ウラジーミル・クラムニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・クラムニク

ウラジーミル・ボリソビッチ・クラムニク1975年6月25日‐、ロシア語: Влади́мир Бори́сович Кра́мник)はロシアチェスの選手。グランドマスターであり世界チャンピオン。FIDEの世界ランキング最高位は1位(2008年1月)。レーティングの最高値は2811(2002年1月、4月)。

トゥアプセ出身。ミハイル・ボトヴィニクが主催するチェススクールで頭角を現わし、1992年、わずか16歳でマニラチェスオリンピックロシア代表に選出される。2000年ロンドンで開催されたガルリ・カスパロフとの世界選手権マッチで勝利を収め、クラシカルチャンピオンとなる。その後、主として疾病を原因とする不調に苦しむも2004年ペーター・レコの挑戦を退け防衛。2006年エリスタで開催された世界チャンピオン統一戦において、FIDEチャンピオンベセリン・トパロフを破り、統一世界チャンピオンに就位。

2006年の統一戦(14ゲームマッチ)では、ゲーム中に頻繁にトイレに立つことについてトパロフ陣営からクレームを受け、第5ゲームを放棄して不戦敗を記録するなどのトラブルがあった。

外部リンク[編集]