Portal:イスラーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Islam symbol plane2.svg Islam symbol plane2.svg

ポータル・イスラームへようこそ
Portal Islam
بوابة:إسلام

Islam symbol plane2.svgウィキポータル イスラームは・・・

ウィキポータル イスラームは、イスラーム及びその関連項目を扱うポータルです。
イスラーム世界に関連する事物も取り扱います。
イスラーム関連のスタブは{{islam-stub}}を使います。
プロジェクト:イスラームに記事名は準拠しています。


Islam symbol plane2.svg特集記事

簡単なルール「Template:新しい記事でXという記事が紹介され、その次に、Yという記事が紹介される間は、Xを表示。Yが選出された場合には、XからYに変更する」というルールに注意して編集してください。
Fostat-329.jpg

フスタート(アラビア語:الفسطاط)は、アラブ人の統治下となったエジプトにおいて、初めて首都となった都市である。641年に、アムル・イブン・アル=アースによって、建設された。アムルの手によって、アフリカ最古のモスクであるアムル・イブン・アル=アース・モスクが同時期に建設された……続きを読む

イスラム経済あるいはイスラム経済学Islamic economics)とはイスラム研究のうち、シャリーア(イスラム)で禁じられているリバー利潤)の追求を目的としないイスラム銀行をはじめ、経典伝統に基づくイスラム世界固有の経済秩序を究明する学問を指す。本分野は1940年代末に端を発し、1960年代半ば以降隆盛を見たのみならず、銀行制度については1970年代に発展した……続きを読む

アブー・アル=カースィム・アッ=ザフラウィーアラビア語: أبو القاسم بن خلف بن العباس الزهراوي‎、Abu al-Qasim al-Zahrawi、936年 - 1013年)はアンダルスアラブ人医師薬剤師科学者である。西洋ではアブルカシス (Abulcasis) の名でも知られている。中世イスラム世界で最も偉大な外科医の1人とされている……続きを読む

(2010/8/1紹介)


Islam symbol plane2.svg信仰・教義

アッラーフ( اللّه Allāh)は、イスラームにおける、アラビア語でのに対する呼称のひとつ。日本では一般に「アッラー」あるいは「アラー」と表記されることが多いが、「アッラーフ」がよりアラビア語発音に近い。イスラーム以前のアラビア半島においては多くの神々が信仰されていたが、ムハンマド後のイスラームにおいては万物を創造し、かつ滅ぼすことのできる至高神こそが唯一の神とされ、その超越性が強調される。イスラームの聖典クルアーン(コーラン)にはアッラーフの絶対性と全知全能性が記されている……続きを読む


Islam symbol plane2.svgイスラーム史の人物

Sultan mohemmed ali.png

ムハンマド・アリーアラビア語 : محمد علي Muhammad ‘Alī, 1769年?-1849年8月2日)は、オスマン帝国の属州エジプトの支配者で、ムハンマド・アリー朝の創始者。トルコ語でメフメト・アリー(Mehmed Ali)ともいう。オスマン帝国のエジプト総督ながらエジプトに半独立政権を樹立し、専制支配のもとで富国強兵政策を強行して近代エジプトの基礎を築いた。

ムハンマド・アリーは、マケドニア地方の東部の港町カヴァラ(現ギリシャテッサロニキ近郊)で下級軍人の家庭に生まれた。民族的な出自はアルバニア系ともトルコ系ともクルド系とも言われるが、アルバニア系とする見解が多く見られる……続きを読む


Islam symbol plane2.svgイスラームの歴史

オスマン帝国の最大版図(1683年)

オスマン帝国(オスマンていこく、オスマン語: دولت عالیه عثمانیه Devlet-i Âliye-yi Osmâniyye)は、トルコ系の王家オスマン家君主に戴き、現在のトルコの都市イスタンブル首都とし、西はモロッコから東はアゼルバイジャンに至り、北はウクライナから南はイエメンに至る広大な領域を支配した多民族帝国1299年 - 1922年)。

アナトリア(小アジア)の片隅に生まれた小君侯国から発展したイスラム王朝であるオスマン朝は、やがてビザンツ帝国などの東ヨーロッパキリスト教諸国、マムルーク朝などの西アジア北アフリカイスラム教諸国を征服して地中海世界の過半を覆い尽くす世界帝国たるオスマン帝国へと発展するが、やがて衰亡してその領土は蚕食されて解体し、20世紀初頭についに最後に残った領土アナトリアから新しく生まれ出たトルコ民族国民国家トルコ共和国に取って代わられた……続きを読む


Islam symbol plane2.svgクルアーンと神学

クルアーン
クルアーンقرآن qur’ān)は、イスラームイスラム教)の聖典。イスラームの開祖であるムハンマドに対してアッラーフ)が下した啓示であり、ムハンマドの死後にまとめられた現在の形は全てで114章からなる。「朗唱されるもの」を原義とするアラビア語では定冠詞が伴い「アル=クルアーン」と呼ばれる)。

欧米では古くから Coran あるいは Koran と呼ばれており、日本でも長らくそのカタカナ化した形であるコーランという名前で呼ばれてきた。しかし近年はアラビア語の原語の発音により近くして日本語ではクルアーン、英語ではQur'anと表記されることが多くなってきている。なお、宗教法人日本ムスリム協会は「聖クルアーン」と表記している……続きを読む


Islam symbol plane2.svgファルサファ

アブー・ハーミド・ムハンマド・イブン・ムハンマド・アル=ガザーリーAbū Hāmid Muhammad ibn Muhammad al-Ghazālī, 1058年 - 1111年)はイスラーム思想家、神秘主義者(スーフィー)。ガッザーリーGhazzali)と表記する場合もある。

彼は1058年にホラーサーントゥースに生まれた。学者として名声を得ていた同名の叔父がおり、スーフィーとして大成した弟アフマド・ガザーリーがいる。父は羊毛紡ぎの商家を営んでいたが、ガザーリーの幼少時に没したらしい……続きを読む


Islam symbol plane2.svgイスラーム文学

千夜一夜物語(せんやいちやものがたり、ألف ليلة و ليلة、Alf Layla wa Layla、The Book of One Thousand and One Nights)は、アラビア語でまとめられた説話物語集である。

中世イスラム世界で形成されたアラビア語の説話集。中世ペルシア語であるパフラヴィー語で記された(「ハザール・アフサーナ」(千物語))がアッバース朝期に翻訳されたものとされる。いくつかの発展段階を経て、19世紀に現在の1001夜分を含む形で出版された……続きを読む


Islam symbol plane2.svgシャリーアと法学

ジハードアラビア語جهاد jihād)は、イスラーム教において信徒(ムスリム)の義務とされている行為のひとつ。

ムスリムの主要な義務である五行には含まれないが、五行にこれを加えて「第六番目の行」に加えようという主張もみられる。一般には「聖戦」と訳されているが、単純にそうは訳し切れない面がある。

イスラーム教の教典コーラン(クルアーン)には、例えば「神の道のために努力することに務めよ」というような句が散見される。この中の「努力する」に当たる動詞の語根 jahada (アラビア語:جهد)がジハードの語源であり、ジハードの語はアラビア語で「ある目標をめざした奮闘、努力」を意味する。この「努力」の語自体に「神聖」あるいは「戦争」の意味はまったく含まれていない……続きを読む


Islam symbol plane2.svgイスラーム経済

イスラム銀行(いすらむぎんこう。ただし記事内ではイスラーム銀行と表記する)は、イスラームイスラム教)の教義、慣行に基づいて運営される銀行のこと。イスラーム教徒(ムスリム)は、シャリーア(イスラーム法)において利子を取ることが禁止されているため、基本的に無利子の金融機関として運営される。

イスラームでは、利子(リバーと呼ばれる)を取って金銭を貸すことを禁止するクルアーン(コーラン)の言葉に従って、シャリーアにおいて利子の取得が禁止されている。したがって、理屈の上ではイスラーム共同体の間で利子を取る銀行は存在不可能であるため……続きを読む


Islam symbol plane2.svgモスクとイスラーム建築

グラナダ市南東に連なる丘の上にそびえるアルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿は、イベリア半島での最後のムスリム政権であるナスル朝時代に建設された壮麗な宮殿都市である。スペイングラナダにある。「アルハンブラ」とは、アラビア語で「赤い城塞」を意味する「アル=カルア・アル=ハムラー」( القلعة الحمراء al-Qal‘a al-Ḥamrā')と呼ばれていたものが、スペイン語において転訛したものである。この名称の由来については、城塞周辺の土地の土壌が赤いため、あるいは建築に使われた煉瓦の色であるとか、宮殿が赤い漆喰で覆われていたからなど色々と言われている。スペイン語表記ではAlhambraと綴り、「アランブラ」と発音する……続きを読む


Islam symbol plane2.svgマドラサと教育

サマルカンドのウルグ・ベグ・マドラサ

マドラサアラビア語:مدرسة, madrasa)はイスラーム世界における学院。元々は単純にアラビア語で「学ぶ場所、学校」を意味するだけだったが、11世紀に制度的に確立し、イスラーム世界高等教育機関として広く普及した。モスクと併設される場合も多く、一般に寄進財産で運営。近代の世俗教育の普及によって、宗教教育の専門機関となった。

マドラサという語は、もともと「学校」「学ぶ場」という意味で、アラビア語以外にも、ウルドゥー語ペルシア語トルコ語クルド語インドネシア語マレー語ボスニア語などアラビア語の影響を受けた諸言語にも語彙として存在する……続きを読む

Islam symbol plane2.svgイスラーム科学

ヨーロッパで描かれた「ゲーベル」の像(15世紀)

アブー・ムーサー・ジャービル・イブン・ハイヤーン(Abu Musa Jabir ibn Hayyan, アラビア語: جابر بن حيان الأزدي, ラテン名ゲベルス Geberus またはゲーベル Geber、ジーベル 721年? – 815年?)は、アッバース朝時代のイスラム世界の哲学者、学者。後に11世紀にかけて続くイスラム科学黄金期を築く元祖とされる。彼の業績は中世ヨーロッパ錬金術に多大な影響を及ぼすとともに、近代化学の基礎を与えた……続きを読む


Islam symbol plane2.svgイスラーム医学

イブン=スィーナーIbn Sīnā)、全名アブー=アリー・アル=フサイン・イブン=アブドゥッラーフ・イブン=スィーナー(Abū Alī al-Husain ibn Abdullāh ibn Sīnā、ラテン名:アウィケンナ (英語読みの、アヴィセンナも普及している)Avicenna、980年 - 1037年)は、ペルシアを代表する知識人で、哲学者医者科学者であった。中央アジアブハラ出身で、イランの各地で活動した。当時の世界の大学者であると同時に、中世ヨーロッパスコラ学に多大な影響を与えた……続きを読む



Islam symbol plane2.svg新着記事

太字は、Template:新しい記事に選出された記事です。)
2014年

Portal:イスラーム/新着記事/過去ログ



Islam symbol plane2.svg執筆依頼

en)が太字になっている項目は、英語版で、秀逸な記事になっているものです。

信仰
祭事・行事--アルバイン(en:Arba'een)
ハッジ(巡礼)の関連項目--イフラーム(en)、タルビヤー(en)、ウムラ(en)、タワーフ(en)、ウクーフサファーとマルワen)、ミナー(en)、ムズダリファ(en)
サラー(礼拝)の関連項目--ウドゥーen)、グスルen
その他総合的な記事--イスラーム文化en,Category:イスラーム文化へのリダイレクト)、イスラーム教の歴史en
法・哲・神学
(あ行)--アシュアリー派en)、アーダトen)、アフカムen)、アフバール派en)、イジュマーen)、ヴェラーヤテ・ファギーフen)、ウスール派en
(か行)--キヤースen
(さ行)--シューラーen)、シルク_(イスラーム)en
(た行)--タアズィエen)、タキーヤen)、タクフィールen)、タクリードen)、タクワーen)、タフスィールen)、タリーカen)、ディーワーンen)、ディーン_(イスラーム)en
(な行)--
(は行)--バスマラen)、ハドラen)、バラカen、現在曖昧さ回避)、ビドアen)、ファキーフen)、フィトナen)、フッジャトゥル・イスラームen)、フトバen
(ま行)--マスラハen)、マーリファen)、ムウタズィラ派en
(わ行)--ワリーen
人物
(あ行)--アグス・サリムid)、アブー・アラー・マウドゥーディーen)、アブー・ハニーファen)、アリー・シャリーアティーen)、アリー・マスウーディーen)、ムウタッズen)、ワースィクen
(か行)--カーズィー・ナズルル・イスラームen)、カマールッディーン・ビフザードen
(さ行)--サイイド・アフメド・ハーンen)、ザイナブ・ビント・アリーen)、シャリーアトッラーen
(た行)--チョクロアミノトen
(は行)--ハジュ・ベクタシュ・ヴェリーen)、バハー・アッディーン・ナクシュバンド・ブハーリーen)、、ハルワティーen)、ホセイン・ベフザードen
(ま行)--マーリク・イブン・アナスen)、ムハンマド・イブン・イドリース・シャーフィイーen)、ムハンマド・アブドゥルワッハーブen,現状サブスタブ)、ムフタディーen)、ムウタミドen)、ムンタスィルen
(ら行)--ラービア・バスリーen)、レザー・アッバースィーen
政治思想・政治組織・教団組織
(あ行)--イスラーム復興運動(参考:en:Islamic revival
(か行)--カーディリー教団en
(さ行)--ジャマーアテ・イスラーミーen
(な行)--ナフダ党en
(は行)--パン・イスラーム主義en)、ヒズブッターリルen
(ま行)--マレーシア青年イスラーム運動en
歴史・事件
(あ行)--アジュナダイーンの戦いen)、アレッポの戦いen)、イスラームの歴史en
(か行)--カーディスィーヤの戦いen)、グアダルテの戦いen
(た行)--第1次コンスタンティノープル包囲戦en)、第2次コンスタンティノープル包囲戦en)、タブークの戦いen)、トゥールーズの戦いen
(は行)--ハジルの戦いen)、ヒラーファト運動en)、フィーラーズの戦いen)、ボスラの戦いen
(ま行)--マルジュ・アル・ラヒトの戦いen)、ムウタの戦いen
(わ行)--ワラジャの戦いen
建築・世界遺産--マスジェデ・カブート(en)、ハサン2世モスクen)、ゴル・クンバズen)、シルヴァンシャー宮殿en)、乙女の塔en)、メディナ・アザーラen)、ワズィール・ハーン・モスクen
文学・芸術--細密画en,現在ミニアチュールへのリダイレクトで、ヨーロッパ中心)
教育--ムスタンスィリーヤ学院en
その他--ラハイヤン

Islam symbol plane2.svg加筆依頼

最新の加筆依頼を1番上に持ってきてください。


Islam symbol plane2.svg査読依頼

Islam symbol plane2.svg第6回終了時点 重要度
Top High Mid Low None NA  合計
品質 秀逸な記事 FA 2 0 0 0 0 0 2
良質な記事 GA 2 7 1 2 0 0 12
Aクラス記事 A 9 5 3 2 0 0 19
B 32 24 16 5 0 0 77
Start 26 34 32 13 0 0 105
Stub 7 19 24 27 33 3 113
NA 0 0 0 0 0 0 0
合計 77 90 76 49 33 3 328

Wikipedia:査読依頼を参照してください。


Islam symbol plane2.svgカテゴリーツリー

カテゴリーに関しては、プロジェクト:イスラーム#体系的なカテゴリーにおいて、議論中です。以下に暫定的なカテゴリーを表記します。太字が主要カテゴリーです。


Islam symbol plane2.svg Islam symbol plane2.svg このページを編集したいと思う方へ

歓迎します! どうぞお気軽に編集に参加してください。

  • 各セクションはサブページになっています。それぞれの[編集]をクリックして編集してください。
  • イスラームに関してなにか新しい記事を書いたら、またはすでにある記事に大幅な加筆を加えたら、このページの「新着項目」に付け加えてください。その際、「新着項目」欄の古い記事名をあまり消さないでください。「新着項目」は5行から10行くらいまでの長さにしておいてください。
  • このページはイスラームに関連する項目への「入口」です。あまり細かい事象や項目には言及すべきではありません。おおざっぱに行きましょう。
  • より使いやすいポータルにするアイデアがあったら改良してみてください。