モーリッツ・ラーツァルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリッツ・ラーツァルスMoritz Lazarus, 1824年9月15日 ポーゼン管区フィレーネ Filehne(ヴィェレニ Wieleń) - 1903年4月13日)はプロイセンポーランド出身の哲学者。

ラーツァルスは、1866年からベルン大学、1873年からベルリン大学で哲学の教授を務めた。ハイマン・シュタインタールと共に「民族心理学」の開拓者であった。

著作[編集]

  • Das Leben der Seele, 2巻, 1856-1857
  • Über die Ideen in der Geschichte, 1865
  • Die Ethik des Judentums, 1898
執筆の途中です この「モーリッツ・ラーツァルス」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。