NFLドラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NFLドラフト(NFL Draft)はアメリカプロフットボールNFLで行われているドラフト会議である。

歴史・概要[編集]

NFLの戦力均衡策として考案され、1936年に第1回ドラフト会議が開催された。以降米国内外プロリーグで同様のドラフトが行われるようになった。

1965年以来ニューヨークで4月下旬に行われている。長らくマディソン・スクエア・ガーデンで行われていたが、2006年はラジオシティ・ミュージックホールに会場を移した。

1983年のドラフトでは、ジョン・エルウェイトッド・ブラックリッジジム・ケリートニー・イーソンケン・オブライエンダン・マリーノらが指名された。この年のドラフトが現在史上最高のQBドラフト組と評されている[1]

1994年より7巡までの指名となった[2]

NFLドラフトは2009年までは2日間に分けて、初日に1~3ラウンド、2日目に4~7ラウンドの指名が行われていたが、2010年以降は期間が3日間になり、初日に1ラウンド、2日目に2~3ラウンド、3日目に4~7ラウンドの指名が行われるようになった。

前シーズンの成績下位球団から順番に選手を指名する完全ウェーバー方式が採用されている。まずプレーオフに進出できなかった20球団に対し、レギュラーシーズンの成績が悪かった順に優先指名権が与えられ、その後は、プレーオフで早く負けた順、そして最後にスーパーボウル優勝球団となる。

ただし、トレードにより指名権が移動したり、フリーエージェントにより選手を失った球団に追加指名権が与えられる。

各ラウンドごとに指名する球団に制限時間を与え、その間に指名する選手を決定するが、指名権のトレードが時間内に行われる事もある。

NFLドラフトで指名される選手は、原則として大学を卒業した選手であるが、特例として「アーリーエントリー」と言う「高校卒業後、3フットボールシーズンが過ぎればドラフトにエントリーしても良い」という制度がある。

補足ドラフト[編集]

4月時点でNFLドラフトにエントリーしていなかった選手が対象のドラフト。ただし指名権を行使したチームは翌年の同順位の指名権を失う。

1977年から制度が始まったが今までに39人がこの制度で指名されている。

1985年にはバーニー・コーザーが希望するチームであるクリーブランド・ブラウンズに入団するためにレギュラードラフトにはエントリーせずにこの制度を利用した。コーザーの獲得にはニューヨーク・ジャイアンツミネソタ・バイキングスが興味を示していた。

1987年にはシアトル・シーホークスが1巡でブライアン・ボズワースを指名、当時の新人最高額の契約を結んだが期待はずれに終わった。またフィラデルフィア・イーグルスが4巡でクリス・カーターを指名している[3]

1989年にはダラス・カウボーイズがその年就任したジミー・ジョンソンの教え子であるスティーブ・ウォルシュを指名した。またデンバー・ブロンコスが1巡でボビー・ハンフリーを指名、彼はその年1,000ヤードラッシャーとなり、チームは第24回スーパーボウルへ出場した[3]

2009年にはワシントン・レッドスキンズジェレミー・ジャーモンを3巡目で指名した[4]

2011年にはNCAA規定違反によりオハイオ州立大学でのプレーが不可能となったテレル・プライアーが3巡目でオークランド・レイダーズに指名された[5]

2012年にはクリーブランド・ブラウンズが2巡でベイラー大学などでプレーしたジョシュ・ゴードンを指名した[6]

2013年には5年ぶりに補足ドラフトで指名される選手はいなかった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビッグベン、「2004年ドラフトQB組が史上最高になる」”. NFL JAPAN (2011年11月2日). 2012年11月4日閲覧。
  2. ^ NFLドラフトで チームが 優秀選手に注目”. NFL JAPAN (2000年3月30日). 2012年7月19日閲覧。
  3. ^ a b 印象に残る補足ドラフト指名トップ5”. NFL JAPAN (2012年7月4日). 2012年7月14日閲覧。
  4. ^ 補足ドラフトは1人、「第2のチャンス」を得たDEジャーモン”. NFL JAPAN (2009年7月17日). 2011年8月28日閲覧。
  5. ^ 補足ドラフト、注目QBプライアーはレイダース指名”. NFL JAPAN (2011年8月23日). 2011年8月28日閲覧。
  6. ^ ブラウンズ、補足ドラフトで注目WRゴードンを指名”. NFL JAPAN (2012年7月13日). 2012年7月13日閲覧。
  7. ^ 補足ドラフト、5年ぶりの指名ゼロ”. NFL JAPAN (2013年7月12日). 2012年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]