ウズベキスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウズベキスタン共和国
Oʻzbekiston Respublikasi
Ўзбекистон Республикаси
ウズベキスタンの国旗 ウズベキスタンの国章
国旗 (国章)
国の標語:Oʻzbekiston kelajagi buyuk davlat
国歌ウズベキスタン共和国国歌
ウズベキスタンの位置
公用語 ウズベク語
首都 タシュケント
最大の都市 タシュケント
政府
大統領 イスラム・カリモフ
首相 シャヴカト・ミルズィヤエフ
面積
総計 447,400km255位
水面積率 4.9%
人口
総計(2012年 29,559,100人(45位
人口密度 61.4人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 36兆8,394億[1]スム
GDP (MER)
合計(2008年 279億[1]ドル(98位
GDP (PPP)
合計(2008年 715億[1]ドル(72位
1人あたり 2,629[1]ドル
独立
 - 日付
ソビエト連邦より
1991年9月1日
通貨 スム (UZS)
時間帯 UTC (+5)(DST:なし)
ISO 3166-1 UZ / UZB
ccTLD .uz
国際電話番号 998

ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦共和国。首都はタシュケント(タシケント)。

北にカザフスタン、南にトルクメニスタンアフガニスタン、東でタジキスタンキルギスと接する。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行っており、東部のフェルガナ盆地はタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。

国境を最低2回超えないと海に達することができない、いわゆる「二重内陸国」の1つである。

国名[編集]

正式名称はウズベク語で、O'zbekiston Respublikasi(オズベキスターン・レスプブリカスィ)。通称は、O'zbekiston

公式の英語表記は、Republic of Uzbekistan。通称、Uzbekistan

日本語の表記は、ウズベキスタン共和国。通称、ウズベキスタン。漢字による当て字は月即別[2]

国名は、ウズベク人の自称民族名 O'zbek(オズベク)と、ペルシア語で「~の国」を意味する -istan (ウズベク語では -iston)の合成語である。オズベクは、テュルク語で「自身が主君」を意味し、一説にはジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)のウズベク・ハン(オズベク・ハン)の名に由来するといわれる。

地理[編集]

ウズベキスタンの地図
ウズベキスタンの衛星写真

ウズベキスタンはユーラシア大陸の中央に位置しており、全国土面積は44万7400km2である。この国土面積は世界56位であり、人口は世界第42位である[3]CIS諸国のあいだでは、全面積は第5位、人口は第3位となっている[4]

ウズベキスタンは北緯37度から46度東経56度から74度の地域に存在している。東西の距離は1425km、南北の距離は930kmである。北および北西地域はカザフスタンとの国境とアラル海に、南西部分はトルクメニスタンとの国境に、南東部分はタジキスタンとの国境に、北東部分はキルギスとの国境に接している。ウズベキスタンは中央アジアでも有数の面積を持つ国家であり、他の4国すべてと国境を接する唯一の国家でもある。このほか、ウズベキスタンは南部150kmに渡りアフガニスタンと国境を接している。

ウズベキスタンは乾燥した内陸国である。ウズベキスタンは世界に2つしか無い二重内陸国(もう一つはリヒテンシュタイン)であり、海へとでるためには国を2つ越える必要がある。加えて、内陸国の河川流域という特性上、海へと直接つながっている国内河川はなく、領土の10%にも満たない灌漑農業用地や河川流域のオアシスに似た土地で集中的に農業が行われている。残りの領土は広大な砂漠キジルクム砂漠)と険しい山々で占められる。

ウズベキスタンの最高点はスルハンダリヤ州タジキスタンとの境界付近、ギッサール山脈英語版にあるハズレット・スルタン山であり、標高は4643mである。タジキスタンの首都ドゥシャンベの北西部に存在するこの山はかつては第22回共産党大会峰と呼ばれていた[4]

ウズベキスタン共和国内の気候はその大部分が大陸性気候であり、降水量は年間100~200mmと非常に少ない。夏季の平均最高気温はおよそ40°Cに達する一方で、冬の平均最低気温は約-23°Cと非常に低い[5]

主要都市としては、首都のタシュケントのほか、アンディジャンブハラサマルカンドナマンガンなどがある。

環境[編集]

1989年と2008年におけるアラル海の大きさの比較

アラル海に接しているが、旧ソ連時代に行われた国土の風土に合わない無茶な綿花栽培のため、アラル海の面積は急激に縮小している。

ソビエト連邦時代の政策により、ウズベキスタン国内では数十年に渡って綿花の過剰なまでの生産が行われ、結果として環境に非常に大きな悪影響を及ぼした。農業分野は国内で深刻化している水質汚濁や土壌汚染の被害の一番の被害者となっている[6]

アラル海はかつて地球上で4番目に大きい湖であり、周辺地域の湿度を保ち乾燥した土地で農業が行える大きな要素となっていた[7]。1960年代以降の10年間でアラル海の水の過剰利用が行われ、アラル海は元の50%にまで面積が縮小、水量も3分の1にまで低下した。信頼出来る調査結果もしくは概算データは各国公的機関や組織においてまだ十分に発表されておらず、情報の収集も進んでいない。現在も水の大部分は綿花や栽培に大量の水分が必要とされる作物栽培の灌漑用水として使用され続けている[8]

この環境破壊の危機の責任の所在は明らかであり[要出典]、1960年代に自然改造計画によって国内の河川に大量にダムを建設しアラル海へ流入する水量の減少と河川の水の乱用を推し進めた旧ソ連の科学者や政治家、そしてソビエト連邦崩壊後ダムや灌漑システムの維持に十分な対策をせず環境問題対策に十分な費用をかけて来なかったウズベキスタンの政治家にある。

アラル海の問題のため、特にアラル海に近いウズベキスタン西部にあるカラカルパクスタン地域では土壌に高い塩分濃度が検出されている上、重金属による土壌汚染が広がっている。また、国内の他の地域においても水資源のほとんどは農業に使用されており、その割合は約84%にのぼる。これは土壌の塩分濃度上昇に拍車をかけている。また、収穫量増加のため綿花農場における防虫剤化学肥料の乱用を行ったことで、深刻な土壌汚染がおきている[5]

歴史[編集]

古代-10世紀[編集]

ウズベキスタンの国土の中央部は、古代よりオアシス都市が栄え、東西交易路シルクロードの中継地ともなってきたトランスオクシアナ地域の大部分を占める。この地域は古代にイラン系のソグド人が活躍したが、8世紀アラブ人によって征服され、宗教的にはイスラム化した。10世紀にはテュルク民族カラカルパク人など)が進出し、言語的にテュルク語化が進む。

モンゴル帝国・ティムール朝[編集]

13世紀にはモンゴル帝国に征服され、このとき多くの都市が甚大な被害を受けるがすぐに復興を果たし、14世紀にはこの地から興ったティムール朝が中央アジアから西アジアに至る広大な地域を征服して大国家に発展した。

ウズベク3ハン国[編集]

ティムール朝の衰亡後、北からウズベク人が侵入し、ウズベク3ハン国と呼ばれるブハラ・ハン国ヒヴァ・ハン国コーカンド・ハン国を立てる。

ロシア帝国・ソビエト連邦[編集]

これらは19世紀に北からのロシア帝国に征服され、ロシア革命後はソビエト連邦下の共和国となり、その後ソビエト共産党政府の統治下に入り、ウズベク・ソビエト社会主義共和国となった。1966年4月、タシュケントを震源として市内では震度八をも記録する大地震が起こり、市内の建物のおよそ2/3が倒壊するという惨事となった。

独立[編集]

その後1991年ソ連崩壊によってウズベク・ソビエト社会主義共和国はウズベキスタン共和国として独立し、同時に独立国家共同体(CIS)に加盟した。独立後は、現在に至るまでイスラム・カリモフ大統領が権力を集約し、ほぼ独裁政権となって統治している。

2005年5月13日に東部アンディジャンで発生した反政府暴動鎮圧事件で市民に多数の死者が出たとの情報があり、ヨーロッパ諸国・国際連合などから「人権侵害」との非難が挙がっている。また、これまで反テロの同盟国として協力関係にあったアメリカも態度を変化させ民主化要求を行い始めている。

一方、カリモフ大統領はイスラム過激派による武力蜂起だとして欧米側による報道を批判し、国際調査団を受け入れる考えのないことを表明している。また、2001年アフガン侵攻以来、アメリカ軍の駐留を受け入れてきたが、2005年にこれを解消し、アメリカ軍は撤収することとなった。なお現在も、「反テロ作戦の一環」としてドイツ軍がテルメズ飛行場に駐留を続けている。現在は上海協力機構と関係を深めている。

政治[編集]

ウズベキスタンの国民議会
ウズベキスタン大統領のイスラム・カリモフ

国家元首である大統領は、ウズベク・ソビエト社会主義共和国大統領であったイスラム・カリモフが独立以来その職にある。首相と副首相は大統領が任命する。大統領官邸は、オクサロイ宮殿(白い館)。

議会はアリー・マジュリス(Oliy Majlis)と呼ばれ、一院制で任期5年、250議席。アリー・マジュリスの初の選挙は1994年の第16回最高会議にて承認された決議の元開催された。同年、最高会議はアリー・マジュリスとその名称を変更した。ウズベキスタンはこれまで3回の大統領選挙を行なっているものの、すべてイスラム・カリモフが選出されている。

議会は定員150名の下院(日本の衆議院に相当)と定員100名の上院(日本の参議院に相当)に分かれており、それぞれ任期は5年である。第3回の選挙は2009年12月27日に、第2回選挙は2004年12月から2005年にかけて行われたアリー・マジュリスは2004年まで1院制であったが、2002年の国民投票の結果、次期選挙から二院制に移行することとなった。議会に参加する議員数は1994年は69名であったが、2004~05年に120名へと増加、現在は下院の議員数は150名にまで増加している。

現在、旧ウズベキスタン共産党から改組されたウズベキスタン人民民主党を中心とする諸政党がイスラム・カリモフ大統領の支持勢力として議会を支配している。カリモフ大統領はウズベキスタンの独立後、自己献身・国民民主党に所属していたが、2007年にウズベキスタン自由民主党に党籍を移した。いずれの政党も、カリモフ政権の支持政党である。

行政府は絶大な権力を握っており、立法府は法案成立の際に多少影響力を持つにすぎない。1995年12月27日に行われた国民投票の結果、イスラム・カリモフは2選を果たした。その後2002年1月に行われた国民投票の結果、大統領の任期は5年から7年に延ばされた。

国民投票の結果を受けて法案が成立し、イスラム・カリモフの任期は2007年12月まで任期が延長された。ほとんどの国際監視員は選挙の過程と結果に関して正当なものであると認めていない。2002年の国民投票には下院(Oliy Majlis)と上院(Senate)の2院制への移行計画に関する投票が含まれていた。下院の議員は「専業」の国会議員である。新たな2院制への移行に関する国民投票は12月26日に開催された。イスラム・カリモフの周囲では後継者のアクバル・アブドゥラエフ英語版の大統領選出に向けた動きが見られる。

欧州安全保障協力機構(OSCE)は制限された監視行動の中で、ウズベキスタン国内の選挙はOSCEやその他の民主主義選挙に関する国際基準を全く満たしていないという評価を下している。複数の政治政党が政府の承認を経て設立されたものとなっている。同様に、ラジオ・テレビ・新聞など様々なメディアが設立されているものの、これらのメディアは依然として政府のコントロール下にある、もしくはめったに政治的な話題を扱わないメディアとなっている。独立した政治政党の設立や党員募集、党大会や記者会見の開催は禁止されていないものの、登録手続きには制限が課されているため登録を拒否されている。

人権[編集]

ウズベキスタン共和国憲法では「ウズベキスタン共和国の民主主義は個人の生命、自由、名誉、尊厳、その他の固有の権利を至上の価値とする基本的な人道にもとづく」と宣言している。

人権に対する公的な姿勢については「人権の確立と奨励に関するウズベキスタン共和国政府の取り組み」という覚書に要約されており[9]、以下のように記述されている。「政府はウズベキスタン市民の人権を保護、保証するためにあらゆる手段を用いる。ウズベキスタンは人道的な社会の実現のため、継続的に法改正を行っていく。人々の基本的人権を規定するための300以上の法案が議会を通過した。例として、オンブズマン事務所は1996年に設立された[10]。2005年8月2日、大統領のイスラム・カリモフは2008年1月1日よりウズベキスタンにおいて死刑を廃止する法令に調印した。

しかし、国際ヘルシンキ人権連盟英語版(IHF)、ヒューマン・ライツ・ウォッチアムネスティ・インターナショナルなどの非政府組織人権団体アメリカ合衆国国務省欧州連合理事会とともに、ウズベキスタンを「市民権が制限された権力主義国家」と定義しており[11]、「あらゆる基本的人権に対する広範囲の侵害」が存在することに重大な懸念を表明している[12]

報告によると、最も広範囲で見られる人権侵害は拷問、恣意的な逮捕、そして、信教の自由、言論の自由、出版の自由など様々な自由の制限があげられる。また、地方ではウズベキスタンの女性に対して強制不妊手術を行うことが政府によって容認されているとの報告がある[13][14]。また、宗教団体の会員、独立したジャーナリスト、人権活動家や禁止された敵対政党の党員を含む政治活動家などに対する人権侵害が頻繁に行われているとも報告されている。

2005年アンディジャン事件では結果として数百人の死亡者が出たが、この事件はウズベキスタン国内の人権侵害の歴史の中でも大きな事件となった[15][16][17]

事件に関する深い懸念がアメリカ合衆国、欧州連合、国際連合、OSCE議長、OSCE民主主義人権研究事務所によって示され、これらの機関はウズベキスタン政府から独立した調査を要求した。 ウズベキスタン政府が人命を不法に奪い、市民の集会の自由と表現の自由を否定していることにも非難が出ている。政府はこれらの非難を真っ向から否定した上で、必要最小限の武力を用いて反テロ活動を展開したにすぎないと主張した[18]。さらに、政府の一部官僚は「ウズベキスタンに対して情報戦が仕掛けられている」と述べ、「アンディジャンの人権侵害」はウズベキスタンの内政に干渉するのに都合よい口実として、ウズベキスタンの敵対勢力がでっちあげたものであると主張した[19]

タジク人が彼らの母語であるタジク語を学校で教えることをウズベキスタンは禁じており、タジク語(もしくはペルシア語)の文学作品が破壊された例が存在する[20]

外交[編集]

ワシントンD.C.にある在アメリカ合衆国ウズベキスタン大使館

全方位的外交を展開し、ロシアと同盟関係条約を締結する一方で、CIS諸国を含むアジア諸国やヨーロッパ諸国、アメリカなどとも友好関係を持っている。

日本との間も官民両面で友好関係を保っており、両国に大使館を持っている。第二次大戦後シベリア抑留を受けた日本人捕虜は首都タシュケントにも回され、中央アジア最大のバレエ・オペラ劇場たるナヴォイ劇場の工事などに従事した。1966年のタシュケント地震の際にも全くの無傷と言う過酷な強制労働にも関わらず見事な仕事を為した。それが、現在ウズベキスタンで親日感情が高いことに繋がっている。

ウズベキスタンは1991年12月に独立国家共同体(CIS)に参加した。しかし、1999年にCIS集団安全保障体制から脱退した。これ以降、ウズベキスタンは自国の安定に影響を及ぼすタジキスタンとアフガニスタン両国の紛争の解決の手助けをするためタジキスタンのCIS平和維持軍や国連により組織された平和維持軍に参加している。

かつてはアメリカ合衆国とウズベキスタンの関係は良好であった。2004年にはアメリカ合衆国はウズベキスタンに軍事費の約4分の1に当たる5億USドルを援助、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国軍によるアフガニスタンへの空軍軍事作戦に際しカルシ・ハナバード空軍基地の使用を許可していた[21]。ウズベキスタンはアメリカ合衆国の掲げる世界規模の反テロ戦争の積極的な支持者であり、アフガニスタンとイラクの両地域において支援作戦を展開していた。

ウズベキスタンとアメリカ合衆国両国の関係はグルジアウクライナで2000年ごろに起きた「色の革命」(後にキルギスへも影響が拡大した)の後、悪化が進んだ。アメリカ合衆国がアンディジャンの流血事件に対して独立した国際調査団参加に名乗りを上げると、両国の関係は極めて悪化、大統領のイスラム・カリモフは外交路線を転換し、人権侵害非難を支持することのなかったロシアや中国に接近する姿勢を見せるようになった。

2005年7月後半、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国にアフガニスタン国境に近いカルシ・ハナバード空軍基地から180日以内に撤退するよう命じた。カリモフは9.11後の短期間、アメリカ合衆国に空軍基地使用を申し出ていた。ウズベキスタン人の中には、アンディジャン事件に対する抗議による、アンディジャン地区におけるアメリカ合衆国やイギリスの影響力増加への懸念が撤退命令につながったと考える者もいる。これもまたウズベキスタンと西洋諸国が対立した理由の一つに挙げられている。

ウズベキスタンは1992年3月2日より国際連合に加盟しているほか、欧州・大西洋パートナーシップ理事会 (EAPC)、平和のためのパートナーシップ (PfP)、欧州安全保障協力機構 (OSCE)のメンバーでもある。また、イスラム協力機構 (OIC)や経済協力機構 (ECO、中央アジアの5カ国とアゼルバイジャントルコイランアフガニスタンパキスタンで構成される)にも所属している。1999年、ウズベキスタンはGUAM (グルジアウクライナアゼルバイジャンモルドバ)のオブザーバーとなり、1997年に加盟してGUUAMとなったが、2005年に脱退している。

ウズベキスタンは上海協力機構(SCO)のメンバーでもあり、タシュケントでSCO地方反テロ構造 (RATS)を開催している。ウズベキスタンは2002年に設立されたユーラシア経済共同体(EAEC)に加盟している。EAECはウズベキスタン、タジキスタンカザフスタンキルギスロシアベラルーシから構成されている。CACOはキルギスとカザフスタンにより設立された中央アジア連合が発展改称する形で設立された組織であり、ウズベキスタンはEAECの創立メンバーとして加盟している。

2006年9月、UNESCOはイスラム・カリモフをウズベキスタンの豊かな文化や伝統を保存した功績により表彰した。批判はあるが、ウズベキスタンと西洋諸国の間の関係を発展させた1つの証として捉えられている。

2006年10月にはもうひとつウズベキスタンが西洋諸国からの孤立から脱する出来事があった。EUは人権や自由に関して対話を行うため、長きに渡り対立していたウズベキスタンに対して使節団を送る計画があると発表した。アンディジャン事件に関する政府の公式発表と非公式の数字どちらが正しいのかという点に関しては曖昧であったものの、EUは明らかにウズベキスタンに対する経済制裁を弱める意志を見せた。しかし、ウズベキスタンの人々の間では、ウズベキスタン政府はロシア連邦と密接な関係を維持しようとしており、2004年から2005年にかけてのウズベキスタンでの抗議はアメリカ合衆国やイギリスにより引き起こされたものであると一般的に考えられている。

行政区画[編集]

ウズベキスタンの行政区画
タシュケントの中心街

ウズベキスタンは12の州(viloyat、ヴィラヤト)、1つの自治共和国(respublika、レスプブリカ)、1つの特別市(shahar、シャハル)に分かれる。

番号 行政区画名 ウズベク語表記 ウズベク語表記 地区面積
(km2)
人口 (2008)[22]
01 タシュケント特別市 Toshkent shahri タシュケント Toshkent 335 2,192,700
02 アンディジャン州 Andijon Viloyati アンディジャン Andijon 4,200 2,477,900
03 ブハラ州 Buxoro Viloyati ブハラ Buxoro 39,400 1,576,800
04 フェルガナ州 Fargʻona Viloyati フェルガナ Fargʻona 6,800 2,997,400
05 ジザフ州 Jizzax Viloyati ジザフ Jizzax 20,500 1,090,900
06 ナマンガン州 Namangan Viloyati ナマンガン Namangan 7,900 2,196,200
07 ナヴァーイー州 Navoiy Viloyati ナヴァーイー Navoiy 110,800 834,100
08 カシュカダリヤ州 Qashqadaryo Viloyati カルシ Qarshi 28,400 2,537,600
09 サマルカンド州 Samarqand Viloyati サマルカンド Samarqand 16,400 3,032,000
10 シルダリヤ州 Sirdaryo Viloyati グリスタン Guliston 5,100 698,100
11 スルハンダリヤ州 Surkhondaryo Viloyati テルメズ Termiz 20,800 2,012,600
12 タシュケント州 Toshkent Viloyati タシュケント Toshkent 15,300  2,537,500
13 ホラズム州 Xorazm Viloyati ウルゲンチ Urganch 6,300  1,517,600
14 カラカルパクスタン共和国 Qoraqalpogʻiston Respublikasi ヌクス Nukus 160,000 1,612,300

タシュケント州の統計データにはタシュケント市の統計データを含む。

各州及びタシュケント市は更に地区(ウズベク語: Tuman)に別れる。

主要都市[編集]

経済[編集]

ウズベキスタンのGDP成長率(1992-2008年)

IMFの統計によると、2011年GDPは453億ドルであり[23]日本香川県とほぼ同じ経済規模である[24]。一人当たりのGDPは1,572ドルであり、世界平均の20%に満たない水準である。2011年アジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は1248万人と推定されており、国民の40%以上を占めている[25]。近年は豊富な天然ガス関連の投資を多く受け入れており、比較的好調な経済成長を遂げている。通貨はスム

ウズベキスタンは世界第4位の埋蔵量を誇る。国内では毎年約80トンの金が採掘されており、これは世界第7位の発掘量である。ウズベキスタンの石炭埋蔵量は世界第10位であり、ウランの埋蔵量は世界第12位である。国内のウラン生産量は世界第7位である[26][27][28]。ウズベキスタンの国営ガス会社、ウズベクネフテガスは世界第11位の天然ガス生産量を誇り、年間600~700億m3を産出している。ウズベキスタンはまだ未開拓の石油や天然ガスの資源が多数存在しており、国内には194の炭化水素の鉱山があり、この内98が天然ガス田、96がガス田となっている。

ウズベキスタン国内においてエネルギー関連事業に大きな投資をしている企業としては中国石油天然気集団(CNPC)、ペトロナス韓国石油公社英語版(KNOC)、ガスプロムルクオイル、ウズベクネフテガスがある。

多くのCIS諸国と同じく、ウズベキスタンの経済はソビエト連邦時代の社会主義経済から資本主義経済への移行期であった初期に一旦減少し、政策の影響が出始めた1995年より徐々に回復している。ウズベキスタンの経済は力強い成長を示しており、1998年から2003年までの間は平均4%の経済成長率を記録、以降は毎年7~8%の経済成長率を記録している。IMFの概算によると[29]、2008年のウズベキスタンのGDPは1995年時点の約2倍である。2003年以降、年間のインフレ率は平均10%を下回っている。

ウズベキスタンにおいて、一人あたりの国民総所得(GNI)は非常に低く、2006年時点で610USドル、PPPは2,250USドルとなっている[30]。PPPと比較した一人あたりのGNIの数字は世界209カ国中169位と非常に低く、12のCIS諸国の中でウズベキスタンより下の値であるのはキルギスとタジキスタンだけである。経済的な生産は加工品ではなく生産品に集中している。2011年時点において、ウズベキスタンは世界で第7位の綿花生産国であり、世界第5位の綿花輸出国であり[31]、同時に世界第7位の金採掘国でもある。他に生産量の多い製品としては、天然ガス石炭石油ウラン等がある[32]

農業労働者はウズベキスタン総労働人口の28%にあたり、農業はGDP全体の約24%を占める(2006年のデータ)[4]。公式発表によると就業率は高いとされているものの、特に地方で就業率は低く、少なくとも20%以上が失職中であると推定されている[33]。未だに、綿花収穫期には全ての学生と教師、公務員はボランティアで綿花の収穫に駆り出されている[34]ウズベキスタンの児童労働の使用はテスコ[35]やC&A[36]、Marks & Spencer、Gap、H&Mなどにより報告されており、これらの企業は綿花の収穫作業をボイコットしている[37]

独立達成後に多くの経済問題に直面したことで、政府は国による管理、輸入量の減少、エネルギー自給率の増加を軸とした進化のための改革戦略を採択した。1994年以降、国のコントロールを受けたメディアはこの「ウズベキスタン経済モデル」の成功を繰り返し喧伝しており[38]、経済ショックや貧困、停滞を避けて市場経済へとスムーズに移行するための唯一の方法であると提案していた。

漸進的な改革戦略は重要なマクロ経済や構造改革を一旦中止していることからも読み取れる。官僚の手の中にある状態は依然として官僚の経済に対する影響が大きいことを示している。汚職が社会に浸透しているだけでなく、さらに多くの汚職が行われるようになっている。2005年度におけるウズベキスタンの腐敗認識指数は159カ国中137位であり、2007年時点の調査では179カ国中175位であった。2006年2月における国際危機グループによる報告によると、核となる輸出品、特に綿花、金、トウモロコシ、天然ガスから得られた収入はエリート支配層の少数の間にのみ還元され、人口の大多数には少量、もしくはまったく還元されない状況にあるとされている[39]

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによると、「政府は国の手でコントロールできないような独立した民間企業の発展を敵視している。」[40]。従って、中産階級は経済的、そして結果的には政治的に低い地位にある。

経済政策は外国企業による投資に反発する姿勢を見せており、CIS諸国において最も国民一人あたりの外国企業による投資額が低い[41]。長年に渡り、ウズベキスタン市場に投資を行う外国企業に対する最大の障壁は通貨交換の困難さであった。2003年、政府は完全に通貨兌換性を保証するという国際通貨基金(IMF)の第8条の義務を承認した[42]。しかし、国内で使用する通貨に対する厳しい制限や通貨交換の量に制限がかけられていることから、外国企業による投資の効果は減少していると考えられている。

ウズベキスタンは独立後の1992年から1994年にかけて、年間1000%もの急激なインフレを体験している。IMFの助けを借りた経済安定化の努力が行われ[43]、インフレ率は1997年に50%に減少、さらに2002年には22%にまで減少した。2003年以降、年間インフレ率は平均10%未満となっている[29]。2004年の緊縮財政政策は結果としてインフレ率の大幅な減少につながり、インフレ率は3.8%に減少した(しかし、代わりにマーケットバスケット方式英語版による価格の上昇は約15%と概算されている[44]。)インフレ率は2006年には6.9%に、2007年には7.6%に上昇したが、ひと桁台の数字を維持し続けている[45]

ウズベキスタン政府は高い関税を含む様々な方法で外国製品の輸入を制限している。地方の生産品を保護するため、非常に高い税金が課せられている。公式、非公式の関税が相まって、商品の実際の値段の1~1.5倍に相当する税金がかかることで、輸入品は仮想的に値段に見合わない高い商品となっている[46]。輸入代替は公式に宣言されている政策であり、ウズベキスタン政府は輸入品目におけるこのファクターが減少していることに誇りを持って経済報告を行なっている。CIS諸国はウズベキスタンの関税を公式に免除されている。

タシュケント証券取引所(共和国証券取引所、RSE)は1994年に取引を開始した。約1250のウズベキスタンのジョイント・ストック・カンパニー株式債券がRSEで取引されている。2013年1月時点において上場している企業の数は110に増加した。証券市場の発行済株式総数は2012年に2兆に達しており、証券取引所を通した取引に興味を持つ企業が増えていることからこの数字は急速に増大している。2013年1月時点における発行済株式総数は9兆を突破した。

ウズベキスタンの対外的地位は2003年以降次第に強くなっている。金や綿花(ウズベキスタンの主要輸出製品である)の世界市場価格の回復、天然ガスやその他生産品の輸出量の増加、労働力移入人数の増加という様々な要因により、現在の収支は大幅な黒字に転じ(2003年~2005年の間ではGDPの9~11%)、金を含む外貨準備高は約30億USドルと2倍以上にまで増加している。

2010年時点の外貨準備高は約130億USドルである[47]

世界規模の銀行、HSBCの調査によると、ウズベキスタンは次の10年間で世界でも有数の成長速度の速い国家(トップ26)になると予測されている[48]

農業[編集]

ウズベキスタンは、ソ連時代の計画経済によって綿花栽培の役割を割り当てられた過去があり、そのため近年になって鉱産資源の開発が進むまでは綿花のモノカルチャー経済に近い状態だった。その生産量は最高500万トンに達し、2004年度においても353万トンを誇る。しかしウズベキスタンは元来降水量が少なく綿花の栽培には向いていない土地であったため、近年においては灌漑元であるアラル海の縮小や塩害などに悩まされている。

また、綿花栽培に農地の大半を割いているため、各種穀物果実野菜類を産する土地を有しながら、その食料自給率は半分以下である。

鉱業[編集]

ウズベキスタンはエネルギー資源として有用な鉱物に恵まれている。有機鉱物資源では世界生産量の2.2%に達する天然ガス(2175千兆ジュール、2001年)が有望。271万トンの亜炭、379万トンの原油も採掘されている。金属鉱物資源では世界シェア4.9%のウラン(1770トン、世界第7位)が際立つ。鉱業セクターは輸出にも貢献しており、特産物の絹織物につぎ、エネルギー輸出が全輸出額の10.3%を占める。その他の金属鉱物資源では、世界第9位の(90トン)、のほか、小規模な銅採掘が続いている。リン鉱石も産出する。

観光都市[編集]

シルクロードの中心地や、ユネスコ世界遺産の宝庫として、青の街サマルカンドや茶色の町ブハラヒヴァシャフリサブス仏教文化のテルメズなどが世界的に有名。ソ連からの独立後には歴史的遺構への訪問を目的とする各国からの観光客が急増し、それに伴い観光が外貨獲得源の1つとなった。これを受けて政府による観光客誘致が盛んに行われていることから、タシケントは海外のホテルチェーンの大規模ホテルが多く運営されている。

ヒヴァ

人口[編集]

ウズベキスタンの女性
ウズベキスタンの老人
民族構成
ウズベク人
  
80%
ロシア人
  
6%
タジク人
  
5%
カザフ人
  
3%
その他
  
6%

ウズベキスタンは中央アジアで最も人口の多い国であり、2001年時点の人口は2515万人であった。2012年時点の人口29,559,100人[49]は中央アジア全体の人口の約半数に相当する。

ウズベキスタンの平均年齢は低く、全人口の約34.1%は14歳以下である(2008年の統計)[33]。人口統計によると、主要民族のウズベク人が全人口の80%を占める。その他、5.5%のロシア人のほか、タジク人(5%)、カザフ人(3%)、カラカルパク人(2.5%)、タタール人(1.5%)など多くの少数民族が住む(1996年の統計)[33]。ソ連時代に、ウズベク語を話すことのできるタジク人はウズベク人と分類されたため、タジク人は実際には相当数いるものとされる。実際には、人口の20~30%を占めているという調査もある。ソ連時代にはロシア人の割合は12.5%(1970年)を占め、タシュケントの人口の半数近くがロシア人・ウクライナ人であったが、現在はウズベク民族主義や経済的な理由により急減している。

タジク人の割合に関しては解釈の相違が見られる。ウズベキスタン政府による公式の数字は5%であるが、この数字は過小評価された数字であるとされており、西洋の学者にはタジク人の割合を20%~30%であると見積もる者もいる[50][51][52][53]。公式の統計でウズベク人とされている者の中には中央アジアのトルコ・ペルシア人であったサルト人のような他の民族も含まれている。オックスフォード大学による近年の遺伝子系図テストを用いた研究によると、ウズベク人にはモンゴル人イラン人の遺伝子混合が見られる[54]

ウズベキスタンの少数民族としては、1937年から1938年にかけて、ヨシフ・スターリンにより極東ソビエト沿海州から中央アジア地域へと強制移住させられた朝鮮民族が約20万人ほど在住しており、「高麗人」と自称している。また、ドイツ系のヴォルガ・ドイツ人アルメニア系のウズベキスタン人もタシュケントやサマルカンドなどの都市部に多い。全人口の約88%がムスリム(ほとんどがスンナ派であり、シーア派は5%となっている)であり、東方正教会信者が9%、その他が3%となっている。アメリカ国務省による2004年の報告によると、0.2%が仏教(ほぼすべてが高麗人)を信仰している。ブハラ・ユダヤ人は1000年以上前に中央アジアへと移り住んできたユダヤ人の民族集団であり、主にウズベキスタンに居住している。1989年時点では94,900人のユダヤ人がウズベキスタン国内に住んでいた[55](全人口の約0.5%に相当)が、ソビエト連邦崩壊後ブハラ・ユダヤ人の多くはアメリカ合衆国ドイツイスラエルといった他の国々へと出国、2007年時点で残っているブハラ・ユダヤ人の数は5,000人にも満たない[56]

ロシア系ウズベキスタン人は全人口の約5.5%を占める。ソビエト連邦時代にはロシア人とウクライナ人が首都タシュケントの全人口の半数以上を占めていた[57]。1970年の調査結果によると、全人口の12.5%に当たる約150万人のロシア人が国内に住んでいた[58]。ソビエト連邦崩壊後、ロシア系の人々は主に経済的な理由からその多くが他国へと移住していった[59]

1940年代のクリミア・タタール人追放クリミア・タタール語: Qırımtatar sürgünligi)で、クリミア・タタール人ドイツ人チェチェン人ギリシア人トルコ人クルド人、その他の民族とともに中央アジアへと強制移住させられた[60]。約10万人のクリミア・タタール人が現在もウズベキスタン国内に居住している[61]。タシュケントにおけるギリシア系ウズベキスタン人英語版の数は1974年の35,000人から2004年には12,000人にまで減少している[62]メスヘティア・トルコ人の大多数は1989年6月にフェルガナ盆地で起きたポグロムの後他国へと出国した[63]

少なくともウズベキスタンの労働者の10%が国外へと流出しており、そのほとんどがロシアやカザフスタンで働いている[64]

ウズベキスタンの15歳以上の識字率は99.3%(2003年の統計)[33]であり、これにはソビエト連邦時代の教育制度が大きく影響していると考えられている。

著名人[編集]

宗教[編集]

2009年のアメリカ国務省による調査によると、イスラム教はウズベキスタンの主要宗教であり、人口の約90%がムスリムである。また、5%がロシア正教会を信仰しており、その他が5%となっている[65]。しかし、ピュー研究所による2009年の調査結果によると、ウズベキスタンの全人口の約96.3%がムスリムとなっている[66]。また、約93,000人のユダヤ教信者が存在しているとされている。

国内のイスラム教信者の割合は高いものの、イスラム教の実践は一枚岩からは程遠い。信仰については、20世紀を通して改革世俗化英語版、イスラム教の伝統との衝突を通して中央アジアで様々な方法が実践されているが、このような混乱した状況が世界へと発信され、定着することとなった。ソビエト連邦の崩壊により多くの人が予想したようなイスラム原理主義の台頭を招くことはなく、衣食に関する戒律は緩やかであり、基本的に女性は頭髪や足首を隠さない。 しかし、ブハラなどイスラム色の強い都市では女性がパンツ(ズボン)を履くことに対して良く思わない傾向があり、多くの女性はスカートを履いている。

信教の自由の権利を保証しているものの、ウズベキスタンは国によって認可されないあらゆる宗教活動を禁じている。

言語[編集]

言語話者(ウズベキスタン)
ウズベク語
  
74.3%
ロシア語
  
14.2%
タジク語
  
4.4%
その他
  
7.1%
ナスタアリーク体で書かれたウズベク語の出版物、1911年

言語は公用語のウズベク語が74.3%となっているが、独立以降、ウズベク語使用を推奨してきたため、公用語から外れたロシア語の重要度は低下した。特に、地方農村部ではロシア語はあまり使用されず、若年層ではロシア語が話せない人も多くなっている。しかし、ロシア語は異民族間でコミュニケーションを取る際に重要な言語であり、特に都市部でこの傾向が強い。また、ビジネス・学術などの分野ではロシア語の使用が必須とされることも多く、ほとんどの大学教育においてはロシア語が教授言語となっている。ロシア語は全人口の14.2%に当たる人々が第一言語として使用しており、その他の人々もその多くがロシア語を第二言語として使用している。地方ではロシア語の使用は制限されており、今日多くの学校の子供達は都市中心部ですらロシア語に熟達することはない。しかし、2003年の報告によると、人口の半数以上がロシア語を話すもしくは理解することができ、ロシアとウズベキスタンの密接な外交関係が生まれたことにより、政府によるロシア語使用を非推奨とする運動は急速にしぼみつつある[67]。また、初等教育から教授言語はウズベク語とロシア語に分かれており、大学進学やビジネス面において有利になるためウズベク人であっても教授言語にロシア語を選択する者も多い。

ウズベク語はウズベキスタン国内で唯一公用語とされている言語であり[68]、1992年以降ラテン文字による記述が導入されている。サマルカンドブハラシャフリサブスキタブなどのウズベキスタン南部地域、ナマンガンコーカンドフェルガナカサンカニバダム英語版などのフェルガナ盆地地域、アハンガランバギスタン英語版などのシルダリヤ川沿岸地域ではタジク語が広範囲にわたって話されている[51]が、学校教育でのタジク語教育は禁止されており、家庭内や地域内コミュニティーで話される言語に過ぎない。そのため、タジク語話者はほとんどがウズベク語話者でもあるために統計上ではタジク語の割合は4.4%と低くなっている。しかし、全人口の20%~30%前後がタジク人とされるために、タジク語話者も同程度いるものと推測される[69]

1920年代以前、ウズベク人が筆記に使用していた言語はテュルキ(西洋の学者にはチャガタイ語として知られていた)であり、 アラビア文字の筆記体であるナスタアリーク体を使用して書かれていた。1926年、新たにラテンアルファベットが導入され、1930年代を通していくつかの文字改正を経た。1940年には再び文字改訂が行われ、ソビエト連邦政府によりキリル文字の導入が行われた。キリル文字の使用はソビエト連邦の崩壊まで続いたが、1993年ウズベキスタンは再度ラテン文字を正書法として制定、1996年に法制化が行われ2005年以降は学校で教える際にラテン文字を使用した指導を行うようになった[70]。しかしながら、公式の出版物などではラテン文字を使用されることが多いものの、依然としてキリル文字を使用した看板が多く見受けられるなどキリル文字の使用は広く行われている。

その他、ブハラ語カラカルパク語カザフ語キルギス語クリミア・タタール語コリョマルなども話されている多言語国家である。

交通[編集]

ウズベキスタン航空[編集]

ウズベキスタン航空タシュケント国際空港アジアヨーロッパの主要都市間を結んでおり、日本にも成田国際空港に週2便定期便を運航している。しかし、運休も多く、スケジュール通りに動くか当日にならないと判明しない事もあり、また、マイレージも独自のフライトのみでしか加算できないため、マニアックな人好みの航空会社となっている。 タシケント国際空港にはアジアやヨーロッパから各国の航空会社が乗り入れており、ソ連時代より中央アジアにおけるハブ空港的な存在となっている。 ウズベキスタン航空は、日本からウズベキスタンへの旅客輸送ではなく、イスタンブルテルアビブなど、タシュケント以遠の都市への旅客輸送が、殆どである為、国会でも問題視されたが、法律で禁止されている事ではない。

国内[編集]

国内の移動にはウズベキスタン航空の国内線の他、バス鉄道も国土の広い範囲をカバーしている。なお鉄道はその多くが旧ソ連時代に建設されたものであり、老朽化が進んだ他、各地方を結ぶ基幹路線のいくつかは近隣国を経由しており、これを解消するために日本政府が円借款を行い、鉄道旅客輸送力の増強および近代化事業を進めている。近年、タシュケント・サマルカンド高速鉄道も運行している。

ウズベキスタンの首都であり国内最大の都市であるタシュケントには1977年に地下鉄が整備され、ソビエト連邦から独立後10周年に当たる2001年には地下鉄が3線にまで増加した。 ウズベキスタンは中央アジアで最も早く地下鉄が整備された国であり、2013年時点で地下鉄が存在する中央アジアの都市はカザフスタンアルマトイとタシュケントの2つのみである[71]。駅にはそれぞれ統一されたテーマが設けられており、そのテーマに沿った内装が施されている。例えば、1984年に建設されたウズベキスタン線の「コスモナフトラル駅」は宇宙旅行がテーマとなっており、駅構内はウズベキスタン国内出身のソビエト連邦の宇宙飛行士ウラジーミル・ジャニベコフの業績を含めた人類の宇宙探査の様子が描かれており、ウラジーミル・ジャニベコフの銅像が駅入口付近に建設されている。

タシュケントには市営のトラムバスが運行されている他、登録承認済み、非承認にかかわらず多くのタクシーが走行している。ウズベキスタンには現代的な自動車を生産する自動車工場がある。ウズベキスタン政府と韓国自動車企業、韓国GM(旧称:大宇自動車)により設立されたウズデウオート(現在はGM傘下に入りGMウズベキスタンと改称している)が国内のアサカで大規模な自動車生産を行なっている[72]。政府はトルコのコチュ財閥による投資を受けてサムコチュアフトを設立、小型バスやトラックの生産を開始した。その後、日本いすゞ自動車といすゞのバスやトラックを生産することで合意している[73]

鉄道はウズベキスタン国内の多くの街を結ぶと共に、キルギスカザフスタンなど旧ソ連領域内にあった中央アジアの隣国へも運行されている。更に、独立後2種類の高速鉄道が導入された。2011年9月にはタシュケントサマルカンドを結ぶタシュケント・サマルカンド高速鉄道の運行が開始された。この高速鉄道の車輌にはスペインの鉄道会社タルゴにより制作されたタルゴ250が使用されており、「アフラシャブ号(Afrosiyob)」と呼ばれている。初の運行は2011年8月26日に開始された[74]

ウズベキスタンにはソビエト連邦時代にタシュケント・チカロフ航空生産工場(ロシア語: ТАПОиЧ)と呼ばれたタシュケント航空生産協会英語版という大規模航空機生産工場がある。この工場は第二次世界大戦時に建設され、当時の生産施設はソビエト連邦と敵対していたナチス・ドイツの軍隊による接収を避けるためソビエト連邦南東部に当たる中央アジアへと疎開してきたものであった。1980年代後半まで、工場はソビエト連邦国内において航空機生産をリードする工場の1つであったが、ソビエト連邦崩壊とともに生産設備は老朽化、多くの労働者が解雇された。現在は年間数台の航空機を生産するのみとなっているが、ロシアの企業による関心により生産能力強化計画があるとも報じられている。

軍事[編集]

共同作業訓練を行うウズベキスタン軍兵士

ウズベキスタン軍は約65,000人の兵士を擁し、中央アジア最大規模の軍隊を持つ。軍事機構はその大部分をソビエト連邦軍トルキスタン軍管区部隊から受け継いでいるが、主に軽歩兵部隊や特殊部隊において改革を実行中である。ウズベキスタン軍の装備は現代的なものであるとはいえず、訓練の練度が統一されているとはいえず、領土の保全ミッションなどの作業に適しているとはいえない。

政府は旧ソ連の軍備管理義務を継承し、非核保有国として核拡散防止条約に加盟、ウズベキスタン西部のヌクスヴォズロジデニヤ島において、アメリカ国防脅威削減局(DTRA)による行動プログラムをサポートしている。ウズベキスタン政府はGDPの約3.7%を軍事費に当てているが、1998年以降はアメリカ合衆国対外軍事融資英語版 (FMF)やその他の安全保障支援基金から融資を受けている。

2001年9月11日ニューヨークで起きたアメリカ同時多発テロ事件に続いて、ウズベキスタンはアメリカ中央軍がウズベキスタン南部にあるカルシ・ハナバード空軍基地への駐留を承認した。しかし、2005年のアンディジャン事件後、アメリカ合衆国が事件に対するウズベキスタン政府の対応を非難すると政府は態度を硬化させ、アメリカ合衆国軍にカルシ・ハナバード空軍基地から撤退するよう要求、2005年11月にアメリカ合衆国軍はウズベキスタン国内から撤退した。

2006年6月23日、ウズベキスタンは集団安全保障条約(CSTO)の正式なメンバーとなったが、 2012年6月にはCSTOから脱退している[75]

文化[編集]

ウズベキスタンの伝統工芸品

ウズベキスタンは様々な民族によって構成されている多民族国家であり、国内の主要民族はウズベク人である。1995年時点では総人口の約71%がウズベク人であった。主な少数民族としては、ロシア人(8%)、タジク人(5~30%)[50][51][52][76]カザフ人(4%)、タタール人(2.5%)、カラカルパク人(2%)などがいる。しかし、ロシア人やその他の少数民族が他国へと移住し、ソビエト連邦時代に他国に居住していたウズベク人がウズベキスタンに帰国していることから、ウズベキスタン国内に住むウズベク人以外の民族の割合は減少傾向にあるとされている。

1991年にウズベキスタンが独立した際、イスラム原理主義に対する懸念が中央アジア地域に広まった。これは信仰実践の自由を長く否定してきた国において、支配的な宗教であったイスラム教信者が急激に増加するであろうという予想に基づくものであった。1994時点では、ウズベキスタンの人口の半数以上が自分がムスリムであると答えている一方で、信仰における知識やその実践方法に関しては持ち合わせている割合は極めて低かった。しかし、国内ではその後イスラム教信者の割合の上昇が見られる。

ウズベキスタンは高い識字率を誇り、15歳以上の識字率は約99.3%である。しかし、15歳以下の識字率は76%にまで落ち込み、3~6歳の識字率は20%となっている。この大きな要因として、ウズベキスタンの教育方法が挙げられており、未来には識字率が下がっていくと予測されている。学生は月曜日から土曜日まで年間を通して学校に通い、中学校までが義務教育となっている。中学校卒業後、学生は職業専門学校もしくは通常の高校へと進学することが多い。ウズベキスタンには2つのインターナショナルスクールがあり、2つともタシュケントにある。ブリティッシュ・スクールは小学生の、タシュケント・インターナショナルスクールは12歳以上の学生に対する指導を行なっている。

ウズベキスタンは教育プログラムを推進する際深刻な予算不足に陥っている。1992年に制定された教育法に沿って教育カリキュラムの改定作業が実行されたが、教育現場の教材などの不足が発生、カリキュラムの改定作業は遅々として進んでいない。この現象の大きな要因として、教師に対する賃金の低さ、政府による学校や教材などのインフラ整備予算の不足が挙げられている。これにはラテン文字へと文字表記を変更したことにより、キリル文字で記されていた過去の教材や資料が使用できなくなったことも関係している。また、教育システムが崩壊したことで、裕福な家庭が自身の子供を出席や入学試験なしに高いレベルの学校に入れてもらうため教師や学校関係者に賄賂を送る事態も横行している[77]

ウズベキスタンの大学は毎年約60万人の卒業生を輩出しているが、大学卒業生の一般的な水準や高等教育機関内の全体的な教育レベルはそれほど高くない。ウェストミンスター国際大学タシュケント校は英語による講義が設けられた国内初の大学である。

音楽[編集]

サマルカンドの踊り「Bacha」、1905年~1915年
ブハラのシルク・アンド・スパイス・フェスティバル

中央アジアの伝統音楽の形式の1つにシャシュマカームがあり、これは当時文化の発信地であったブハラで16世紀後半に生まれたものである。シャシュマカームはアゼルバイジャンムガームウイグルムカーム英語版と非常に密接な関係にある。シャシュマカームという名前は「6つのマカーム」を意味し、イランの伝統音楽と同じく、6つの異なる旋法が6つの節に組み込まれた音楽であることからその名がついた。スーフィーが語りだす間奏では音楽が中断され、低音で吟じはじめた後次第に高音になりクライマックスを過ぎると再び元の低音に戻ることが多い。

バズムや結婚式のような行事に出席する聴衆の間ではフォーク・ポップスタイルの音楽は人気がある。ウズベキスタンの伝統音楽はポップミュージックの形式とは大幅に異なっている。多くの場合、男性同士の間で行われる朝夕の会合において、1人もしくは2人の音楽家の演奏を聞くことが多い。ウズベキスタンの伝統音楽として有名なものにシャシュマカームがある。裕福な家庭によるミュージシャンへの大規模な支援が行われており、パトロンとなる彼らはシャシュマカームの演奏などすべての代金を負担している。詩と音楽は互いを引き立たせ、いくつかの楽曲では、1つの曲に2言語が取り入れられていることもあった。1950年代には、フォーク・ミュージックは次第に人気がなくなり、ラジオで流す曲のジャンルとして禁止令を受けた。これらの曲は完全に排除・衰退したわけではなかったが、「封建音楽」として名称を変えることとなった。禁止令が出されていたものの、フォーク・ミュージックの演奏グループは独自の方法で音楽の演奏を続けており、個人の間で次第に広まっていった。

教育[編集]

ウェストミンスター国際大学タシュケント校の建物

ウズベキスタン国内における15歳以上の識字率は約99%と高いものの、教育プログラムを推進する際に深刻な予算不足に陥っている。1992年に制定された教育法に沿って教育カリキュラムの改定作業が実行されたが、教育現場の教材などの不足が発生、カリキュラムの改定作業は遅々として進んでいない。

祝祭日[編集]

振り替え休日は採用されていない。

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日
3月8日 国際婦人デー
3月20日または21日 春分の日 ナブルーズ
5月9日 戦勝記念日
9月1日 独立記念日
10月1日 教師の日
12月8日 憲法記念日

上記の他、イスラム教に基く祝祭日。ヒジュラ暦に従って制定されるため、グレゴリオ暦では移動祝日となる。

  • ラマダーンの終了日
  • 犠牲祭 Курбан-Хаит クルバン・ハイート
    暦の関係上、2006年のように年に2回制定されることがある。2006年は1月10日と12月31日。

料理[編集]

ウズベキスタンの国民食、パラフ

ウズベキスタン料理は国内の農業に大きな影響を受けている。ウズベキスタンでは穀物の収穫高が多いことから、パンや麺はウズベキスタン料理において重要な地位を占めており、時に「ヌードル・リッチ(noodle rich、麺が豊富)」と形容されることがある。羊肉はウズベキスタン国内でヒツジの放牧が盛んであることから一般的に販売されている肉であり、様々なウズベキスタン料理に使用されている。

ウズベキスタンの国民食はパラフ(オシュとも呼ぶ)であり、ニンジンタマネギなどの野菜を使用して作るピラフに似た料理で、主菜として供される。オシ・ナハルは通常午前6時から9時までに提供される朝のパラフであり、結婚式などの慶事の際には集まった客の分まで大量に作られる。他に有名なウズベキスタン料理としては以下のようなものがある。シュルパ(シュルヴァやシャルヴァとも呼ばれる)は脂肪の多い肉(通常羊肉を用いる)の大きな塊と新線な野菜から作るスープである。ナリン英語版ラグマン料理であり、スープとしても主菜としても出されることがある。マンティチュチュヴァラ英語版サムサは小麦粉で作った生地に肉などの具を詰めた後、蒸す、焼く、揚げるなどした餃子に近い料理である。肉と野菜のシチューに近いディムラマや様々なカバブは通常主菜として供される。

緑茶は一日を通じ飲まれることが多いウズベキスタンの国民的な飲料である。緑茶を提供する喫茶店(チャイハナ)は文化的にも重要な位置づけにある。他にもタシュケント付近では黒茶などのが出されることも多いが、緑茶や黒茶に牛乳砂糖を入れて飲むようなことはしない。茶は必ず食事とともに提供されるが、ホスピタリティの一環として、客を招いた際には必ず緑茶もしくは黒茶を出す習慣がある。冷たいヨーグルト飲料であるアイランは夏季には人気があるものの、茶にかわる地位は獲得していない。

イスラム教信仰者が多いことも有りアルコールの摂取は西洋ほど進んでいないものの、ワインは比較的にムスリムの間で人気がある。ウズベキスタン国内には14のワイナリーがあり、国内最古かつ最も有名なワイナリーであるホフレンコ・ワイナリー(Khovrenko Winery)はサマルカンド1927年に操業を開始した。サマルカンドのワイナリーではグリャカンダス(Gulyakandoz)、シリン、アレアティコ、カベルネ・リカノー(Kabernet likernoe)など、地方のブドウを使用した様々な種類のデザートワインを生産している。 ウズベキスタンのワインはロシアをはじめとするCIS諸国に輸出されている他、国際的な賞も受賞している。

スポーツ[編集]

ウズベキスタンは自転車競技選手、ジャモリディネ・アブドヤパロフの故郷である。アブドヤパロフはツール・ド・フランスで三回の区間優勝を果たしており、いずれの回もマイヨ・ヴェールを勝ち取っている(マイヨ・ヴェールは個人総合成績1位を意味するマイヨ・ジョーヌにつぐ2番目を意味する)[78]。アブドヤパロフはツアーもしくは一日制のレースで先頭集団が一塊になってゴールに向かう際に優勝を勝ち取ることが多い。彼はしばしば最後の数kmで「スプリント」をかけるが、この際に川が蛇行するように左右に揺れながら走行を行うため、集団で走る他の競技者からは接触などの危険が高まり危険な選手であるとみなされていた。この走行スタイルから、彼には「タシュケントの虎」というニックネームがついている。

アルトゥール・タイマゾフは2000年に開催されたシドニーオリンピックでウズベキスタンに初のレスリングのメダルをもたらしたほか、アテネオリンピック北京オリンピックロンドンオリンピックと3大会に渡り男子120kg級で金メダルを獲得している。

ルスラン・チャガエフはウズベキスタンを代表するWBAプロボクサーである。彼は2007年にニコライ・ヴァルエフ英語版を破ってWBAタイトルを奪取した、チャガエフは2009年にウラジミール・クリチコに敗れるまで2回王座防衛を果たした。

カヌースプリント競技のミカエル・コルガノフ英語版はK-1 500mにおいて世界王者になったことがあるほか、オリンピックで銅メダルを獲得している。体操競技アレクサンデル・シャティロフ英語版ゆかで銅メダルを獲得している。

ウズベキスタンには国際クラッシュ協会英語版の本部がある。クラッシュはウズベキスタンの国技であり、現在スポーツとして行われているクラッシュはウズベキスタンの伝統的な格闘技であったクラッシュを国際化・現代化したものである。

サッカーはウズベキスタンで最も人気のあるスポーツである。国内の最上位サッカーリーグはウズベク・リーグであり、2010年以降は14チームが所属している。2012年時点の国内リーグ王者はパフタコール・タシュケントであり、国内リーグ最多優勝はパフタコールの9回である。2012年のウズベキスタン年間最優秀サッカー選手賞受賞者はサンジャール・トゥルスノフとなっている。ウズベキスタンはアジアサッカー連盟(AFC)に加盟しているためAFCチャンピオンズリーグAFCカップなどのAFCが主催する国際大会に出場しており、2012年にはFCブニョドコルがベスト4にまで進出した。また、2011年にはナサフ・カルシAFCカップにおいてウズベキスタンサッカー界初の国際大会優勝を達成している。

1991年にウズベキスタンが独立する以前、ウズベク・ソビエト社会主義共和国ソビエト連邦の一員としてサッカーソビエト連邦代表ラグビーソビエト連邦代表英語版アイスホッケーソビエト連邦代表英語版バスケットボールソビエト連邦代表、ハンドボールソビエト連邦代表など、各スポーツのソビエト連邦代表チームに選手を送り出していた。ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンはサッカーウズベキスタン代表ラグビーウズベキスタン代表英語版フットサルウズベキスタン代表などの代表チームを結成、国際大会に派遣している。

テニスもまたウズベキスタンで人気のあるスポーツであり、特に1991年にウズベキスタンが独立して以降人気が出た。国内のテニスを統括する団体、ウズベキスタンテニス連盟英語版(UTF)は2002年に設立された。ウズベキスタンの首都タシュケントでは毎年タシュケント・オープンというWTAの国際テニストーナメントが開催されている。タシュケント・オープンは1999年に開始され、屋外のハードコートを使用して行われている。ウズベキスタンで実績のある有名テニス選手としてはデニス・イストミンアクグル・アマンムラドワがいる。

この他にウズベキスタンで人気があるスポーツとしては、柔道ハンドボールテコンドーバスケットボールラグビーフットサルなどがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ 地名・国名・人名の漢字表記
  3. ^ www.worldatlas.com”. www.worldatlas.com. 2013年6月13日閲覧。
  4. ^ a b c Uzbekistan will publish its own book of records Ferghana.ru. 18 July 2007. Retrieved July 29, 2009.
  5. ^ a b Climate, Uzbekistan : Country Studies- Federal Research Division, Library of Congress.
  6. ^ Uzbekistan – Environment”. Countrystudies.us. 2013年6月13日閲覧。
  7. ^ Uzbekistan: Environmental disaster on a colossal scale”. Msf.org (2000年11月1日). 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  8. ^ Aral Sea Crisis Environmental Justice Foundation Report
  9. ^ Embassy of Uzbekistan to the US, Press-Release: "The measures taken by the government of the Republic of Uzbekistan in the field of providing and encouraging human rights", October 24, 2005
  10. ^ Uzbekistan Daily Digest, "Uzbekistan's Ombudsman reports on 2002 results", December 25, 2007
  11. ^ US Department of State, 2008 Country Report on Human Rights Practices in Uzbekistan, Bureau of Democracy, Human Rights, and Labour, February 25, 2009
  12. ^ IHF, Human Rights in OSCE Region: Europe, Central Asia and North America– Uzbekistan, Report 2004 (events of 2003), 2004-06-23
  13. ^ reported
  14. ^ OMCT and Legal Aid Society, Denial of justice in Uzbekistan– an assessment of the human rights situation and national system of protection of fundamental rights, April 2005.
  15. ^ Jeffrey Thomas, US Government Info September 26, 2005 Freedom of Assembly, Association Needed in Eurasia, U.S. Says,
  16. ^ McMahon, Robert (2005年6月7日). “Uzbekistan: Report Cites Evidence Of Government 'Massacre' In Andijon- Radio Free Europe/Radio Liberty”. Rferl.org. 2013年6月13日閲覧。
  17. ^ Uzbekistan: Independent international investigation needed into Andizhan events & Amnesty International”. Web.amnesty.org (2005年6月23日). 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  18. ^ Press-service of the President of the Republic of Uzbekistan:”. Press-service.uz (2005年5月17日). 2008年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  19. ^ Акмаль Саидов (2005年10月27日). “Андижанские события стали поводом для беспрецедентного давления на Узбекистан”. Kreml.Org. 2013年6月13日閲覧。
  20. ^ MAR (Minorities at Risk) report (retrieved February 21, 2010)”. Cidcm.umd.edu (2006年12月31日). 2013年6月13日閲覧。
  21. ^ Erich Marquardt and Adam Wolfe Rice Attempts to Secure US Influence in Central Asia, Global Policy Forum. October 17, 2005
  22. ^ Statistical Review of Uzbekistan 2008, p.176”. 2010年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  23. ^ IMF
  24. ^ 内閣府による県民経済計算
  25. ^ アジア開発銀行 Poverty in Asia and the Pacific: An Update
  26. ^ World Nuclear Association
  27. ^ European Nuclear Society
  28. ^ British Geological Survey
  29. ^ a b IMF World Economic Outlook Database, October 2007
  30. ^ GNI per capita 2006, Atlas method and PPP, World Development Indicators database, World Bank, September 14, 2007.
  31. ^ The National Cotton Council of America: Rankings” (2011年). 2013年6月13日閲覧。
  32. ^ Country Profile: Uzbekistan”. Irinnews.org. 2010年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  33. ^ a b c d CIA – The World Factbook”. Cia.gov. 2013年6月13日閲覧。
  34. ^ “Programmes - Newsnight - Child labour and the High Street”. BBC News. (2007年10月30日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/newsnight/7068096.stm 2013年6月13日閲覧。 
  35. ^ Tesco Ethical Assessment Programme (PDF)”. 2013年6月13日閲覧。
  36. ^ C&A. “C&A Code of Conduct for Uzbekistan”. C-and-a.com. 2013年6月13日閲覧。
  37. ^ Saidazimova, Gulnoza (2008年6月12日). “Central Asia: Child Labor Alive And Thriving”. Radio Free Europe/Radio Liberty. http://www.rferl.org/content/article/1144612.html 2013年6月13日閲覧。 
  38. ^ Islam Karimov's interview to Rossijskaya Gazeta, 1995-07-07 Principles of Our Reform (ロシア語).
  39. ^ Gary Thomas New Report Paints Grim Picture of Uzbekistan. Voice of America. 16 February 2006
  40. ^ Uzbekistan: Economic Overview”. eurasiacenter.org. 2011年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月13日閲覧。
  41. ^ 2011 Investment Climate Statement – Uzbekistan. US Department of State, March 2011
  42. ^ Press Release: The Republic of Uzbekistan Accepts Article VIII Obligations”. Imf.org. 2013年6月13日閲覧。
  43. ^ Uzbekistan's Ministry of Foreign Affairs on IMF's role in economic stabilisation. Retrieved on June 22, 2009
  44. ^ Asian Development Outlook 2005- Uzbekistan”. ADB.org (January 1, 2005-01-01). 2013年6月13日閲覧。
  45. ^ Uzbekistan CPI 2003–2007”. Indexmundi.com (2010年2月19日). 2013年6月13日閲覧。
  46. ^ Uzbekistan. NTE 2004 FINAL 3.30.04
  47. ^ Uzbekistan” (ロシア語). The world bank. 2013年6月13日閲覧。
  48. ^ the World in 2050”. HSBC. 2013年6月13日閲覧。
  49. ^ Official population estimation 2012-01-01”. Stat.uz (2012年1月23日). 2013年6月13日閲覧。
  50. ^ a b Cornell, Svante E. (2000). “Uzbekistan: A Regional Player in Eurasian Geopolitics?”. European Security 9 (2): 115. doi:10.1080/09662830008407454. オリジナルの2009-05-05時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090505153156/http://www.cornellcaspian.com/pub/0010uzbekistan.htm. 
  51. ^ a b c Richard Foltz (1996). “The Tajiks of Uzbekistan”. Central Asian Survey 15 (2): 213–216. doi:10.1080/02634939608400946. 
  52. ^ a b Karl Cordell, "Ethnicity and Democratisation in the New Europe", Routledge, 1998. p. 201: "Consequently, the number of citizens who regard themselves as Tajiks is difficult to determine. Tajikis within and outside of the republic, Samarkand State University (SamGU) academic and international commentators suggest that there may be between six and seven million Tajiks in Uzbekistan, constituting 30% of the republic's 22 million population, rather than the official figure of 4.7%(Foltz 1996;213; Carlisle 1995:88).
  53. ^ Lena Jonson (1976) "Tajikistan in the New Central Asia", I.B.Tauris, p. 108: "According to official Uzbek statistics there are slightly over 1 million Tajiks in Uzbekistan or about 3% of the population. The unofficial figure is over 6 million Tajiks. They are concentrated in the Sukhandarya, Samarqand and Bukhara regions."
  54. ^ Tatjana Zerjal; Wells, R. Spencer; Yuldasheva, Nadira; Ruzibakiev, Ruslan; Tyler-Smith, Chris (2002). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=419996 “A Genetic Landscape Reshaped by Recent Events: Y-Chromosomal Insights into Central Asia”]. The American Journal of Human Genetics 71 (3): 466–482. doi:10.1086/342096. PMC 419996. PMID 12145751. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=419996. 
  55. ^ World Jewish Population 2001, American Jewish Yearbook, vol. 101 (2001), p. 561.
  56. ^ World Jewish Population 2007, American Jewish Yearbook, vol. 107 (2007), p. 592.
  57. ^ Edward Allworth Central Asia, 130 years of Russian dominance: a historical overview (1994). Duke University Press. p.102. ISBN 0-8223-1521-1
  58. ^ "The Russian Minority in Central Asia: Migration, Politics, and Language" (PDF). Woodrow Wilson International Center for Scholars.
  59. ^ The Russians are Still Leaving Uzbekistan For Kazakhstan Now. Journal of Turkish Weekly. December 16, 2004.
  60. ^ Deported Nationalities. World Directory of Minorities.
  61. ^ Crimean Tatars Divide Ukraine and Russia. The Jamestown Foundation. June 24, 2009.
  62. ^ Greece overcomes its ancient history, finally. The Independent. July 6, 2004.
  63. ^ World Directory of Minorities and Indigenous Peoples – Uzbekistan : Meskhetian Turks. Minority Rights Group International.
  64. ^ International Crisis Group, Uzbekistan: Stagnation and Uncertainty, Asia Briefing N°67, August 22, 2007
  65. ^ Uzbekistan”. State.gov (2010年8月19日). 2013年6月13日閲覧。
  66. ^ Mapping the Global Muslim Population. A Report on the Size and Distribution of the World’s Muslim Population. Pew Forum on Religion & Public Life (October 2009)
  67. ^ Uzbekistan's Russian-Language Conundrum”. Eurasianet.org (2006年9月19日). 2013年6月13日閲覧。
  68. ^ Constitution of the Republic of Uzbekistan”. pravo.uz (1992年12月8日). 2013年6月13日閲覧。
  69. ^ Richard Foltz, "The Tajiks of Uzbekistan", Central Asian Survey, 213-216 (1996).
  70. ^ Kamp, Marianne (2008). The New Woman in Uzbekistan: Islam, Modernity, and Unveiling Under Communism. University of Washington Press. ISBN 0-295-98819-3. http://books.google.com/books?id=XYZVvJSdLBkC&pg=PP14. 
  71. ^ Tashkent Subway for Quick Travel to Hotels, Resorts, and Around the City
  72. ^ Uzbekistan, General Motors sign strategic deal”. Uzdaily.com. 2013年6月13日閲覧。
  73. ^ SamAuto supplies 100 buses to Samarkand firms, UZDaily.com. Japanese firm buys 8% shares in SamAuto, UZDaily.com.
  74. ^ First high-speed electricity train carries out first trip from Samarkand and Tashkent, 27 August 2011. Uzdaily (2011-08-27). Retrieved on 2012-02-19.
  75. ^ Uzbekistan quits Russia-led CSTO military bloc” (2012年6月28日). 2013年6月13日閲覧。
  76. ^ Lena Jonson, "Tajikistan in the New Central Asia", Published by I.B.Tauris, 2006. p. 108: "According to official Uzbek statistics there are slightly over 1 million Tajiks in Uzbekistan or about 4% of the population. The unofficial figure is over 6 million Tajiks. They are concentrated in the Sukhandarya, Samarqand and Bukhara regions."
  77. ^ Uzbekistan: Lessons in Graft | Chalkboard
  78. ^ Le Tours archive”. 2013年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光
その他
一般情報
メディア

このページはウィキプロジェクト 国のテンプレートを使用しています。