サヒーフ・アル=ブハーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サヒーフ・アル=ブハーリー(Sahih al-Bukhari、アラビア語:صحيح البخاري)とは、スンニ派で用いられる6つの主要なハディース集の一つ。ブハーリーによって収集された。『サヒーフ・ムスリム』と並び、最も権威あるハディースとされている。この二つのハディースにある伝承は原則的に真正であるとみなされている。

伝統的なハディース学において、ハディースはその信憑性によって、サヒーフ (真正)、ハサン(良好)、ダイーフ(脆弱)などの分類がされる。ブハーリーは生涯に1説には90万のハディースを収集したと伝えられているが、これらのなかから真正(サヒーフ)とみなした2700余りのハディースを厳選し編纂したものである。「真正集」とも訳されている。いわゆる「ハディース」は基本的にイスラームの預言者ムハンマドの言行にまつわる伝承を言い、ムハンマドと彼と面識を持っていた第1世代のムスリム(サハーバ)たちが直面した問題についてムハンマドがどう判断したか、あるいはそれに基づいてサハーバたちがどう行動すべきか意見を発したことなどが述べられており、ムスリム社会における当時の現状の問題における指針となることを意図してとこれらのハディース集を編纂された。ブハーリーの生きたアッバース朝時代初期は、預言者ムハンマドらの時代から2世紀以上経過しており、虚偽のハディースを含め多くの預言者ムハンマドに由来するとされる雑多なハディースが溢れていた。そのため、9-10世紀前後は、実際に預言者ムハンマドの言動に由来する伝承を取捨・選別する必要性が叫ばれるようになっていた時代でもあった。

ブハーリーの時代前後に主要なウラマーたちによって多くのハディース集が編纂されたが、この『サヒーフ・アル=ブハーリー』は、伝承径路(イスナード)などの研究に依って厳選されていることに加え、「信仰の書」や「礼拝の祖書」、「正しい身の処し方」「屠られた動物と獲物」「遺産の割当て」など、テーマごとにハディースがイスナード付きで分類されていて、事項ごとの検索が便利である、という利点を持っていた。同一の形式で編纂された『サヒーフ・ムスリム』と並びいわゆるハディース「六書」の筆頭としてスンナ派では尊重された。初期の批判や検証の対象にはなったが、ヒジュラ暦4世紀頃には全体的に正しいと認められるようになった。

このため、前近代イスラーム世界において、サヒーフ・アル=ブハーリーと、サヒーフ・ムスリムの両書は、イスラームの信仰で神のロゴスとされるクルアーンに次ぐ、事実上の聖典としての地位を与えられた。

しかし近代に入り、非イスラーム諸国における近代的なハディース批判の影響で、イスラーム世界でも、ハディースの真贋に対する再評価が起こっている。

日本語訳[編集]

牧野信也により、『ハディース イスラーム伝承集成』の書名で全訳された。
 中央公論新社で大判箱入の単行本と中公文庫版が刊行。

外部リンク[編集]

サヒーフ・アル=ブハーリー日本語訳(牧野信也・訳)[編集]