カナダドライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナダドライ (Canada Dry) は、ドクターペッパー・スナップル・グループジンジャーエールのブランドである。

概要[編集]

日本では当初、駐留軍向けのボトリングを代行していた縁でサッポロビール川口工場で製造された製品が少量市販されていただけであった。また、かつては看板商品であるジンジャーエールの他にも多種にわたる製品を販売していた。レモン香料を使用したハイ・スポットソーダ、コップ状のガラス容器に入ったオレンジグレープパイナップルアップルレモン等の果肉クラッシュタイプの飲料が販売され、飲食店用の各種サワー類も扱っていた。最新技術の開発・導入に積極的で、環境対策から果汁飲料へのコンポジット缶(紙製の缶)の採用、アルミパウチパックやガラス壜へのコーヒー飲料の無菌充填導入、輸入PET缶の使用など先進的な容器を多く取り入れていた。1990年に日本コカ・コーラが日本国内での販売権利を獲得し、それ以降はジンジャーエールとその派生商品、クラブソーダトニックウォーターのブランドに特化した。果汁飲料やコーヒー飲料などは、一部の飲料事業を継続したボトラーでパッケージを若干変更し引き続き販売された。

ジンジャーエールとしては甘みが強く、ビールのような風味がする。

2007年8月にはパッケージ・フォーミュラともにリニューアル、甘味が抑えられ、苦味が強くなった。

2008年9月、「ジンジャーエール ゼロ」の発売を発表。カナダドライもカロリーゼロ市場へ参入する形となる。

2013年4月、「ジンジャーエール ゼロ」のカロリーゼロ路線を継承し、新たに難消化性デキストリンを8000mg配合した「ジンジャーエール FIBER(ファイバー)8000」の発売を発表。これに伴い「ジンジャーエール ゼロ」は販売終了となった。

かつてカナダドライ製品を販売していた企業[編集]

  • 国際飲料 

関東におけるサッポロビールの清涼飲料販売会社。カナダドライとの提携を解消した後は東京リボン飲料→サッポロビール飲料→サッポロ飲料と社名を変更し、2013年にポッカコーポレーションなどと合併してポッカサッポロフード&ビバレッジとなり現在に至る。

  • 北海道飲料

北海道コカ・コーラボトリングの子会社。販売権が親会社に移管された後も製造を担当していた。

  • カナダドライ東日本ボトリング

山形市に本社があり、東北地方を拠点としていた。

  • アオバフーズ 

仙台コカ・コーラボトリングの子会社。

  • 利根ソフトドリンク 

カップベンダー用シロップのみの取り扱い。当社の五霞工場は当初カナダドライ製品の製造を主目的の一つにしていたが、コカ・コーラへの販売権の移行で立ち消えになった。

  • 北関東食販 

利根コカ・コーラボトリングの関連会社。営業地域は埼玉県や栃木県にもまたがっていた。

  • カナダドライ関東ボトリング 

川鉄商事等が出資、千葉県と茨城県をテリトリーとしていた。現在はJTの子会社のジェイティエースターに社名変更し、自販機オペレーション業務を中心としている。

  • カナダドライ・ユニ 

関東電化工業の子会社で北関東を販売区域としたが、二年で事業の継続が困難となり多額の赤字を出し撤退。

三国コカ・コーラボトリングの子会社。新潟県のみの販売。

  • 東京カナダドライ 

サッポロ撤退後、伊勢丹森永乳業の合弁会社として発足。後に東京コカ・コーラボトリングの関連会社であるトレッカに事業が譲渡されたが、都内の伊勢丹店舗内にカナダドライ自販機が常設されるなど友好関係は継続した。後にドクターペッパーの販売も担当。1991年に全株式がカルピスに売却され東京カルピスビバレッジに社名変更。

  • 白亜カナダドライ

山下太郎の外航海運会社であるオリエンタルラインの系列会社として発足。倒産後、水産会社極洋の下で再建され極洋カナダドライに社名を変更した。さらに極洋撤退後はチェリオに買収されユナイテッド飲料関東カナダドライ部門となり、後に日本セヴンアップ飲料と合併しチェリオビバレッジ東京となる。

富士コカ・コーラボトリングの子会社。チェリオが販売権を返上した関係でフランチャイズ権を得る。

  • 信州パスコボトリング 

三菱商事等が出資していたパッカー。長野県が販売エリア。

  • カナダドライ中部日本ボトリング 

東レの関連会社。生産は中部ペプシコーラボトリング(現チェリオ中部)に委託。現在はイースタンビバを経て東海ペプシコーラ販売に社名を変更。

  • カナダドライ北陸ボトリング 

東レの関連会社。カナダドライ中部日本ボトリングと合併しイースタンビバに社名変更。

  • クラレ飲料 

クラレの子会社。関西地方をテリトリーとした。後に撤退。

  • ケーシービーフーズサービス 

近畿コカ・コーラボトリングの子会社。

  • 瀬戸内海食品 

カバヤ食品及びオハヨー乳業の関連会社。

チチヤス乳業の一部門。

  • 石鎚興産 

四国コカ・コーラボトリングの子会社。クラレから四国内の販売権と固定資産を引き継ぐ。

  • キャピタルフーズ 

北九州コカ・コーラボトリングの子会社。

  • 興南物産 

南九州コカ・コーラボトリングの子会社。

  • ベストソーダ

沖縄県内でベストソーダを販売していた業者。80年代初頭に倒産。 

  • 沖縄カナダドライ 

沖縄コカ・コーラボトリング他地元資本の出資で設立。現在は琉仁カスタマーサ-ビスに社名を変更している。かつては伊藤園と協力関係にあり、セイロンレモンティー等の沖縄オリジナル製品を開発した。また沖縄コカ・コーラボトリングのルートを通じ伊藤園ウーロン茶のPETボトル製品を販売していた。

この他に、みちのくコカ・コーラボトリングは日本コカ・コーラが販売権を得る前から子会社等を通すことなく、直接カナダドライのフランチャイズとなっていた。

製品ラインナップ[編集]

カナダドライのボトル外観
  • その他
    • チルタイムクーラーシリーズ(2008年~)
      • 第1弾 サクラミスト(SAKURA MIST)
      • 第2弾 イビザブリーズ(IBIZA BREEZE)
    • ジンジャーエール エクストラ
    • ジンジャーエール メローピアー 洋ナシ(※コカコーラ社のホームページには載せていない)
    • ジンジャーエールライト
    • スパークリングフルーツ カベルネ・ソーヴィニヨン
    • クラシックジンジャーエール
    • オレンジフィズ
    • ライムジンジャーエール
    • カシスジンジャーエール
    • ジンジャーエール ペリーラ (ペリーラはドイツ語で「紫蘇」の意)
    • ブラックカラント ジンジャーエール (ブラックカラントは「カシス」の意)
    • クリア・アップルソーダ(※ファミリーマート限定展開)
    • クリアマスカットソーダ(※ファミリーマート限定展開)
    • ジンジャーエール ゼロ(2008年~2013年)

テレビCM(日本国内)[編集]

1980年代後半から1990年代前半にかけて、テレビコマーシャルが放送された後、しばらくCMは放送されていなかったが、発売元がコカ・コーラに変更になり、ふたたびCMが放送されるようになった。

CMソング[編集]

外部リンク[編集]