 初出場
島根 立正大淞南 初出場
岡山 倉敷商 2年連続8回目
広島 如水館 3年ぶり6回目
山口 華陵 初出場
四国 香川 寒川 初出場
徳島 徳島北 初出場
愛媛 西条 17年ぶり6回目
高知 高知 3年連続13回目
九州 福岡 九州国際大付 27年ぶり3回目
佐賀 伊万里農林 初出場
長崎 長崎日大 2年ぶり8回目
熊本 熊本工 3年ぶり19回目
大分 明豊 5年ぶり3回目
宮崎 都城商 28年ぶり2回目
鹿児島 樟南 4年ぶり17回目
沖縄 興南 2年ぶり8回目


組み合わせ・試合結果[編集]

1 - 3回戦[編集]

1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
8月16日(2)
 
 敦賀気比 1
 帝京 5
 
8月19日(4)
 
 帝京 4x
 九州国際大付 3
 
8月16日(3)
 
 樟南 1
8月8日(1)  
 九州国際大付 3
 常総学院 4     
 九州国際大付 8     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月8日(2)
 興南 3
8月16日(4)
 明豊 4x
 明豊 4
8月8日(3)
 西条 0
 八千代東 2
8月20日(1):延長12回
 西条 3
 明豊 8
8月11日(4)[6]
 常葉橘 6
 如水館 3
8月17日(1)
 高知 9
 高知 6
8月11日(1)  
 常葉橘 7
 常葉橘 2     
 旭川大高 0     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月11日(2)
 長野日大 10
8月17日(2)
 作新学院 8
 長野日大 7
8月11日(3)
 天理 6
 天理 15
8月20日(2)
 南砺総合福野 1
 長野日大 5
8月12日(1)
 中京大中京 15
 関西学院 7
8月17日(3)
 酒田南 3
 関西学院 4
8月12日(2)  
 中京大中京 5x
 龍谷大平安 1     
 中京大中京 5     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月12日(3)
 伊万里農林 2
8月17日(4)
 横浜隼人 6
 横浜隼人 1
8月12日(4)
 花巻東 4
 花巻東 8
8月20日(3)
 長崎日大 5
 花巻東 4
8月13日(1)
 東北 1
 倉敷商 2
8月18日(1)
 東北 8
 東北 3
8月13日(2)  
 日大三 2
 日大三 2     
 徳島北 0     
1回戦 2回戦 3回戦
                   
8月13日(3)
 聖望学園 1
8月18日(2)
 都城商 5
 都城商 8
8月13日(4):延長10回
 三重 3
 熊本工 4
8月20日(4)
 三重 5x
 都城商 4
8月14日(1)
 智弁和歌山 1
 智弁和歌山 2
8月18日(3)
 滋賀学園 0
 智弁和歌山 8
8月14日(2)  
 札幌第一 5
 鳥取城北 3     
 札幌第一 6     
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月14日(3)
 
 県岐阜商 14
 山梨学院大付 6
 
8月19日(1)
 
 県岐阜商 6
 PL学園 3
 
8月15日(1)
 
 PL学園 6
 
 聖光学院 3
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月15日(2):延長12回
 
 明桜 2
 日本航空石川 3x
 
8月19日(2)
 
 日本航空石川 5
 日本文理 12
 
8月15日(3)
 
 日本文理 4
 
 寒川 3
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
8月15日(4)
 
 立正大淞南 1x
 華陵 0
 
8月19日(3)
 
 立正大淞南 4
 東農大二 2
 
8月16日(1):延長10回
 
 東農大二 2
 
 青森山田 1
      
      

準々決勝 - 決勝[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月22日(1)        
 帝京 3
8月23日(1)
 県岐阜商 6  
 県岐阜商 1
8月21日(2)
   日本文理 2  
 日本文理 11
8月24日
 立正大淞南 3  
 日本文理 9
8月21日(1):延長10回
   中京大中京 10
 明豊 6
8月23日(2)
 花巻東 7  
 花巻東 1
8月22日(2)
   中京大中京 11  
 都城商 2
 中京大中京 6  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本文理 0 1 1 0 0 0 1 1 5 9 14 1
中京大中京 2 0 0 0 0 6 2 0 X 10 17 1
  1. (日) : 伊藤 - 若林
  2. (中) : 堂林、森本、堂林、森本 - 磯村
  3. 審判:球審…日野、塁審…長谷川・田中・野口
  4. 試合時間:2時間30分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:眞榮平大輝(興南)
  • 第2号:篠崎栄光(作新学院)
  • 第3号:宮本浩平(如水館)
  • 第4号:山田慎之介(長崎日大)
  • 第5号:本多晃希(長崎日大)
  • 第6号:小柳正樹(長崎日大)
  • 第7号:山神貴雅(倉敷商)
  • 第8号:宮田優輝(札幌第一)
  • 第9号:松浦昌平(札幌第一)
  • 第10号:田村凌(鳥取城北)
  • 第11号:山田智弘(県岐阜商)
  • 第12号:井貝星良(県岐阜商)
  • 第13号:高橋義人(日本文理)
  • 第14号:後藤静磨(立正大淞南)
  • 第15号:榎本葵(九州国際大付)
  • 第16号:河野凌太(明豊)
  • 第17号:阿部弘樹(明豊)
  • 第18号:河合完治(中京大中京)
  • 第19号:森勇二(横浜隼人)
  • 第20号:柏葉康貴(花巻東)
  • 第21号:野呂啓太(三重)
  • 第22号:山田智弘(県岐阜商)
  • 第23号:吉川大幾(PL学園)
  • 第24号:伊藤直輝(日本文理)
  • 第25号:小林知弘(九州国際大付)
  • 第26号:新村涼賢(長野日大)
  • 第27号:﨑田聖羅(立正大淞南)
  • 第28号:高橋義人(日本文理)
  • 第29号:磯村嘉孝(中京大中京)
  • 第30号:磯村嘉孝(中京大中京)
  • 第31号:伊藤隆比古(中京大中京)
  • 第32号:金山篤未(中京大中京)
  • 第33号:河合完治(中京大中京)
  • 第34号:堂林翔太(中京大中京)
  • 第35号:高橋隼之介(日本文理)


記録[編集]

チーム記録[編集]

記録 校名 対戦校・記録イニング 補足
2試合連続毎回安打 日本文理 3回戦・日本航空石川戦
準々決勝・立正大淞南戦
大会史上初
全試合二桁安打 日本文理
1大会最多二塁打 19 中京大中京 大会タイ記録(2校目)

個人記録[編集]

記録 選手名 所属校 補足
1大会最多塁打 28 河合完治 中京大中京 大会新記録
1大会最多二塁打 6 堂林翔太 中京大中京 大会タイ記録(2人目)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 始球式は広島国泰寺の主将 全国高校野球選手権大会 - 2009年7月30日、47NEWS
  2. ^ 夏の甲子園代表出そろう=大阪はPL学園、初陣13校に-高校野球 - 2009年8月1日、時事ドットコム
  3. ^ 帝京 怪物1年・伊藤147キロ!…夏の甲子園第7日 - 2009年8月17日、スポーツ報知
  4. ^ 関西学院が最長記録、中京大中京は最多記録 2009年夏の甲子園出場49チームのアラカルト スポーツナビ
  5. ^ なお、中京大中京に校名が変わってからは、春夏通じて初めての優勝となった。
  6. ^ 8月9日第1試合・如水館 2 - 0 高知は3回裏・高知の攻撃終了後、8月10日第1試合・如水館 6 - 5 高知は5回表1死・高知の攻撃中、共に降雨ノーゲームが宣告。また8月10日に記録された木下拓哉(高知)のソロ本塁打、西岡陸(高知)の2ラン本塁打は幻の記録となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]