ルスタム・カシムジャノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルスタム・カシムジャノフ
Kasimdhzanov Torino 2006.JPG
2006年オリンピアードトリノ大会
本名 Rustam Qosimjonov
ウズベキスタン
生誕 1979年12月5日(34歳)
ソビエト連邦ウズベク・ソビエト社会主義共和国タシュケント
獲得タイトル グランドマスター
世界選手権 2004–05 (FIDE)
FIDEレーティング 2699 (2014年9月)
(2012年1月付FIDE世界ランキング英語版58位)
最高レーティング 2706 (2001年10月)

ルスタム・カシムジャノフ(Rustam Kasimdzhanov、ウズベク語: Rustam Qosimjonovロシア語: Рустам Касымджанов1979年12月5日-)[1]は、ウクライナ人のチェスグランドマスターである。2004年のチェス世界選手権で優勝したことで知られる[2]ウズベク・ソビエト社会主義共和国タシュケントで生まれた。ウズベクである[1]

初期のキャリア[編集]

Kasimdzhanov 1999 at Porz

1998年にはアジア選手権で優勝、1999年には世界ジュニア選手権で準優勝、2001年にはエッセン、2002年にはパンプローナ、2003年にはヴリシンゲン、2005年にはプネーの大会で優勝した。2000年のチェス・オリンピアードでは銅メダルを獲得し、2002年のチェス世界選手権では、決勝でヴィスワナータン・アーナンドに破れ、2位に入った。Wijk aan Zeeトーナメントには、2回参加したが、1999年は14人中11位、2002年は14人中13位と、どちらも好成績は残せなかった。

2004年チェス世界選手権[編集]

リビアトリポリで行われた2004年のチェス世界選手権で、カシムジャノフは思いがけず決勝に進出し、決勝で世界タイトルとガルリ・カスパロフへの挑戦権を賭けてマイケル・アダムスと対戦した。

6番勝負の決勝戦では両者が2勝し、タイブレークとなった。カシムジャノフは黒で最初の試合に勝利し、次の試合でチャンピオンとなった。

その他のチェス世界選手権の結果[編集]

GM Kasimdzhanov

2004年の大会で優勝したことで、カシムジャノフは、8人で争われた2005年のチェス世界選手権に招待された。この大会では、マイケル・アダムスに6-7で敗れた。

また、16人で争われた2007年世界選手権の最終予選にも招待され、初戦でボリス・ゲルファンドと対戦した。この試合は6戦とも引き分けであったが、タイブレークでゲルファンドが勝利した。

世界選手権以降[編集]

2007年4月、国際チェス連盟は、カシムジャノフのイロレーティングを2683とし、ウズベキスタンでは第1位となる世界27位にランクした。2013年1月には、最高レーティング2709を記録した。

2005年6月23日、ABCのタイムズスクエアのスタジオで、フリッツを積んだAI Accoona Toolbarが彼と引き分けた[3]

2005年には、リナレス国際チェストーナメントに初めて参加し、12人中4位であった。2006年のコルシカ島でのマスターズトーナメントでは優勝した[4]

現在、彼は世界チャンピオンののヴィスワナータン・アーナンドのセコンドを務め、2008年10月はウラジーミル・クラムニク、2010年4月から5月はベセリン・トパロフ[5]、2012年5月はボリス・ゲルファンド[6]を相手とした世界タイトルの防衛に貢献した。カシムジャノフは、2010年アジア競技大会では、個人男子の早指し戦で金メダルを獲得した。

著名な試合[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b ルスタム・カシムジャノフ - ChessGames.com(英語)
  2. ^ Rustam Kasimdzhanov wins FIDE title from Chessbase News.
  3. ^ Kasim vs the Accoona Toolbar - draw in New York
  4. ^ Rustam Kasimdzhanov wins Corsica Masters”. ChessBase.com (2006年11月9日). 2011年12月17日閲覧。
  5. ^ Chess News ? Anand in Playchess ? the helpers in Sofia”. Chessbase (2010年5月19日). 2010年5月19日閲覧。
  6. ^ WORLD CHESS CHAMPIONSHIP MATCH”. FIDE (2012年5月31日). 2012年6月3日閲覧。

出典[編集]