経済学の哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経済学の哲学: Philosophy of economics)または哲学と経済学: Philosophy and economics)は、経済学における基礎的諸問題(存在論/認識論/方法論/価値論など)を扱う学際的分野。科学哲学政治哲学知識社会学等にまたがる。いわゆるマルクス経済学とは別物である。研究の観点は歴史/哲学/社会学等様々だが、一般的に、実証的分析(経済学者は何をやっているのか)に基づいて、何らかの規範的な提案(経済学はいかにあるべきか)がなされる、というパターンが見いだされる。

研究者[編集]

  • Anna Alexandrova(ミズーリ大学セントルイス校哲学部:科学モデル;幸福の測定)
  • Paul Anand(イギリス・オープン大学:意思決定論)
  • Erik Angner(アラバマ大学バーミンガム校哲学部:合理性/福祉概念;ハイエク)
  • Roger Backhouse(イギリス・バーミンガム大学経済学部:経済学史;方法論)
  • Sebastiano Bavetta(イタリア・パレルモ大学:厚生経済学)
  • Cristina Bicchieriペンシルベニア大学:合理的選択論;社会規範)
  • John Broome(オックスフォード大学:意思決定論;厚生経済学)
  • Ian Carter(イタリア・パヴィア大学:自由/権利/平等概念)
  • Nancy Cartwright(イギリス・LSE:科学哲学)
  • John Davis(アムステルダム大学:経済学における個人)
  • Keith Dowding(オーストラリア国立大:合理的選択論)
  • Marc Fleurbaey(パリ・デカルト大学:厚生経済学)
  • Till Grüne-Yanoff(フィンランド・ヘルシンキ大学:意思決定理論)
  • Francesco Guala(イギリス・エクセター大学:実験経済学の方法論;実験哲学)
  • Wade Hands(アメリカ・ピューイットサウンド大学)
  • Dan Hausman(ウィスコンシン大学マディソン校)
  • Kevin Hoover(アメリカ・デューク大学:マクロ経済学史/マクロ経済学における因果関係論)
  • Serge Kolm(フランス社会科学高等研究所)
  • Tony Lawson(ケンブリッジ大学経済学部:ヘテロドックス経済学)
  • Donald MacKenzie(エディンバラ大学:金融の社会学的研究)
  • 金子守(筑波大学大学院システム情報工学研究科:ゲーム理論)
  • Philip Mirowski(アメリカ・ノートルダム大学:20世紀経済学史)
  • Philippe Mongin(フランス国立科学研究センター)
  • Mary Morgan(LSE経済史:科学モデル)
  • Ivan Moscati(イタリア・ブッコーニ大学:合理的選択論の歴史)
  • Uskali Mäki(ヘルシンキ大学:経済学における非現実的な想定;科学モデル;学際性)
  • Julian Reiss(オランダ・エラスムス大学、ロッテルダム)
  • Alex Rosenberg(デューク大学哲学部:科学哲学)
  • Don Ross(アラバマ大学バーミンガム校/ケープタウン大学:経済学と認知科学)
  • Aris Spanos(バージニア工科大学経済学部:確率/統計/エコノメトリックスの基礎)
  • Robert Sugden(イギリス・イースト・アングリア大学経済学部:合理的選択論;進化ゲーム理論;経済学モデル)
  • David Teira(スペイン放送大学:社会認識論;統計概念の歴史)
  • Martin van Hees(オランダ・グリュニンゲン大学:自由主義の基礎)
  • Jim Woodward(カリフォルニア工科大学:実験経済学の方法論;因果関係論)
  • Jesus Zamora Bonilla(スペイン放送大学:科学的知識の経済学)

修士コース(英語)を提供している大学[編集]

学術雑誌[編集]

学会[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「経済学の哲学」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。