Portal:哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古今東西の哲学者たち


ウィキポータル哲学へようこそ!ウィキポータル 哲学哲学分野のポータルです。ポータル改良のため、あなたの編集を歓迎いたします。何か質問がある場合はノートページで質問してください。

  • 現在、このポータルの保全及び改善に協力して頂けるメンバーを求めています。詳しくは、ノートで。

哲学ポータルのキャッシュをクリアする←ページ変更が反映されない場合、クリックしてください。

特集項目

Ludwig Wittgenstein 1910.jpg

ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン: Ludwig Josef Johann Wittgenstein1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアに生まれ主にイギリスで活躍した哲学者である。後の言語哲学分析哲学に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。

イギリスにあるケンブリッジ大学トリニティ・カレッジバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『哲学探究』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。

……もっと読む

新着記事・大幅に加筆された記事

(探す| 追加する)

(*) は加筆・修正・整理などが必要な項目、★は充実したもの(いずれも確認時) 記事を新規に執筆または大幅に加筆した方は、このリストに追加してください。 2014 -12/12 神義論 -10/24 哲學大辭書 -10/18 文化的環境 -10/12 ブラック・スワン理論 -9/24 万教帰一 -8/25 虚偽意識 -8/16 非有神論 -8/13 三神論 -8/7 知覚の哲学 -7/25 不淫 -7/24 仮言命法 -7/20 第一原因, パキスタン哲学 -7/5 プネウマ -6/8 万物流転 -5/18 民族精神 -5/15 創造的進化, 第一哲学, 投企 -5/14 基礎経験 -5/13 文化主義 -5/12 主客合一 -5/11 総合判断, 絶対知 -5/10 第一性質 -5/6 三元論 -4/19 趣味判断 -4/17 方法的懐疑, ベトナム哲学 -4/10 理想主義 (アイディアリズム) -4/9 同一哲学 -4/4 白馬非馬 -3/12 ボロス -3/10 エンテレケイア -3/7 運命愛, 実践哲学 -3/5 道具的理性, 客観的精神 -3/2 テロス -3/1 二項対立 -2/28 コギト -2/20 自由法学 -2/15 巨人の肩の上 -2/12 反出生主義 -1/26 不可知

2012 -7/25 ゴルギアス (対話篇) -7/20 山川偉也 -7/19 一般意志 -7/18 論理学の歴史 -3/30 アタラクシア -3/29 バースのアデラード -3/28 モッラー・サドラー -3/17 命題集 (ペトルス・ロンバルドゥス) -3/13 エイサゴーゲー -3/9 クンダクンダアエリウス・ドナトゥスカエサレアのプリスキアヌス -3/8 マルティアヌス・ミンネウス・フェリクス・カペッラ -3/3 ダキアのボエティウス -3/1 セントラルサイエンス - ビザンティン哲学 - ロドスのエウデモス -2/29 代示アナムネーシス (哲学) -2/17 ピーター・ギーチラッシュ・リーズ -2/16 ペルシア哲学 -2/14 ジャイナ哲学哲学の概要 -2/9 中国哲学 -2/8 日本哲学ヨハネス・ピロポノスアンモニオス・ヘルメイウ -2/7 古代哲学 -2/4 中世哲学★ -2/3 コナトゥス -1/31 モーリッツ・シュリックフリードリヒ・ヴァイスマン論理実証主義★、ハーバート・ファイグル -1/30 プラグマ弁証法確実性の問題生活形式 -1/27 日常言語学派 -1/26 私的言語論議論学 -1/24 カルキスのイアンブリコステュロスのポルピュリオス宇宙霊魂アスカロンのアンティオコス -1/21 ラカトシュ・イムレジョン・マクタガート -1/19 フリードリヒ・カール・アルベルト・シュヴェーグラーダン・ザハヴィ -1/18 ハインリヒ・ロムバッハ -1/16 新哲学者化学の哲学ヘレニズム哲学 -1/15 メタ哲学 -1/14 プラトニズム -1/13 ミヒャエル・トイニッセンマックス・ミューラー

2011 -11/23 こぶし文庫 戦後日本思想の原点 -11/17 オイゲン・フィンク -11/8 志向性 -5/8 ゲティア問題

2010 -11/24 スコットランド常識学派 -10/17 アローの不可能性定理 -8/28 パーヴェル・フロレンスキイ -8/21 ヘンリー・ジョージ -8/18 タイラー・バージ -8/15 今野雅方 -8/12 脱中心的位置性 -8/11 ヘルムート・プレスナー -8/10 ヘイドン・ホワイト -8/8 名指しと必然性ラッセル・カーク -8/6 哲人王 (プラトン) -8/5 現代の精神的状況 -8/4 ステパノ・フランクリン -8/3 ガエターノ・モスカ -7/31 代議制統治論 -7/30 西晋一郎 -7/29 小林敏明 -7/27 アンチ・オイディプス -7/25 文脈主義 -7/18 ジェラール・ジュネット -7/15 蔵田伸雄 -7/14 アンヌ・ファゴ=ラルジョ -7/2 杉浦俊香 -6/25 西洋哲学 -6/23 アレクサンドル・コイレ -6/21 哲学の慰め -6/14 小文字の他者 -6/9 スーザン・モラー・オーキン -6/3 清水真木 -5/28 ピエール・ルルー真の算術 -5/25 岩瀬充自 -5/17 パイドロス -5/12 ポール・ティボー土屋俊ノルベルト・ボッビオ -5/10 広津藍渓 -5/7 状況 -5/4 増田立軒ガストン・ベルジェ -5/3 加古祐二郎 -5/2 竹田篤司 -5/1 木村素衛大島康正独考 -4/28 アバノのピエトロ竹村牧男 -4/26 桑子敏雄 -4/25 アメリカ合衆国の哲学宮元啓一 -4/24 ライムンドゥス・ルルス -4/23 村山紀昭中川秀恭 -4/21 情念論ベルンハルト・ヴァルデンフェルス実践哲学と自然の鏡カジミエシュ・アイドゥキエヴィチ -4/20 功利主義論石田慶和 -4/19 ロマン・スシュコ -4/18 山形頼洋 -4/17 女性の権利の擁護只野真葛 -4/16 関稔高橋昌一郎近藤良一 -4/15 田中久文中村元賞 -4/14 総合哲学体系ポール・ケリー (政治学者) -4/13 実証哲学講義 -4/12 野生の思考月村敏行公理型ダニー=ロベール・デュフール -4/11 人さまざま動物誌 (アリストテレス)奥谷浩一 -4/10 ペリ・プシューケース自然学 (アリストテレス)差異と反復言語・真理・論理価値論 -4/9 グラマトロジーについてDPLLアルゴリズム -4/8 デービス・パトナムのアルゴリズムアディアフォラゲンナディオス2世 (コンスタンディヌーポリ総主教) -4/7 ギルモアのアルゴリズム報道倫理 -4/6 存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて葉適陳亮水田一征 -4/4 零度のエクリチュールマルクス主義と文芸批評批評の解剖散文の理論 -4/1 心の概念科学革命の構造一次元的人間 -3/31 小川晴久 -3/29 エーバーハルト・ユンゲル右翼思想・左翼思想 -3/28 エリック・フェーゲリン -3/24 レシェク・コワコフスキ -3/23 社会正義オルガノン -3/21 出口康夫 -3/20 レジス・ドゥブレ -3/19 エチカ (スピノザ)精神科学における歴史的世界の構成倫理学序説ノヴム・オルガヌム道徳および立法の諸原理序説 -3/18 人知原理論哲学の原理 (パース)プラグマティズム (ジェームズ)あれか、これか人間本性論ネオ・ファシズムユダヤ哲学 -3/17 長縄光男合流性 -3/16 御子柴道夫 -3/15 形而上学 (アリストテレス)人間悟性論 -3/14 アンブラキアのクレオンブロトス -3/10 久野昭 -3/9 弁論術 (アリストテレス) -3/8 哲学カウンセリングエルブランの定理汎ヨーロッパ主義 -3/6 決疑論現代思想 (雑誌)エリート主義 -3/5 リチャード・ブラント -3/3 平等主義 -3/2 ユダヤ人問題によせて -3/1 のりこえの論理対権力闘争 -2/27 Template:個人主義のサイドバー -2/26 エセー ★ -2/24 反資本主義 -2/20 ダイモーン★、大橋良介 -2/17 ジンゴイズム -2/16 単意論稲垣良典アルトゥール・ドレフス -2/5 反ファシズム -1/31 ノースロップ・フライウィリアム・ウィムザット -1/20 正戦論★ -1/19 レンマ* -1/16 キュノサルゲス -1/15 ポール・ニザン -1/14 中山元学びの聖堂★ -1/10 レイモンド・スマリヤン -1/9 快楽原則現実原則涅槃原則 -1/5 第三の位置 -1/4 101号室

>>これ以前のログ

執筆依頼

哲学関連で書いてほしい記事がある人はここで依頼してください。また一覧を見て書けそうな記事がある人は、赤リンクをクリックして記事を立ち上げてください。


  • 西洋哲学・西洋思想史(ユダヤ思想・キリスト教神学を含む)
    • その他
    • 不明(時代がわからないもの。分かる人は随時適当な場所に移してください)
  • 東洋思想史
    • 中国思想
  • その他の東洋諸国(インド以東):

加筆・整理依頼

全般[編集]

悟性 - 精神 - - 存在 - 理性 - ロゴス - 独我論 - 観念論 - 認識 - 知識 - 概念 - 定義 - 昇華

西洋哲学・西洋思想史[編集]

ユダヤ思想・キリスト教神学を含む ユダヤ教史関連人物一覧 - 神学者の一覧 - 聖書学者の一覧

古代(神話時代のギリシア~キリスト教の誕生まで)[編集]

ソクラテス以前の哲学者 - ソフィスト - エレウシス - ニコマコス倫理学

中世(教父哲学~ルネサンス期)[編集]

自由七科 - ドイツ神秘主義 - オックスフォード大学 - ロジャー・ベーコン - オッカムのウィリアム - ヨハネス・ドゥンス・スコトゥス - 普遍論争

近世(宗教改革~ニーチェまで)[編集]

デイヴィッド・ヒューム - 超越論哲学 - モナド - 遠近法(ニーチェの哲学に関して) - 実践理性批判 - 判断力批判

現代(20世紀の哲学~)[編集]

ウィリアム・ジェームズ - 現象学 - リゾーム - アントニオ・ネグリ - ミシェル・アンリ - フランス現代思想 - 精神医学

現代思想--ほとんど書かれていないに等しい。碩学の方。執筆頼む。--Contra・fascism 2006年7月14日 (金) 07:46 (UTC)

分析哲学--関連の人名を羅列してあるだけであり,ほぼ何も書いていないに等しい。マイペディアですら,まだ緻密に書かれていますが。分析哲学の内容をご存知のかた,執筆を頼みます。--PUGNACIOUS 2006年7月27日 (木) 08:31 (UTC)

整理

グラマトロジー

不明[編集]

時代がわからないもの。分かる人は随時適当な場所に移してください。 反出生主義英語版antinatalismとリンクしたりして欲しい。

日本思想史[編集]

中国思想史[編集]

天命--自著作(ブログ)の持込みによる独自研究で、明らかな独自研究部分は外したものの、「受命思想」に関する部分を中心に中国思想に詳しい人に加筆修正をお願いします。--Bokemiann 2011年3月3日 (木) 16:03 (UTC)

インド思想史[編集]

アラビア哲学・アラビア思想史[編集]

イブン=スィーナー

翻訳依頼

(依頼する)哲学関連で翻訳してほしい記事がある人はここで依頼してください。また一覧を見て書けそうな記事がある人は、赤リンクをクリックして記事を立ち上げてください。

翻訳状況[編集]

翻訳未着手 及び 翻訳中[編集]

翻訳未着手のもの及び、翻訳中でまだ翻訳作業が終了していない場合は以下に項目を追加してください。

翻訳作業終了後 精読・査読依頼中[編集]

翻訳作業が終了し、翻訳文の精読・査読の協力者を求める場合は以下に項目を追加してください。

一時退避:翻訳進行状況が不明な項目[編集]

依頼後、翻訳着手され、その後の進行状況が不明な項目。以下の項目の翻訳状況を確認して、適切に振り分けてくれる協力者を求めます。 以下に自身の依頼した項目が置かれていることを確認した場合、速やかに本依頼ページの適切な場所に項目を移動させてください!

依頼終了項目[編集]

翻訳のみを依頼し作業が終了した項目、及び、翻訳後の査読・精読も依頼し、終了した項目は以下に移動してください。 可能であれば、以下の#翻訳済み項目の一覧表に項目を格納してください。

リスト

早見表

哲学と自由七科。中世の写本より。

哲学の分野

哲学の方法


「ソクラテスの死」ジャック=ルイ・ダヴィッド作(1787)

情報源



このページを編集したいと思う方へ
わたしたちはあなたを歓迎します。どうぞお気軽に編集に参加してください。 編集の際には、以下に示すティップとこのポータルの目的にご留意ください。

  • 画像を入れるよう、試してください(または、なにかいいアイディアがあったら、それを使ってポータルを改良してください)
  • このページはいわば入り口となるページで、哲学上のテーマについてウィキペディアからの「お勧め」を一瞥させ、このテーマへの入門的導入を与えるためのものです。このページの内容はしたがって、極めて原則的で基本的なものに限られなくてはなりません。したがって索引も組織的構成も、特別な理由がない限り、大幅な変更を加えるべきではありません。
  • このテーマに関してなにか新しい記事を書いたら、またはすでにある記事に大幅な加筆を加えたら、このページの「新着記事」に付け加えてください。その際、「新着記事」欄の古い記事名をあまり消さないでください。「新着記事」は5行から10行くらいまでの長さにしておいてください。

その他のウィキポータル: