東洋紡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東洋紡株式会社
TOYOBO CO.,LTD.
Toyobo Headoffice.JPG
東洋紡本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3101
大証1部(廃止) 3101
略称 TOYOBO
本社所在地 日本の旗 日本
530-8230
大阪市北区堂島浜二丁目2番8号
設立 1914年6月26日
業種 繊維製品
事業内容 繊維、化成品、バイオ・メディカル・機能材、他
代表者 坂元龍三(代表取締役社長)
資本金 517億円(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 890,487,922株
売上高 連結:3,495億円
単独:2,261億円(2012年3月期)
総資産 連結:4,378億円
単独:3,946億円(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:10,479名
単体:3,230名(2012年3月31日現在)
決算期 3月
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 4.72%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4.03%
日本生命保険相互会社 2.46%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 御幸ホールディングス など
関係する人物 渋沢栄一
阿部市郎兵衛 (7代)
阿部周吉
山辺丈夫
阿部房次郎
阿部孝次郎
関桂三
宇野収
外部リンク http://www.toyobo.co.jp/
テンプレートを表示

東洋紡株式会社(とうようぼう、:TOYOBO CO., LTD)は、繊維を中心に化成バイオ医薬など高機能製品の開発・製造を行なう日本企業本社大阪府大阪市北区堂島浜

1882年明治15年)創業の日本の紡績業界の名門としてその名を知られているが、現在では繊維以外の部門が高いウェートを占める。一時期「ゆたかな未来のパートナー」をコーポレート・スローガンに掲げていた時期もある。旧社名は東洋紡績(とうようぼうせき)だが、2012年平成24年)に従来の通称を正式社名とする社名変更を実施した。

社史[編集]

沿革[編集]

  • 1879年(明治12年) - 渋沢栄一により、紡績事業計画を策定する。
  • 1882年(明治15年) - 東洋紡の基盤となる大阪紡績株式会社を設立する。日本初の本格的な紡績会社として操業を開始する。
  • 1886年(明治19年) - 三重紡績株式会社を設立する。
  • 1888年(明治21年) - 金巾製織株式会社を設立する。
  • 1906年(明治39年) - 金巾製織と大阪紡績が合併する。
  • 1914年(大正3年) - 大阪紡績と三重紡績が合併して東洋紡績株式会社が設立される。
  • 1927年(昭和2年) - レーヨン事業に進出する。
  • 1949年(昭和24年) - 株式を公開する。
  • 1966年(昭和41年) - 呉羽紡績を合併する。
  • 2010年(平成22年) - 3月1日に東洋化成工業を合併する。同社の精密化学品事業本部となる。
  • 2012年(平成24年) - 創立130周年を機に正式社名を東洋紡株式会社に変更。

合併沿革[編集]

三重紡績(明治19年6月創設~大正3年6月に大阪紡績と対等合併して東洋紡績株式会社になる)
  • 三重紡績所(明治13年4月創設~明治19年7月の三重紡績に吸収合併)
  • 伊勢中央紡績(明治29年2月創設~明治30年2月に三重紡績に吸収合併)
  • 伊勢紡績(明治27年9月創設~明治34年2月に三重紡績に吸収合併)
  • 尾張紡績(明治20年3月創設~明治38年10月に三重紡績に吸収合併)
  • 津島紡績(明治27年3月創設~明治39年9月に三重紡績に吸収合併)
  • 浪華紡績(明治20年4月創設~明治32年6月に西成紡績所に改称する)
  • 西成紡績所(明治32年6月創設~明治39年12月に三重紡績に吸収合併)
  • 知多紡績(明治29年8月創設~明治40年8月に三重紡績に吸収合併)
  • 桑名紡績(明治29年1月創設~明治40年8月に三重紡績に吸収合併)
  • 下野紡績所(明治18年1月創設~明治20年6月に下野紡績に改称)
大阪紡績(明治15年5月創設~大正3年6月に三重紡績と対等合併して東洋紡績株式会社になる。)
  • 大阪織布(明治20年5月創設~明治23年10月に大阪紡績に吸収合併)
  • 伏見紡績(明治28年12月創設~明治33年5月に平安紡績に吸収合併)
  • 平安紡績(明治28年9月創設~明治37年2月に神戸紡績に改称)
  • 神戸紡績(明治37年創設~明治38年5月に大阪紡績に吸収合併)
  • 金巾製織(明治21年8月創設~明治30年2月に神戸紡績に吸収合併)
  • 宇和紡績(明治21年6月創設~明治38年4月に白石紡績所に改称)
  • 白石紡績所(明治38年4月創設~明治40年4月に大阪紡績に吸収合併)[1]

事業内容[編集]

繊維事業を出発点に、化成品、機能材、バイオ・メディカルへと事業領域を拡大してきた歴史があり、2001年(平成13年度)以降は非繊維部門の売上高が50%を超えている。

  • 各種繊維工業品、合成樹脂およびその成形品、各種科学工業品ならびに生化学品、医薬品および関連商品製造・加工・販売、電子機器、理科学機器、医療用具およびその関連機器。
  • 各種プラントおよび機器の設計・製作・販売。
  • 各種技術・情報の販売。

事業所[編集]

グループ企業[編集]

繊維の製造販売関連[編集]

サービス関連[編集]

その他製造販売[編集]

過去のグループ企業[編集]

スポンサー番組(全て過去)[編集]

歴代キャンペーンガール[編集]



社会人スポーツ[編集]

1961年(昭和36年)に女子バレーボール部が発足する。1967年(昭和42年)から日本リーグに参戦して、強豪として数々の実績を残す。1994年(平成6年)にVリーグに移行(東洋紡オーキス・バレーボール部)してからも、大林素子などの活躍により2回の優勝を果たすが、本業の不振などの理由により2002年(平成14年度)をもってチームは解散して、35年に渡る活動の幕を下ろした。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東洋紡績株式会社富田工場(四日市市歴史的建造物(近代建築)調査の記録⑥)66頁

外部リンク[編集]