ブルース・マシューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・マシューズ

Bruce Matthews  No. 74

ガード
センター、タックル
生年月日:1961年8月8日(53歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州ローリー
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:305 lb =約138.3kg
NFLデビュー
1983年ヒューストン・オイラーズ
経歴
大学USC
NFLドラフト1983年 / 1巡目(全体の9番目)
 所属チーム:
  • ヒューストン・オイラーズ(1983年-1996年)
  • テネシー・オイラーズ(1997年-1998年)
  • テネシー・タイタンズ(1999年-2001年)
通算成績
(1984までの成績)
出場試合数     296試合
先発出場試合数     292試合
ファンブルリカバー     10回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出14回:(1988年-2001年)
  • オールプロ選出9回:(1988年-1993年、1998年-2000年)
  • NFL1990年代オールディケイドチーム
  • テネシー・タイタンズ永久欠番(74)
  • モリス賞
NFL殿堂入り

ブルース・マシューズ(Bruce Matthews 1961年8月8日- )はノースカロライナ州ローリー出身の元アメリカンフットボール選手。NFLヒューストン・オイラーズ/テネシー・オイラーズ/テネシー・タイタンズで1983年から2001年までプレーした。ポジションはオフェンスラインマン。NFL史上最良のオフェンスラインマンの1人と考えられている[1]プロボウル選出は14年連続14回で、2012年現在NFL最多タイ記録[2]。現役引退後はNFLチームのアシスタントコーチとなっている。

経歴[編集]

彼はアメリカンフットボール一家に生まれた。彼の父親、クレイ・マシューズ・シニアは1950年代にサンフランシスコ・フォーティナイナーズでプレーした選手であり、兄のクレイ・マシューズ・ジュニアはNFLで19年間プレーした。甥のクレイ・マシューズ3世2009年のNFLドラフトグリーンベイ・パッカーズにドラフト1巡目で指名されて入団している。1970年代にマシューズ一家はシカゴに住んでおり彼は1年間地元の高校に通ったがその後ロサンゼルスの高校に転校した。高校時代彼はオフェンスラインマン、ディフェンスラインマンとしてプレーすると共にアマチュアレスリングでは地元リーグの最優秀選手となった。

高校卒業後、USCに進学した彼はオフェンスラインマンとして活躍し4年次にはオールアメリカンに選出され、またモリス賞カレッジフットボールのオフェンスラインマン、ディフェンスラインマンのそれぞれ最優秀選手に与えられる)を獲得した。大学時代に彼は1994年からオイラーズのヘッドコーチとなったジェフ・フィッシャーとチームメートだった[3]

1983年NFLドラフトで1巡目全体9位でヒューストン・オイラーズに指名されて入団した。アール・キャンベルのリードブロッカーとしてもプレーした。レフトガード、ライトガード、センター、ライトタックル、レフトタックルとオフェンスラインの5つ全てのポジションでプレーした[4][3]彼はガードとセンターでプロボウルにNFL最多記録タイの14回(ガードで9回、センターで5回)選出された(もう1人はマーリン・オルセン[3]。またオールプロに9回、オールAFCに12回選出されると共にNFL1990年代オールディケイドチームのガードにも選ばれている[3]。彼はオイラーズ(在籍中、オイラーズは移転によってテネシー・オイラーズ、テネシー・タイタンズと名称を変更した。)一筋でプレーし、296試合の出場はプレースキッカーパンターを除いた最多記録となっている[3]。オフェンスラインマンとしては史上最長の19シーズンプレーした彼は2001年に現役を引退した。その後彼の背番号74番は永久欠番となった。

2007年プロフットボール殿堂入りを果たした[2]。これはチームがテネシーに移って以来初の選出であった。また1983年にドラフト指名を受けた選手としてはダン・マリーノエリック・ディッカーソンジョン・エルウェイジム・ケリーに続く5人目の選出となった(その後ダレル・グリーンも選出されている。)。

2009年に彼はヒューストン・テキサンズのアシスタントコーチ(オフェンシブライン担当)としてNFLに復帰[5]2011年シーズンからは古巣タイタンズでアシスタントコーチをしている。

家族[編集]

彼の5人の息子のうち3人は高校、大学でアメリカンフットボールを行っている。2010年、その1人であるケビン・マシューズがルーキーフリーエージェントでテネシー・タイタンズと契約した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chad Minton (2011年2月2日). “Tennessee Titans: The 20 Best Offensive Players In Oilers/Titans History”. bleacherreport.com. 2013年4月14日閲覧。
  2. ^ a b チーム別ドラフト成功トップ5 -タイタンズ-”. NFL JAPAN (2013年4月11日). 2013年4月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e Hall of Famers
  4. ^ 加えて、オフェンスラインの選手が兼任することが多いスペシャルチームロングスナッパーの経験もある。
  5. ^ Texans say goodbyes, get reacquainted CHRON 2009年2月28日
  6. ^ タイタンズ、前USCのRBジョンソン獲得”. NFL JAPAN (2010年4月26日). 2010年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]