エレウシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレフシナ
(エレウシス)

Ελευσίνα
テレステリオン(秘儀堂)跡
テレステリオン(秘儀堂)跡
所在地
エレフシナ(エレウシス)の位置
エレフシナ
(エレウシス)
座標 北緯38度2分 東経23度32分 / 北緯38.033度 東経23.533度 / 38.033; 23.533座標: 北緯38度2分 東経23度32分 / 北緯38.033度 東経23.533度 / 38.033; 23.533
行政
国: ギリシャ
地方: アッティカ
: 西アッティカ県
ディモス: エレフシナ
人口統計 (2011年)
ディモス
 - 人口: 29,902 人
 - 面積: 37.1 km2
 - 人口密度: 806 人/km2
旧自治体
 - 人口: 24,901 人
 - 面積: 97.1 km2
 - 人口密度: 256 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
公式サイト
www.eleusina.gr

エレウシス古代ギリシア語: Ἐλευσίς / Eleusis)は、古代ギリシアアテナイに近い小都市。ギリシア神話に登場する女神デーメーテールの祭儀の中心地として知られる。また、古代の悲劇詩人アイスキュロスの生誕地でもある。

現在はエレフシナ現代ギリシャ語: Ελευσίνα / Elefsina)と呼ばれる。ギリシャ共和国アッティカ地方に属する基礎自治体ディモス)であり、西アッティカ県の県都である。

エレウシスの秘儀[編集]

デメテルの祭儀はエレウシスの祭儀、またはエレウシスの秘儀と呼ばれ、古典古代時代最もよく知られた秘儀のひとつであり、しばしば単に「秘儀」として言及されることもある。エレウシスの秘儀は紀元前1700年ミケーネ文明の時代に始まったと言われている。マーティン・P・ニールソンはこの秘儀が「人を現世を超えて神性へと到らせ、業の贖いを保証し、その人を神と成し、その人の不死を確かなものとなす」事を意図されていたと述べている。

その内容を語ることは許されなかったため、断片的な情報のみが伝えられている。参加者の出身地を問わないこと(アリストパネスの断片による)、娘ペルセポネーを探すデーメーテールの放浪およびペルセポネーの黄泉からの帰還の演劇的再現が一連の秘儀の中核をなしていたであろうことが推定されている。秘儀への参加者には事前に身を浄めることが要求され、その秘儀は神の永遠なる浄福を直接見ることといわれた。

キリスト教が広まり、ローマ皇帝テオドシウス1世により多神教的異教の祭儀が禁止されると、エレウシスの祭儀も絶えた。ドイツの哲学者フリードリヒ・シェリングは、その著書の中で、前哲学的思惟の形態としてのエレウシスの秘儀をしばしば論じている。