ツルハホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ツルハホールディングス
TSURUHA HOLDINGS INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3391 2005年11月16日上場
略称 ツルハHD
本社所在地 日本の旗 日本
065-0024
北海道札幌市東区北24条東20丁目1番21号
設立 1963年昭和38年)6月1日
(株式会社ツルハ薬局)
業種 小売業
事業内容 グループ会社の経営管理など
代表者 鶴羽 樹(代表取締役社長)
資本金 66億29百万円(2011年5月15日現在)
発行済株式総数 2370万6734株
(2011年5月15日現在)
売上高 連結:2995億79百万円
(単独:39億04百万円)
(2011年5月期)
営業利益 連結:157億71百万円
(単独:24億94百万円)
(2011年5月期)
純利益 連結:78億81百万円
(単独:23億68百万円)
(2011年5月期)
純資産 連結:792億53百万円
(単独:517億51百万円)
(2011年5月15日現在)
総資産 連結:1414億57百万円
(単独:520億70百万円)
(2011年5月15日現在)
従業員数 連結:3,612人 (単独:69人)
(2011年5月15日現在)
決算期 5月15日
主要株主 イオン株式会社 13.31%
CBニューヨーク・オービス・エスアイシーアーヴィー 7.86%
鶴羽 弘子 4.49%
(2011年5月15日現在)
主要子会社 #傘下子会社の項を参照
外部リンク http://www.tsuruha-hd.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ツルハホールディングス: Tsuruha Holdings Inc.)は、ドラッグストア大手の株式会社ツルハ、株式会社リバース、株式会社くすりの福太郎などを傘下に持つ持株会社東京証券取引所第1部上場。本社は北海道札幌市

2013年現在、ドラッグストア業界では売上高でマツモトキヨシホールディングスサンドラッグに次ぐ業界3位[1]ハピコムグループ最大手。

沿革[編集]

  • 1929年昭和4年) - 北海道旭川市で「鶴羽薬師堂」として創業。
  • 1956年昭和31年) - 「ツルハ薬局」に屋号を変更。
  • 1963年昭和38年) - 株式会社ツルハ薬局(現・株式会社ツルハホールディングス)を設立。
  • 1972年昭和47年) - お菓子の販売開始。
  • 1975年昭和50年)
    • 5月 - 株式会社クスリのツルハコントロールセンター(現・株式会社ツルハ)を設立。
    • 9月 - 札幌にも北13条店を機に進出し、本格的なチェーン展開を開始。
  • 1987年昭和62年)6月 - 六郷店を機に東京・首都圏に進出。
  • 1991年平成3年)8月 - 営業の全部を株式会社クスリのツルハコントロールセンター(商号を株式会社ツルハに変更)に営業譲渡し、事業目的を保険代理業に変更。
  • 1992年平成4年) - 社名を、株式会社ツルハ薬局から株式会社クレーン商事に変更。
  • 1995年平成7年)1月 - 株式会社ツルハが、ジャスコ株式会社(現・イオン株式会社)と業務・資本提携。
  • 2001年平成13年)11月 - 株式会社ツルハが、株式会社リバースを子会社化。
  • 2004年平成16年) - 札幌市に本社を移転。
  • 2005年平成17年)
    • 8月 - 社名を、株式会社クレーン商事から現社名・株式会社ツルハホールディングスに変更。
    • 11月 - 株式交換により株式会社ツルハを完全子会社化して、持株会社となる。またそれに伴い、ツルハに代わって東京証券取引所第1部に上場する。
  • 2006年平成18年)12月 - 関東東部を地盤とする株式会社くすりの福太郎の発行済み株式の36.5%を取得し、同社を持分法適用会社(いわゆる傘下の会社)とする。
  • 2007年平成19年)
    • 3月 - 当社の取引先であるタカマツヤとの共同出資でグループ統一プライベートブランド「M's one(エムズワン)」の企画開発・販促活動を専門とする株式会社ウイングを設立。
    • 5月 - 株式交換により、株式会社くすりの福太郎を完全子会社化。
  • 2008年平成20年)
    • 7月 - 株式取得により、株式会社スパークを完全子会社化(株式会社スパークは2013年(平成25年)8月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)。
    • 12月 - 機能子会社として株式会社ツルハグループマーチャンダイジング並びに株式会社ツルハフィナンシャルサービスを設立。同時に当社が保有する株式会社ウイングの株式をツルハグループマーチャンダイジングに譲渡、グループ会社並びに従業員向け保険代理店業務をツルハフィナンシャルサービスへ業務移管。
  • 2009年平成21年)
    • 2月 - 株式取得により、株式会社ウェルネス湖北を子会社化。
    • 3月 - グループ内の通信販売事業をまかなう株式会社ツルハeコマースを設立。
    • 8月 - 同じハピコムに所属するクラフトのドラッグストア事業を新設分割により設立した株式会社サクラドラッグを株式取得により子会社化(株式会社サクラドラッグは2011年(平成23年)5月に株式会社ツルハに吸収合併される)。
  • 2010年平成22年)7月 - 中国地方を基盤にコンビニエンスストア等を展開するポプラと業務提携を結ぶ。
  • 2011年平成23年)
    • 5月 - 当社孫会社で、グループ会社のツルハグループマーチャンダイジングと取引先のタカマツヤが保有していた株式会社ウイングの全株式を取得により完全子会社化。
    • 9月 - ポプラとの業務提携を解消。
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)
    • 7月1日 - 国内大手ドラッグストアでは初めて、電子マネーマルチ端末をグループ内全店に導入。これにより、すでに利用可能となっていた楽天Edyに加え、WAONiDQUICPayでも利用可能となる。
    • 8月7日 - グループ内各店舗にLINEアカウントを設定し、LINEユーザーに向けた情報提供サービスを開始[4]
    • 8月16日 - 和歌山県大阪府でドラッグストアを展開する株式会社ウエダ薬局の全株式を取得し、完全子会社化[5](株式会社ウエダ薬局は2013年(平成25年)11月16日に株式会社ツルハへ吸収合併される)
    • 12月20日 - 株式会社ハーティウォンツの全株式のうち、株式会社リサ・キャピタル・マネジメント(株式会社リサ・パートナーズの完全子会社)が運営する投資ファンドが保有していた分(56%)すべてを当社が株式取得し、同社を子会社化[6]
  • 2014年(平成26年)1月23日 - 前述の楽天Edy・WAON・iD・QUICPayに続き、交通系電子マネー9種(KitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCASUGOCAnimocaはやかけん)をグループ内全店に導入(ハーティウォンツは同年2月より導入開始)[7]

傘下子会社[編集]

ドラッグストア事業[編集]

  • 株式会社ツルハ - 北海道。ツルハグループの中核事業会社。北海道・東北・関東・中部で「ツルハドラッグ」を展開。「ガルドドラッグ」も展開していたが、ほとんどが「ツルハ」ブランドに転換されている。また、2011年平成23年)5月に株式会社サクラドラッグを吸収合併し、こちらも「ツルハ」ブランドへ転換。2013年(平成25年)には、すでに「ツルハドラッグ」で展開されていた株式会社スパークと同年8月に当社の完全子会社となった株式会社ウエダ薬局を順次吸収合併した。
  • 株式会社リバース - 神奈川県2001年平成13年)11月、ツルハが完全子会社化。首都圏で「リバース」を展開していたが、「ツルハドラッグ」に転換。
  • 株式会社くすりの福太郎 - 千葉県2006年平成18年)12月関連会社化、2007年平成19年)5月完全子会社化。関東地方で「くすりの福太郎」を展開。
  • 株式会社ウェルネス湖北 - 島根県2009年平成21年)2月子会社化(間接保有分含めて100%)。島根・鳥取・兵庫で「ウェルネス」を展開。
  • 株式会社ハーティウォンツ - 広島県2013年(平成25年)12月子会社化。中国地方で「Wants」を展開。
  • Tsuruha(Thailand)Co.,Ltd. - タイ2011年サハグループとの合弁で設立(ツルハHDが51%出資)。タイ国内で「ツルハドラッグ」を展開。

通信販売事業[編集]

グループサポート事業[編集]

関連項目[編集]

  • ハピコム(旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ツルハHD、広島の同業を買収へ ドラッグ店3位に浮上 - 日本経済新聞・2013年11月21日
  2. ^ ツルハグループ 1,000店舗到達のお知らせ - ツルハホールディングス・2012年4月26日
  3. ^ ツルハグループ海外1号店 7月18日オープン - ツルハホールディングス・2012年7月18日
  4. ^ ツルハグループは「LINE」からお得な情報を発信します! - 株式会社ツルハホールディングス ニュースリリース 2013年8月6日(2014年2月22日閲覧)
  5. ^ 株式会社ウエダ薬局の株式取得(子会社化)に関するお知らせ - 株式会社ツルハホールディングス IR情報 2013年6月4日(2014年2月22日閲覧)
  6. ^ 株式会社ハーティウォンツの株式の取得に関するお知らせ - ツルハホールディングス・2013年11月21日
  7. ^ ツルハグループ全店にて交通系電子マネーがご利用いただけます - ツルハホールディングス・ジェーシービーJR北海道JR東日本JR東海JR西日本6社連名によるリリース(配信元:ツルハホールディングス) 2014年1月23日(2014年2月22日閲覧)

外部リンク[編集]