シンシナティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンシナティ市
シンシナティのダウンタウン
シンシナティのダウンタウン
シンシナティ市の市旗 シンシナティ市の市章
市旗 市章
愛称 : The Queen City, Cincy
標語 : "Juncta Juvant (ラテン語: 団結は力なり)"
位置
上: ハミルトン郡におけるシンシナティの市域下: オハイオ州におけるハミルトン郡の位置の位置図
上: ハミルトン郡におけるシンシナティの市域
下: オハイオ州におけるハミルトン郡の位置
座標 : 北緯39度6分11秒 西経84度30分43秒 / 北緯39.10306度 西経84.51194度 / 39.10306; -84.51194
歴史
創設 1788年
行政
アメリカ合衆国
 州 オハイオ州
 郡 ハミルトン郡
 市 シンシナティ市
地理
面積  
  市域 206.01 km2 (79.54 mi2)
    陸上   201.86 km2 (77.94 mi2)
    水面   4.14 km2 (1.60 mi2)
  都市圏 10,798 km2 (4,169 mi2)
標高 168 m (551 ft)
人口
人口 (2010年現在)
  市域 296,943人人
    人口密度   1,470.7人人/km2(3,807.0人人/mi2
  都市圏 2,114,580人人
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
公式ウェブサイト : http://cincinnati-oh.gov/

シンシナティCincinnati)は、アメリカ合衆国オハイオ州南西端に位置する都市。州都コロンバスの南西約170km、ケンタッキー州との州境になっているオハイオ川の河畔に位置する。人口は296,943人(2010年国勢調査[1]で、州都コロンバスクリーブランドに次ぐ州第3の都市である。シンシナティに郡庁を置くハミルトン郡を中心に、オハイオ・ケンタッキー・インディアナ3州の15郡にまたがる都市圏は2,114,580人、これに2つの小都市圏を加えた広域都市圏は2,174,110人(いずれも2010年国勢調査)[1]の人口を抱えている。

1788年に創設され、その翌々年にシンシナティ協会から名を取ってシンシナティという地名がつけられた。19世紀前半から中盤にかけては、シンシナティは食肉加工の中心地、そしてオハイオ川の河港都市として発展し、1850年には全米第6の都市へと成長した[2]。しかし、19世紀も後半に入り、交通の主役が蒸気船から鉄道へと移ると、その連節点として高い成長を遂げるようになったシカゴセントルイスに追い抜かれ、シンシナティは成長しながらも、その相対的な地位は低下した。.その後も20世紀中盤までは緩やかではあるものの成長を続け、1950年には人口50万人を超えたが[3]、その後は減少に転じている。

歴史[編集]

シンシナティは1788年、マシアス・デンマン、ロバート・パターソン、およびイスラエル・ルドローの3人の入植者によって、オハイオ川北岸のこの地に創設された。その後、ジョン・フィルソンがデンマンから800エーカー(323ha)の入植地の1/3を購入し、ロサンティビルと名付けた。その翌々年の1790年北西部領土総督アーサー・セントクレアは、ジョージ・ワシントンが会長を務め、自身も所属していたシンシナティ協会の名を取って、シンシナティと改称した。 初期の移民にはドイツ系が多く、そのうちの1人で、セントクレアの後任としてこの地にあったワシントン砦に入城していたデイビット・ジーグラーが1802年にシンシナティの初代市長となった[4]。やがて[[1819年]]、シンシナティは市として正式に法人化された。

シンシナティ遠景(1841年)。手前はマイアミ・エリー運河、奥はオハイオ川。

初期のシンシナティは食肉加工、殊に豚肉加工の中心地として発展し、Porkopolis(豚肉の都)と呼ばれた[5]。また、オハイオ川の河港であったシンシナティは19世紀前半から蒸気船が寄港する水上交通の拠点、および蒸気船製造の拠点として発展し[5]1825年に建設の始まったマイアミ・エリー運河がその成長を促した。マイアミ・エリー運河はオハイオ川の支流であるグレートマイアミ川を起点に北進し、1827年に北郊のミドルタウンまで開通し供用開始、その後1830年デイトンまで、そして1840年にはエリー湖岸のトレドまで延伸した。加えて陸上においても、1836年にリトル・マイアミ鉄道の建設が認可され.[6]1846年スプリングフィールドまで全通、1849年にはスプリングフィールドまで開通したマッド・リバー・アンド・レイク・エリー鉄道と接続して、エリー湖のサンダスキー湾の湖港へとつながった。1853年には、リトル・マイアミ鉄道の途中駅ゼニアでコロンバス・アンド・ゼニア鉄道と接続して、州都コロンバスへと至る鉄道交通も確立された。商業も早い時期から発展し、街にはオハイオ川を下ってさらに西を目指す入植者の需要に応えるようにホテルやレストラン、酒場が建ち並び[5]1837年にはプロクター・アンド・ギャンブルが創立した。市のこうした急成長の最中、シンシナティの住民は市をQueen City(女王都市)と呼ぶようになった。1850年には、シンシナティは115,435人の人口を抱え、ニューヨーク(515,547人)、ボルチモア(169,054人)、ボストン(136,881人)、フィラデルフィア(121,376人)、ニューオーリンズ(116,375人)に次ぐ全米第6の都市に成長していた[2]

地下鉄道の経路図(1830-65年

南北戦争前夜には、オハイオ川1本隔てた対岸は南部の奴隷州という立地から、シンシナティは自由を求めてオハイオ川を渡った逃亡奴隷をさらに北へと逃がす地下鉄道の重要な拠点、そして奴隷制廃止運動の中心地となった。ハリエット・ビーチャー・ストウはシンシナティに住んでいた間、逃亡奴隷に会い、その話を基にして「アンクル・トムの小屋」を書き上げた。リーヴァイ・コッフィン1847年インディアナ州からシンシナティに移り、ここを奴隷制廃止活動の拠点とした[7]

しかしそれと同時に、逃亡奴隷を捕捉して南部へ送り返そうとする者や、奴隷制廃止に反対の立場を取る者もまた多くいた。またこの時期のシンシナティの地域経済自体が、奴隷州との通商に大きく支えられていた。こうした背景から、19世紀中盤のシンシナティではしばしば人種がらみの暴動が起きた。1829年には、奴隷制廃止反対派が市内の黒人を攻撃し、暴動となった。この結果、1,200人の黒人が街を離れ、カナダに避難した[8]。この暴動と避難は全米で議論を呼び、1830年にフィラデルフィアで第1回黒人会議が開かれるに至った。1836年には、700人の奴隷制廃止反対派が群れを成して黒人居住地区に攻撃を仕掛け、また奴隷制廃止派の週刊誌、The Philanthropist誌の本社を破壊した[9]。同種の暴動は1841年にも起きた[10]1850年逃亡奴隷法が成立すると、そうした緊張はさらに高まった。

南北戦争中には、シンシナティはその地理的条件から、北軍の重要な兵站拠点としての役割を果たすとともに、オハイオ軍管区の司令部が置かれた。また、郊外には新兵の徴集、訓練、および負傷兵の治療の拠点としてキャンプ・デニソンが設置された。その一方で、シンシナティは南軍にとっては格好の標的であった。1862年9月には、南軍の准将ヘンリー・ヒースが約8,000の兵を率いてシンシナティに侵攻しようとした。しかし、北軍の少将ルー・ウォーレスが指揮する約25,000のオハイオ軍に加えて、州知事デイビッド・トッドの号令で集結した、Squirrel Hunters(リス猟師)と呼ばれた約60,000の民兵が街の守りに就き、ヒース隊を撤退させた[11]。シンシナティの防衛成功により、ウォーレスは一躍、この地の英雄として讃えられた[12]

シンシナティの豚肉加工(1873年

南北戦争が終わると、蒸気船に代わって、鉄道交通が目覚ましい成長を遂げたが、主要路線の多くは東部と北西部を結ぶものであった。シンシナティ市当局は工業化の進む中西部南部の天然資源をもたらすのみならず、戦後復興の進む南部市場にアクセスする手段ともなる鉄道の必要性を認識し、1869年にシンシナティ・サザン鉄道を建設する法案を可決した。この鉄道は11年後の1880年に開通し、シンシナティとテネシー州チャタヌーガとが結ばれた[13]

19世紀後半のシンシナティでは食肉加工に加えて、製鉄、繊維、木材加工といった産業が発展した[5]。また、1889年には、もともとは馬車であったストリートカーが電化された[14]。しかし、この頃になると、大陸横断鉄道の連節点となったシカゴセントルイスが急速な成長を遂げ、また州内でも製鉄をはじめとする重工業都市としてクリーブランドが台頭してきたこともあり、シンシナティは成長を続けながらもその相対的な地位を落とした。それでもなお、1900年に至るまで、シンシナティは全米10大都市の1つに名を連ねていた。1929年世界恐慌の際には、シンシナティが受けた経済的打撃は、鉄道よりも安価であるという理由による河川交通の盛り返しで相殺され、結果として全米の他の大都市に比べると軽微なものにとどまった。

カリュー・タワー

20世紀に入ると、シンシナティにも超高層ビルが建てられるようになった。1913年に完成したユニオン・セントラル・タワー[15](現称: PNCタワー)は、31階建て、高さ151mで、当時としては世界で5番目に高いビルであった[16]1931年には、49階建て、高さ175mのカリュー・タワーが、世界恐慌の影響で建設費削減のためのデザイン変更を余儀なくされながらも完成した。当時流行のアール・デコ様式で建てられたこのビルは、2011年にグレート・アメリカン・タワー・アット・クイーン・シティ・スクエア(後述)が完成するまで80年にわたって、シンシナティで最も高いビルであった[17]

シンシナティの人口は20世紀に入っても中盤まで緩やかではあるものの増え続け、1950年には人口503,998人でピークに達した[3]。しかし、それ以降は全米の、特に東部・中西部の他の多くの大都市と同様、高速道路網の発達による郊外への人口流出等の要因によって、シンシナティの人口は減少に転じた。

地理[編集]

シンシナティは北緯39度6分11秒西経84度30分43秒に位置している。州都コロンバスからは南西へ約170km、インディアナポリスからは南東へ約180km、シカゴからは南東へ約470kmに位置する。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、シンシナティ市は総面積206.01km2(79.54mi2)である。そのうち201.86km2(77.94mi2)が陸地で4.14km2(1.60mi2)が水域である。総面積の2.01%が水域となっている。都市圏はハミルトン郡を中心に、オハイオ州南西部、ケンタッキー州北部、およびインディアナ州南東部の15郡にまたがり、その面積は10,798km2である。

地形[編集]

オハイオ州における地形区分

オハイオ州南西端、オハイオ川中流域の北岸に位置するシンシナティは、アメリカ合衆国における地域区分では中西部とされるが、地形区分的にはアップランドサウスの北縁とみなされ、ケンタッキー州北部と同様にブルーグラス地域に含められる[18]。この地域は石灰岩性の地質で、なだらかな丘が連なり、オハイオ川をはじめとする河川が深さ120-150mにおよぶ谷を刻んでいる[19]。シンシナティは中心部こそ、オハイオ川が形成した盆地状の谷間に広がっており、平坦であるものの、周縁の住宅地は丘陵地帯へと広がっており、起伏に富んでいる。また中心部のすぐ東側のマウント・アダムズ地区などでは、丘陵がオハイオ河岸のかなり近くまで迫っており、オハイオ川を見下ろす高台という立地になっている。市中心部の標高は168mであるが、周縁部の標高は概ね200-280m程度である。

こうした地形のため、市内の丘の斜面には400ヶ所もの市営の歩道階段があり、実用のほか、ジョギングやハイキングにも使われている[20]。また、19世紀後半から20世紀中盤にかけては、シンシナティには5本のインクラインが運行されていた[21]

気候[編集]

シンシナティ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
81
 
4
-5
 
 
64
 
7
-4
 
 
99
 
12
1
 
 
91
 
19
6
 
 
114
 
24
11
 
 
99
 
29
16
 
 
104
 
30
19
 
 
91
 
30
18
 
 
81
 
26
14
 
 
69
 
20
7
 
 
84
 
13
2
 
 
79
 
6
-3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Weatherbase.com

シンシナティの気候は中西部としては温暖な部類に入り、夏は南部同様に暑く湿気が多いものの、同緯度の東海岸諸都市と比べると冬の寒さが厳しい、内陸性の気候である。最も暖かい7月の平均気温は24℃、日中の最高気温の平均は30℃に達する。最も寒い1月の平均気温は氷点下0.5℃、最低気温の平均は氷点下5℃まで下がる。1年を通じて平均的に降水があり、降水量は月間約70-110mm、年間約1,060mmである。また、州北部・エリー湖岸のクリーブランド等と比べるとかなり少ないものの、冬季には降雪も見られる。12月から3月までの降雪量は月間5-12cm程度、ひと冬では約37.5cmである[22]ケッペンの気候区分では、シンシナティは温暖湿潤気候Cfa)に属する。

シンシナティの気候[22]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温( -0.5 1.4 6.4 12.5 17.7 22.4 24.6 23.7 19.9 13.5 7.3 1.7 12.6
降水量(mm 81.3 63.5 99.1 91.4 114.3 99.1 104.1 91.4 81.3 68.6 83.8 78.7 1,056.6

人口動態[編集]

都市圏人口[編集]

シンシナティの都市圏、および広域都市圏を形成する各郡の人口は以下の通りである(2010年国勢調査)[1]

シンシナティ都市圏
人口
ハミルトン郡 オハイオ州 802,374人
バトラー郡 オハイオ州 368,130人
ウォーレン郡 オハイオ州 212,693人
クラーモント郡 オハイオ州 197,363人
ケントン郡 ケンタッキー州 159,720人
ブーン郡 ケンタッキー州 118,811人
キャンベル郡 ケンタッキー州 90,336人
ディアボーン郡 インディアナ州 50,047人
ブラウン郡 オハイオ州 44,846人
グラント郡 ケンタッキー州 24,662人
ペンドルトン郡 ケンタッキー州 14,877人
ギャラティン郡 ケンタッキー州 8,589人
ブラッケン郡 ケンタッキー州 8,488人
ユニオン郡 インディアナ州 7,516人
オハイオ郡 インディアナ州 6,128人
合計 2,114,580人
シンシナティ・ウィルミントン・メイズビル広域都市圏
都市圏/小都市圏 人口
シンシナティ都市圏 2,114,580人
ウィルミントン小都市圏 クリントン郡 オハイオ州 42,040人
メイズビル小都市圏 メイソン郡 ケンタッキー州 17,490人
合計 2,174,110人

市域人口推移[編集]

以下にシンシナティ市における1800年から2010年までの人口推移を表で、また1850年から2010年までの人口推移をグラフでそれぞれ示す[23]

統計年 人口 順位
1800年 850人 -
1810年 2,540人 46位
1820年 9,642人 14位
1830年 24,831人 8位
1840年 46,338人 6位
1850年 115,435人 6位
1860年 161,044人 7位
1870年 216,239人 8位
1880年 255,139人 8位
1890年 296,908人 9位
1900年 325,902人 10位
1910年 363,591人 13位
1920年 401,247人 16位
1930年 451,160人 17位
1940年 455,610人 17位
1950年 503,998人 18位
1960年 502,550人 21位
1970年 452,525人 29位
1980年 385,460人 31位
1990年 364,040人 45位
2000年 331,285人 54位
2010年 296,945人 62位

姉妹都市[編集]

岐阜市からシンシナティに贈られた鵜匠の像

シンシナティは以下8都市と姉妹都市提携を結んでいる[24]

[編集]

  1. ^ a b c American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧.
  2. ^ a b Table 8. Population of the 100 Largest Urban Places: 1850. U.S. Bureau of the Census. 1998年6月15日.
  3. ^ a b Table 18. Population of the 100 Largest Urban Places: 1950. U.S. Bureau of the Census. 1998年6月15日.
  4. ^ Goss, Charles Frederic. Cincinnati: The Queen City, 1788-1912. Vol.2. p.9. Chicago: S.J. Clarke Publishing Co. 1912年.
  5. ^ a b c d Cincinnati, Ohio. Ohio History Central. 2015年3月25日閲覧.
  6. ^ Vexler, Robert. Cincinnati: A Chronological & Documentary History.
  7. ^ Levi Coffin, Reminiscences of Levi Coffin, the reputed president of the underground railroad: being a brief history of the labors of a lifetime in behalf of the slave, with the stories of numerous fugitives, who gained their freedom through his instrumentality, and many other incidents, Cincinnati: Western tract society, University of Michigan Library.
  8. ^ Woodson, Carter Godwin. The Negro in Our History. p.140. Associated Publishers. 1922年.
  9. ^ The Pro-Slavery Riot in Cincinnati. Abolitionism 1830-1850, Uncle Tom's Cabin and American Culture. University of Virginia. 1998-2007年. 2015年3月16日閲覧.
  10. ^ Aaron, Daniel. Cincinnati, Queen City of the West: 1819-1838. p.300. Ohio State University Press. 1992年. ISBN 0-8142-0570-4.
  11. ^ Roth, David E. Squirrel Hunters to the Rescue. Ch.III. Panic on the Ohio!: Confederates March on Cincinnati, September 1962. Blue & Gray Magazine. Columbus, Ohio. 1986年4-5月. 2015年3月24日閲覧. (PDFファイル)
  12. ^ Walden, Geoffrey R. The Defenses of Cincinnati. Ch.IV. Panic on the Ohio!: Confederates March on Cincinnati, September 1962. Blue & Gray Magazine. Columbus, Ohio. 1986年4-5月. 2015年3月24日閲覧. (PDFファイル)
  13. ^ About. Cincinnati Southern Railway. 2015年3月25日閲覧.
  14. ^ O'Neill, Tom. Exhibit commemorates the streetcar era. The Cincinnati Enquirer. 2001年8月18日. 2015年3月25日閲覧.
  15. ^ Rolfes, Steven J. Cincinnati Landmarks. p.20. Arcadia Publishing. 2012年. ISBN 9780738593951.
  16. ^ PNC Tower. Emporis. 2015年3月26日閲覧.
  17. ^ Carew Tower. Emporis. 2015年3月26日閲覧.
  18. ^ Physiographic Regions of Ohio. Division of Geographical Survey, Department of Natural Resources, State of Ohio. 1998年. 2015年3月30日閲覧. (PDFファイル)
  19. ^ McFarlan, Arthur C. Blue Grass. Geology of Kentucky. University of Kentucky. 1943年. 2015年3月31日閲覧.
  20. ^ Hillside Steps. Department of Transportation and Engineering, City of Cincinnati. 2015年3月31日閲覧.
  21. ^ Inclines & Cable Cars. Greetings from Cincinnati. 2015年3月31日閲覧.
  22. ^ a b Historical Weather for Cincinnati, Ohio, United States of America. Weatherbase.com. 2015年3月11日閲覧.
  23. ^ Gibson, Campbell. Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990. US Census Bureau. 2005年.
  24. ^ Home. Cincinnati USA Sister City Association. 2015年3月13日閲覧.
  25. ^ シンシナティ市(アメリカ合衆国). 岐阜市. 2015年3月13日閲覧.

推奨文献[編集]

  • Engelhardt, George W. Cincinnati: The Queen City. Cincinnati, Ohio: George W. Engelhardt Co. 1901年.
  • Goss, Charles Frederic. Cincinnati: The Queen City, 1788-1912. In Four Volumes. Chicago: S.J. Clarke Publishing Co. 1912年.
  • Smith, William C. Queen City Yesterdays: Sketches of Cincinnati in the Eighties. Crawfordsville, Indiana: R.E. Banta. 1959年.
  • Stradling, David. Cincinnati: From River City to Highway Metropolis. Mount Pleasant, South Carolina: Arcadia Publishing. 2003年. ISBN 0-7385-2440-9.

外部リンク[編集]