1975年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
10年紀: 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代
: 1972年 1973年 1974年 1975年 1976年 1977年 1978年

1975年(1975 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる平年

他の紀年法[編集]

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
3月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

(前後編に分けて放送された。10月8日に前編・10月15日に後編)

11月[編集]

12月[編集]

日付不詳[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

1975年のスポーツ[編集]

1975年の音楽[編集]

1975年の映画[編集]

1975年の文学[編集]

1975年のテレビ[編集]

1975年のラジオ[編集]

1975年のアニメ[編集]

1975年のコマーシャル[編集]

キャッチフレーズなど 商品名など メーカー 出演者 音楽
1・2・3・4・ご苦労さん
6・7・ハッキリクッキリ
東芝さん グー!
東芝ブラックストライプ
カラーテレビ
東芝 桂三枝(現・六代桂文枝
戸締り用心 火の用心 日本船舶振興会 笹川良一山本直純高見山大五郎 山本直純
私作る人 僕食べる人 ハウスシャンメン
しょうゆ味
ハウス食品 杉田かおる佐藤祐介結城アンナ
そばにおまえがいないと サニー 日産自動車 関口宏西田佐知子佐野周二
ちかれたびー グロンサン 中外製薬
おじゃまします バルサン 中外製薬 声:南州太郎
若さだよ、ヤマちゃん! サントリー純生 サントリー 佐藤允

1975年の経済[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 8月1日、母親が臨月を迎えたため、9歳の少年「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、北関東のどこかに存在する森や山に囲まれた架空の田舎、月夜野の親戚の家へ預けられる。昆虫採集や虫相撲、魚釣り、洞穴探検などをしていく。(『ぼくのなつやすみ』)
  • 8月1日、母親が臨月を迎えたため、9歳の少年「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、伊豆半島の田舎町「富海」(ふみ)に住むおじの家に預けられる。海の中を泳いで、サイダーの王冠を見つけたりする。(『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』)
  • 8月1日、母親が臨月を迎えたため、9歳の少年「ボク」が、夏休みの1ヶ月間、北海道の架空の町「花詩」に住むおじの家に預けられる。広大な北国の自然の中で夏休みを楽しむ。(『ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原』)
  • 日本のパンクバンド・逆鱗が3枚目のアルバム「フィッシュストーリー」を発表するが、人気低迷のため解散する。(『フィッシュストーリー』)
  • 葉山博士と長男・譲二&次男・竜治、ダダ星人に拉致される。(『宇宙鉄人キョーダイン』)
  • 円盤生物シルバーブルーメが、宇宙パトロール隊MACのアジア本部・MACステーションを襲来、全滅に追いやられる。(『ウルトラマンレオ』)
  • ウルトラマンレオが最後の円盤生物ブラックエンドを倒した直後、円盤生物の住処であるブラックスターを撃滅。それに伴い怪獣頻出期が5年間の休眠に入った。『ウルトラマンレオ』)
  • 東都プロレスの鷹羽大二郎、ブラック・ミストの「鮮血のヘル」と戦い死亡。実弟・俊は東都プロレスを引退し、速水博士の元でアステカイザーになるための特訓を行う。(『プロレスの星 アステカイザー』)
  • 国際宇宙開発研究所所員・奥沢正人(後のドグマ帝国大幹部・メガール将軍)、惑星開発用改造人間に志願するも失敗し、失踪。(『仮面ライダースーパー1』)
  • 有尾人帝国ジャシンカの女将軍ゼノビア、クーデターを起こそうとするも失敗、万年山の千年洞窟に幽閉。(『科学戦隊ダイナマン』)