スポーツドリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツドリンクは、運動による発汗等によって体から失われてしまった水分ミネラル分を効率良く補給することを目的とした機能性飲料である。特に脱水症状の回復や、炎天下スポーツにおける熱中症防止に効果がある。近年ではスポーツ飲料と呼ばれることがある。また体液にほぼ等しい浸透圧を持つものはアイソトニック飲料とも呼ばれる。日本のメディアでは、日常生活の熱中症対策としてスポーツドリンクを勧めていることが多い。

概要[編集]

これらの飲料は、効率良く水分を補給させ、なおかつ体に負担を掛けないように考慮されているほか、スポーツの際に失われがちなカリウムイオンやナトリウムイオンといった電解質マグネシウムカルシウムといったミネラル分を含んでいる。また体液に近い浸透圧で胃腸に負担を掛けないよう配慮され、運動時に筋肉中に蓄積される乳酸の分解を助け回復を促すとされるクエン酸や、いわゆる疲労回復の際に最も効率の良いエネルギー源であるブドウ糖ショ糖を含んでいる。近年は、各種アミノ酸類やビタミン類を添加した様々な物が多数出回っているが、解糖系糖新生との関連で一般に議論されることはほとんどない。

各種スポーツ競技や野外での重労働の際に大量に消費することもあるため、消費者が家庭や職場・学校などで大量に作ることができるよう、規定量の水で希釈することを目的として粉末の形で売られているものも多い。

取り扱い[編集]

この飲料は、効率良く水分補給と共に、大量発汗によって崩れやすいイオンバランスを保ち、ミネラル分を補給する効果がある。しかしその反面、スポーツや重労働時などにおける発汗を想定しているため、一般の消費者が往々にして過剰な期待を抱いて、大量に飲用した場合に、問題を起こすこともある。これらの飲料は、(全ての機能性食品や機能性飲料・医薬品類にも言えることだが)大量に飲めば、それだけ健康になるというものではない。

一部には、ミネラル補給と称してこれら飲料を多量に飲む向きもあるが、ミネラル以外も大量に摂取するため、バランス良く体外に排出されてしまうことがある。

飲み方[編集]

スポーツドリンクの中でも、粉末・ラミネートパック入りで売られている物には、1リットルの容量を持つビニール・ボトル(スクイーズ・ボトル)が付属している物がある。一部のスポーツドリンクでは、規定量で希釈すると度が高すぎ、運動中の水分補給には適さない物がある。1-2割程度薄めに希釈した方が良いと考えられる製品も存在する。が、それは運動中の栄養補給の観点から見ると全く適していない。なぜなら、希釈し薄めることは同時に長時間効果を持続させることとは正反対のことだからである。水で薄めて飲む場合、量が飲めないので、早く浸透する分、早く体から出て行ってしまう。これらの観点から考えた吸収段階に応じて飲料の配合を考えた商品も存在する。

最も効果的な使用法は、運動中や作業中は身近に置いて、喉が渇く前から少量ずつこまめに飲む方法である。ちなみにスポーツ中に大量の糖分を摂取すると、インシュリンが大量消費され、肝心な際にエネルギー生産が行われない現象が発生する。このため、疲労回復にと、急激かつ大量に甘いスポーツドリンクを、運動の最中に飲むことは逆効果である。

飲み過ぎ注意[編集]

糖度が高いスポーツドリンクは多いが、その中でもペットボトル入りスポーツドリンクの場合、炭酸飲料よりも糖分が多量に含まれている商品もある。これらを家庭内など運動していない状態で、水の代わりに飲むことは勧められない。一部の親は子供に炭酸飲料を与えすぎるのは健康に悪いとは知っているものの、同様の理由でスポーツドリンクを与え過ぎてもいけないことを知らない場合がある。ただ、水だけを飲みすぎると体内の塩分濃度が薄まるだけでなく尿としても水分等が排出されてしまい、脱水症状を引き起こすので適度な塩分や電解質の補給も必要である。[1]

日本では、マスメディア等で熱中症対策としてスポーツドリンク等の飲用が挙げられているが、日常生活においてこれらの飲料を飲料水代わりに多量に摂取した場合は、俗に「ペットボトル症候群」と呼ばれる、急性の糖尿病に陥る危険性が高い。この場合、昏倒することもあり、すぐに専門医の治療を受ければ問題ないが、放置すると死亡することもある。スポーツの際に飲む分には、糖分を補給したそばから消費していくので問題は無いが、健康な人間が日常的に飲み過ぎるのは芳しくない。たとえ糖尿病にならなくても、スポーツドリンクに限らず糖分が含まれているソフトドリンクは、世界保健機関により虫歯肥満の関連が指摘されている。[2]

また、乳幼児の場合には一般的な製品のスポーツドリンクでは、ナトリウム不足から水中毒に陥る危険性がある。医療用の経口補水塩や乳幼児用として特別に配合された飲料も薬局薬店などでも販売されており、こと乳幼児に対しては、それら専用の製品を与える方が望ましい。

また熱中症対策では基本的に水分とナトリウムイオン(塩化ナトリウム水溶液に含まれる)が必要となるが、基本的に市販のスポーツドリンクは口当たりをよくするためなどの理由から、ナトリウムイオンが必要量を下回っている製品もあるため、産業医科大学堀江正知教授は「熱中症予防のために飲料で摂取すべきはカリウム、カルシウムなどではなくナトリウム」としており、製品によってまちまちな成分の違いにも注意を払う必要も見出される[3]

なお俗説として多汗症の疾患を抑えるのにスポーツドリンクが効果的などと云われているが、多汗症は水分を汗腺から排出してしまう症状であるため、スポーツドリンクによってせっかく吸収した水分は飲んで間もなく汗となり排出されてしまうため、むしろ症状は悪化してしまう危険性が高い。(スポーツドリンクは、水分を吸収する効果は高いが、吸収した水分を体内に留める効能は無い)

経口補水塩との関係[編集]

下痢嘔吐によって失われる水分の組成はスポーツによる発汗のそれとは異なる。また、あくまで商品であるためおいしくなければ売れないことから、糖や電解質組成は病人に合わせたものとはなっていない。胃腸炎の際の水分補給としてスポーツドリンクを使用するのは、他の飲料よりは比較的有効であるが、あくまで経口補水塩が手に入らない場合に限るべきである。また逆に、スポーツ時に医療用の経口補水塩をスポーツドリンク代わりに飲用するのも好ましく無い。

甘くないスポーツドリンク[編集]

近年では人工甘味料などを使って、カロリーが低い物も発売されているが、こちらは日常的に飲むのに適している反面、スポーツ時における飲用では、従来のスポーツドリンクが持っていた、運動時における疲労回復の効果が十分見込めない場合がある。従来の糖分を含んだスポーツドリンクでは、酸味の元であるクエン酸がグルコースの醗酵物である乳酸の分解を助け、糖などの炭水化物がグリコーゲン合成に消費され、再び運動できる体力を回復させるが、カロリーの低いスポーツドリンクでは、その効果が見込めない。

また小腸の粘膜上皮の管腔側にはNa⁺/グルコース共輸送体が存在し、グルコースとの共輸送によりNa⁺が吸収され、それによって生じた浸透圧勾配に伴い水が受動的に吸収される。すなわち、スポーツドリンクにグルコースが含まれているのは、水分をより素早く吸収させる役割がある。人工甘味料にはこのような効果はない。

しかしダイエット目的の有酸素運動の際には、カロリー摂取したくないこともあるかもしれない。このような場合、ショ糖(一般的に云う所の砂糖)を含む製品ではなく、果糖のみを使った製品の方が、脂肪燃焼を促し運動を効率的に行うことを可能にするという学説もあり、甘味料として果糖のみを用いた製品も存在する。あるいは脂肪燃焼効果を謳うアミノ酸等を添加されたものも市販されている。しかしながらいずれもコントロールされた研究結果に基づいた科学的根拠が提示されているとは言い難く、実際に体脂肪を選択的に低下させるような「効能効果」が存在するとは言い難い。

施設保護との関係[編集]

日本サッカー協会(JFA)では、1988年昭和63年)の通達で、日本国内で行われるサッカーの試合において試合中に水以外の飲料を飲むことを禁止している[4]。これは選手がスポーツドリンクを競技場にこぼすことで、芝生や(陸上競技兼用の競技場における)全天候型トラックなどを痛める可能性があるとされたためである。

2011年に入りこれを緩和すべきではないかとの議論が起こり、同年5月のJFA理事会で規制緩和の方針が協議され、基本的にはスポーツドリンクを解禁する方針が出されたものの、最終的な判断は「競技場の管理規則による」とされた[5]。実際現在も競技場のローカルルールで「スポーツドリンク持ち込み禁止」をうたうところは少なくないため[6]、試合中に水以外の飲料が飲めない状況が一部の競技場では続くことになる。

歴史[編集]

この飲料は、旧来のスポーツ活動における行き過ぎた根性論、日本ではスポ根信仰によって、脱水症状熱中症により、死亡事故まで引き起こすことになった反省から、より健康的かつ快適にスポーツを楽しむことができるよう、また炎天下で作業する労働者を、より安全に作業させられるようになどの理由で開発され、発展してきた歴史がある。

運動中に水分を摂取することのなかった過去[編集]

1960年代中頃、アメリカではアメリカンフットボール選手の発汗による脱水症状熱中症による死亡者は、年間平均で20名近く発生していた。これら競技の選手は、頑丈なプロテクターを装着して運動するため、練習中は実に約2.5リットルからそれ以上の発汗が起きるとされる。しかし当時のスポーツコーチの大半はこの様な医学知識が知られておらず、厳しいトレーニングによる負荷を乗り越えさせることこそが強い選手を生むと信じられていた。

スポーツ科学の研究成果が徐々に知られるようになり、科学的トレーニングによって強い選手が育てられるようになった。

水の飲み過ぎ[編集]

またこれと前後して、ダムやプラントの建設現場で炎天下で作業していた作業員が相次いで倒れる問題が発生している。労働の現場では、作業員達は脱水症状を防ぐため、自由に水を飲むことが許されていたはずであるにもかかわらず、このような事故が発生したわけで、調査と研究が行われることになった。これによって、暑さから水を飲み過ぎ、体内の塩分濃度が薄まった上に尿としても体外に排出されてしまったことで、体内のナトリウムイオンとカリウムイオン等の電解質バランスが崩れてしまうという人体のメカニズムが明らかにされた。

この問題に対して、医師はの錠剤を支給し、作業員達は水を一定量飲む毎に塩の錠剤を服用することで、事態の収拾を見ることになった(実は製鉄所やボイラー室など、高温の場所で働く労働者の間では、かなり昔から水分と一緒に塩分を摂ることの必要性が、経験上から知られていた)。

生化学の分野で、次第に全身の細胞が持つ、浸透圧やイオンチャネルイオンポンプの働きが解明されると、一般にも広く「バランスが大事」という思想が広がり、そこからスポーツ時や炎天下での水分補給と並んで、イオンバランスの問題や、ミネラル補給の重要性が認識されるようになった。 しかし上のように、未だに競技場での飲料が禁止されているなどの矛盾が生じている。

スポーツドリンクの登場[編集]

スポーツドリンクの草分けであるゲータレードは、これらの教訓を踏まえた上で、フロリダ大学のアメリカンフットボールチーム「ゲーターズ」の全面協力(この中には、選手を使った生理学上の実地調査が含まれた)の下、同大泌尿器科専門医教授のロバート・ケード(博士)によって開発され、1968年頃に発売されたのが最初の「スポーツドリンク」である。世界各国でスポーツと水分補給やミネラル類補給の重要性が認識されるにつれ、様々なスポーツドリンクが生まれることとなった。

日本では大塚製薬が、1980年に最初に独自のスポーツドリンクとなる「ポカリスエット」をアルカリイオン飲料と銘打って発売した。ゲータレード等ライセンス生産はそれ以前から行われている。同社のポカリスエット開発経緯によれば、日本国外へ出張中に下痢による脱水症状に苦しんだ社員が現地の医師の診察を受けたところ、水分補給するように奨められたものの、その地域では飲み物が得にくかった上に、当時の市販飲料は甘いソフトドリンク類や炭酸飲料ばかりであったため「水分補給に特化した製品を」と考えたのが開発理由であるという。製薬会社である大塚製薬でも製造・販売していた点滴静脈注射によって水分・電解質と栄養の補給を行うための輸液用製剤が開発の基礎となっているが、これは長時間の手術で疲れた医師の中に輸液を飲む者がいたことに由来する[7]

なお、まだこの時代には「スポーツ中に水分を取らない」という根性論が罷り通り、当初は「スポーツドリンク」という概念も理解されず普及が進まなかったが、やがて主としてスポーツ医学の観点から運動中の水分補給の重要性、水分補給を軽視することの危険性が指摘されるようになったことで売上げを伸ばし、競合する様々な製品も含めてスポーツドリンクの市場が形成されていった。

また、スポーツドリンクの市場が成熟するにつれて、運動中の水分補給の目的以外の、様々なスポーツドリンクが開発されることになる。スポーツドリンクの成分を錠剤や飴にして、水分は別途補給するようにした製品もある。

代表的なブランド[編集]

日本では2007年時点でアクエリアスブランドの商品だけで国内シェアの約45%を占めており、上位3ブランドのアクエリアス・ポカリスエット・DAKARAの合計で約9割となる[8]

過去に発売されていたブランド[編集]

アートコーヒー

  • アイソトニックドリンク
  • アイソトニック350

アサヒ飲料朝日麦酒アサヒビール飲料

  • EAU+(オープラス) - 発売当初、飲み過ぎると人工甘味料(エリスリトール)の影響によりお腹が緩くなると報道され、一時回収された。中田英寿がCMに出演していた。
  • EAU+V(オープラスV) - 上記製品の処方改良品(ビタミン強化・エリスリトール不使用)
  • nice One(ナイスワン) - エネルギー補給飲料。エネルギー源として、エネルギーになりやすいマルトデキストリンを使用。
  • SWITCH(スウィッチ) - 上記2製品を一本化した製品。エリスリトールは使用せず、甘味料にはあえて砂糖を使用。中田英寿がCMに出演していた。
  • プリップス - ポカリスエットに対抗すべく、当初スウェーデンオリンピック委員会の公認を受け、アサヒビールと旭化成と系列企業の旭フーズとで共同開発される。CMにはスウェーデン出身のテニスプレイヤー、ステファン・エドバーグなどが出演していた。
  • NOVAブラザーズ スポーツコーヒー
  • NOVAブラザーズ スポーツティ
  • アクアV
  • プロテインスポーツ
  • PF21 - プロテイン飲料
  • コンセプトサン
  • チャージ
  • アミノダイエット
  • アミノビタミンダイエット

味の素

  • TERRA
  • ウォーターチャージ
  • アミノバイタル ウォーター
  • アミノバイタル ウォーターチャージ
  • アミノバイタル スマートエクササイズ

エビオス薬品工業

  • スポルツ

伊藤園

  • WELLSスーパーマラソンA
  • アロハメイド ハワイアンスポーツ

江崎グリコ

  • カプリソーネスポーツドリンク

ヱスビー食品

  • S&Bドリンク 翼スポーツドリンク

カナダドライ

  • アクアトニック

カルピス食品工業

  • KIKIスポーツドリンク
  • スポーティー
  • カピーホワイト
  • テラ
  • みんなのたあ坊スポーツドリンク
  • コンクのスポーツドリンク
  • エア
  • サポーター
  • X-STYLE WATER
  • アミノバイタル ウォーターチャージ - 味の素の商品をライセンス生産。
  • アミノバイタル ハイポトニックチャージ
  • アミノバイタル ボディリフレッシュ

カゴメ

  • スポルトップ

カネボウカネボウ食品

  • XL-1(エクセルワン) - ノルウェーのメーカーの商品をライセンス生産。低浸透圧のハイポトニック飲料。
  • ジョグアップ
  • トライアル-1
  • リフレッシュウォーター 横浜ベイスターズ
  • ベルミー マリンウォーター
  • フルフル スポーツドリンク
  • スポーツウォーターNa
  • スポーツウォーターC
  • アミノサプリ パウダー - キリンビバレッジの商品をライセンス生産。

川口物産

  • カピートフルタイムスポーツドリンク

キリンビールキリンビバレッジキリンレモンサービス

  • サーフブレイク
  • ポストウォーター
  • クォーター
  • スピード
  • 903
  • SONiQ
  • Z7
  • 激流

キャドバリービバレッジ

  • アクアトニック レモン

九州旅客鉄道

  • スポーツドリンク
  • はちみつスポーツレモン

クールエンタープライズ

  • クール

合同酒精

  • スポーツ

サッポロビール

  • スポーツドリンク勝利
  • PRORUSSI
  • 勝利TRIUMPH

三協乳業

  • スポーツドリンク

サントリー

  • NCAA
  • 熱血飲料
  • J. WATER
  • Jリーグカーン
  • 燃焼系アミノ式

資生堂

  • スポーツドリンク500C

ゼリア新薬工業

  • ヘルサンスポーツ

全国農協直販

  • スポーツドリンク

ダイドードリンコ

  • スポーツエネルギー
  • スポエネ
  • C1000ウォーター500
  • D SPORTs MIU
  • MIU sporto
  • MIU SPORTS WATER
  • スポルタセブン

東日本旅客鉄道

  • 大清水スポーツドリンク

大洋漁業

宝酒造

  • 自然派スポーツドリンク サーチ
  • PADI

武田薬品工業武田食品工業ハウスウェルネスフーズ

  • スポーツドリンク・タケダ - 炭酸入り
  • スポーツドリンク
  • C1000タケダ スポーツ

東洋テルミー

  • ヘルスカップ

長野トマト

  • ロックリバースポーツドリンク

日清通商日清ブルーマウンテン

  • ザ・ソウルウォーター
  • タッチダウン

日清製油

  • フルビーナ

日綿実業

  • チャージャー

日本コカ・コーラ

  • アクエリアス イオシス
  • アクエリアス ネオ
  • アクエリアス マックス
  • Hi-Cスポーツドリンク

日本サンガリアベバレッジカンパニー

  • アイソトニックドリンク
  • フリースランド
  • 無味

日本たばこ産業

  • トリム
  • n(エヌ)

日本ペプシコ日本ペプシコーラ

  • トライマックス
  • ウィルソンスポーツドリンク
  • ウィルソン プロギア

ボトルサーフ

  • ボルトスポーツドリンク

藤沢薬品工業

  • 気配館 スポーツドリンク

不二家

  • エナジーエード - スポーツ飲料と銘打ち1973年に発売。
  • エナジ-A

プリマハム

  • アロエスポーツベラ190

宝積飲料

  • スポーツCドリンク
  • スポリカ

ポッカレモン・ポッカコーポレーション

  • スポーツドリンクC
  • F1グランプリ
  • レイトンF1
  • ウェッツ
  • 維力スポーツ
  • C-350レモン
  • ウェッツ
  • エネルヴィット

丸善食品工業

  • スポーツドリンク

三井農林

  • アスリート インターバルドリンク

明治製菓明治乳業

  • スーパースイング
  • アクタス
  • ウォークマン スポーツテイスト
  • スポーション
  • アスレティック
  • サンシャワー
  • ザバス アクア プロテインウォーター
  • ザバスウォーター
  • ザバス ウォーターエクスプレス - パウダー入りパウチパックに水を入れ、溶かして飲む新形態

明治屋

森永製菓

  • グットC
  • まんまのまんま
  • サポート50アーモンドポタージュ
  • サンキストスポーツ
  • サンキスト ゲット
  • サンキスト フィットネスクラブレモネード
  • サンキスト フィットネスレモン
  • サンキスト リフレッシュウォーター
  • スポルティーボ
  • スポーツC500

ヤクルト本社

  • ストライカー

山崎製パン

UCC上島珈琲

  • ロッセラドリンク
  • エグゼ
  • フィットネスペップ
  • オリンピア
  • XAQUA(ザクア)

雪印食品雪印乳業

  • ヘルッシュV
  • アクタス
  • ゲータロード

ロッテ

  • クイックエンチ
  • スポルディング

参考文献[編集]

  • 串間勉・久須美雅士 『ザ・飲みモノ大百科』 扶桑社、2000年ISBN 4-594-02903-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ STOP熱中症「かくれ脱水」JOURNAL
  2. ^ Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases 2003
  3. ^ 日経トレンディネット記事「熱中症予防の新基準、スポーツドリンクの正しい選び方とは?」
  4. ^ 通達 - 日本サッカー協会・1988年7月26日
  5. ^ 財団法人 日本サッカー協会 2011年度第2回理事会 協議事項(2011年5月12日)
  6. ^ 例として など。
  7. ^ 大塚製薬物語・ポカリスエット誕生秘話
  8. ^ 日刊経済通信社調査部編「酒類食品産業の生産・販売シェア ―需要の動向と価格変動― 平成19年度版」 日刊経済通信社 ISBN 4-931500-15-3
  9. ^ 旧・サッポロ飲料。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

一部には、消費者の誤解を招くような表記をしている飲料もある