1988年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1988年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1988年9月4日 - 1988年12月19日
プレイオフ
開幕日 1988年12月24日
AFC優勝 シンシナティ・ベンガルズ
NFC優勝 サンフランシスコ・49ers
第23回スーパーボウル
開催日 1989年1月22日
開催都市 フロリダ州マイアミガーデンズ
スタジアム ジョー・ロビー・スタジアム
チャンピオン サンフランシスコ・49ers
プロボウル
開催日 1989年1月29日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1987 1989 > 

1988年のNFLは、1988年9月4日NFL69回目のレギュラーシーズンが開幕し、1989年1月22日フロリダ州マイアミガーデンズで開催された第23回スーパーボウルを経て、1月29日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

この年、セントルイス・カージナルスがアリゾナ州フェニックスに移転、フェニックス・カージナルスとなった[1]

ルール変更[編集]

  • 攻撃と攻撃の間の時間のシステムが確立され、通常プレーはボールデッドの審判のシグナルから45秒[2]、タイムアウトその他のインターバルについてはレディー・フォー・プレーから30秒のプレークロックになった。
  • ランニング・イントゥ・ザ・キッカーの罰則が5ヤードの罰退とオートマティック・ファーストダウンであったが、単に5ヤード罰退に変更となった。
  • エクストラ・ポイントのプレー時にファンブルをした場合、ファンブルをした選手以外がリカバーし、ボールを前進させることができないように変更された。
  • 大学・高校の慣習に合わせて、主審の帽子の色が白、その他の審判が黒に変更となった。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) バッファロー・ビルズ 12 4 0 .750 329 237
インディアナポリス・コルツ 9 7 0 .563 354 315
ニューイングランド・ペイトリオッツ 9 7 0 .563 250 284
ニューヨーク・ジェッツ 8 7 1 .531 372 354
マイアミ・ドルフィンズ 6 10 0 .375 319 380
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) シンシナティ・ベンガルズ 12 4 0 .750 448 329
(4) クリーブランド・ブラウンズ 10 6 0 .625 304 288
(5) ヒューストン・オイラーズ 10 6 0 .625 424 365
ピッツバーグ・スティーラーズ 5 11 0 .313 336 421
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) シアトル・シーホークス 9 7 0 .563 339 329
デンバー・ブロンコス 8 8 0 .500 327 352
ロサンゼルス・レイダーズ 7 9 0 .438 325 369
サンディエゴ・チャージャーズ 6 10 0 .375 231 332
カンザスシティ・チーフス 4 11 1 .281 254 320
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) フィラデルフィア・イーグルス 10 6 0 .625 379 319
ニューヨーク・ジャイアンツ 10 6 0 .625 359 304
ワシントン・レッドスキンズ 7 9 0 .438 345 387
フェニックス・カージナルス 7 9 0 .438 344 398
ダラス・カウボーイズ 3 13 0 .188 265 381
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) シカゴ・ベアーズ 12 4 0 .750 312 215
(4) ミネソタ・バイキングス 11 5 0 .688 406 233
タンパベイ・バッカニアーズ 5 11 0 .313 261 350
デトロイト・ライオンズ 4 12 0 .250 220 313
グリーンベイ・パッカーズ 4 12 0 .250 240 315
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) サンフランシスコ・49ers 10 6 0 .625 369 294
(5) ロサンゼルス・ラムズ 10 6 0 .625 407 293
ニューオーリンズ・セインツ 10 6 0 .625 312 283
アトランタ・ファルコンズ 5 11 0 .313 244 315


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月1日
リッチ・スタジアム
       
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ
 5  オイラーズ  10
12月24日
クリーブランド・スタジアム
    1月8日
リバーフロント・スタジアム
 2*  ビルズ  17  
 5  オイラーズ  24  2  ビルズ  10
12月31日
リバーフロント・スタジアム
 4  ブラウンズ  23      1  ベンガルズ  21   第23回スーパーボウル
 3  シーホークス  13
    1月22日
ジョー・ロビー・スタジアム
 1*  ベンガルズ  21  
 A1  ベンガルズ  16
1月1日
キャンドルスティック・パーク
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ    N2  49ers  20
 4  バイキングス  9
12月26日
HHHメトロドーム
    1月8日
ソルジャー・フィールド
 2*  49ers  34  
 5  ラムズ  17  2  49ers  28
12月31日
ソルジャー・フィールド
 4  バイキングス  28      1  ベアーズ  3  
 3  イーグルス  12
   
 1*  ベアーズ  20  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ジェリー・ライス WR サンフランシスコ・49ers
MVP ブーマー・アサイアソン QB シンシナティ・ベンガルズ
最優秀攻撃選手 ロジャー・クレイグ RB サンフランシスコ・49ers
最優秀守備選手 マイク・シングレタリー LB シカゴ・ベアーズ
最優秀コーチ マイク・ディトカ HC グリーンベイ・パッカーズ
最優秀新人攻撃選手 ジョン・スティーブンス RB ニューイングランド・ペイトリオッツ
最優秀新人守備選手 エリック・マクミラン S ニューヨーク・ジェッツ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1988”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ 時間を消費するためにわざとゆっくりハドルに戻る等の遅延行為の防止と、試合時間の短縮のため