クリス・ドールマン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ドールマン

Chris Doleman  No. 56

ディフェンシブエンド
生年月日:1960年10月16日(53歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:287 lb =約130.2kg
NFLデビュー
1985年ミネソタ・バイキングス
経歴
大学ピッツバーグ大学
NFLドラフト1985年 / 1巡目(全体の4番目)
 所属チーム:
通算成績
(1999年までの成績)
QBサック     150.5回
インターセプト     8回
タッチダウン     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出8回:1987年-1990年、1992年、1993年、1995年、1997年
  • オールプロ選出3回:1987年、1989年、1992年
  • 1990年代オールディケイドチーム

クリス・ドールマン(Chris Doleman 1961年10月16日- )はインディアナ州インディアナポリス出身の元アメリカンフットボール選手。NFLミネソタ・バイキングスアトランタ・ファルコンズサンフランシスコ・フォーティナイナーズでディフェンスエンドとして1985年から1999年までの15年間232試合(先発出場は213試合)でプレイした。NFL時代の背番号は56。

経歴[編集]

ハイスクール時代、彼はオールペンシルベニア州にフットボールのラインバッカー、バスケットボールのフォワードとして選出された。ピッツバーグ大学では1年次から12サックをマーク、4年次には3試合に欠場しながらも6サック、100タックルなどを達成した。大学卒業後、1985年のNFLドラフトで1巡目全体4位でミネソタ・バイキングスに指名され入団した。彼はプロボウルに8回選出され、6回オールプロに選ばれている。キャリア150.5サックを記録している[1]。彼にとってのベストシーズンは1989年でこの年NFL最多の21サック[2]を相手クォーターバックに浴びせた。この年の最終週のシンシナティ・ベンガルズ戦では4サックを記録している。1991年に彼はフリーエージェントとなったがバイキングスと再契約した。1994年にバイキングスの1994年ドラフト2巡目指名権と共にファルコンズの1994年ドラフト2位指名権、1995年ドラフト1位指名権と引換にトレードされた。1996年からサンフランシスコ・フォーティナイナーズでプレーし、1998年には15サックをあげた[3]。1999年に古巣のバイキングスに復帰した[3]

2005年にはプロフットボール殿堂入り候補者として初めてノミネートされ、2012年に殿堂入りを果たした[4]

成績[編集]

  • 150.5サック、8インターセプト、2タッチダウン、ファンブルリカバー24回、セイフティ2回
  • プロボウル8回出場(1987,1988,1989,1990,1992,1993,1995,1997)
  • オールプロ選出6回(1987,1988,1989,1990,1992,1993)
  • en:National Football League 1990s All-Decade Team選出
  • UPI NFLディフェンスプレイヤー・オブ・ザ・イヤー

その他[編集]

同じ1985年ドラフト組には、1巡目に全体1位で指名されたブルース・スミスバッファロー・ビルズ)、ジム・ラシェイサンディエゴ・チャージャーズ)、ジェリー・ライス(サンフランシスコ49ers)、ウィリアム・ペリーシカゴ・ベアーズ)、2巡目にランドール・カニンガムフィラデルフィア・イーグルス)、3巡目にフランク・ライク(ビルズ)、4巡目にアンドレ・リード(ビルズ)、5巡目にハーシェル・ウォーカーダラス・カウボーイズ)、ケビン・グリン(ラムズ)6巡目にスティーブ・ボノ(バイキングス)、11巡目にダグ・フルーティロサンゼルス・ラムズ)などがいる。

彼はUSFLのボルチモア・サンズにも指名されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ % Seasons Of Minnesota Vikings Football”. ミネソタ・バイキングス. 2011年9月17日閲覧。
  2. ^ 当時NFL史上2位の記録であった。 NFL JAPAN2002年1月ニュース
  3. ^ a b Vikings Sign Chris Doleman”. CBSスポーツ (1999年9月21日). 2011年9月3日閲覧。
  4. ^ 【SB現地レポ】プロフットボール殿堂入り選手発表”. NFL JAPAN (2012年2月5日). 2012年2月6日閲覧。


先代:
キース・ミラード
ミネソタ・バイキングス
ドラフト1巡指名
1985年
次代:
ジェラルド・ロビンソン
先代:
レジー・ホワイト
UPIディフェンスプレイヤー・
オブ・ザ・イヤー
1992年
次代:
エリック・アレン

外部リンク[編集]