井筒俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井筒俊彦
肖像
人物情報
生誕 1914年5月4日
日本の旗 日本東京府
死没 1993年1月7日(満78歳没)
日本の旗 日本神奈川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学文学部英文科
学問
研究分野 東洋哲学イスラーム
研究機関 回教圏研究所日本学士院慶應義塾大学マギル大学、イラン王立哲学研究所
主な業績 神秘主義サービア教徒
主な受賞歴 朝日賞1982年
ファーラービー国際賞2009年
テンプレートを表示

井筒 俊彦(いづつ としひこ、1914年5月4日 - 1993年1月7日)は、文学博士言語学者イスラーム学者、東洋思想研究者、神秘主義哲学者慶應義塾大学名誉教授エラノス会議メンバー。日本学士院会員。

日本で最初の『コーラン』の原典訳を刊行し、ギリシア哲学ギリシャ神秘主義言語学研究に取り組み、ギリシャ語アラビア語ヘブライ語ロシア語など20か国語を習得・研究し、後期には仏教思想・老荘思想・朱子学などを視野に収め、密教ヒンドゥー教道教儒教ギリシア哲学ユダヤ教スコラ哲学などを横断する独自の東洋哲学の構築を試みた。

来歴・人物[編集]

東京府出身。井筒ポマードで知られた井筒薬粧の創業者一族に生まれる。父は書家で、在家の禅修行者。坐禅公案に親しんで育つ。

旧制青山学院中学で初めてキリスト教に触れる。当初はキリスト教に激しい嫌悪感を抱き、礼拝の最中に嘔吐したこともある[1]。このころ、西脇順三郎シュルレアリスム文学理論に傾倒。

文学部志望だったが父の反対を受け、1931年4月慶應義塾大学経済学部予科に入学。同級に加藤守雄池田彌三郎がいた。しかし経済学の講義に興味なく、西脇順三郎教授を慕って、1934年4月、文学部英文科に転じる。在学中、旧約聖書に関心を持ち、神田の夜学で小辻節三からヘブライ語を習う。さらに、夜学の先輩関根正雄と意気投合し、アラビア語の教科書をドイツから取り寄せて、関根と共にアラビア語を学ぶ。同時にロシア語古典ギリシア語ラテン語も学習。1度に10か国語を学んだ。ただし「新しい外国語を一つ習得する時は、その国の大使館のスタッフを自宅に下宿させた」という有名な伝説は自ら否定している[1]1937年に卒業後、直ちに慶應義塾大学文学部助手となる。

戦時中は軍部に駆り出されて中近東の要人を相手にアラビア語の通訳として活躍。保守思想家でイスラム研究者でもあった大川周明の依頼を受け、満鉄系の東亜経済調査局回教圏研究所で膨大なアラビア語文献を読破し、イスラーム研究を本格化した。前嶋信次はその時の同僚で、のち共に慶應義塾大教授(東洋史)。1958年に『コーラン』の邦訳を完成させた。井筒訳の『コーラン』は、厳密な言語学的研究を基礎とした秀逸な訳として、現在に至るまで高い評価を受けている。『コーラン』についての意味論的研究『意味の構造』(原著英語)の評価も高く、コーランやイスラーム思想研究では、言語を問わずたびたび引用されている。ちなみに、語学的な才能に富んでいた井筒は、アラビア語を習い始めて1か月で『コーラン』を読破したという。語学能力は天才的と称され三十数カ国語を使いこなしたとも言われる[2]司馬遼太郎は、対談冒頭で井筒を評し「二十人ぐらいの天才が一人になっている」と語っている[3]。なお司馬が人に会わないことで有名な井筒に、公的な場で生前最後に会った著名人となった。

思想研究の主要な業績はイスラム思想、特にペルシア思想とイスラム神秘主義に関する数多くの著作を出版したことだが、自身は仏教徒出身で、晩年には研究を仏教哲学唯識華厳などの大乗仏典)、老荘思想朱子学、西洋中世哲学ユダヤ思想などの分野にまで広げた。古代ギリシア哲学ロシア文学に関する専門書も若くして出版している。東洋思想の「共時的構造化」を試みた『意識と本質』は、井筒の広範な思想研究の成果が盛り込まれた代表的著作とされる。

東洋思想の「共時的構造化」の本格的具現化の試みの第一弾として、1992年に「中央公論」にて「東洋哲学覚書 意識の形而上学 -『大乗起信論』の哲学」を3回に分け連載したが、翌93年1月7日、就寝中の脳出血により78歳で急逝。遺著として1993年3月に中央公論社で出版された。

独自の内観法を父親から学び、形而上学的・神秘主義的な原体験を得た。その後、西洋の神秘主義も同じような感覚を記述していることに気付き、古今東西の形而上学・神秘主義の研究に打ち込んだ。世界的に権威ある空前絶後の碩学であり、現代フランスの思想家の一人ジャック・デリダも、井筒を「巨匠」と呼んで尊敬の念を表していた[4]。なお夫人井筒豊子は、美学の研究者で英文著作があり国際的に知られており、訳書『アラビア人文学』(ハミルトン・ギブ、人文書院)や、小説『白磁盒子』(中公文庫)を出版している。

さまざまな思想研究をおこなったが、イスラムに特別深い愛着を持っていた。著作の『コーラン』に特に顕著に現れている。一方で、井筒の解釈には個人的な関心に基づくゆえの偏りがみられるという池内恵の指摘がある[5]

職歴[編集]

賞歴[編集]

著書[編集]

  • アラビア思想史―回教神學と回教哲學(〈興亜全書10〉博文館 1941年)
  • アラビヤ哲學―回教哲學(〈世界哲學講座5〉光の書房 1948年)-※収録論考の第3章
  • 神秘哲學―ギリシアの部(〈世界哲學講座14〉哲学修道院 1949年)
  • アラビア語入門(慶應出版社 1950年)
  • マホメット(弘文堂〈アテネ文庫〉 1952年/講談社学術文庫 1989年)
  • ロシア的人間―近代ロシア文学史(弘文堂 1953年/北洋社 1978年/中公文庫 1989年)
  • 意味の構造―コーランにおける宗教道徳概念の分析 (牧野信也訳、新泉社 1972年)
  • 神秘哲学 第1部―自然神秘主義とギリシア(人文書院、1978年)
  • 神秘哲学 第2部―神秘主義のギリシア哲学的展開(人文書院、1978年)
  • イスラーム生誕(人文書院、1979年/中公文庫 1990年、新版2003年)
  • イスラーム哲学の原像(岩波新書、1980年、復刊1998年、2013年)-※「超越のことば」の一章にも収録。
  • イスラーム文化―その根底にあるもの(岩波書店、1981年/岩波文庫 1991年、ワイド版1994年)
  • イスラーム思想史―神学・神秘主義・哲学(岩波書店、1982年/中公文庫 1991年、新版2005年、改版2009年)
  • コーランを読む (岩波書店〈岩波セミナーブックス〉、1983年/岩波現代文庫 2013年、解説若松英輔)
  • 意識と本質―精神的東洋を索めて(岩波書店、1983年/岩波文庫、1991年、ワイド版2001年)
  • 意味の深みへ―東洋哲学の水位 (岩波書店、1985年、復刊2013年)
  • 叡知の台座 井筒俊彦対談集(岩波書店、1986年)
  • コスモスとアンチコスモス―東洋哲学のために (岩波書店、1989年、復刊2005年)
  • 超越のことば―イスラーム・ユダヤ哲学における神と人(岩波書店、1991年、復刊2004年)
  • 意識の形而上学―「大乗起信論」の哲学(中央公論社、1993年/中公文庫、2001年)
  • 読むと書く 井筒俊彦エッセイ集(若松英輔編、慶應義塾大学出版会、2009年11月)、著作集未収録の文章を集成
  • 神秘哲学―ギリシアの部(慶應義塾大学出版会、2010年12月、若松英輔校訂・解説)
  • アラビア哲学―回教哲学 (慶應義塾大学出版会、2011年2月、若松英輔校訂[6]
  • 露西亜文学 (慶應義塾大学出版会、2011年7月、若松英輔校訂、亀山郁夫解説) ※各初版を、新字新かなに改めた増補改訂版
  • 禅仏教の哲学に向けて(ぷねうま舎、2014年1月、野平宗弘訳注、頼住光子解説)

全集[編集]

  • 井筒俊彦著作集(全11巻・別巻、中央公論社、1991-93年)
  1. 神秘哲学
  2. イスラーム文化
  3. ロシア的人間
  4. 意味の構造 コーランにおける宗教道徳概念の分析(牧野信也訳)
  5. イスラーム哲学
  6. 意識と本質 東洋的思惟の構造的整合性を索めて
  7. コーラン
  8. コーランを読む
  9. 東洋哲学
  10. 存在認識の道 存在と本質について(モッラー・サドラー、井筒訳・解説)
  11. ルーミー語録(ジャラール・ルーミー、井筒訳・解説)
  12. 別巻 対談鼎談集・著作目録
  • 井筒俊彦全集(全12巻・別巻、慶應義塾大学出版会、2013年秋より開始、2015年春完結予定)
(編集顧問 鈴木孝夫 鳥居泰彦 松原秀一
(編集委員 岩見隆鎌田繁坂上弘澤井義次野元晋
(編集担当 木下雄介若松英輔
  1. アラビア哲学 1935年-1948年
  2. 神秘哲学 1949年-1951年
  3. ロシア的人間 1951年-1953年
  4. イスラーム思想史 1954年-1975年
  5. 存在顕現の形而上学 1978年-1980年
  6. 意識と本質 1980年-1981年
  7. イスラーム文化 1981年-1983年
  8. 意味の深みへ 1983年-1985年
  9. コスモスとアンチコスモス 1985年-1989年
  10. 意識の形而上学 1988年-1993年
  11. 意味の構造 1992年
  12. アラビア語入門(横組み)
  13. 別巻 補遺・目録・年譜・索引

英文著作[編集]

〈The Izutu library series on Oriental philosophy.1〉
  • The Structure of Oriental Philosophy Collected Papers of the Eranos Conference(全4巻)
〈The Izutu Library Series on Oriental Philosophy〉(慶應義塾大学出版会 2008年)

訳書[編集]

  • 『コーラン』(岩波文庫 上中下、1957-58年、改版1964年、再改版2009年/ワイド版2004年)
  • 『愛のロゴスとパトス』(マルティン・C・ダーシー、三辺文子共訳 創文社、1957年)
  • 『ルーミー語録』(ジャラール・ルーミー、「イスラーム古典叢書」岩波書店、1978年)
  • 『存在認識の道 存在と本質について』(モッラー・サドラー、「イスラーム古典叢書」岩波書店、1978年[7]

伝記・研究[編集]

  • 若松英輔 『井筒俊彦 叡知の哲学』 (慶應義塾大学出版会、2011年5月)
著者は、2009年より10年にかけ「三田文学」で『井筒俊彦 存在とコトバの神秘哲学』を全6回連載。書き下ろしを加えた全10章の評伝。
  • 『井筒俊彦とイスラーム 回想と書評』(松原秀一・坂本勉編、慶應義塾大学出版会、2012年10月)
  • 『井筒俊彦 言語の根源と哲学の発生』(河出書房新社〈KAWADE道の手帖〉、2014年6月)
若松英輔・安藤礼二責任編集・対談、高橋巌末木文美士中沢新一鎌田東二山城むつみ吉村萬壱ほか

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 安岡章太郎『15の対話』収録の対談「思想と芸術」(新潮社1997年
  2. ^ 『AERA MOOK 哲学がわかる』所収の牧野信也執筆記事「井筒俊彦」 (朝日新聞社1995年
  3. ^ 司馬遼太郎『歴史歓談』収録の対談「二十世紀末の闇と光」(中央公論新社2000年
  4. ^ (著作集刊行に際して、牧野信也の紹介の一節)
  5. ^ (「井筒俊彦の主要著作に見る日本的イスラーム理解」『日本研究.36』<国際日本文化研究センター>、2007年)
  6. ^ 解題・鎌田繁(東京大学東洋文化研究所教授)、「アラビア哲學」(光の書房、1948年)を復刻。他に「東印度に於ける回教法則(概説)」(東亜研究所、1942年)を収録。
  7. ^ イスラーム哲学におけるタウヒード価値観)の原典。

外部リンク[編集]