アレクサンドル・アレヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・アレヒン
AlexanderAlekhine.jpg
アレクサンドル・アレヒン
本名 アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・アレヒン
ロシアの旗 ロシア
フランスの旗 フランス
生誕 1892年10月31日
ロシアの旗 ロシア モスクワ
死没 1946年3月24日(満53歳没)
ポルトガルの旗 ポルトガル エストリル
獲得タイトル 第4・6代公式世界チャンピオン

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・アレヒン(Alexander Alexandrovich Alekhine、ロシア語Александр Александрович Алéхин1892年10月31日 - 1946年3月24日)は、ロシアチェスの選手である。1927年にフランスに帰化した(発音は、「アレヒン」と「アレキン」の中間、時に「アリョーヒン」と表記される)。

生涯[編集]

モスクワの裕福な家庭に生まれた。父親は地主でドゥーマの一員だった。1914年サンクトペテルブルク大会で3位に入り、他の入賞者4人とともにグランドマスターの称号を贈られた。ロシア革命後、結婚を機にフランスに、のちドイツに移住した。

同じ1927年キューバホセ・ラウル・カパブランカに挑戦、マッチに勝利して世界チャンピオンとなった。この時の契約にはチャンピオンのリターンマッチの権利が定められていたが、アレヒンはカパブランカとの再戦を避け続け、1929年1934年エフィム・ボゴリュボフを相手にチャンピオンを防衛した。

1933年には世界ツアーの一環として来日、目かくしでの同時対局を帝国ホテルで行ない全勝、将棋棋士木村義雄との対局にも勝利したという。[1]

1935年に格下と見られていたマックス・エーワに敗北、失冠した。敗因は準備不足と過度の飲酒習慣にあったとされる。断酒して臨んだ2年後のリターンマッチでは雪辱を果たし、再びチャンピオンとなった。

第二次大戦中にはナチス政権下で行なわれた競技会に参加、その協力者と見なされた。そのため戦後は主な競技会に招待されず、移住先のポルトガルを中心に小規模な大会とマッチに出場した。1946年にチャンピオンのままポルトガルのエストリルで死去。

アレヒンの死後、エーワ、ミハイル・ボトヴィニクサミュエル・ハーマン・レシェフスキーパウリ・ケレスワシリー・スミスロフの5人でチェスの新チャンピオン決定戦が行われ、この決定戦に優勝したボトヴィニクが新チャンピオンとなった。

逸話[編集]

アレヒン・ディフェンス
a b c d e f g h
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
b8 black knight
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black pawn
e7 black pawn
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
f6 black knight
e4 white pawn
a2 white pawn
b2 white pawn
c2 white pawn
d2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
b1 white knight
c1 white bishop
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1
a b c d e f g h
1. e4 Nf6
  • アレヒンはその創造性豊かな棋風から「盤上の詩人」と称えられ、映画『ロシアの白い雪』(1980年)のモデルとなった。
  • 1.e4 に 1...Nf6 で受ける風変わりな黒の手は、アレヒン・ディフェンスと呼ばれる。
  • チェスの実力は誰もが認めていたが、ホセ・ラウル・カパブランカを嫌い、一度タイトルを奪った後は徹底的に対戦を避け、自分の参加するトーナメントからカパブランカを締め出すことに注力し、人間的な評判はあまりよろしくなかった。しかしカパブランカが死去したとき、「二度と現れない偉大なプレーヤーを失った」との言葉も残しており、複雑な感情を抱いていたと言われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東公平『チェス入門』p125