全米大学体育協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全米大学体育協会
略称 NCAA
設立年 1906年9月 (Intercollegiate Athletic Association)
1910 (NCAA)
地位 Association
本部 インディアナポリス
貢献地域・分野 アメリカ合衆国, カナダ[1]
メンバー 1,281校
会長 マーク・エマート
ウェブサイト ncaa.org (administrative)
ncaa.com (sports)
テンプレートを表示

全米大学体育協会(ぜんべいだいがくたいいくきょうかい、略称:NCAA, National Collegiate Athletic Association の略;アメリカでは”エヌ・シー・ダブル・エー”とも呼ばれる)とは、アメリカ大学体育協会のこと。協会が主催するスポーツのリーグ戦などのことを指すこともある。協会自体は主に、大学のスポーツクラブ間の連絡調整、管理など、さまざまな運営支援などを行う。本部はインディアナ州インディアナポリスに設置されており、協会が運営する競技会の種目は、アメリカンフットボールバスケットボール野球アイスホッケーテニスゴルフ、陸上競技、アマチュアレスリングなど多彩。大学体育協会としては世界でも最大規模で、一部の競技ではリーグ戦がテレビ中継されるなど人気が高く、協会の権威や発言力は非常に高いものとなっている。

歴史[編集]

インディアナ州インディアナポリス市内に置かれている現在の NCAA 本部事務所。

20世紀初頭、大学間で行われたフットボールの競技では、試合中の衝突などによる負傷や死亡事故が起きることがあった。1905年に時の大統領セオドア・ルーズベルトは大学スポーツ関係者を招き、大学スポーツの改革を促した。翌1906年にはIAAUS(Intercollegiate Athletic Association of the United States、合衆国大学間体育協会)が発足、1910年には現在に続くNCAA(全米大学体育協会)という名前に改称した。以降しばらくNCAAは競技規則の管理などを主な業務としていたが、1921年に初めて陸上競技の大会を主催。

その後次第に大会が開催される種目数が増えていった。NCAAのスタッフはボランティアとして組織の運営を行っていたが、戦後になると専業のスタッフが必要なほど競技の種類や大会が多様化していた。1951年にウォルター・バイアーズが常勤の組織代表に就任、翌1952年にはミズーリ州カンザスシティに本部が設置された。この時以降、NCAA主催の試合に関しテレビ放映権の管理が行われるようになった。

1973年にはディビジョンIディビジョンIIディビジョンIIIの三つの区分を設置。NCAAにおいては、スポーツ選手奨学金が許されるのはディビジョンIとIIのカンファレンスに属する大学のみである。1978年になるとアメリカンフットボールにおけるディビジョンIはさらにI-A、I-AAへと細分化され、アメリカンフットボールをカバーしないカンファレンスはI-AAAとして区別される。

1982年までには女子リーグの運営が始まった。

1999年にはセドリック・デンプシー代表のもと組織本部がインディアナ州インディアナポリスに移転した。またデンプシーは大会の放映権に関しCBS局と11年間60億ドル以上の契約を結んだ。

競技と大会[編集]

現在、NCAAは23の競技で88の大会を運営している。全ての競技を合わせると、1,200以上の大学から4万人以上の選手が大会に参加している。NCAAの競技に関わる選手の数は36万人にのぼる。

NCAAは以下の競技の大会を運営している。

グッズ[編集]

NCAAの認定の下、NCAAの名称でブランド化している。日本でも1980年代に、NCAAのロゴが入ったアパレル商品が流通したほか、サントリーが発売したスポーツドリンクのブランド名として用いられた。

オバノン訴訟[編集]

2009年にエド・オバノンらが「大学OBとなってからも、NCAAに肖像が商用に使用されており、無報酬なのは肖像権侵害」として提訴した[2][3]。2014年8月、カリフォルニア州連邦地方裁判所は一審判決で原告勝訴の判決を言い渡した[4]

脚注[編集]

  1. ^ Simon Fraser University approved to join NCAA D II”. Tsn.ca (2009年10月7日). 2009年11月6日閲覧。
  2. ^ Yahoo Japan. “米大学スポーツビジネスの闇と恥”. 2014年8月10日閲覧。
  3. ^ 日経ビジネス. “米学生スポーツのアマチュア規定は幻想?”. 2014年8月10日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞 2014年8月10日朝刊14版 29面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]