クリミア・タタール人追放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリミア・タタール人追放 (クリミア・タタール語: Sürgünlik)とは、クリミア・タタール人トルコ人が、第二次世界大戦中にソビエト連邦の最高指導者スターリンによって独ソ戦での対協力の嫌疑をかけられ、クリミア半島から追放された出来事を言う。

1944年5月17日、Sürgünは全てのクリミアの住民に対して開始された。32,000人以上の内務人民委員部兵士が参加し、確認されているだけで193,865人のクリミアの住民が強制追放された。追放先の内訳は、

残りはロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の各州に追放された。

1944年5月から11月までにウズベク・ソビエト社会主義共和国に追放されたものの7%にあたる10,105人が餓死し、内務人民委員部の資料ではその年のうちに半数が死亡した。多くのクリミア・タタール人がグラグでの強制労働を強いられ、今日ではジェノサイドとみなされている。

なお、スターリンによるこのクリミア・タタール人追放は、クリミア・タタール人によって蒸気機関でシンボル化されている。