三菱レイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mitsubishi logo.svg三菱レイヨン株式会社
Mitsubishi Rayon Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3404 2010年9月28日上場廃止
大証1部(廃止) 3404 2010年9月28日上場廃止
略称 三菱レ、MRC、(菱レイ)
本社所在地 日本の旗 日本
108-8506
東京都千代田区丸の内1丁目1番1号
設立 1950年6月1日
業種 繊維製品
事業内容 化成品・樹脂事業、繊維事業
代表者 取締役社長 越智仁
資本金 532億円
売上高 連結: 4,784億円
単体: 1,878億円
営業利益 連結: 410億円
単体: 45億円
総資産 連結: 5,628億円
単体: 4,320億円
従業員数 連結: 8,203名
単体: 3,088名
決算期 3月31日
主要株主 三菱ケミカルホールディングス
主要子会社 Lucite International Group
UMG ABS
ダイヤニトリックス
外部リンク http://www.mrc.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2011年3月期
テンプレートを表示

三菱レイヨン株式会社(みつびしレイヨン)は、東京都千代田区に本社を置く日本の大手合成繊維合成樹脂メーカー。三菱グループに属する。メタクリル酸メチル樹脂(MMA樹脂)世界首位、炭素繊維世界3位。社名の由来となったレーヨンのステープル(短繊維)は、1978年12月に生産を終了している。

沿革[編集]

  • 1933年(昭和 8年) 8月 - 新光人絹設立
  • 1935年(昭和10年) 6月 - 大竹工場竣工(現:大竹事業所)
  • 1942年(昭和17年)10月 - 日本化成工業と合併
  • 1943年(昭和18年)10月 - MMAモノマー生産開始
  • 1944年(昭和19年) 5月 - 日本化成工業と旭硝子が合併し三菱化成工業と改称
  • 1950年(昭和25年) 6月 - 財閥解体の指定を受け、新光レイヨン(現在の三菱レイヨン)、日本化成工業、旭硝子に分割
  • 1952年(昭和27年)12月 - 社名を新光レイヨンから三菱レイヨンに変更
  • 1958年(昭和33年) 8月 - 富山工場竣工(現:富山事業所)
  • 1963年(昭和38年)11月 - 豊橋工場竣工(現:豊橋事業所)
  • 1998年(平成10年)10月 - 日東化学工業(株)と合併し、横浜事業所、八戸事業所(現:八戸製造所)、化学品開発研究所(現:横浜先端技術研究所)を継承。
  • 2008年(平成20年)11月 - 世界最大手のMMA樹脂のシェアを持つ、英国ルーサイト社の買収を発表
  • 2009年(平成21年)11月 - 経営統合により三菱ケミカルホールディングス傘下に入る旨の基本合意締結を発表
  • 2010年(平成22年) 4月 - 株式公開買い付けにより、三菱ケミカルホールディングスの子会社となる。
  • 2010年(平成22年) 9月 - 東証・大証一部上場廃止
  • 2010年(平成22年)10月 - 株式交換により、三菱ケミカルホールディングスの完全子会社となる。

事業所所在地[編集]

管理統括機能

生産機能

研究機能

  • 中央技術研究所(広島県大竹市)
  • 横浜先端技術研究所(神奈川県横浜市)
  • 豊橋技術研究所(愛知県豊橋市)
  • 生産技術研究所(広島県大竹市)

主なグループ会社[編集]

(国内50音順・海外地域別)

国内連結子会社
  • アクリサンデー
  • MRC-SGLプレカーサー
  • MRC幸田
  • MRCコンポジット プロダクツ
  • MRC情報システム
  • MRC・テクノリサーチ
  • MRCポリサッカライド
  • MRCパイレン
  • MRCファイナンス
  • MRCユニテック
  • MRM大竹
  • MRM豊橋
  • MRM富山
  • エムアンドユー
  • ダイヤ開発
  • ダイヤテック
  • ダイヤモード
  • ダイヤニトリックス
  • 東栄化成
  • トーセン
  • 日東石膏ボード
  • 日本錬水
  • 菱晃
  • 菱光サイジング
  • 三菱レイヨン・クリンスイ
  • 三菱レイヨン・テキスタイル


国内持分法適用会社
  • アサヒプラスチックス
  • MRC・デュポン
  • サンユーケミカル
  • ダイヤカーペット
  • デュポンMRCドライフィルム
  • 富士プラスチック
  • フジワラ
  • 明邦
  • メック
  • UMG ABSABS樹脂国内シェアトップ)
  • レリアン(元レナウングループ、伊藤忠と共同買収)
海外連結子会社
  • Lucite International Group (UK)
  • MRC Holdings Ltd. (Thailand)
  • Thai MMA Co., Ltd. (Thailand)
  • Diapolyacrylate Co., Ltd. (Thailand)
  • MRC Asia Ltd. (Thailand)
  • 恵州恵菱化成有限公司(Huizhou MMA Co., Ltd.) (China)
  • 三菱麗陽高分子材料(南通)有限公司 (China)
  • 蘇州三友利化工有限公司 (China)
  • 蘇州麗陽光学産品有限公司 (China)
  • 菱技樹脂産品(上海)有限公司 (China)
  • 大連麗陽環保機器有限公司 (China)
  • 無錫碧水源麗陽膜科技有限公司 (China)
  • MRC Hong Kong Co. Ltd. (Hong-Kong)
  • Dianal America, Inc. (USA)
  • Grafil, Inc.(USA)
  • Newport Adhesives and Composites, Inc.(USA)
  • MRC Golf, Inc. (USA)
  • Mitsubishi Rayon America Inc. (USA)


海外持分法適用会社
  • 大山MMA株式会社(DAESAN MMA Corp.) (Korea)
  • San Esters Corp. (USA)
  • MRC Resins (Thailand) Co., Ltd. (Thailand)
  • P.T. Diachem Resins Indonesia (Indonesia)


主要商品[編集]

  • 化学原料「MMAモノマー」
  • 樹脂成形材 「アクリライト」
  • 炭素繊維「パイロフィル」
  • ゴルフシャフト「ディアマナ
  • 水処理「ステラポアー」
  • 浄水器「クリンスイ」
  • 繊維「ボンネル」
  • 繊維「パイレン」
  • 天然多糖類

主な学会賞受賞技術[編集]

  • 1965年 ビニロンフィラメント製造法(大河内記念技術賞)
  • 1978年 メチルメタクリレート樹脂板の連続製造技術の確立(大河内記念生産賞)
  • 1978年 新規塩化ビニル樹脂用加工助剤メタブレンPと関連技術の開発と工業化(高分子学会賞)
  • 1982年 メタクリル酸メチル新合成プロセスの開発(化学工学協会技術賞)
  • 1983年 メチルメタクリレートの新しい製造法の開発とその工業化(大河内記念生産特賞)
  • 1985年 低損失プラスチック光ファイバーの開発と工業化(日本化学会 化学技術賞)
  • 1985年 ポリオレフィン系中空糸膜の微細多孔質化技術の開発と工業化(高分子学会賞)
  • 1986年 酵素法によるアクリルアミド製造プロセスの開発(化学工学協会技術賞)
  • 1988年 アクリルアミドの新しい製造法の開発と工業化(大河内記念生産特賞)
  • 1988年 分子形状選択性触媒を用いたジメチルアミンの製造(触媒学会技術賞)
  • 1989年 ジメチルアミン製造における新触媒とプロセス開発(化学工学会技術賞)
  • 1991年 ランダム微細構造ポリエステル繊維「クリセタ®」の開発(繊維学会技術賞)
  • 1993年 中空糸膜フィルターを用いた発電プラント復水・廃液処理システムの開発(化学工学会技術賞)
  • 1993年 CFRPマストの一体成形技術(日本複合材料学会技術賞)
  • 1997年 高ドレープ性アセテート繊維の開発(繊維学会技術賞)
  • 2000年 白色系蓄熱保温・導電アクリル繊維の開発(繊維学会技術賞)
  • 2000年 プラスチックロッドレンズアレイの開発と工業化(高分子学会技術賞)
  • 2004年 三層複合中空繊維膜の開発(繊維学会技術賞)
  • 2005年 通気コントロール素材"ベントクール"の開発(繊維学会技術賞)
  • 2007年 機能性シースコアアクリル繊維群「コアブリッド®」の開発(繊維学会技術賞)
  • 2008年 異染性複合繊維素材「ミクシカ」の開発(繊維学会技術賞)
  • 2009年 下排水処理用中空糸膜SADF®の開発・工業化(繊維学会技術賞)

外部リンク[編集]