イオン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオングループ > イオン (企業)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
イオン株式会社
ÆON Co., ltd.
AEON logo.svg
Aeon Tower 2.jpg
本社のあるイオンタワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8267 1974年9月10日上場
略称 イオン
本社所在地 日本の旗 日本
261-8515
千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1 イオンタワー
北緯35度39分4.6秒 東経140度2分17.9秒 / 北緯35.651278度 東経140.038306度 / 35.651278; 140.038306
設立 1758年創業 法人設立1926年9月21日(株式会社岡田屋呉服店)
業種 小売業
事業内容 純粋持株会社
代表者 岡田元也
(取締役兼代表執行役社長)
資本金 2200億700万円
(2014年2月末日現在)
発行済株式総数 846,396,786株
(2014年2月末日現在)
売上高 連結:6兆3951億4200万円
(2014年2月期)
営業利益 連結:1714億3200万円
(2014年2月期)
純利益 連結:456億円
(2014年2月期)
純資産 連結:1兆6845億6900万円
(2014年2月末日現在)
総資産 連結:6兆8152億4100円
(2014年2月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 三菱商事(株) 4.78%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 4.51%
(株)みずほ銀行 3.94%
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 3.60%
(財)イオン環境財団 2.54%
(財)岡田文化財団 2.43%
農林中央金庫 2.14%
(2014年2月末日現在)
主要子会社 イオンリテール(株) 100%
イオンモール(株) 50.19%
イオンフィナンシャルサービス(株) 45.56%
(株)ダイエー 44.24%
イオンストアーズホンコン (Aeon Store HK) 71.64%
関係する人物 岡田卓也(名誉会長)
外部リンク www.aeon.info
特記事項:注1: 岡田屋・フタギ・シロの出資で1969年2月21日に設立したジャスコ株式会社(初代)は、1970年に岡田屋が吸収合併
注2: (株)イオンストアーズホンコン - 香港証券取引所上場企業, コード 0984
テンプレートを表示

イオン株式会社(ÆON Co., ltd)は、日本国内外260余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。本社は千葉県千葉市美浜区東京証券取引所第一部上場

概要[編集]

「イオン (ÆON)」とは、古典ギリシア語 αἰών(aiōn、アイオーン)に由来するラテン語で、「永遠」を意味する[1](ただし、「イオン」というカタカナ表記は現代英語における発音(英語発音: [ˈiːɒn])に基づいている)。社名が似ている英会話教室イーオン (AEON[2])、化粧品会社のイオン化粧品、かつて存在した業態名と同一であるニチイ学館とは資本関係・人的関係ともにない。横浜岡田屋も、創業者が同姓だったため旧称が同じで、前身もたまたま同じ業種(呉服店)だったというだけである。

1997年(平成9年)に会社更生法適用を申請した「ヤオハンジャパン」(現:マックスバリュ東海)や、2001年(平成13年)にやはり会社更生法適用を申請した「マイカル」(2011年(平成23年)にイオンリテールに合併)、そして2004年(平成16年)に産業再生法適用を申請した「ダイエー」の再建に携わったり、地場スーパーマーケットドラッグストアなどとの提携を盛んに行ったりと、事業の拡大が続いている。

かつては『連邦制経営』を標榜し、提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめて、実際の運営は各社の自主的判断に任せる形をとっていたが、バブル崩壊以降トップマネジメントの強化へと方針の転換がおこなわれた。

人材採用については1990年代に縁故による採用を重視していたが、近年の人手不足により大量採用に方向転換をした。

事実上の創業者である岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。

みずほ銀行をメインバンクとしており、同行が第2位株主になっている(ただし、マスタートラストを除く)。

財閥系・金融系の企業グループとのつながりを見ると、三菱グループとのつながりが深い。岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ”西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。

近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスユニーより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。

現在の社長は創業者である岡田卓也名誉会長の長男、岡田元也。ちなみに民主党衆議院議員で先代の幹事長を務めた岡田克也は次男である。

環境活動スローガンは「木を植えています ― 私たちはイオンです」。

この環境活動スローガンについて、2009年(平成21年)2月19日現在、同社は870万本の植樹を行ったと公表している[3]

樹木の温室効果ガスの吸収効果については、樹木の種類・成長度によりかなりの幅があるが、林野庁の身近な二酸化炭素排出量と森林(スギ)の二酸化炭素吸収量によれば50年生のスギ1本は1年間で14kgの二酸化炭素を吸収するとしている。

同社植林事業に関するホームページの記録では、最古の記載が1998年(平成10年)の万里の長城・森の再生プロジェクトであり、870万本すべてをこの50年生のスギと仮定することには異論があると思われるが、仮に同社の870万本すべてが50年生のスギとして仮定した、環境活動植樹による温室効果ガスの吸収量は、121,800t/CO2(12億1千800トン)と仮定される。

一方、環境省によると、同社本体の温室効果ガス排出量は812,973t/CO2(81億2千973トン)となっている[4]。これに同社の特定貨物輸送事業者としての温室効果ガス排出量を加算すると、年間に1,016,973t/CO2(101億6千973トン)を排出していることとなる。

この温室効果ガスの排出量は、地球温暖化対策推進法に基づく 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による 平成18年度温室効果ガス排出量の集計結果により公表された工場・事業所7505社、輸送関係1439社の中で上位から100社以内に入る排出量であり、流通・小売業部門ではトップとなる排出量である。

さらに、同社の関連グループ会社 イオンスーパーセンター(株)イオンモール(株)イオンマルシェ(株)イオン九州(株)イオン北海道(株)イオン琉球(株)(旧・琉球ジャスコ)、(株)フードサプライジャスコ(株)マイカル(株)マイカル九州の温室効果ガス排出を加算すると、1,900,257t/CO2(190億257トン)もの排出量となり、トヨタ自動車 245億1千トン、東日本旅客鉄道 204億8千トン、東芝 175億3千トン、西日本旅客鉄道 150億5千トンなどと比較すると、事業規模と温室効果ガス排出量が理解できるものと思われる。

2008年(平成20年)に前身のひとつである「岡田屋」の創業から250年を迎え、「イオン創業250年」として、1年間を通し、環境・社会貢献活動の更なる発展や環境負荷を低減できる商品を提案する等の取り組みを行う[5]


沿革[編集]

岡田屋(1946年昭和21年))
オカダヤ四日市店(1958年昭和33年))
  • 1758年宝暦8年) 初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で、太物小間物商「篠原屋」を創業。
  • 1887年明治20年) 篠原屋、四日市辻へ移転し、「岡田屋」と改称。
  • 1926年大正15年9月21日 岡田屋、「株式会社岡田屋呉服店」を設立し、法人化。
  • 1937年昭和12年) 二木一一が、兵庫県姫路市に「フタギ洋品店」を開業。
  • 1949年(昭和24年) フタギ洋品店、「フタギ株式会社」を設立し、法人化。
  • 1959年(昭和34年) 岡田屋呉服店が「株式会社岡田屋」に商号変更。スーパーを業務とする子会社・マルオカを設立。
  • 1961年(昭和36年)
  • 1968年(昭和43年)5月 岡田屋・フタギ、合併を前提に業務提携(のちにシロも参入)。
  • 1969年(昭和44年)
    • 2月21日 岡田屋・フタギ・シロ、3社共同出資による共同仕入会社として「(初代)ジャスコ株式会社」を設立。
      • 大阪市福島区大開一丁目8番地(野田店)に本社を置いた。
      • 社名は3社の従業員から公募され、「Japan United Stores COmpany」の頭文字で「ジャスコ (JUSCO)」となった。
    • 3月20日 三菱商事との共同出資により「株式会社ダイヤモンドシティ(現:イオンモール)」設立。
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月20日 岡田屋、フタギ・オカダヤチェーン・カワムラ(三重県伊勢市[7])・(初代)ジャスコを合併。
      • シロは当時経営不振であったため、「京阪ジャスコ」と社名を変え、自力で経営再建することになり、このときの統合には合流しなかった。
    • 4月14日 岡田屋、「(2代目)ジャスコ株式会社」に社名変更。
    • 同年 岡田屋、岐阜繭糸(現:イオンモール)を買収。
  • 1972年(昭和47年)8月20日 (2代目)ジャスコ、やまてや・やまてや産業・京阪ジャスコ(旧シロ)を合併。
  • 1973年(昭和48年)
    • 2月20日 (2代目)ジャスコ、かくだい食品・かくだい商事・マルイチ・新庄マルイチ・福岡大丸・三和商事を合併。
    • 2月21日 (2代目)ジャスコ、フォトサービスのジャスフォートを設立[8]
    • 3月 (2代目)ジャスコ、奈良店で銀行カードによるキャッシュレス販売実験開始。
    • 9月 (2代目)ジャスコ、ワンストップショッピング機能を強化した「アンカーストア」としてジャスコ川西店をオープン(1962年開店の旧シロ跡地に新築)。
  • 1974年(昭和49年)9月 (2代目)ジャスコ、東京証券取引所第二部上場。
  • 1975年(昭和50年)
  • 1976年(昭和51年)
    • 8月 (2代目)ジャスコ、東京証券取引所第一部指定換え。扇屋千葉県)を合併。
    • (2代目)ジャスコ、オークワと合弁で、和歌山県御坊市に「ジャスコ・オークワ」出店。
    • (2代目)ジャスコ、会社更生法申請していた橘百貨店を支援し、橘ジャスコを設立する。「橘ジャスコ」をオープン。橘百貨店がグループ入りする。
  • 1977年(昭和52年)8月 (2代目)ジャスコ、伊勢甚グループ(ボンベルタ伊勢甚、伊勢甚ジャスコ)および「いとはん」を合併。
  • 1979年(昭和54年)3月 (2代目)ジャスコ、イズミヤユニーなどとの出資で輸入専門商社アイク株式会社設立。
  • 1980年(昭和55年)
  • 1982年(昭和57年) 橘百貨店が、会社更生計画を終結させ、橘ジャスコと橘百貨店が合併。店舗名の橘ジャスコは存続。
  • 1983年(昭和58年)6月1日 (2代目)ジャスコ、本社を大阪市福島区大開一丁目8番8号から東京都千代田区神田錦町一丁目1番地に移転。
  • 1988年(昭和63年) 橘百貨店、リニューアルに際し、店舗名の「橘ジャスコ」を「ボンベルタ橘」に改名する。
  • 1989年平成元年)
    • 9月 (2代目)ジャスコ、グループ名称を「ジャスコグループ」から「イオングループ」に変更。
    • 10月 (2代目)ジャスコ、タルボットジャパン設立。
  • 1991年(平成3年)9月 (2代目)ジャスコ、奈良県斑鳩町に県下最大のディスカウントストア「ビッグ・バーン」オープン[9]
  • 1992年(平成4年)
  • 1994年(平成6年)
    • 5月 (2代目)ジャスコ、千葉の幕張新都心に「イオンタワー」竣工。現住所へ本社移転(登記上本店が東京から現住所へ移転したのは2001年)。
    • 9月トップバリュ」を販売開始。この時点では、ジャスコの数あるプライベートブランドのひとつであった。
  • 1997年(平成9年)10月 T-ZONEと提携し、パソコンショップのJ-ZONEを設立。
  • 1999年(平成11年)
  • 2000年(平成12年)
    • (2代目)ジャスコ、オークワとの合弁解消。
    • 2月 (2代目)ジャスコ、北陸ジャスコ(1977年2月設立)を合併。
    • 7月 (2代目)ジャスコ、ヤオハン(現・マックスバリュ東海)を完全子会社化(同社のグループ入りは同年3月から)。
  • 2001年(平成13年)8月21日 (2代目)ジャスコ、「イオン株式会社」への社名変更ならびにグループ呼称「イオン グループ」の「イオン」への改称により、グループの結束を前面に出した。
    • 各店舗内で「新生イオン入社式」が挙行される。「AEON」のカラーネックストラップ付き名札をグループ各社で共通に使用開始。
    • イオン、「グローバル10」構想を発表。
  • 2002年(平成14年)イオン、株式会社秀和の保有するいなげや株を引き取り、筆頭株主となる。
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)
    • 5月 お客さま感謝デーの開催日を、19・20日から20・30日に変更。
      • これに伴い、30日に実施していた「ジャスコみそか市」を廃止。
    • 7月2日 イオン商品券とマイカル商品券の相互利用を開始[10]
    • 9月1日 イオン、新ブランド戦略を発表。ブランドメッセージ「singingÆON」を発信し「昨日より、おもしろい、今日。」を顧客に約束することを宣言した。
    • いなげやと業務提携。
  • 2005年(平成17年)3月10日 イオン、カルフールジャパンの全株式を譲受。同日カルフールジャパンはイオンマルシェに社名変更。またフランス本国のカルフールS.A.社と業務提携を発表。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
    • 1月11日 ジャスコ東山二条店にて、試験的にレジ袋の無料配布を中止。1枚5円でレジ袋有料化を開始。
    • 2月1日 東日本旅客鉄道(JR東日本)とNTTドコモが開発したWAON・SuicaiDを利用できる電子マネー共用端末を日本ではじめて導入。
      • 前段階として、2005年12月13日にJR東日本との包括的業務提携が、前年3月27日エヌ・ティ・ティ・ドコモと広範な協業を検討する合意が行われた。
      • まず関東地方でサービスを開始。その後同年3月2日には新潟県新潟市内の店舗(ジャスコ新潟店・新潟東店、イオンラブラ万代店の3店舗。さらに同年10月開店のイオン新潟南ショッピングセンター(現・イオンモール新潟南)と合わせ計4店舗)にも導入された。
      • Suicaと相互利用が可能な電子マネーPASMOも同年3月18日から上記の店舗で利用可能である。
    • 2月 定年を65歳に延長(一部のグループ企業も導入)。
      • 前年改正の「高年齢者雇用安定法」への対応については、60歳定年後の継続雇用制度での対応がほとんどであり(イオンも2005年2月に導入済み)、定年の延長を行うケースは極めて異例とされる。
      • 定年制を廃止した企業では日本マクドナルドがあり、流通業界でも、事務用品通信販売のアスクルや百貨店の松屋が65歳に定年延長した例がある程度。
    • 3月9日 イオン、丸紅ダイエーならびに当社の計3社間での資本・業務提携合意を発表。提携により、国内最大の流通連合となった。
    • 6月1日 ジャスコ仙台幸町店でのレジ袋無料配布を中止、東山二条店と同様に1枚5円で有料化。
    • 6月11日 京都市内のジャスコ洛南店、京都西店、五条店の食品売場、ジャスコ金沢シーサイド店でのレジ袋無料配布を中止。
    • 8月21日 イオン、北海道内における総合小売事業を吸収分割によりイオン北海道に承継。プライベートブランド関連事業などを部門別小会社3社に事業譲渡により分離。
    • 10月15日 岐阜県、愛知県と京阪神エリアにも電子マネー共用端末を導入、WAON、iDの他、東海2県ではSuica、京阪神ではJR西日本ICOCAの利用が可能に。
    • 10月20日 イオン、流通業としては2社目となる銀行業参入。名称は「イオン銀行」。
    • 11月1日 クアトロエクゼキューションズ、イオンの所有する橘百貨店の全株式を取得。これにより、橘百貨店がイオングループを離脱。
    • 11月27日 イオン、2008年度中に会社分割する構想を発表。
    • 12月17日 イオン、関西地区で食品スーパー「鮮度館KOHYO」を運営する株式会社光洋の株式89.9%を、創業家一族から約150億円で取得し子会社化。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月22日 イオン、傘下のドラッグストア大手「CFSコーポレーション」が計画した、調剤薬局最大手「アインファーマシーズ」との経営統合を、プロキシーファイトの末に阻止。
    • 2月13日 イオン、この日の取締役会にて、純粋持株会社体制への移行を決議。
    • 2月21日 イオン、保険代理店事業を会社分割により、イオンクレジットサービスの子会社であるエヌ・シー・エス興産へ継承。同社は吸収分割当日にイオン保険サービスに社名変更。
    • 3月1日 イオン、電子マネー共用端末の導入店舗を全国に拡大、グループ内の約24,000店舗で利用可能に。WAON、iDの他、Suicaは東北地方、長野県と東海地方で、ICOCAは近畿地方と三重県の一部、岡山県、広島県、山口県で利用可能。その他の道県は当面WAONとiDのみ利用可。
    • 4月7日 イオン、取締役会の承認を経て、分割の詳細を発表。
    • 5月9日 イオン、岡田屋創業250年を迎えた節目として、女性従業員の制服及び全従業員の名札を一新。
    • 5月15日 イオン、株主総会で分割の決議。
    • 6月21日 イオン、イオントップバリュ株式会社・イオン商品調達株式会社・イオングローバルSCM株式会社にプライベートブランド・仕入等の事業を簡易分割形式で譲渡。ただし、トップバリュ商品の販売元の名義はイオン株式会社のままである。
    • 7月21日 イオン、株式会社光洋に京阪神地区の直営マックスバリュ店舗を吸収分割形式で譲渡。
    • 8月21日 イオン、イオンリテール株式会社に小売事業部門を吸収分割形式で承継し、純粋持株会社へ移行。
    • 10月15日 お客さまわくわくデーがスタート。
    • 10月18日 イオン、グループ2,000店舗で1,000品目の店頭価格を値下げする「がんばろう日本!とことん価格」を開始。円高のあおりを受け、同年11月1日からは輸入品等を中心にさらに300品目を追加。
    • 11月12日 業務提携会社である三菱商事株式会社が、株の市場買い付けにより筆頭株主となる。
    • 12月16日 イオン、三菱商事株式会社との包括業務提携の強化(海外出店、国内ショッピングセンター開発などに関する協業・イオン株の買い増し)を発表。
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • 2月16日 イオングループの各店で電子マネーQUICPayを導入、最大4つの電子マネー(全国でWAON、iD、QUICPay、一部地域でSuicaICOCASUGOCAならびにPASMOnimocaなどなどそれらとの相互利用対応電子マネー)が利用可能となる。
    • 8月4日 イオン、グループ内でのレジ袋無料配布中止店舗で得たレジ袋収益金を元に、14,860トンCO2相当の「国内排出権」を購入。1企業としては国内最大規模となる[12]
    • 8月21日 イオン、吸収分割により株式会社CFSコーポレーションのスーパーマーケット事業を譲り受けて事業を開始したイオンキミサワ株式会社の全株式を同社から譲受、完全子会社化(同社は2013年(平成25年)3月1日にマックスバリュ東海株式会社と合併)。
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 6月1日 この日から開店時間をこれまでより2時間早い午前7時に繰り上げ、一部の店舗を除き9月初旬まで行った。ほとんどの店舗が今後も引き続き7時開店を続ける。節電に向け始業時間を早めるサマータイムの導入などが普及し、生活様式の変化に対応するのが狙い[14]
    • 6月8日 イオン、株式会社ローソンとエンタテイメント分野での協業を発表。共同キャンペーンの実施やミニストップ全店舗への「Loppi」設置が行われる[15]
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 4月11日 イオン、ソニー株式会社大日本印刷株式会社株式会社ぐるなび株式会社丹青社との合意のもと、グループ会社のイオンフィナンシャルサービス株式会社と共にフェリカポケットマーケティング株式会社の株式の一部を同年3月31日に取得し、連結子会社化したことを発表[18]
    • 5月30日 イオン、株式会社セディナとの合意のもと[19]、連結子会社である株式会社ダイエーとの「お客さま感謝デー」の相互利用を開始。これにより、同日より全国の「イオン」において「お客さま感謝デー」開催時におけるOMCカードのクレジット払いによる割引サービスの提供を開始[20](同年6月20日からはマックスバリュ、イオンスーパーセンター、ボンベルタ成田、ホームワイド、光洋、マルナカ、山陽マルナカ、ピーコックストアにも拡大)。

不祥事[編集]

産地偽装米使用商品の販売[編集]

2012年12月から判明する2013年9月までイオン674店舗で国産米とうたっていたが実際は中国産の米が多量にブレンドされていた。中国産米が混入した商品は弁当は112種、おにぎり35種類。プライベートブランド「トップバリュ」商品も含まれ、計約1500万個に上る[21]


CMキャラクター[編集]

イオンのCMは通常、商品やイベントなどによってCMキャラクターが棲み分けられているが、2010年(平成22年)6月開催の「みんなに値下げの5日間」、同年12月開催の「うれしい値下げの5日間」では通常は別々のCMに出演している木下優樹菜と加藤清史郎が共演している。

なお、2011年(平成23年)3月に店舗ブランドが「イオン」に統合されたことに伴い、武井咲がイオンのメインキャラクターとして起用されている(「お客様感謝デー」などの定期イベントのCMも同時期から改訂されている)。

現在[編集]

  • 武井咲 - わくわくデー、お客さま感謝デー、5日間セール、幸せの黄色いレシートなど
  • 伊勢谷友介 - 幸せの黄色いレシート
  • 栗山千明 - イオンモール
  • 蒼井優 - イオンフィナンシャルサービス(イオンクレジットサービス・イオン銀行)
  • 高田純次夏木マリ - G.G.(グランドジェネレーション - 新世代シニア)関連
  • HKT48 - ダイエー[22]

過去[編集]

関連項目[編集]

人物[編集]

  • 四日市岡田家
    • 岡田卓也 - 名誉会長。四日市の岡田屋呉服店から、現在のイオングループへと発展させた事実上の創業者。初代岡田惣左衛門から数えて7代目(“惣左衛門”の襲名は6代で終わった)。
    • 岡田元也 - イオン株式会社取締役兼代表執行役社長。岡田卓也名誉会長の長男。
    • 岡田克也 - 岡田卓也名誉会長の次男。衆議院議員であり元副総理外務大臣民主党代表、幹事長などを務めていた。
    • 高田昌也 - 岡田卓也名誉会長の三男。東京新聞
  • 常盤敏時 - イオン株式会社取締役会前議長、元代表執行役会長、元代表取締役会長。

スポンサー関連[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ よくあるご質問(FAQ) - イオン公式HP 2010年9月24日閲覧
  2. ^ 以前はÆONと表記していたが、イオンとの混同を招いていたため現在は合字を使わない表記にしている。
  3. ^ ホームページ [リンク切れ]
  4. ^ 地球温暖化対策推進法に基づく 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による 平成18年度温室効果ガス排出量の集計結果(平成20年3月28日(平成21年1月16日修正))
  5. ^ “環境”と“地域”をテーマに「イオン創業250年」の取り組みについて - イオン公式HP 2010年9月24日閲覧
  6. ^ 運営会社は、当初井上の旧姓から命名した「飯田株式会社」であったが、後に「株式会社シロ」に改称している。
  7. ^ 岡田屋の子会社。
  8. ^ 現在はカメラのキタムラに統合されている。
  9. ^ その後、ジャスコいかるが店を経て2011年現在はイオンいかるが店となっている。
  10. ^ 「ジャスコ・サティパワーアップセール」開催について - イオン九州公式ウェブサイト、2014年5月27日閲覧。
  11. ^ 株式会社デジタルダイレクトへのイオン株式会社による出資について (PDF)”. イオン (2009年8月11日). 2013年3月8日閲覧。
  12. ^ レジ袋収益金を活用し、企業として国内最大規模の「国内排出権」を購入 (PDF)”. イオン (2010年8月12日). 2010年8月22日閲覧。
  13. ^ “株式会社マルナカ及び株式会社山陽マルナカの株式取得(子会社化)及び株式会社マルナカホールディングスとの資本提携に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2011年10月5日), http://www.aeon.info/news/2011_2/pdf/111005R_2.pdf 2012年8月27日閲覧。 
  14. ^ 全国のイオン、6月から午前7時開店に - 中日新聞 2012年5月17日
  15. ^ “イオングループとローソンのエンタテイメント分野における協業について” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社・株式会社ローソン, (2012年6月8日), http://www.aeon.info/news/2012_1/pdf/120608R_1.pdf 2012年6月8日閲覧。 
  16. ^ “テスコジャパン株式会社の株式取得と代表取締役の異動について” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2012年11月28日), http://www.aeon.info/news/2012_2/pdf/121128R_2_1.pdf 2013年3月8日閲覧。 
  17. ^ “株式会社ピーコックストアの完全子会社化と代表取締役の異動について” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2013年4月1日), http://www.aeon.info/news/2013_1/pdf/130401R_2.pdf 2013年4月1日閲覧。 
  18. ^ “フェリカポケットマーケティング株式会社の株式取得(連結子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2014年4月11日), http://www.aeon.info/news/2014_1/pdf/140411R_1.pdf 2014年4月11日閲覧。 
  19. ^ “セディナ、OMCカード会員さま向けにイオン店舗での特典提供を開始!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社セディナ, (2014年5月28日), http://www.cedyna.co.jp/company/news/pdf/140528.pdf 2014年6月1日閲覧。 
  20. ^ “イオンカード・OMCカード優待サービス相互利用をスタート” (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2014年5月28日), http://www.aeon.info/news/2014_1/pdf/140528R_2.pdf 2014年6月1日閲覧。 
  21. ^ 三重の業者、中国米を国産と偽装 イオンなど弁当に使用
  22. ^ 九州地方のみ。
  23. ^ 『ジャスコ三十年史』 ジャスコ株式会社、2000年

外部リンク[編集]