西アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西アジアの範囲
国際連合によるアジアの地域の分類(西アジアは緑)[1]
  西アジア

西アジア(にしアジア)は、アジア西部を指す地理区分である。今日の欧米ではほぼ中東と同じ領域を指すことが多い。一般的には、中央アジアおよび南アジアより西、地中海より東で、ヨーロッパとはボスポラス海峡アフリカとはスエズ運河によって隔てられている地域を指す。

概要[編集]

一般に国家としては、アフガニスタンイランイラクトルコキプロスシリアレバノンイスラエルヨルダンサウジアラビアクウェートバーレーンカタールアラブ首長国連邦オマーンイエメンパレスチナおよびエジプトの一部がここに属す。また、黒海カスピ海の間にある旧ソ連アゼルバイジャンアルメニアグルジアを含めることも多く、これらの国々を含めない場合は西南アジアと呼んで区別することもある。

アフガニスタンは、マザーリシャリーフを中心とする北部では中央アジア最南端の宗教都市がありウズベキスタンと関係が深い。ヘラートを中心とする北西部では西アジアのイランにまたがるホラーサーン地方の一部で、イランと関係が深い。カーブルを中心とする南部はカイバル峠を通じて南アジアのパキスタンインドと繋がりが深い。しかし、普通には19世紀イギリスの統治下に入ったインド亜大陸を南アジア、北のロシアの支配下にあった地域を中央アジアと呼ぶので、両国の緩衝帯として独立国のまま残されたアフガニスタンは西アジアに分類することになる。

地域[編集]

西アジアに含まれる国

地理的区分では更に以下の国と地域が西アジアに含まれる。

イラン高原ヒンドゥークシュ山脈にかけての地域では、イラン系アーリア人が主要民族で南アジアのインド系アーリア人と人種に近く南アジアに区分される場合も多い。

コーカサス山脈以南の旧ソ連邦諸国はヨーロッパと文化的に近くヨーロッパに区分される場合も多い。

関連項目[編集]