1981年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1981年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1981年9月6日 - 1981年12月21日
プレイオフ
開幕日 1981年12月27日
AFC優勝 シンシナティ・ベンガルズ
NFC優勝 サンフランシスコ・49ers
第16回スーパーボウル
開催日 1982年1月24日
開催都市 ミシガン州ポンティアック
スタジアム ポンティアック・シルバードーム
チャンピオン サンフランシスコ・49ers
プロボウル
開催日 1982年1月31日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1980 1982 > 

1981年のNFL1981年9月6日NFL62回目のレギュラーシーズンが開幕し、1982年1月24日ミシガン州ポンティアックで開催された第16回スーパーボウルを経て、1月31日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • 粘着性の高い物や滑り易い物をユニフォーム、体、装備に付けてプレーすることが禁止された。前年レスター・ヘイズスティッカムを塗りたくってインターセプトを量産したことなどによる[1]
  • そのポジションでは付けることが認められていない番号でプレーする場合、オフェンスプレーヤーはそのプレーの前に主審に申告しなくてはならなくなった。
  • フォワードパスの反則時にレシーバーがそのボールに触れた場合の罰則がダウン喪失になった。
  • イリーガルユース系の反則の罰則が15ヤードから10ヤードに減らされた。
  • インテンショナル・グラウンディングの罰則が、ダウン喪失に加え、プレー開始時のボール位置(プレビアススポット)から10ヤードの罰退または反則地点がスクリメージラインより10ヤード以上下がっている場合は反則地点まで罰退(スポットオブファウル)となった。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) マイアミ・ドルフィンズ 11 4 1 .719 345 275
(4) ニューヨーク・ジェッツ 10 5 1 .656 355 287
(5) バッファロー・ビルズ 10 6 0 .625 311 276
ボルチモア・コルツ 2 14 0 .125 259 533
ニューイングランド・ペイトリオッツ 2 14 0 .125 322 370
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) シンシナティ・ベンガルズ 12 4 0 .750 421 304
ピッツバーグ・スティーラーズ 8 8 0 .500 356 297
ヒューストン・オイラーズ 7 9 0 .438 281 355
クリーブランド・ブラウンズ 5 11 0 .313 276 375
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) サンディエゴ・チャージャーズ 10 6 0 .625 478 390
デンバー・ブロンコス 10 6 0 .625 321 289
カンザスシティ・チーフス 9 7 0 .563 343 290
オークランド・レイダーズ 7 9 0 .438 273 343
シアトル・シーホークス 6 10 0 .375 322 388
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ダラス・カウボーイズ 12 4 0 .750 367 277
(4) フィラデルフィア・イーグルス 10 6 0 .625 368 221
(5) ニューヨーク・ジャイアンツ 9 7 0 .563 295 257
ワシントン・レッドスキンズ 8 8 0 .500 347 349
セントルイス・カージナルス 7 9 0 .438 315 408
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) タンパベイ・バッカニアーズ 9 7 0 .563 315 268
デトロイト・ライオンズ 8 8 0 .500 397 322
グリーンベイ・パッカーズ 8 8 0 .500 324 361
ミネソタ・バイキングス 7 9 0 .438 325 369
シカゴ・ベアーズ 6 10 0 .375 253 324
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 13 3 0 .813 357 250
アトランタ・ファルコンズ 7 9 0 .438 426 355
ロサンゼルス・ラムズ 6 10 0 .375 303 351
ニューオーリンズ・セインツ 4 12 0 .250 207 378


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月2日
テキサス・スタジアム
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 3  バッカニアーズ  0
12月27日
ベテランズ・スタジアム
    1月10日
キャンドルスティック・パーク
 2  カウボーイズ  38  
 5  ジャイアンツ  27  2  カウボーイズ  27
1月3日
キャンドルスティック・パーク
 4  イーグルス  21      1  49ers  28   第16回スーパーボウル
 5  ジャイアンツ  24
    1月24日
ポンティアック・シルバードーム
 1  49ers  38  
 N1  49ers  26
1月2日
マイアミ・オレンジボウル
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A1  ベンガルズ  21
 3  チャージャーズ (OT)  41
12月27日
シェイ・スタジアム
    1月10日
リバーフロント・スタジアム
 2  ドルフィンズ  38  
 5  ビルズ  31  3  チャージャーズ  7
1月3日
リバーフロント・スタジアム
 4  ジェッツ  27      1  ベンガルズ  27  
 5  ビルズ  21
   
 1  ベンガルズ  28  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ジョー・モンタナ QB サンフランシスコ・49ers
MVP ケン・アンダーソン QB シンシナティ・ベンガルズ
最優秀コーチ ビル・ウォルシュ HC サンフランシスコ・49ers
最優秀攻撃選手 ケン・アンダーソン QB シンシナティ・ベンガルズ
最優秀守備選手 ローレンス・テイラー LB ニューヨーク・ジャイアンツ
最優秀新人攻撃選手 ジョージ・ロジャース RB ニューオーリンズ・セインツ
最優秀新人守備選手 ローレンス・テイラー LB ニューヨーク・ジャイアンツ
カムバック賞 ケン・アンダーソン QB シンシナティ・ベンガルズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レスター・ヘイズ・ルール。チームメイトのフレッド・ビレトニコフが以前から使用していたことから、ビレトニコフ・ルールとも。