チェスの世界チャンピオン一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェスの世界チャンピオン一覧チェスのせかいチャンピオンいちらん

チェスの歴代世界チャンピオンの一覧、及び防衛戦。

非公認チャンピオン[編集]

公式チャンピオン[編集]

「公式」とは1924年に設立されたFIDEが後から公認したという意味である。これ以前のマッチは持ち時間の制限がなかったため「公式」とされなかった。 凡例

  • チャンピオン期間 - チャンピオン名 (国名)
    • 防衛戦年度 対戦者名 (チャンピオンの)成績

チャンピオンによる挑戦者の指名制

チャンピオン、アレヒンの急死を受けて、FIDE(国際チェス連盟)主催の挑戦者制度に変更

IOCの提言を受け入れ、トーナメント方式に変更

不評のため、伝統的持時間による8人総当り方式に変更

この時の成績は、以下のとおり

 順位 スコア       名前(国籍)
  1   10.0 ベセリン・トパロフ(ブルガリア)
  2    8.5 ビスワナサン・アナンド(インド)
  3    8.5 ペーター・スヴィドラー(ロシア)
  4    7.0 アレクサンダー・モロゼヴィッチ(ロシア)
  5    6.5 ペーター・レコ(ハンガリー)
  6    5.5 ルスタム・カシムジャノフ(ウズベキスタン)
  7    5.5 マイケル・アダムズ(イギリス)
  8    4.5 ユディット・ポルガー(ハンガリー)

クラシカル世界チャンピオン[編集]

1993年ガルリ・カスパロフは世界選手権の開催方法を巡り、FIDEと対立、以降独自に世界選手権を開催した。この系列の世界チャンピオンは、カスパロフが当初設立したPCAの名称を用いて”PCA世界チャンピオン”と称されることもある。しかしながらこの団体は数年で消滅したため、全ての世界選手権を主催していたわけではない。ここでは”クラシカル世界チャンピオン”(伝統的な挑戦者制度に基づく世界チャンピオン、の意)としておく。

統一チャンピオン[編集]

2006年FIDE公式チャンピオンのトパロフと、クラシカル世界チャンピオンのクラムニクの間で、チャンピオン統一のための特別マッチが開催され、クラムニクが初代統一チャンピオンとなったが、翌2007年に開催された通常の世界選手権でアナンドに破れた。2010年にはアナンドがトパロフの挑戦を一勝差で退け、防衛に成功。

  • 2006年〜2007年 ウラジミール・クラムニク (ロシア連邦)
    • 2006年 ベセリン・トパロフ 3勝6引き分け3敗(不戦敗1を含む)、タイブレーク2勝1引き分け1敗 (統一マッチ)
  • 2007年〜2013年 ビスワナサン・アナンド
    • 2007年 8人ダブルラウンド、9ポイント/14局
    • 2008年 ウラジミール・クラムニク 3勝7引き分け1敗
    • 2010年 ベセリン・トパロフ 3勝7引き分け2敗
    • 2011年 ボリス・ゲルファンド 1勝10引き分け1敗、タイブレーク1勝3引き分け
    • 2013年 マグヌス・カールセン 0勝7引き分け3敗。カールセンはカスパロフに並ぶ22歳での最年少王者となった。
  • 2013年~ マグヌス・カールセン

関連項目[編集]