日東紡績

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日東紡績 株式会社
Nitto Boseki Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3110
大証1部(廃止) 3110 2013年7月12日上場廃止
略称 日東紡、Nittobo、ニットーボー
本社所在地 日本の旗 日本
102-8489
東京都千代田区九段北4-1-28
本店所在地 960-8161
福島県福島市郷野目字東1
設立 1918年4月22日
業種 ガラス・土石製品
事業内容 建材
繊維
代表者 南園克己(代表取締役)
資本金 196億99百万円
売上高 連結871億円
単独545億円
(2010年3月期)
純資産 連結545億円
単独428億円
(2010年3月末現在)
総資産 連結1,290億円
単独1,009億円
(2010年3月末現在)
従業員数 連結2,994名/単体1,103名
(2009年9月末現在)
決算期 3月末日
主要子会社 日東紡マテリアル
パラマウント硝子工業など
関係する人物 安藤與惣次郎(創業者)
外部リンク www.nittobo.co.jp
テンプレートを表示

日東紡績株式会社(にっとうぼうせき)は、日本の繊維メーカー。商標は「火山」。

概要[編集]

かつては綿紡績の大手として日本十大紡績会社(十大紡[1])の一角を占めていたが、繊維事業は縮小の傾向にあり、現在では売上高の8割を非繊維事業が占めている。ガラス繊維ロックウールの工業化に日本で初めて成功し、無機材料の高温溶融による繊維化の分野で高い技術力を持つ。ガラス繊維は国内トップレベルのシェアを誇る。

会社所在地[編集]

本部所在地

本店所在地

沿革[編集]

  • 1918年(大正7年) - 滋賀県坂田郡長濱町出身の安藤與惣次郎(中合創業家)が資本金50万円で福島市清明町に福島精練製糸株式会社設立。
  • 1919年(大正8年) - 福島紡織株式会社に改称。
  • 1923年(大正12年) - 日東紡績株式会社に改称 社長に片倉三平就任。
  • 1938年(昭和13年) - 日本で初めてロックウールの製造を開始。同年、日本で初めてガラス繊維の製造方法を完成。

事業所[編集]

[編集]

  1. ^ 大日本紡績東洋紡績鐘淵紡績富士紡績日清紡績倉敷紡績大和紡績敷島紡績、日東紡績、呉羽紡績(東洋紡に合併)の十社のことを指す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]