ムハンマド・アル=ブハーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Imam Bukhary Egyptian stamp 1969.jpg
サマルカンド近郊のブハーリー廟

ムハンマド・アル=ブハーリーまたはアル=ブハーリーアラビア語 أبو عبد الله محمد بن إسماعيل بن إبراهيم بن مغيرة الجعفى البخاري Abū ‘Abd Allāh Muḥammad ibn Ismā‘īl ibn Ibrāhīm Mughīra al-Ja‘fā al-Bukhārī, 810年 - 870年)は、9世紀イスラーム世界で活躍したハディース学者、イスラーム法学者スンナ派ハディース集の最高峰とされる『真正集』(アル=ジャーミウ・アッ=サヒーフ)の編纂者である。

出自[編集]

ブハーリーは字義通りにはペルシア語におけるブハーラーの形容詞形であり、「ブハーラーの(人)」という意味となる。そのためムハンマド・アル=ブハーリーは「ブハーラー出身のムハンマド」という意味である。

ブハーリーの曾祖父ムギーラはブハーラー出身のゾロアスター教徒であったといい、ブハーラーに進駐して来たアラブ人総督のマワーリーとなりムスリムに改宗したと伝えられる。

功績[編集]

ブハーリーの功績として最もよく知られているもののひとつに、預言者ムハンマド(およびその教友たち)の言行録であるハディースの研究があり、その成果はハディース集『真正集』(サヒーフ)として纏められた。生涯に90万ものハディースを収集した言われ、この『真正集』はブハーリーが16年かけてうち2700余りの「真正」(サヒーフ)と判断したハディースを厳選したものである。これはもっとも正確で信頼の置けるハディース集のひとつとされ、同時代人のムスリム・イブン・アル=ハッジャージュの記した同名の『真正集』と並んでスンナ派の6大真正ハディース集の筆頭としてクルアーンに次ぐ権威を持っている。

またそのほかにも、歴史・神学・法学などに関する書物を多く著した。

日本語文献[編集]

  • ハディース イスラーム伝承集成』 牧野信也訳、中央公論社 上中下巻、1994年/中公文庫全6巻、2001年 
  • 牧野信也 『イスラームの原点 <コーラン>と<ハディース>』 中央公論社、1996年
  • 牧野信也 『イスラームの根源をさぐる 現実世界のより深い理解のために』 中央公論新社、2005年
  • モンゴメリ・ワット 『ムハンマド 預言者と政治家』 牧野信也・久保儀明訳、みすず書房、2002年、初版1970年
  • 井筒俊彦 『イスラーム思想史』 新版中公文庫BIBLIO、2005年/初版岩波書店、1982年 

関連項目[編集]