横浜市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 関東地方 > 神奈川県 > 横浜市
よこはまし
横浜市
Japan Yokohama.png
横浜市旗 横浜市徽章
横浜市旗 横浜市徽章[注 1]
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
団体コード 14100-3
面積 437.57km²
総人口 3,709,686
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 8,480人/km²
隣接自治体 川崎市藤沢市大和市
横須賀市鎌倉市逗子市
東京都町田市
市の木 イチョウケヤキサザンカ
サンゴジュシイツバキ
市の花 バラ
市の歌 横浜市歌
横浜市役所
所在地 231-0017
神奈川県横浜市中区港町1丁目1番地
北緯35度26分38.3秒東経139度38分17.7秒座標: 北緯35度26分38.3秒 東経139度38分17.7秒
横浜市役所
外部リンク 横浜市 公式サイト (日本語)

横浜市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

横浜市行政区画図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。

神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国

概要[編集]

横浜市は東京都心から南南西に約30kmから40km圏内にある、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。横浜市政の中心地は関内地区(中区関内駅周辺)で、横浜市域の中央駅は横浜駅西区[注 2]、横浜市の経済活動の中心地は横浜駅周辺地域である。経済活動の中心地である横浜駅周辺地域は、横浜市政の中心地である関内地区から北北西に約3kmの所にあり、両地域間は事実上分断されており、横浜市政は両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。また、横浜都心臨海部(インナーハーバー[1])に位置する東神奈川臨海部周辺(東神奈川駅周辺および山内ふ頭周辺)地区[2]、横浜駅周辺地区、みなとみらい地区、関内・関外地区、山下ふ頭周辺地区では長期的な都市の再生計画が進行中で、これらの五地区をLRT(次世代型路面電車システム)で結ぶ案も検討されている[3]

横浜市営地下鉄路線図

横浜市域は比較的広大であり、横浜市政が指定する都心(ツインコア)は、横浜都心(関内・関外地区、横浜みなとみらい21(MM21)地区、横浜駅周辺地区[4][5]、と新横浜都心(城郷地区(小机駅周辺地区)、羽沢地区羽沢駅(仮称)周辺地区)、新羽地区(新羽北新横浜駅周辺地区)、新横浜地区(新横浜駅周辺地区))[6]である。また、主要な生活拠点(旧:副都心)としては、鶴見駅周辺、港北NT(港北ニュータウン)センター二俣川鶴ヶ峰駅周辺、戸塚駅周辺、上大岡駅周辺が指定されている[7][8]。港北NTセンターを除く各地区は、JR東海道線横浜線京急本線相鉄本線の鉄道駅を中心として古くから発展してきた街である。港北NTセンターは、1965年(昭和40年)に策定された横浜市六大事業の一つとして、当時の港北区(現在の中心は都筑区)に計画的に開発された街である。都心(ツインコア)と各主要な生活拠点(旧:副都心)間は、横浜市営地下鉄ブルーラインおよびグリーンライン横浜環状鉄道[9]横浜環状道路を中核とした自動車専用道路によって[10]、計画的に結ばれる予定となっている。そのほかの郊外区は首都圏への人口集中によるスプロール化した市街地が散在しており、都市基盤整備が推進されている。多摩田園都市をはじめとした市内北西部は、東京都心のベッドタウンとして開発されたため、鉄道網も東京からの放射線が軸となり、東京都心への通勤通学人口が多い(詳細は後述)。

横浜市域は、南に接する鎌倉鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始めた。江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩金沢区)のみがおかれた。また、大きな港を持たない鎌倉幕府の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川沖・小柴(旧・六浦湊外周部)で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[注 3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。

1889年明治22年)4月1日市制が施行され、横浜市となった[注 4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4 km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38 km² (2006年)となっている。1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約370万人となった。これは日本の市では最も多く人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市[12]1988年(昭和63年)には業務核都市[13]2011年(平成23年)には環境未来都市国際戦略総合特区に指定され[14]、2012年(平成24年)には横浜駅周辺地区などが特定都市再生緊急整備地域[15]に指定された。

地理[編集]

横浜市のランドサット画像

市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘西)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[16]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市藤沢市東京都町田市、南は鎌倉市逗子市横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い。

地形[編集]

横浜市域の地形は、丘陵地台地段丘低地埋立地に分けられる。

丘陵地は、市域中央部よりやや西よりに分布し、市域を南北に縦断する。この丘陵地は保土ケ谷区旭区などを流れる帷子川付近を境に、北側と南側で性質を異にする。北側の丘陵地は、多摩丘陵の南端に位置し、標高は60mから100mで北に向かって高くなっている。南側の丘陵地は、三浦半島に続く三浦丘陵の北端部を占め、標高は80mから160mで南に向かって高くなっている。南側の丘陵地の方が起伏も激しく、標高も高い。鎌倉市に山頂部を置く大平山をはじめとする通称「鎌倉アルプス」に続く峠部分が市内最高点(栄区上郷町、標高159.4m)であり、市内最高峰の大丸山金沢区釜利谷町、標高156.8m)や円海山磯子区峰町、標高153.3m)もこの南側の丘陵地に位置する。

台地・段丘は、丘陵地の東西にある。東側の台地は鶴見区の地名を取って下末吉台地と呼ばれ、標高は40mから60mで鶴見川付近まで続く。旭区瀬谷区泉区など西側の台地は、相模野台地の東端にあたり、標高は30mから70mで南に向かって低くなっている。本牧付近で台地が海に突き出し、その南側は根岸湾と呼ばれる。横浜駅周辺も幕末まで袖ヶ浦と呼ばれる入り江だった。

低地には、丘陵地や台地を刻む河川の谷底低地と沿岸部の海岸低地とがある。谷底低地は鶴見川に沿って広がり、平坦な三角州性低地を形成する。また、海岸部には埋立地が造成され、海岸線はほとんどが人工化されている。金沢区の小さな入り江平潟湾は、鎌倉幕府が江戸湾側の海の玄関口とした天然の良港であった。としては金沢区の野島扇島八景島人工島)があり、野島海岸が横浜で唯一の自然海浜となった。

河川
鶴見川鳥山川、早渕川、砂田川
帷子川、今井川、中堀川
境川柏尾川いたち川、宇田川、和泉川
大岡川堀割川中村川
入江川、侍従川、富岡川、大川、滝の川
南部の港南区・磯子区・栄区・金沢区境付近が最も高く、大丸山(標高156m)、円海山(標高153m)などがある。

気候[編集]

横浜の平年気温(月ごとの値)
横浜の平年降水量(月ごとの値)

本州のほぼ中央、太平洋岸に位置し、ケッペンの気候区分では温帯温暖湿潤気候に属する。気温の年較差は大きく、四季は明瞭。1日の寒暖の差は小さく、1年を通じて穏やかな気候である。横浜では、梅雨時と秋雨台風の時期に降水量が多い。夏は名古屋以西の都市と比べると暑さが穏やかで、冬は晴れる日が多く、積雪は南岸低気圧によるもので年1回程度だが、積もるときには比較的まとまる(10cm以上)事が多い。

横浜の年平均降水量は1688.6mmで、月平均降水量の最高は9月の233.8mm、最低は12月の54.8mm。年平均気温は15.8°Cで、月平均気温の最高は8月の26.7°C、最低は1月の5.9°C。年平均相対湿度は67%で、月平均相対湿度の最高は6、7月の78%、最低は1月の53%。年平均風速は3.5m/sで、最大は3月の3.9 m/s、最小は7、8月の3.2 m/s。6月から8月にかけて南西風が卓越する他は、北風が卓越する。年平均の合計日照時間は1964.4時間で、最多は8月の206.3時間、最少は9月の130.7時間。大気現象の年平均日数は、が9.7日、が8.0日、が12.6日となっている。[17]

横浜地方気象台の観測史上、最高気温は2013年8月11日の37.4°C、最低気温は1927年1月24日の-8.2°C。同じく、日降水量が最も多かったのは1958年9月26日の287.2mm、年降水量が最も多かったのは1941年の2535.2mm。[18]

横浜の初雪の平年値は1月4日で、初霜は12月6日、初氷は12月12日。ソメイヨシノ)の開花日の平年値は3月28日で、満開日は4月5日となっている[19]


横浜市(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 19.7
(67.5)
24.8
(76.6)
24.0
(75.2)
28.4
(83.1)
31.1
(88)
35.5
(95.9)
36.9
(98.4)
36.3
(97.3)
35.9
(96.6)
30.8
(87.4)
26.2
(79.2)
23.5
(74.3)
36.9
(98.4)
平均最高気温 °C (°F) 9.9
(49.8)
10.3
(50.5)
13.2
(55.8)
18.5
(65.3)
22.4
(72.3)
24.9
(76.8)
28.7
(83.7)
30.6
(87.1)
26.7
(80.1)
21.5
(70.7)
16.7
(62.1)
12.4
(54.3)
19.7
(67.5)
日平均気温 °C (°F) 5.9
(42.6)
6.2
(43.2)
9.1
(48.4)
14.2
(57.6)
18.3
(64.9)
21.3
(70.3)
25.0
(77)
26.7
(80.1)
23.3
(73.9)
18.0
(64.4)
13.0
(55.4)
8.5
(47.3)
15.8
(60.4)
平均最低気温 °C (°F) 2.3
(36.1)
2.6
(36.7)
5.3
(41.5)
10.4
(50.7)
15.0
(59)
18.6
(65.5)
22.4
(72.3)
24.0
(75.2)
20.6
(69.1)
15.0
(59)
9.6
(49.3)
4.9
(40.8)
12.5
(54.5)
最低気温記録 °C (°F) −3.3
(26.1)
−4.8
(23.4)
−1.7
(28.9)
0.6
(33.1)
13.4
(56.1)
16.4
(61.5)
14.6
(58.3)
22.1
(71.8)
12.2
(54)
6.1
(43)
1.4
(34.5)
−1.7
(28.9)
−4.8
(23.4)
降水量 mm (inch) 58.9
(2.319)
67.5
(2.657)
140.7
(5.539)
144.1
(5.673)
152.2
(5.992)
190.4
(7.496)
168.9
(6.65)
165.0
(6.496)
233.8
(9.205)
205.5
(8.091)
107.0
(4.213)
54.8
(2.157)
1,688.6
(66.48)
降雪量 cm (inch) 5
(2)
6
(2.4)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
13
(5.1)
平均降水日数 (≥ 0.5 mm) 6.0 6.7 11.8 11.1 11.5 13.6 11.7 8.7 12.7 11.5 8.3 5.5 119.1
平均降雪日数 (≥ 0 cm) 1.6 2.3 0.7 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.3 4.9
 % 湿度 53 54 60 65 70 78 78 76 76 71 64 56 67
平均月間日照時間 186.4 164.0 159.5 175.2 177.1 131.7 162.9 206.3 130.7 141.0 149.3 180.4 1,964.4
出典 1: 気象庁
出典 2: 年ごとの値

参考文献[編集]

歴史[編集]

現市域各地の前史[編集]

市域には、およそ25か所の後期旧石器時代の遺跡が発見されている。縄文時代の遺跡は、都筑区花見山遺跡など数多く見られる。中期までの弥生時代遺跡は少なく、中期後半以降は、都筑区の大塚・歳勝土遺跡など、方形周溝墓を伴う環濠集落が現れる。古墳の出現は4世紀の中期以降とされ、青葉区の稲荷前古墳群などはこの時代の遺跡である。

市域の地名に関する文献上の初出は、『日本書紀』の安閑天皇元年(534年)の条とされる。武蔵国に住む豪族が、橘花(たちばな。橘樹郡)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐郡)ほか4か所を屯倉として献上したと記される。7世紀後半までに市域には、武蔵国橘樹郡、久良岐郡、都筑郡相模国鎌倉郡が置かれた。都筑区の長者原遺跡は、8世紀に成立した都筑郡衙跡とされる。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。927年延長5年)には、都筑郡の杉山神社が、式内社とされた。この杉山神社には論社がいくつかあり、位置は確定されていない。

市域は奈良時代以降、人口も増えて生産力を高めた。平安時代には各所の開発も進み、坂東八平氏武蔵七党など、関東武士の力が蓄えられた。市域には、平子氏榛谷(はんがや、はりがや)氏稲毛氏綴党(つづきとう)などの武士団が勢力を張った。今に残る弘明寺宝生寺など、平安時代以前の建立とされる寺院は、これら有力武士団の支援を受けていたものと考えられる。

称名寺庭園(金沢区)

市域は、鎌倉に鎌倉幕府が開設された12世紀から本格的に開発が始まった。鶴見川柏尾川などの河川流域では農業が発達し、13世紀前半には、現在の新横浜周辺地域にあたる小机郷鳥山(港北区小机町・鳥山町)から、多摩川・鶴見川周辺地域が、幕府によって大規模に開発された。また、東京湾に面する六浦湊(金沢区六浦)が鎌倉の玄関口として文化・交易・産業の中心地となり、中国大陸南宋)との貿易(日宋貿易)や内湾の交易によって栄え、武士や商人・職人・宗教者などが多く集まりにぎわいをみせ、東海道に接して栄えた神奈川湊(神奈川区神奈川)とともに漁業海運業の発達へと繋がっていった。

横浜の名の初出は、室町時代中期の1442年嘉吉2年)の文献である。この年、平子氏の家臣と思われる市川季氏と比留間範数の両名が、石河宝金剛院(現、南区の宝生寺)に、横浜村の薬師堂免田畠を寄進する旨の文書が残されている。横浜村は武蔵国久良岐郡に属し、神奈川湊の対岸、現在では市政の中心街になっている関内地区(中区)にあたる地域にあった。

ペリー一行の上陸
日本海軍水路寮作成海図「武藏國横濱灣」の一部、1874年(明治7年)刊行

江戸幕府が置かれた17世紀以降は、東海道宿場とされた神奈川宿程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)、戸塚宿を中心に発展する。特に、神奈川湊を持つ神奈川宿が江戸湾(東京湾)内海交通の要衝の一つとして栄え、対する六浦湊は、歌川広重金沢八景を浮世絵としたように、風光明媚な景勝地としての色合いを濃くしていった。なお、江戸時代末期までの横浜村は、前出二つの湊とは対照的に、戸数わずか100戸足らずの砂州上に形成された半農半漁の寒村であった。

神奈川開港と都市横浜の誕生・発展[編集]

横浜村の運命を一変させたのは、当時国交を持たなかったアメリカマシュー・ペリー率いる黒船の来航であった。太平洋航路の拠点として、また、捕鯨の際の供給基地として日本の港を利用することを望んだアメリカ海軍の黒船一行は六浦藩小柴村沖(現在の金沢区八景島周辺)に無許可のまま2か月間投錨し、幕府の対応を待った後に横浜沖へと進み入り、その後幕府は横浜村に設営した応接所で外交交渉を行った。交渉の結果1854年安政元年)に横浜村で日米和親条約が締結され、1858年(安政5年)には神奈川沖・小柴(現・八景島周辺)のポウハタン号上で日米修好通商条約が締結された。この通商条約に「神奈川」を開港するよう定めたことが、横浜の都市開発の発端となった。

幕府は、東海道に直結し当時既に栄えていた神奈川湊を避け、外国人居留地を遠ざけるため、対岸の横浜村を「神奈川在横浜」と称して開港地とした。横浜村には、短期間で居留地、深谷市在の笹井万太郎により波止場、運上所(税関)など国際港の体裁が整えられ、安政6年6月2日(新暦1859年7月1日)に横浜港は開港した。横浜市では、6月2日を開港記念日としている[注 5]。こうして、横浜は日本の玄関口の一つとなったことから、様々な文物をいち早く取り入れる国際色豊かな都市として発展し始めた。

日本郵船横浜支店(中区)

横浜村は幕府が設置した運上所(税関)を境に、以南を外国人居留地(横浜居留地)、以北を日本人居住区とした。境界には関所が置かれ、関所から外国人居留地側を関内、以外を関外と呼んだ。外国人居留地には、イギリスフランスドイツやアメリカを中心とした各国の外国商館がたち並んだ。今に残る横浜中華街は、外国人居留地の中に形成された中国人商館を起源とする。一方日本人居住地は横浜町と名付けて5区域に分割し、各区域に名主を置いて総年寄が町全体を統括した。明治6年、横浜町は第1区1番組に編入され、明治7年(1874年)6月14日大区小区制により第1大区1小区となり、1878年(明治11年)11月21日に郡区町村編制法に基づき、第1大区が横浜区となり、久良岐郡から分離して横浜区長が管轄することとされた。そして、1889年(明治22年)4月1日、市制が施行されると同時に横浜区はとなり、横浜市が誕生した。当時の市域面積は、横浜港周辺の5.4 km²。面積は狭いものの、市制施行当時、すでに戸数27,209戸、人口121,985人(1889年末時点)に達した。その後、関内地区は市政と商業の中心地として発展する。

開港当初の横浜港には、東波止場(イギリス波止場)と西波止場(税関波止場)が設置され、東西波止場はその形から「象の鼻」と呼ばれた。象の鼻は、現在の大さん橋の付け根部分にあたる。ここでの貿易は、生糸、海産物が輸出され、絹織物、毛織物が輸入された。明治5年9月12日1872年10月14日)には、新橋(後の汐留駅。現在は廃止)と横浜(現在の桜木町駅)をつなぐ日本初の官設鉄道が開通し、新橋・横浜それぞれの会場で盛大に開業式典が執り行われた。同年には、神奈川駅(現在の横浜駅近傍)と鶴見駅も開設されている。当時、生糸貿易の主導権は外国商館にあった。そのため、横浜商人と呼ばれた日本人貿易商は、1873年(明治6年)には生糸改会社を設立して競争力を高め、1881年(明治14年)には生糸荷預所を設立して生糸貿易の主導権確立に努めた。また、横浜商人たちは、県営水道の設置(1887年(明治20年))、横浜共同電灯会社の設立(1890年(明治23年))、十全病院の設立(1891年(明治24年))、生糸検査所、商業会議所の設立(1895年(明治28年))など、都市基盤の整備と商業の発達に大きく寄与した。

1909年(明治42年)には開港50周年を迎え、この年の7月1日[注 6] から3日間にわたって、横浜開港50年祭と銘打った数々の記念行事が催され、「全市は殆ど家族打連れて外出せしやの観あり」と伝えられた[20]。できたばかりの新港埠頭で行われた式典では、森鴎外の作詞による横浜市歌が、市内小学生の合唱によって初めて披露され、各国艦船は祝砲を放った。また、このとき、市章の「浜菱」が制定され、市民の寄付による開港記念横浜会館(1917年(大正6年)竣工。現・横浜市開港記念会館、ジャックの塔)の建設が計画されるなど、市制施行20周年とあわせて盛大に祝われた。大正時代に入ると、鶴見川河口の埋立が始まって京浜工業地帯が形成され始め、横浜港は工業港としての性格をも持ち始めることとなる。

震災と戦災・接収の時代[編集]

関東大震災直後の横浜を視察する摂政宮(後の昭和天皇
氷川丸(中区)

1923年(大正12年)9月1日に起きた関東大震災(大正関東地震)では、横浜港、関内を始め、市内全域で甚大な被害を受けた。東京より震源に近くほぼ直下型地震の直撃を受けた横浜市内は特に壊滅的な被害を受け[注 7]、各国領事館の建物はすべて倒壊し、山手(横浜)地区の洋館群も壊滅的被害を受け、港湾機能・対外貿易都市としての機能は完全にマヒした。その後、震災復興事業により、日本大通りの拡幅、山下公園の造成、横浜三塔に数えられる神奈川県庁舎(キングの塔)や横浜税関庁舎(クイーンの塔)の建設などが行われ、1929年(昭和4年)にはほぼ旧状に復した。

昭和時代に入り、1926年(昭和2年)4月に第3次市域拡張が行われ、同年10月には区制が施行されて、鶴見区、神奈川区、中区、保土ケ谷区、磯子区の5区が置かれた。以降も第6次まで続く市域拡張(1939年(昭和14年))と東京湾岸の埋立により市域は拡大し、市域面積は437.38 km²(2006年(平成18年))、行政区の数は18区となっている。1930年(昭和5年)前後には、現在山下公園に係留されている氷川丸など、豪華客船の就航が相次ぎ、横浜港は太平洋航路の乗船地として、客船黄金時代の一翼を担った。また、この頃の横浜港は、生糸貿易港から工業港へと変貌し、輸出、輸入とも、機械類・金属製品、鉄鋼の割合が高まった。この傾向は、第二次世界大戦中の軍需生産期、戦後の高度経済成長期を経て、より強まっていった。

第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)5月29日横浜大空襲では、磯子区から鶴見区に至る沿岸部が焼き尽くされ、中区、西区の中心市街地は壊滅した[注 8][注 9]。同年8月の終戦によりイギリス軍アメリカ軍ソビエト連邦軍を中心とした連合国軍が進駐し、横浜の中心市街地と横浜港は接収され、都市機能は麻痺した[注 10]。連合国軍は、横浜税関ビルに連合国軍最高司令官総司令部(GHQ、後に東京の第一生命ビルに移転)と太平洋陸軍総司令部(AFPAC)を置き、軍事拠点とした。空襲とそれに引き続く接収により、横浜の復興は大幅に遅れた。

1950年(昭和25年)、横浜国際港都建設法が制定され、復興に向けた取り組みが本格化する。1951年(昭和26年)には、対日講和条約が締結され日本の連合国による占領体制が終わり、新たに市長となった実業家で元貴族院議員の平沼亮三の下、接収解除に向けて動き始めた。また、この年には、横浜港の管理が国から市に移管された。条約が発効した翌1952年(昭和27年)以降、大桟橋や山下公園などが次々と接収解除された。1957年(昭和32年)には横浜国際港都建設総合基幹計画が決定され、今日に至るまでの都市計画の骨子となった。なお市域には475万m²余の在日米軍施設がある(2006年(平成18年)1月1日現在)[21]

戦後の発展[編集]

1956年(昭和31年)9月1日、制度の開始とともに、政令指定都市に指定される。この頃から、相模鉄道を中心とした横浜駅西口の開発が始められた。1959年(昭和34年)に行われた開港100周年記念祭では、横浜公園平和野球場(現・横浜スタジアム)で、横浜出身の美空ひばり草笛光子が3万人の観客を前に歌った。1964年(昭和39年)5月には根岸線(桜木町 - 磯子)が開通し、同年10月には東海道新幹線の開業に伴い、横浜線との交点に新横浜駅が開設された。横浜駅西口地下街が完成したのもこの年で、横浜駅西口は急速に発展し始めた。また、1960年代後半(昭和40年代)には中区の元町商店街が活況を呈し、元町ブランドで固めた山手の女子高生たちのファッションは、後に1970年代後半(昭和50年代)のハマトラ(横浜トラディショナル・ファッション)ブームへとつながっていく。また、1966年(昭和41年)には東急田園都市線溝の口駅-長津田駅)が開業し、今まで寒村であった市北部が東京のベッドタウンの多摩田園都市として発展し始めた。

1963年(昭和38年)、日本社会党衆議院議員であった飛鳥田一雄が市長となり、「革新首長」のリーダー的存在となった。1965年(昭和40年)1月、飛鳥田市政下、横浜市六大事業と呼ばれる都市計画プロジェクトに着手した。これは、(1)横浜みなとみらい21に代表される都心部強化、(2)金沢地先埋立事業による中小企業の集約化、(3)港北ニュータウンの建設によるスプロール現象の抑制と良質な住宅街の提供、(4)横浜市営地下鉄である高速鉄道建設事業、(5)高速道路建設事業、(6)横浜ベイブリッジ建設の6事業からなり、都市基盤の整備と中枢管理機能の充実を図るものである。

まず、高速道路建設に取りかかり、1968年(昭和43年)には神奈川県道高速横浜羽田空港線浅田 - 東神奈川)が開通する。1972年(昭和47年)には横浜市営地下鉄上大岡駅 - 伊勢佐木長者町駅)が開通した。また、1979年には横浜横須賀道路(日野―朝比奈間が開通し、1981年には狩場―日野間を、1982年には朝比奈―逗子間と逗子―衣笠間を供用開始した。

1977年(昭和52年)には金沢地先埋立が完成し、1990年(平成2年)に大黒埠頭の埋立(第2期)が完成すると、横浜の東京湾沿岸における大規模埋立事業は一段落した。日本社会党委員長として国政に復帰した飛鳥田のあとを受けて、1978年(昭和53年)に市長となった細郷道一も、六大事業の推進に力を注いだ。1980年(昭和55年)には港北ニュータウンの入居が始まり、1985年(昭和60年)には人口が300万人を超えた。また、1978年(昭和53年)には横浜スタジアムが完成し、横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の本拠地となった。

1989年平成元年)、市制100年と開港130年を記念して、横浜博覧会が開催された。同年には横浜ベイブリッジも開通し、1994年(平成6年)の鶴見つばさ橋開通とあわせて、首都高速湾岸線の整備・延伸が進んだ。1990年(平成2年)、急逝した細郷のあとを引き継いで市長となった高秀秀信は、六大事業の中心となる都心部強化、横浜駅周辺地区と関内地区の間をつなぐ横浜みなとみらい21地区の整備を本格化させた。1993年(平成5年)には、みなとみらい21地区のシンボルとなる横浜ランドマークタワーが完成した。

高秀は、六大事業の継続に加え、港北ニュータウン新横浜等における横浜市北部での新規事業を追加した。1999年(平成11年)よこはま動物園ズーラシアが開園し、1998年(平成10年)に完成した横浜国際総合競技場(現在の日産スタジアム)横浜国際プールは高秀市政の象徴となった。2002年(平成14年)には、国際総合競技場で2002 FIFAワールドカップ決勝が行われ、国際プールではパンパシフィック水泳選手権が行われた。また、2002年(平成14年)には、横浜港大さん橋国際客船ターミナルの建替が完成した。横浜国際港都建設法に基く国際港都建設事業である横浜市内の都市計画道路は戦後進捗が遅れていたが、高秀市政期に事業化された区間も多く、一定の進歩が見られた。

2002年(平成14年)、高秀と争って新たに市長となった中田宏は財政改革、行政改革、医療と教育の民営化を軸にした政策を打ち出した。主な政策としては家庭廃棄物の分別収集、外郭団体の見直しや統廃合、公立病院や保育園の民営化、交通局や水道局の構造改革、新緑税導入、横浜都心の立地企業増加に向けた企業立地促進条例の制定、横浜港への客船寄港促進等を行い、2008年度(平成20年度)には、1961年度(昭和36年度)以来47年ぶりに、普通交付税の不交付団体となる等成果に現れた。また国際コンベンションの誘致も積極的に行い2010年日本APECの開催誘致を行った。一方では都市計画道路整備の予算が減少し事業速度の低下がみられた。

2009年(平成21年)、開港150周年・市制施行120周年を迎え、横浜市などが設立した財団法人横浜開港150周年協会が中心となって、様々な記念事業・祝祭イベントが行われた[22][23]。同年4月28日から9月27日まで横浜みなとみらい21新港地区で開国博Y150が始まり[24](7月4日から9月27日まで、ヒルサイドエリア(横浜動物の森公園)でも開催)、4月19日には横浜動物の森公園で第20回全国「みどりの愛護」のつどいが開催された。5月31日には横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)国立大ホールにおいて、天皇皇后両陛下、内閣総理大臣など三権の長らを招いて、横浜開港150周年記念式典が挙行された[25]。このほか、開港150周年を記念したプロジェクトとして、「象の鼻」地区を中心とした広場や緑地の整備[26]、「開港150周年の森」づくり[27]横浜マリンタワーの再整備[28]横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の開校[29] などが実施された。また、同年7月に任期途中で中田が市長職を辞任した。第45回衆議院議員総選挙と同じ同年8月30日に行われた市長選挙で、東京日産自動車販売代表取締役社長の林文子が新たな市長に選ばれた。

2010年(平成22年)11月13日から14日には、パシフィコ横浜が2010年日本APECの参加国首脳会議の会場になった[30]2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災では、ごく少数ではあるものの、地震動による建造物の全半壊、液状化現象による建物損壊がみられ、大規模な停電が発生し、少数の死傷者などの被害が発生した。また、福島第一原子力発電所事故により放出された放射性物質が市域にも降下したため、土壌の除染等の対応がとられた[31]

2013年(平成25年)5月には、保育所待機児童数がゼロとなったことを発表した[32]。これは、「横浜方式」と呼ばれる一連の待機児童解消政策の成果とされる。

行政区域の変遷[編集]

市制施行時の町名
1889年(明治22年)に横浜区が市制を施行した時の138町の町名。駿河町、富士見町は2ヶ所に存在。
現存する町名 現・西区 戸部町、伊勢町、宮崎町、老松町、花咲町、桜木町(四 - 七丁目)。
現・中区 桜木町(一 - 三丁目)、宮川町、野毛町、内田町、日ノ出町、黄金町、初音町、英町、石川町、吉田町、福富町伊勢佐木町、羽衣町、蓬莱町、万代町、不老町、翁町、扇町、寿町、松影町、吉浜町、長者町、末吉町、若葉町、山吹町、富士見町、山田町、千歳町、三吉町、太田町、相生町、住吉町、常盤町、尾上町、真砂町、港町、元浜町、北仲通、本町、南仲通、弁天通、元町、諏訪町、千代崎町、上野町、山元町。
日本大通、海岸通(旧山下外国人居留地内)。
現・南区 永楽町、真金町
現存しない町名
(カッコ内は現在の町名)
現・西区 月岡町(老松町)、平沼町、仲町、材木町(平沼)、高島町、裏高島町(高島)、長住町、橘町(みなとみらい)。
現・中区 緑町(真砂町)、清水町(赤門町)、霞町(赤門町、英町、西中町)、福島町(花咲町)、三春町(黄金町、初音町、前里町)、石川仲町(石川町)、柳町(吉田町)、姿見町、若竹町(末広町)、松ヶ枝町、賑町、長島町(伊勢佐木町)、足曳町(長者町)、吉岡町(曙町)、久方町(伊勢佐木町、長者町、曙町)、梅ヶ枝町、浪花町(羽衣町)、雲井町、駿河町(弥生町)、境町(日本大通)、薩摩町、越後町、前橋町、小田原町、豊後町、富士山町、九州町、上田町、堀川町、本村通、函館町、尾張町、蝦夷町、加賀町、大阪町、二子町、角町、武蔵横町、武蔵町、琵琶町、京町、水町通、本町通、長崎町、神戸町、阿波町、駿河町(旧山下外国人居留地内。山下町)、泉町、稲荷町、内台町、大丸坂、貝殻坂、公園坂、小坂町、汐汲坂、撞木町、陣屋町、諏訪町通、高田坂、環町、地蔵坂、西坂町、西野坂、畑町、林町、富士見町、南坂、三ノ輪坂、宮脇坂、谷戸坂通、矢の根町、山手本町通、弓町(旧山手外国人居留地内。山手町)。
その後の変遷
「市政記録」(2007年版)、第1部市勢編より
年月日 事柄   面積(km²)  
1889年(明治22年)4月1日 市制施行 5.40
1901年(明治34年)4月1日 第1次市域拡張(橘樹郡神奈川町久良岐郡戸太町中村本牧村根岸村を編入) 24.80
1911年(明治44年)4月1日 第2次市域拡張(橘樹郡子安村の一部(大字子安)、久良岐郡屏風浦村の一部(大字磯子、滝頭、岡)・同郡大岡川村の一部(大字堀ノ内、井土ケ谷、蒔田、弘明寺、下大岡)を編入) 36.71
1927年(昭和2年)4月1日 第3次市域拡張(橘樹郡鶴見町保土ケ谷町旭村大綱村城郷村、久良岐郡屏風浦村・大岡川村・日下村都筑郡西谷村を編入) 133.88
同年10月1日 区制施行。鶴見区神奈川区中区保土ケ谷区磯子区の5区を置く。 -
1936年(昭和11年)10月1日 第4次市域拡張(久良岐郡金沢町六浦荘村を磯子区に、鎌倉郡永野村を中区に編入) 168.02
1937年(昭和12年)4月1日 第5次市域拡張(橘樹郡日吉村の一部(大字駒林、駒ケ橋、箕輪と矢上南加瀬の各一部)を神奈川区に編入) 173.18
1939年(昭和14年)4月1日 第6次市域拡張(都筑郡都岡村二俣川村を保土ケ谷区に編入。同郡川和町新治村田奈村中里村山内村川和町中川村新田村を編入し、港北区を新設。鎌倉郡戸塚町中川村川上村豊田村本郷村中和田村瀬谷村大正村を編入し、戸塚区を新設)。鎌倉郡から戸塚区、都筑郡から(1代目)港北区を新設。 400.97
1943年(昭和18年)12月1日 中区から南区を分区新設。神奈川区の一部を中区に編入。 -
1944年(昭和19年)4月1日 中区から西区を分区新設。 -
1948年(昭和23年)5月15日 磯子区から金沢区を分区新設。 -
1956年(昭和31年)9月1日 政令指定都市に指定。 -
1969年(昭和44年)10月1日 南区を(新)南区と港南区に分割。戸塚区を(新)戸塚区と瀬谷区に分割。保土ケ谷区を(新)保土ケ谷区と旭区に分割。港北区(1代目)を港北区(2代目)と緑区(1代目)に分割。港北区の一部(上菅田町、新井町)を(新)保土ケ谷区に編入。 417.29
1986年(昭和61年)11月3日 戸塚区を(新)戸塚区と栄区泉区に分割。 430.80
1994年(平成6年)11月6日 港北区(2代目)と緑区(1代目)を再編し、港北区(3代目)、緑区(2代目)、青葉区都筑区を新設。 433.20
2008年(平成20年)4月1日 - 437.38[33]
行政区制の沿革
The history of the Yokohama-shi wards.png


人口[編集]

  • 人口:3,709,686人(2014年8月1日現在)[34]
  • 世帯数:1,618,395世帯(2014年(平成26年)2月1日現在)
  • 外国人登録者数:77,253人(2012年(平成24年)4月1日現在)
  • 平均年齢:44.13歳(2013年(平成25年)1月1日現在[35]
Population distribution of Yokohama, Kanagawa, Japan.svg
横浜市と全国の年齢別人口分布(2005年) 横浜市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 横浜市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
横浜市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 2,238,253人
1975年 2,621,771人
1980年 2,773,674人
1985年 2,992,926人
1990年 3,220,331人
1995年 3,307,136人
2000年 3,426,651人
2005年 3,579,628人
2010年 3,689,603人
総務省統計局 国勢調査より
横浜市の人口の推移(1889年(明治22年)から2009年(平成21年)まで)[36]

横浜市の人口は、1942年(昭和17年)に100万人を超え、戦時中は減少したものの、1951年(昭和26年)に再び100万人を超え、1968年(昭和43年)に200万人を超えて名古屋市を抜き、1978年(昭和53年)には大阪市を抜いて東京都区部に次ぐ大都市中第2位となり、1985年(昭和60年)には300万人を超えた[37]。現在は、3,709,686人(2014年8月1日現在)[34] と、全国の市で最も多くなっており、これは10番目に人口が多い都道府県である静岡県に匹敵する(都市人口順位都道府県人口順位も参照)。市の人口が多い理由は、市域面積が大きいこと(横浜市の面積は、神奈川県の総面積の18.0%を占め、市人口第2位の大阪市の面積の約2倍にのぼる。)や、山地湖沼が少ないことなどが挙げられる。また、第二次世界大戦後に急速に人口が拡大した理由は、戦後復興に伴い京浜工業地帯や関内駅・横浜駅周辺など東京湾沿岸部の商工業が発展したことや、高度成長期以降に顕著となった東京一極集中により、地方から都市部への人口流入が進んだこと、市郊外の私鉄沿線に沿って宅地開発が進み、ベッドタウンとしての性格も持つようになったことなどが挙げられる。特に、横浜都心に直接接続しない田園都市線沿線の開発は、横浜に住んで東京に通勤通学する横浜都民の増加をもたらした。平成12年度(2000年度)の国勢調査によれば、横浜市の昼夜間人口比率(常住人口(夜間人口)に対する昼間人口の比率)は90.5%となっている[38]。横浜市の昼夜間人口比率は長らく低落傾向を示していたが、1990年代初めに底を打って以来、上昇傾向に転じた。

行政区別の人口が最も多いのは港北区の338,914人[注 11]で、以下、青葉区307,791人、鶴見区280,210人、戸塚区273,862人と続く。人口の最も少ない区は西区で97,308人、以下、栄区123,010人、瀬谷区125,514人、中区147,131人と続く。

市政[編集]

横浜市の財政状況は、2011年度(平成23年度)の決算によれば、歳入は1兆4,221億円、歳出は1兆3,956億円となっている[39]地方公共団体の財政の健全化に関する法律(財政健全化法)に定める指標のうち、実質公債費比率は16.3%、将来負担比率は213.0%で、いずれも国の定める早期健全化基準等を下回っている。歳入決算の主な項目の構成比は、市税49.6%、国庫支出金15.5%、諸収入7.5%、市債9.1%、県税交付金3.7%[39]。市税収入は7,055億円で、西区、神奈川区、中区、鶴見区、港北区の5区からの税収が、市全体税収の約52.2%を占める[40]。また、歳出決算の主な項目(性質別)の構成比は、義務的経費が合計46.7%(扶助費17.7%、人件費15.2%、公債費13.8%)、普通建設事業費14.7%、物件費9.8%、補助費11.6%、貸付金8.6%、繰出金6.6%などとなっている[39]。経常収支比率は94.7%、財政力指数は1.00で、政令指定都市18市中、それぞれ第9位、第5位となっている[39]

横浜市の当面の課題としては、幹線道路整備の遅れ(都市計画道路整備率は、平成21年3月31日現在、64.8%[41])による市内各拠点と郊外住宅地を結ぶ体系化の未達、低い昼夜間人口比率平成17年国勢調査によれば、90.4[42])、市域の一体的な発展などがある。都市基盤整備や地域経済圏の確立が遅れた地域もあるため、市内の一体感に乏しいとも指摘されている。直面する課題に向けた政策推進力が求められている。

横浜市政は、神奈川県との二重行政解消の為、神奈川県の持つ権限や事務などを横浜市に移譲し、横浜市が神奈川県から独立して、より効率のよい市政運営を行うことが出来る様、「横浜特別自治市」構想を掲げている[43]。なお、東京23区(東京特別区)のような特別区は設置せず、市および区の2層構造を基本とした現行の行政区(横浜18区)を単位に、住民自治の制度的強化を図る構想である。

歴代市長[編集]

市制が敷かれた1889年(明治22年)6月に就任した初代・増田知から2009年(平成21年)8月に就任した林文子まで、30代20人の市長がいる。2003年(平成15年)4月から、助役を「副市長」と呼称していた[注 12]

歴代市長[44]
氏名 就任 退任 備考
1 1 増田知 1889年(明治22年)6月18日 1890年(明治23年)2月15日
2 2 佐藤喜左右衛門 1890年(明治23年)3月3日 1896年(明治29年)3月2日
3 3 梅田義信 1896年(明治29年)6月3日 1902年(明治35年)9月20日
4 4 市原盛宏 1903年(明治36年)1月9日 1906年(明治39年)5月2日
5 5 三橋信方 1906年(明治39年)9月28日 1910年(明治43年)6月25日
6 6 荒川義太郎 1910年(明治43年)9月10日 1913年(大正2年)11月13日
7 7 安藤謙介 1914年(大正3年)7月24日 1918年(大正7年)7月23日
8 8 久保田政周 1918年(大正7年)8月26日 1922年(大正11年)5月27日
9 9 渡辺勝三郎 1922年(大正11年)11月29日 1925年(大正14年)4月10日
10 10 有吉忠一 1925年(大正14年)5月7日 1931年(昭和6年)2月26日
11 11 大西一郎 1931年(昭和6年)3月3日 1935年(昭和10年)7月18日
12 12 青木周三 1935年(昭和10年)8月3日 1941年(昭和16年)2月10日
13 13 半井清 1941年(昭和16年)2月10日 1946年(昭和21年)11月30日
14 14 石河京市 1947年(昭和22年)4月9日 1951年(昭和26年)4月4日
15 15 平沼亮三 1951年(昭和26年)4月25日 1955年(昭和30年)4月3日
16 1955年(昭和30年)4月25日 1959年(昭和34年)2月13日 在職中死去
17 (13) 半井清 1959年(昭和34年)4月25日 1963年(昭和38年)4月22日
18 16 飛鳥田一雄 1963年(昭和38年)4月23日 1967年(昭和42年)4月22日
19 1967年(昭和42年)4月23日 1971年(昭和46年)4月22日
20 1971年(昭和46年)4月23日 1975年(昭和50年)4月22日
21 1975年(昭和50年)4月22日 1978年(昭和53年)3月1日
22 17 細郷道一 1978年(昭和53年)4月16日 1982年(昭和57年)4月15日
23 1982年(昭和57年)4月16日 1986年(昭和61年)4月15日
24 1986年(昭和61年)4月15日 1990年(平成2年)2月15日 在職中死去
25 18 高秀秀信 1990年(平成2年)4月8日 1994年(平成6年)4月7日
26 1994年(平成6年)4月8日 1998年(平成10年)4月7日
27 1998年(平成10年)4月8日 2002年(平成14年)4月7日
28 19 中田宏 2002年(平成14年)4月8日 2006年(平成18年)4月7日
29 2006年(平成18年)4月8日 2009年(平成21年)8月17日 任期途中退職[45]
30 20 林文子 2009年(平成21年)8月30日

財政[46]

  • 平成22年度(2010年度)予算
    • 一般会計 1兆3604億円
      • 市税収入見込額 6870億円
      • 市債 1274億円(平成22年度末の市債残高は2兆4,136億円の見込み)
    • 特別会計 1兆1639億円
    • 公営企業会計 5755億円
    • 全会計純計[注 13] 2兆3516億円
  • 平成23年度(2011年度)決算
    • 一般会計
    • 歳入決算額 (A) 1兆3922億円(うち市税収入 7055億円)
    • 歳出決算額 (B) 1兆3796億円
    • 形式収支 (C)=(A)-(B) 195億5200万円
    • 翌年度への繰越財源 (D) 138億3500万円
    • 実質収支 (E)=(C)-(D) 57億1800万円

議会[編集]

横浜市では、市議会を「市会」と称している[47][注 14]

横浜市会
議長:佐藤祐文 (2013.5-)
副議長:仁田昌寿 (2013.5-)
議員定数:総数 86人
各区ごとの定数
選挙区 定数 選挙区 定数 選挙区 定数
鶴見区 6 神奈川区 5 西区 2
中区 4 南区 5 港南区 5
保土ケ谷区 5 旭区 6 磯子区 4
金沢区 5 港北区 8 緑区 4
青葉区 7 都筑区 4 戸塚区 6
栄区 3 泉区 4 瀬谷区 3
(2011年4月現在)
会派の構成
会派名 議席数 代表者
自由民主党 32 梶村充(泉区)
公明党 15 加藤広人(磯子区)
民主党 15 谷田部孝一(金沢区)
横浜の未来を結ぶ会 10 伊藤大貴(緑区)
日本共産党 5 大貫憲夫(青葉区)
みんなの党 4 大桑正貴(栄区)
ヨコハマ会 2 小幡正雄(金沢区)
無所属クラブ 2 太田正孝(磯子区)
無所属 (神奈川ネット) 1 丸岡いつこ(青葉)
(2014年1月10日現在[48]

国政・県政[編集]

横浜税関(クイーンの塔)
横浜市開港記念会館(ジャックの塔)

国等の機関[編集]

横浜市に置かれる国、独立行政法人、特殊法人の機関は以下の通り[49]。横浜市に置かれる各省庁の地方支分部局のうち、関東地方(もしくはそれよりも広い地域)を統括するものは、国土交通省の関東地方整備局(港湾空港部)・関東運輸局海上保安庁第三管区海上保安本部など、数少ない。それらの多くは中区山下町の横浜地方合同庁舎、もしくは中区北仲通の横浜第2合同庁舎(旧生糸検査所)に所在する。

国の行政機関
司法機関
独立行政法人

太字は本部が所在)

特殊法人

県の機関[編集]

神奈川県庁本庁舎(キングの塔)
神奈川県内の衆議院小選挙区

神奈川県庁神奈川県警察本部、神奈川県立図書館など、多くの機関が所在する。

国会議員[編集]

衆議院[50]

  • 小選挙区選出
選挙区 議員名 所属政党
神奈川1区(中区・磯子区・金沢区) 松本純 自由民主党
神奈川2区(西区・南区・港南区) 菅義偉 自由民主党
神奈川3区(鶴見区・神奈川区) 小此木八郎 自由民主党
神奈川4区(栄区・鎌倉市・逗子市・葉山町) 浅尾慶一郎 みんなの党
神奈川5区(戸塚区・泉区・瀬谷区) 坂井学 自由民主党
神奈川6区(保土ケ谷区・旭区) 上田勇 公明党
神奈川7区(港北区・都筑区) 鈴木馨祐 自由民主党
神奈川8区(緑区・青葉区) 江田憲司 みんなの党
  • 比例代表選出(カッコ内は所属政党と重複立候補した小選挙区)

山本朋広(自由民主党神奈川4区) 青柳陽一郎(みんなの党神奈川6区) 福田峰之(自由民主党神奈川8区

県議会議員[編集]

  • 定数:107名
  • 任期:2011年(平成23年)4月30日 - 2015年(平成27年)4月29日[51]
選挙区 鶴見区 神奈川区 西区 中区 南区 港南区 保土ケ谷区 旭区 磯子区
定数 3(欠員1) 3 1 2 2 3 2 3 2
選挙区 金沢区 港北区 緑区 青葉区 都筑区 戸塚区 栄区 泉区 瀬谷区
定数 2 4 2 4 2 3 1 2 1

※違法ドラッグ所持の疑いで警察の調査を受けていた横山幸一県議が、2014年7月8日に辞職。このため鶴見区選挙区は「欠員1」となっている。なお横山は同年7月16日に逮捕された[52]

※2014年3月20日の本会議で、議員定数を現行の107から105に削減する条例改正案が賛成多数で可決された。これにより次期選挙から青葉区選挙区は「4」から「3」となった[53]

地域[編集]

Map of wards of Yokohama city.svg
Map of wards of Yokohama city.png

東京、川崎から続く市域の沿岸部には、京浜工業地帯が広がる。埋立地を中心とした地域には、鉄鋼業や化学工業などの大規模工場や、火力発電所が多く、内陸部にかけた地域は、部品や食品などの中小規模事業所が多い。横浜駅へ鉄道路線を集中したため、商業の中心地は関内地区から横浜駅周辺へと移っている。そのためもともとの中心地であった伊勢佐木町関内の相対地位が低下しており、その中間に位置する「みなとみらい21横浜ランドマークタワー他)」を整備することで都心の一体化を目指している。また、新幹線駅を持つ新横浜を始め、上大岡戸塚二俣川鶴ヶ峰鶴見、港北ニュータウンなど、副都心としての機能を持つ街の整備を図り、都市機能の集積や地域経済強化に注力している。

  • NTT市外局番はほぼ全域が「045」(横浜MA)。ただし、青葉区奈良町のごく一部に「042」(相模原MA)、鶴見区尻手のごく一部に「044」(川崎MA)地域がある。
  • 日本の音風景100選:横浜港新年を迎える船の汽笛

行政区[編集]

横浜市は現在、18区(行政区)で構成される。市役所本庁の所在地は中区。行政区の数としては、大阪市の24区に次ぐ。区名と主要な施設・観光地は以下のとおり。

横浜市の各区
  区名 設置年 人口 面積 人口密度 主なスポット
1 鶴見区 1927年
(昭和2年)
281,643人 033.23km2 8,480人/km2 總持寺 - 鶴見つばさ橋 - 横浜ベイブリッジ - 大黒パーキングエリア - 京浜運河 - 神奈川県立三ツ池公園 - 花月園競輪場 - 電気の史料館 - 環境エネルギー館 - キリン横浜ビアビレッジ - 鶴見駅
2 神奈川区 1927年
(昭和2年)
235,544人 023.88km2 9,860人/km2 浦島太郎伝説 - 三ツ沢公園球技場 - 本覚寺 - 横浜市中央卸売市場本場 - ポートサイド地区 - コットンハーバー地区 - 旧神奈川宿 - 東神奈川駅
3 西区 1944年
(昭和19年)
97,589人 07.04km2 13,860人/km2 横浜みなとみらい21(中央地区) - 横浜ランドマークタワー - クイーンズスクエア横浜 - 三菱みなとみらい技術館 - パシフィコ横浜 - 横浜美術館 - 臨港パーク - 高島水際線公園 - 横浜能楽堂 - 水天宮平沼神社 - 横浜観光コンベンション・ビューロー - 野毛山公園 - 野毛山動物園 - そごう横浜店 - 横浜高島屋 - 横浜スカイビル - 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ - 横浜ポルタ - 横浜中央郵便局 - 横浜駅
4 中区 1927年
(昭和2年)
147,222人 021.05km2 6,990人/km2 神奈川県庁 - 横浜市役所 - 横浜みなとみらい21新港地区) - 横浜赤レンガ倉庫 - よこはまコスモワールド - コスモクロック21(よこはまコスモワールド内にある観覧車) - 三渓園 - 本牧市民公園 - 元町 - 横浜中華街 - 横浜マリンタワー - 横浜スタジアム - 山下町 - 山下公園 - 根岸森林公園 - 馬の博物館 - 県立音楽堂 - 港の見える丘公園 - 山手 - 北仲通 - 桜木町駅 - 関内駅
5 南区 1943年
(昭和18年)
194,733人 012.67km2 15,370人/km2 横浜市立大学附属市民総合医療センター - 弘明寺 - 横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校 - 庚申塔 - 井土ヶ谷駅
6 保土ケ谷区 1927年
(昭和2年)
204,374人 021.91km2 9,330人/km2 程ヶ谷宿 - 横浜国立大学 - 横浜ビジネスパーク - 県立保土ヶ谷公園 - 横浜市児童遊園地 - 横浜市こども植物園 - 陣ヶ下渓谷 - 横浜カントリークラブ - 横浜市民病院 - 保土ヶ谷駅
7 磯子区 1927年
(昭和2年)
163,185人 019.17km2 8,510人/km2 根岸森林公園 - 横浜市電保存館 - 横浜こども科学館 - 三殿台遺跡 - 円海山(浜マーケット) - 磯子駅 - 新杉田駅
8 金沢区 1948年
(昭和23年)
203,811人 031.01km2 6,570人/km2 金沢自然公園 - 横浜市立金沢動物園 - 横浜・八景島シーパラダイス - 金沢文庫 - 金沢八景 - 称名寺 - 横浜市立大学 - 海の公園 - 野島公園 - 明治憲法起草の碑 - 横浜ベイサイドマリーナ - 金沢シーサイドライン - 横浜市立大学附属病院 - 横浜市中央卸売市場南部市場 - 金沢漁港 - 大丸山(横浜市内最高峰) - 金沢文庫駅
9 港北区 1939年
(昭和14年)
340,764人 031.40km2 10,850人/km2 大倉山記念館 - 小机城址市民の森 - 新横浜プリンスホテル - 横浜アリーナ - 横浜国際総合競技場(日産スタジアム) - 新横浜ラーメン博物館 - 菊名駅 - 新横浜駅
10 戸塚区 1939年
(昭和14年)
274,706人 035.81km2 7,670人/km2 舞岡公園 - 旧戸塚宿 - 仮名手本忠臣蔵 - 西横浜国際総合病院 - ドリーム開発ドリームランド線跡地 - オーロラシティ - トツカーナ - 清水谷戸トンネル - 東戸塚駅 - 戸塚駅
11 港南区 1969年
(昭和44年)
217,097人 019.87km2 10,930人/km2 久良岐公園 - 神奈川県戦没者慰霊堂 - ゆめおおおか - 京急百貨店 - ウイング上大岡 - カミオ - ミオカ - 上大岡駅 - 港南台タカシマヤ - 港南台駅
12 旭区 1969年
(昭和44年)
248,257人 032.77km2 7,580人/km2 よこはま動物園ズーラシア - こども自然公園(大池公園) - 神奈川県運転免許試験場 - 二俣川駅 - 戸塚カントリークラブ -程ヶ谷カントリークラブ - 矢指市民の森
13 緑区 1969年
(昭和44年)
179,322人 025.52km2 7,030人/km2 四季の森公園 - 三保市民の森 - 中山駅- 横浜町田インターチェンジ
14 瀬谷区 1969年
(昭和44年)
125,474人 017.16km2 7,310人/km2 海軍道路 - 瀬谷市民の森 - 長屋門公園 - 三ツ境駅
15 栄区 1986年
(昭和61年)
122,638人 018.50km2 6,630人/km2 地球市民かながわプラザ - 上郷森の家 - 本郷ふじやま公園 - 本郷台駅
16 泉区 1986年
(昭和61年)
154,511人 023.51km2 6,570人/km2 境川遊水地公園 - かまくらみち - 相鉄ギャラリー - いずみ中央駅
17 青葉区 1994年
(平成6年)
308,609人 035.14km2 8,780人/km2 こどもの国 - 寺家ふるさと村 - 市が尾駅
18 都筑区 1994年
(平成6年)
210,207人 027.93km2 7,530人/km2 横浜市歴史博物館 - 大塚・歳勝土遺跡 - 横浜国際プール - 港北ニュータウン - ららぽーと横浜 - センター南駅
住所の表記
保土ケ谷区」や「市ケ尾町」など、横浜市では公式の表記において大文字の『』で記している。また、住所で『が』と表記される場合でも、駅名などでは小文字の『ヶ』が用いられる場合もある[注 15]
丁目」の数字においては漢数字算用数字が併用されている。
  • アラビア数字の丁目は「字丁目」としての表記であり、「1丁目〜○丁目」を一括して一つの町である。(ただし、二俣川1丁目・2丁目のみ例外で各々一つの町名。)
  • 漢数字の丁目は町名の一部に含まれるものであり、住居表示を実施した地域、土地区画整理事業、町名地番整理事業などにより町名が変更された地域で用いられている。「一丁目」だけで単独の町である。
  • (あざな)がある町も多いが、上掲「字丁目」以外で通常使用されているのは南区蒔田町と南区弘明寺町のみである。なお、住居表示や土地区画整理事業、町名地番整理事業で設けられた町は字を廃止している。また、大字は存在しない。

インフラ整備の状況[編集]

  • 下水道普及率:99.7%(平成17年度末)

隣接している自治体・行政区[編集]

観光[編集]

横浜市の観光入込客数は約4,253万人(延べ数、2008年(平成20年)[54])で、このうち日帰り客が87.9%を占めている。また、神奈川県の調べによる横浜・川崎地域の入込観光客数は5,598万2千人(延べ数、2008年(平成20年)[55])で、これは県全体の入込観光客数の32.7%を占めており、地域別では最も多い。

施設 金沢文庫 - 三渓園 - 山下公園 - 横浜中華街 - 横浜外国人墓地 - 横浜みなとみらい21 - 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(旧横浜ベイサイドマリーナショップス&レストランツ) - 横浜ワールドポーターズ - 横浜赤レンガ倉庫 - 横浜マリンタワー - 大さん橋 - 横浜・八景島シーパラダイス
祭り 野毛大道芸 - みなと祭国際仮装行列 - 開港記念バザー - 横浜開港祭 - フランス映画祭 - 神奈川新聞花火大会 - みなと祭国際花火大会 - サマーナイトフェスティバル - ヨコハマカーニバル - お三の宮例大祭 - 三蹊園観月会 - JATA国際観光会議&世界旅行博 - ワールドフェスタ・ヨコハマ - 横浜オクトーバーフェスト - 横浜ジャズプロムナード - 横浜国際女子マラソン - 横浜トリエンナーレ
娯楽 スポーツ 横浜DeNAベイスターズプロ野球セントラル・リーグ) - 横浜F・マリノスプロサッカーJリーグ1部) - 横浜FCプロサッカーJリーグ2部) - 横浜スポーツ&カルチャークラブプロサッカーJリーグ3部) - 横浜ギガスピリッツバスケットボール、いすゞ自動車→横浜ギガキャッツ→横浜ギガスピリッツ) - 大日本プロレスプロレス団体) - 横浜プロレス(大日本プロレスの別ブランドとして旗揚げされたローカルインディー団体) - NEO女子プロレス(女子プロレス団体)- 横浜ビー・コルセアーズbjリーグ)- パンクラス総合格闘技団体)
芸能[注 16] 横浜 7th AVENUE
大規模な
娯楽施設
横浜アリーナ - 横浜国際総合競技場(日産スタジアム) - 横浜国際プール(ウォーターアリーナ) - 横浜スタジアム - 横浜・八景島シーパラダイス - よこはま動物園ズーラシア - 横浜みなとみらいスポーツパーク - よこはまコスモワールド

経済[編集]

横浜市内総生産は2006年(平成18年)に12兆9,048億円に達した。市内都道府県と比較すると静岡県と広島県の間に位置する。OECD諸国と比較すると26位のハンガリーと27位のニュージーランドの間に位置する。概ね第一次産業が (0.1%)、第二次産業が (21.7%)、第三次産業が (82.3%) となっており、第一次産業の割合が低く、第二次産業、および第三次産業の割合が高い。他の政令指定都市との比較では、大阪市の約6割の規模であり、名古屋市とほぼ同じ。本社企業も別表のとおり少なくないが、それでも大阪市に比べ大きく見劣りするのは、伝統的な差、東京の隣県であること、これに関連してブロック型の大企業(JR、NTT、電力、ガス、大手民放等)が不在であることなどが影響している。

内訳は、第一次産業が119億円 (0.1%)、第二次産業が2兆7473億円 (21.7%)、第三次産業が10兆4379億円 (82.3%) となっている。他の政令指定都市と比べ、第一次産業の額と第二次産業の建設業の割合、第三次産業の不動産業の割合が大きく、第三次産業の金融・保険業、卸売・小売業、サービス業の割合は小さいが、第三次産業は名古屋とほぼ同じ。
市民所得
横浜市の市民所得は11兆3077億円で、一人当たりでは320万6千円(平成15年)。これは、国民所得を100とすると110.9となる。
市民所得のうち雇用者報酬は9兆5924億円で、市民所得に占める割合は84.8%。これはいずれも政令指定都市の中で第1位である。市民所得のうち企業所得は1兆5427億円で、市民所得に占める割合は13.6%。政令指定都市中第3位。
また、市民所得全体のうち、市外からの所得は2兆4727億円となっている。これは、市内から市外へ通勤する人の数が、市外から市内へ通勤する人の数より多いことを示している。2000年(平成12年)の国勢調査によれば、移動人口は、東京都区部、川崎市に対する流出超過となっている。
市内総支出
市内総支出(=市内総生産)は12兆6814億円。他の政令指定都市との比較では、家計の最終消費支出が大きいことが挙げられ、その額は8兆7137億円と大阪市(5兆4206億円)の1.6倍の規模である。横浜市の民間住宅投資は7372億円で、政令指定都市中第1位。民間企業設備投資は1兆5810億円で、第1位大阪市(2兆7027億円)の約6割の規模。公共投資は5208億円で、名古屋市(5854億円)に次ぐ第2位。
労働力・就業者数等(平成17年国勢調査より[56]
横浜市の労働力率は62.0%となっている。これは全国平均 (61.5%) 並みで、政令指定市の中では第8位、首位の川崎市 (66.1%) より4.1ポイント少ない。
また、完全失業者数は97,464人、完全失業率は5.3%となっている。これは政令指定市のうち、広島市 (5.0%)、静岡市 (5.1%) に次いで、3番目に低い。
戦後、第1次産業の就業者数、就業者割合は一貫して減っている。第2次産業の就業者数および就業者割合は高度経済成長期に拡大。その後は産業構造の転換により、数の上では増減したものの割合は減少している。第3次産業の就業者数は一貫して増加しており、就業者割合も昭和35年を除いて常に拡大している。平成17年には就業者割合が74.8%に達した。
平成17年の産業別就業者割合を全国平均と比較すると、農業(全国4.4、横浜0.5)と製造業(全国17.3、横浜13.6)が低く、情報通信業(全国2.6、横浜6.6)とサービス業(全国14.3、横浜17.9)の割合が高くなっている。
横浜市における、産業3部門別就業者割合の推移(昭和25年から平成17年まで)
  • 15歳以上人口(A):3,063,487人
    • 労働力人口(B):1,834,323人
      • 就業者総数:1,736,859人
        • 第1次産業:8,935人 (0.5%)
        • 第2次産業:378,582人 (21.8%)
        • 第3次産業:1,299,538人 (74.8%)
      • 完全失業者数(C):97,464人
      • 労働力率(B/A):62.0%
      • 完全失業率(C/B):5.3%

産業[編集]

商業
事業所数は2万8527(平成16年6月1日現在、以下同じ)で、このうち卸売業は6523事業所、小売業は2万2004事業所となっている。従業者数は25万3026人で、うち卸売業は7万480人、小売業は18万2546人。年間商品販売額は9兆3105億円で、卸売業が5兆6889億円、小売業が3兆6216億円。小売業の売場面積は280万9693km²。
サービス業
サービス業の事業所数は、4万2566(平成16年サービス業基本調査、以下同じ)。従業者数は39万1346人で、うち常用雇用者数は32万249人。経費総額は4兆5300.75億円で、うち給与支出総額は1兆2464.65億円。設備投資額は1801.20億円。
工業
製造業に属する事業所数は、2800(平成22年工業統計調査、以下同じ)で、従業者数は10万203人。製造品出荷額等は4兆3807億円、付加価値額は1兆3965億円、有形固定資産投資総額は1178億円となっている。
製造品出荷額の業種別構成比では、石油1兆568億円 (24.1%) が最も多く、以下、一般機械6236億円 (14.2%)、輸送機械4998億円 (11.4%)、食料4635億円 (10.6%)、情報機器3593億円 (8.2%)、金属製品2411億円 (5.5%)、飲料1532億円 (3.5%)、電気機械1403億円 (3.2%)、非鉄1099億円 (2.5%)、化学1022億円 (2.3%)、その他14業種6310億円 (14.4%) と続く。
農業
都市化の中にありながら第一次産業である農業も近郊農業として確立し、盛んに行われている。横浜市内の農地面積は3,419ha と神奈川県内最大である。
横浜市独自の農業振興策として、市街化調整区域や生産緑地地区などの他に、農業専用地区という都市農業の確立と都市環境を守ることを目的とした地区が定められている。現在26地区、1011ha(うち田畑は613ha)が指定されており、横浜農業の中心として意欲的な農業経営が持続されている。
現在ではキャベツホウレンソウコマツナジャガイモなどをはじめ、「横浜ブランド農産物」の生産が意欲的に行われている。港北区綱島の桃「日月桃」や保土ケ谷区の「保土ヶ谷いも」など、かつては全国に知られた野菜産地も市内に存在する。

本社を置く主な企業[編集]

日産自動車グローバル本社
横浜銀行本社ビル
相模鉄道(相鉄HD傘下)
 一般企業 
 東証1部 
上場
日産自動車 - 相鉄ホールディングス - 横浜銀行 - 日本発条 - 芝浦メカトロニクス - クリエートメディック - JVCケンウッド(旧・日本ビクター) - 千代田化工建設 - 京三製作所 - 新興プランテック - 日本農産工業 - 日本配合飼料 - 宇徳 - さが美 - CIJ - ニフコ - グラフテック - NECモバイリング - サカタのタネ - コロワイド - 横浜冷凍 - 岡村製作所 - コナカ - 図研 - ナイス - ユニプレス - 協同飼料 - ヨロズ - アネスト岩田 - アマノ - CFSコーポレーション - パイオラックス - 古河電池 - コーエー - マクニカ - アイネット - 小野測器 - 富士ソフト - 日揮 - 丸全昭和運輸 - クリエイトエス・ディー - ファンケル - パナソニック モバイルコミュニケーションズ(旧・松下通信工業) - エーアンドエーマテリアル - コカ・コーラ セントラル ジャパン - アルプス技研
東証2部
上場
ベリテ - ランド - スルガコーポレーション - 花月園観光 - KIホールディングス - 工藤建設 - アルプス物流 - 東京エレクトロン デバイス - ゼロ - スリーエフ - ソディック - エルナー - テクノメディカ - トリニティ工業
JASDAQ
上場
ピーシーデポコーポレーション - ヒップ - 陽光都市開発 - タウンニュース社 - エバラ食品工業 - トオカツフーズ - 創健社 - トーエル - 菊水電子工業
マザーズ
上場
チップワンストップ
非上場等 日本飛行機 - 劇団四季(四季株式会社) - タカナシ乳業 - テイヒュー - 崎陽軒 - 富士通ワイエフシー - 三和エナジー - 富士シティオ - 大倉陶園 - グラフテック - インターネット・コミュニケーションズ - 日立システムズエンジニアリングサービス - 日本ヒルティ
金融機関
横浜銀行 - 横浜信用金庫 - 神奈川銀行(旧神奈川相互銀行:第二地方銀行)
メディア
神奈川新聞 - テレビ神奈川(tvk:神奈川新聞傘下) - アール・エフ・ラジオ日本 - 横浜エフエム放送 (Fm yokohama) - 横浜コミュニティ放送 (FM-salus)

交通[編集]

航空[編集]

市内に空港はなく、国内線は東京都大田区東京国際空港(羽田空港)、国際線は千葉県成田市成田国際空港(成田空港)が最寄りとなる。アクセス路線として横浜駅東口バスターミナルに隣接する横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)を中心に、市内の各主要駅から両空港へのリムジンバスが発着し、鉄道路線では京急が市内各駅と羽田空港国際線ターミナル駅および羽田空港国内線ターミナル駅を結ぶ列車、JRが横浜駅と空港第2ビル駅および成田空港駅を結ぶ列車(成田エクスプレスなど)を運行している。
なお、国際航空運送協会(IATA)都市コード YOK を持つ。

船舶[編集]

横浜港
横浜港は、開港当初から昭和初期に至るまで、綿花などの原料・類・機械輸入と、生糸綿糸絹織物輸出を主とし、特に生糸貿易港として発展した。その後、京浜工業地帯の発展に伴い、鉄鋼・機械類・油脂の輸入と、機械類・金属製品・鉄鋼の輸出を主とする工業港となる。現在では、本牧埠頭大黒埠頭南本牧埠頭の三つの複合型コンテナ埠頭群が整備され、コンテナ貨物取扱や倉庫物流における日本経済の拠点として重要な役割を担っている[57]。一方では、高島埠頭や、新港埠頭はその役割を終えて、みなとみらい地区として再整備され、新たな港湾機能の役割を担っている。また、山下埠頭もバルク貨物のコンテナ輸送以降に伴いその役割を終えつつあり、新山下地区再整備構想のなかで、新たな横浜都心の整備エリアとしての構想が出されている。横浜港は、日本有数の貿易港となり、東京港と併せて京浜港として指定特定重要港湾(スーパー中枢港湾)に指定されている[58]。また横浜港は、明治以来、海外渡航者の海路玄関口の一つとして、大さん橋や新港埠頭に多くの客船移民船が出入りした。1960年代以降は外国航路が空路に替わり、国内フェリー航路の中心が東京港を中心に発展したことや、1970年代前半のオイルショックにより海運会社が貨客船による船客輸送を減少させたことから、客船ターミナルとしての役割は減衰しはじめた。しかし1960年代後半から1990年代前半まで旧ソ連極東船舶公社がナホトカ定期航路を開設し維持したことが横浜港の海外渡航機能としての役割を維持した。また東海汽船により伊豆諸島への旅客港としての航路も維持している。
1990年代になると、日本国内でクルーズ客船による船旅が活発化し始め、クルーズ客船も大型化が著しくターミナルも老朽化したことから、2002年(平成14年)6月に大さん橋国際客船ターミナルが新装オープンした。また横浜市クルーズ客船の寄港誘致に積極的に取り組んだ結果、横浜港への日本船籍のクルーズ客船の寄港回数は2003年度に国内1位になり、現在まで国内1位を続けている[注 17][59]
一方乗降客数では、2007年から2008年現在、外国航路の定期路線が存在せず、国内航路は伊豆諸島への定期航路しかないため、国内主要旅客港との乗降客数の比較では、中国への定期客船航路を持つ大阪港神戸港、国内フェリー航路を持つ東京港のより低い数値となっている。横浜港へのクルーズ客船寄港が大きな経済波及効果を伴うことと、クルーズ旅行そのものが、先進国の富裕層の指標ともなっており、中長期的に増加が見込まれることから、横浜市横浜港にとってクルーズ客船寄港促進は、同じく経済波及効果の高いコンテナ船寄航促進と並び、重要な課題となっている。

横浜港遊覧

鉄道路線[編集]

主要な駅
市の中央駅は横浜駅新幹線停車駅は新横浜駅、本庁最寄駅は関内駅
  • 横浜駅(JR・京急線・東急東横線・相鉄線・みなとみらい線・ブルーライン)
  • 鶴見駅(JR京浜東北線・鶴見線)
  • 東神奈川駅(JR京浜東北線・横浜線)
  • 戸塚駅(JR東海道線・横須賀線・ブルーライン)
  • 桜木町駅(JR根岸線・ブルーライン)
  • 関内駅(JR根岸線・ブルーライン)
  • 菊名駅(JR横浜線・東急東横線)
  • 中山駅(JR横浜線・グリーンライン)
横浜駅とその周辺(2005年撮影)
新横浜駅(2008年撮影)
東日本旅客鉄道(JR東日本)
東海道本線
横須賀線
京浜東北線
根岸線
横浜線
南武線
鶴見線
東海旅客鉄道(JR東海)
東海道新幹線
  • - 新横浜駅 -
京浜急行電鉄(京急)
本線
逗子線
東京急行電鉄(東急)
東横線
目黒線
  • - 日吉駅
田園都市線
こどもの国線(全線)
相模鉄道(相鉄)
本線
いずみ野線
横浜高速鉄道
みなとみらい線(全線)
横浜市交通局
横浜市営地下鉄ブルーライン湘南台駅以外全線)
横浜市営地下鉄グリーンライン(全線)
横浜シーサイドライン
金沢シーサイドライン(全線)

備考

  • 市内のJRの駅は、JRの特定都区市内制度の「横浜市内」駅として扱われる。(なお、「横浜市内」駅には川崎市内の一部JR駅も含む)
  • 横浜駅は西区の中央駅でもあるが、横須賀線ホームの一部が神奈川区に跨る。
  • 横須賀線および京浜東北線は運転系統上の名称であり、線路名称上は東海道本線に属する。そのため、線路名称上市内を通るJRの在来線は東海道本線・根岸線・横浜線・南武線・鶴見線の計5路線である。
  • 京浜東北線と根岸線は常時相互直通運転。
  • 横浜線の一部列車は東神奈川駅から根岸線に乗り入れる。
  • 西隣の鎌倉市に所在する大船駅の東側一部が栄区に跨る。(上記「横浜市内」駅には含まれない)
  • 弘明寺駅は京急と地下鉄の2つがあるが、距離が大きく離れているため、乗換駅ではない。
  • 一方、JR京浜東北線・横浜線の「東神奈川駅」と、京浜急行電鉄の「仲木戸駅」は、名前は違うがペデストリアン(歩行者用)・デッキでつながれた乗換駅である。

路線バス[編集]

各事業者の運行子会社は省略。

乗車方法は、地域・会社毎に異なる。市営バス・臨港バス・東急バス・小田急バス・フジエクスプレス・大新東バスは前乗り後降り先払いで、区間制の路線であっても整理券は使用せず、乗車時に行き先を乗務員に告げて所定の運賃を支払う。京急バス・相鉄バス・江ノ電バス・神奈中バスは前乗り後降りの路線と後乗り前降りの路線があるが、これは地域(均一制か区間制)によって分かれる。なお、神奈中バスでは主として戸塚以西で前乗り前降りの路線も存在する。後乗り前降りと前乗り前降りの路線はいずれも後払いであり、整理券方式を採っている。

運賃は均一制を採る区間と区間制を採る区間に分かれる。後者は主として金沢区・戸塚区・泉区・栄区・瀬谷区および旭区の大部分と緑区の一部であり、それ以外の地区は均一制である。

境界バス停
寬政・京町三丁目・池田一丁目・南幸町・末吉橋西詰・鷹野大橋・江川町・井田坂・蟹ヶ谷・道中坂下・すみれが丘公園・美しが丘三丁目・美しが丘西一丁目・保木・すすき野団地・すすき野二丁目・早野・三輪緑山二丁目
(以上、川崎運賃との境界)
杉山神社前・長津田駅・公園前・若葉台西・大貫橋・緑警察署前・都岡辻・今宿・二俣川駅北口・万騎が原大池・環2今井・星川ランプ・富士見橋・さかえ橋・東戸塚駅東口・不動坂・戸塚駅東口・港南車庫入口・日野南中学校前・元大橋公園前・横浜栄高校前・市民の森入口・上の前・杉田・慶珊寺前・東柴町
(以上、区間制運賃との境界。これより内側が均一制運賃となる)

道路[編集]

横浜市は「横浜国際港都建設法」により、日本の代表的な国際港都であるべきことが目的として掲げられている(法第1条)。そのため、国際港都にふさわしい都市計画として「横浜国際港都建設計画」を定めることになっており、その道路事業が「横浜国際港都建設計画道路事業」として計画されている。

しかし道路整備率は13大都市間で最低位である。戦後比較的早期に「横浜国際港都建設計画道路事業」として策定され、その後も都市計画法制定まで多数の計画路線が追加されたが、事業着手され全線完成した路線は少ない。直近でも「ゆめはま2010プラン」1994-2010や「横浜中期政策プラン」2002-2006、「中期計画」2007-2010等で横浜都心迄30分の交通体系整備を実現させる3環状10放射からなる主要計画があるが、全線完成したのは2路線に過ぎない。市内の都市計画道路の整備率は、2009年3月31日時点で計画延長688.93kmに対し、整備済446.37kmであり、整備率は64.8%である。

  • 3環状
  • 10放射
    • 横浜藤沢線(港南区丸山台〜戸塚区小雀町)
    • 羽沢池辺線(神奈川区羽沢町〜都筑区池辺町)
    • 山下長津田線(中区山下町〜緑区長津田町)
    • 横浜鎌倉線(鎌倉街道、県道21号と一部重複)(中区本町〜栄区公田町)
    • 桂町戸塚遠藤線(栄区桂町〜泉区下飯田町)
    • 横浜伊勢原線(長後街道、県道22号と一部重複)(戸塚区上倉田町〜泉区上飯田町)
    • 日吉元石川線(県道102号と一部重複)(港北区日吉〜青葉区美しが丘西)
    • 横浜上麻生線(県道12号と一部重複)(神奈川区東神奈川〜青葉区鉄町)
    • 横浜逗子線(笹下釜利谷道路県道22号と一部重複)(港南区上大岡西〜金沢区六浦町)
    • 権太坂和泉線(保土ケ谷区狩場町〜泉区和泉町)
高速自動車国道東名高速道路
横浜青葉IC - 横浜町田IC
高規格幹線道路首都圏中央連絡自動車道
地域高規格道路
第三京浜道路都筑IC - 港北IC - 羽沢IC - 保土ヶ谷IC
国道1号横浜新道(保土ヶ谷IC - 常盤台IC - 峰岡IC - 星川IC - 藤塚IC - 新保土ヶ谷IC - 今井IC - 川上IC - 上矢部IC
国道16号横浜新道(新保土ヶ谷IC - 狩場IC
横浜横須賀道路本線(狩場IC - 別所IC - 日野IC - 港南台IC - 朝比奈IC
横浜横須賀道路金沢支線(堀口能見台IC - 並木IC
核都市広域幹線道路
保土ヶ谷バイパス新保土ヶ谷IC - 新桜ヶ丘IC - 南本宿IC - 本村IC - 下川井IC - 上川井IC
首都高速道路
K1 神奈川1号横羽線(浅田出入口 - 汐入出入口 - 生麦出入口 - 守屋町出入口 - 子安出入口 - 東神奈川出入口 - 横浜駅東口出入口 - みなとみらい出入口 - 横浜公園出入口)
K2 神奈川2号三ツ沢線(横浜駅西口出入口 - 三ツ沢出入口)
K3 神奈川3号狩場線(新山下出入口 - 山下町出入口 - 石川町出入口 - 阪東橋出入口 - 花之木出入口 - 永田出入口)
K5 神奈川5号大黒線
B 湾岸線(大黒ふ頭出入口 - 本牧ふ頭出入口 - 三渓園出入口 - 磯子出入口 - 杉田出入口 - 幸浦出入口)
横浜藤沢線
環状2号線
横浜北部放射連絡道路
横浜ベイブリッジ(上層部は首都高速湾岸線、下層部は国道357号)
一般国道
国道1号(第二京浜、東海道)
国道15号(第一京浜、東海道)
国道16号(東京外環)
国道246号(厚木街道)
国道357号(東京湾岸道路)
主要地方道
神奈川県道2号東京丸子横浜線
神奈川県道6号東京大師横浜線
神奈川県道12号横浜上麻生線
神奈川県道13号横浜生田線
神奈川県道14号鶴見溝ノ口線
神奈川県道21号横浜鎌倉線
神奈川県道22号横浜伊勢原線
神奈川県道23号原宿六ツ浦線
神奈川県道30号戸塚茅ヶ崎線
神奈川県道40号横浜厚木線
神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線
環状2号線
環状4号線(一部)
横浜市主要地方道80号横浜駅根岸線
横浜市主要地方道81号藤棚伊勢佐木線
横浜市主要地方道82号山下本牧磯子線
横浜市主要地方道83号青木浅間線
横浜市主要地方道84号保土ヶ谷宮元線
横浜市主要地方道85号鶴見駅三ツ沢線

文化施設[編集]

ホール・集会場

図書館

博物館

  • 中区を中心に多数存在。

美術館

公民館

  • 横浜市では「地区センター」、「コミュニティハウス」が相当する。各区に数箇所存在。

スポーツ施設

教育[編集]

市域に設置されている幼稚園小学校中学校高等学校中等教育学校特別支援学校専修学校、および各種学校の数は、下表の通り(いずれも平成24年度神奈川県学校基本調査結果(速報)[60])。各種学校等の外国人学校は9校設置されている[61]。校名等は、各区の記事を参照のこと。

学校種・設置主体別 学校数
 学校種   総数   国立   県立   市立   私立 
幼稚園 286 286
小学校 356 1 345 10
中学校 181 1 149 31
高等学校 91 46 9 36
中等教育学校 2 2
特別支援学校 22 1 7 12 2
専修学校 61 2 59
各種学校 11 11

大学・短期大学[編集]

大学は20校、短期大学は6校設置されている。高等専門学校は設置されていない[62]。校名一覧は下表の通り(太字は本部所在校)。

 大学 国立  横浜国立大学 - 東京工業大学 - 東京芸術大学
公立  横浜市立大学
私立 フェリス女学院大学 - 神奈川大学 - 関東学院大学 - 桐蔭横浜大学 - 鶴見大学 - 横浜薬科大学 - 横浜商科大学 - 慶應義塾大学 - 東京都市大学 - 明治学院大学 - 日本体育大学 -横浜美術大学 - 國學院大學 - 洗足学園音楽大学- 玉川大学- 東洋英和女学院大学
 短期大学  公立 神奈川県立外語短期大学
私立 横浜美術短期大学 - 横浜女子短期大学 - カリタス女子短期大学 - 横浜創英短期大学 - 鶴見大学短期大学部

学校教育以外の教育施設[編集]

自動車教習所

  • 青葉自動車学校、神奈川ドライビングスクール、鎌倉自動車学校、鴨居自動車学校、KANTOモータースクール横浜西口校、菊名ドライビングスクール、京急上大岡自動車学校、コヤマドライビングスクール綱島、湘南平塚モータースクール、新鶴見ドライビングスクール、鶴ヶ峰自動車学校、日吉自動車学校、南横浜自動車学校、横浜自動車学校

神奈川労働局長登録教習機関

  • 杉孝

登録小型船舶教習所

  • 小型船舶免許センター

職業訓練[編集]

公共職業能力開発施設として、職業能力開発短期大学校が2校設置されている。 職業能力開発短期大学校

自治体間交流・国際交流[編集]

自治体間交流[編集]

横浜市は山梨県南都留郡道志村と友好・交流に関する協定を結んでいる[63]

友好・交流に関する協定
横浜市と道志村の友好・交流に関する協定書(2004年(平成16年)6月22日調印) - 「市民と村民が相互に活発な交流を進め、持続的な友好交流が行われるよう努める」ことなど、3項目に合意。
「横浜市民ふるさと村」に関する覚書(2004年(平成16年)6月22日調印) - 道志村を「横浜市民ふるさと村」とすることなど、3項目に合意。

国際交流[編集]

姉妹都市など[編集]

横浜市は7都市と姉妹都市提携、1都市と友好都市提携し、7都市とパートナー都市提携している[64][65]。また、横浜港は3港と姉妹港提携、2港と友好港提携し、1港と貿易協力港提携している[66]

姉妹都市

友好都市

パートナー都市

姉妹港

友好港

  • 中華人民共和国の旗 上海港(中華人民共和国) - 1983年(昭和58年)10月12日友好港提携
  • 中華人民共和国の旗 大連港(中華人民共和国) - 1990年(平成2年)9月5日友好港提携

貿易協力港

総領事館など[編集]

横浜市には、大韓民国が総領事館を置き、中華民国が台北駐日経済文化代表処を置いている他、5ヶ国が名誉領事館を置いている。1975年(昭和50年)前後までは、米国、英国、フランスなども横浜に総領事館を置いていた。

総領事館など

外国政府事務所

名誉領事館

海外事務所[編集]

横浜市は、ドイツフランクフルトと中華人民共和国の上海(財団法人横浜産業振興公社が運営)に海外事務所、インドムンバイに海外拠点機能を置いている。かつては、マレーシアクアラルンプール(2003年(平成15年)6月末に閉鎖)、アメリカのニューヨーク(2007年(平成19年)3月末に閉鎖)、ロサンゼルス(2007年(平成19年)10月に設置、2010年(平成22年)3月末に閉鎖)にも海外事務所を置いていた。

  • 中華人民共和国の旗 財団法人横浜産業振興公社上海事務所 - 1987年(昭和62年)10月開設
  • ドイツの旗 横浜市フランクフルト事務所 - 1997年(平成9年)6月開設
  • インドの旗 横浜市ムンバイ拠点機能 - 2008年(平成20年)3月開設[67]

その他の連携協定[編集]

2011年(平成23年)4月26日、横浜市は国際的な生物多様性の取組みを発展させることを目的として、国連大学高等研究所(UNU-IAS)と生物多様性に関する連携協定を締結した[68]

横浜市に関する作品[編集]

演劇 人間万事金世中 (1879年)
映画 港の日本娘 (1933年) - 悲しき口笛 (1949年) - 霧笛 (1952年) - 俺は待ってるぜ (1957年) - 霧笛が俺を呼んでいる (1960年) - 涙を、獅子のたて髪に (1962年) - 天国と地獄 (1963年) - 三大怪獣 地球最大の決戦 (1964年) - 夜霧のブルース (1963年) - 月曜日のユカ (1964年)- 赤いハンカチ (1964年) - カミカゼ野郎 真昼の決斗 (1966年) - ひき逃げ (1966年) - 帰らざる波止場 (1966年) - 夜霧よ今夜も有り難う (1967年) - やくざ刑事 (1970年) - 狼やくざ 殺しは俺がやる (1971年) - 麻薬売春Gメン (1972年) - 虹を渡って (1972年) - 正義だ!味方だ!全員集合!! (1975年) - 冬の華 (1978年) - ヨコハマBJブルース (1981年) - 喜劇 家族同盟 (1983年) - キャバレー (1986年) - あぶない刑事 (1987年)- またまたあぶない刑事 (1988年) - もっともあぶない刑事 (1989年) - ゴジラvsモスラ (1992年) - 我が人生最悪の時 (1993年) - 遥かな時代の階段を (1994年) - 居酒屋ゆうれい (1994年) - 横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇 (1994年)- あぶない刑事リターンズ (1996年) - 罠 (映画)|罠 (1996年) - あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE (1998年)- ジャンクフード (1998年) - ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 (2001年) - ゴジラ×メカゴジラ (2002年) - まだまだあぶない刑事 (2005年) - ヨコハマメリー (2005年) - 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 (2006年) - 犯人に告ぐ (2007年) - 大決戦!超ウルトラ8兄弟 (2008年) - ねこタクシー (2010年)- コクリコ坂から (2011年)- 夜明けの街で (2011年) 映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち (2012年)
テレビ
ドラマ
ウルトラマン (1966年) - キイハンター (1968 - 1973年) ※複数話 - 追跡 (1973年) - 俺たちの勲章 (1975年) - 大追跡 (1978年) - 探偵物語 ※複数話 (1979 - 1980年) - プロハンター (1981年) - 早春スケッチブック (1983年) - 牟田刑事官事件ファイル (1983年 - ) - あぶない刑事 (1986年 - 1987年) - ベイシティ刑事 (1987 - 1988年) - もっとあぶない刑事 (1988 - 1989年) - 法医学教室の事件ファイル (1992年 - ) - しあわせの決断 (1992年) - あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル’98 (1998年) - おばはん刑事!流石姫子 (1998 - 2003, 2006年) - Sweet Season (1998年) - あきまへんで! (1998年) - ストロベリー・オンザ・ショートケーキ (2001年) - 私立探偵 濱マイク (2002年) - ホットマン (2003年 - 2004年) - 喰いタン(2006 - 2007年) - 海猿 (2005年) - 14才の母 (2006年) - たったひとつの恋 (2006年) - どんど晴れ (2007年) - 正義の味方 (2008年) - 打撃天使ルリ (2008年) - シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜 (2008年) - イノセント・ラヴ (2008年) - 相棒Season 7 第10話 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状! (2009年1月1日) - RESCUE〜特別高度救助隊 (2009年) - ねこタクシー (2010年) - Piece(2012年) - ダブルフェイス (テレビドラマ)(2012年)
アニメ Kanon(京都アニメーション版) - 超神伝説うろつき童子 - センチメンタルジャーニー - 鋼鉄天使くるみ2式 - MAJOR(メジャー)- 君が主で執事が俺で - ミラクル☆ガールズ - 探偵オペラ ミルキィホームズ - 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX - - プリティーリズム・オーロラドリーム -コクリコ坂から - ココロコネクト - 超速変形ジャイロゼッター - ハマトラ
漫画 夜回り先生 - 新世紀エヴァンゲリオン - ハチミツとクローバー - MAJOR - 夏のあらし! - 絶対少年(横浜編) - ヨコハマ買い出し紀行 - スクールランブル - ケンタウロスの伝説 - 疾風伝説 特攻の拓 - あいしてる(守村大)- あいつとララバイ楠みちはる)- B・B石渡治)- 僕といっしょ古谷実) - ミラクル☆ガールズ(秋元奈美) - 探偵オペラ ミルキィホームズ - バンビ〜ノ!SECONDO(せきやてつじ) - とっとこハム太郎 - 文豪ストレイドッグス
ゲーム 君が望む永遠 - マブラヴ - マブラヴ サプリメント - マブラヴ オルタネイティヴ - マブラヴ ALTERED FABLE - レーシングラグーン - 電車でGO!(京浜東北線で横浜市の駅が出てくる) - 金色のコルダ(3) - ときめきメモリアル3 - KAIDO-峠の伝説-(ショートコースで収録、コース中に外国人墓地が出てくる) - 潮風の消える海に - 探偵 神宮寺三郎 横浜港連続殺人事件 - 探偵オペラ ミルキィホームズ - 青空の見える丘
文学 霧笛大佛次郎) - 黄金伝説(石川淳)- 海の沈黙(三好徹)- 午後の曳航三島由紀夫) - 砂の上の植物群吉行淳之介) - マイク・ハマーへ伝言矢作俊彦) - 横浜殺人事件内田康夫) - 花園の迷宮山崎洋子) - ゴールドラッシュ柳美里) - 海を見ていたジョニー五木寛之)- 傷痕の町(生島次郎)- 夜明けの街で東野圭吾
絵画 Y市の橋松本竣介
音楽 横浜リリーポルノグラフィティ) - ヨコハマシカ feat.OZROSAURUSサイプレス上野とロベルト吉野
横浜市歌
作詞・森林太郎(森鴎外)、作曲・南能衛
1909年(明治42年)に、開港50周年を記念して作られた。なお、各区の歌は区の記事を参照。
横浜音頭
山野芋作(長谷川伸)による同名の小説がある。後に舞台化され1913年(大正3年)に横浜座で初演。
いいね!横浜G30
作詞・駒井瞭、作曲・横山剣クレイジーケンバンド
横浜市環境事業局(現在は資源循環局)「ヨコハマはG30」タイアップ曲。横浜市内では、ごみ収集時に流される。
  • 使用当初は原曲のまま(歌詞付き)使用されていたが、その後電子音によるアレンジを使用している。
歌謡曲
横浜を歌ったご当地ソングは数多くある。1998年(平成10年)1月3日放送の「出没!アド街ック天国」で紹介された「全国名曲の街ベスト50」では、第1位は横浜(ブルー・ライト・ヨコハマ)だった。主要な曲目については神奈川県のご当地ソング一覧#横浜を参照。

マスコット[編集]

横浜市には数多くのマスコットキャラクター(ゆるキャラ)が存在する。

イベントの
キャラクター
たねまる(横浜開港150周年) - toMtoM21(トムトム21、市政100周年横浜市泉区地域イベント)-ブルアちゃん(横浜博覧会)-ハマこい君(ヨコハマカーニバル
 行政機関の 
キャラクター
はまりん(交通局) - はまピョン(水道局) - ハマサイ(行政運営調整局・横浜市債マスコット) - とつか再開発くん(都市整備局・戸塚駅西口再開発事業) - へら星人ミーオ(資源循環局「ヨコハマはG30」) - クリーンバード(資源循環局のシンボルマーク) - ふや星人ゴミーオ(資源循環局・中事務所) - にこりん(コールセンター) - イコットちゃん(選挙管理委員会) - イコットJr.(選挙管理委員会) - だいちゃん(環境創造局) - はま菜ちゃん(環境創造局) -エコぽん(環境創造局)- ひだまりちゃん(こども青少年局) - すくすくん(こども青少年局) - ハマくん(消防局) - みんなのアース君(地球温暖化対策事業本部地球温暖化対策課)
区での
キャラクター
ワッくん(鶴見区) - かめ太郎(神奈川区) - にしまろちゃん(西区) - スウィンギー(中区) - みなっち(南区) - こう・なん・くぅ(港南区) - かるがも隊(保土ケ谷区) - あさひくん(旭区) -てっくるちゃん(旭区・グリーンロードシンボルマーク)- いそっぴ(磯子区、磯子まつりマスコット) - ミズキー(港北区) - なしかちゃん(青葉区) -えら坊(青葉区選挙管理委員会)- ミドリン(緑区) - ウナシー(戸塚区) -ララ・ミミ・キキ(戸塚区・とつか緑と暮らそうキャンペーン)- せやまる・このは家族(瀬谷区) - いっずん(泉区) - タッチーくん(栄区、いたち川マスコット)- ぼたんちゃん(金沢区)- どぼくねこ(港北土木事務所)- あいちゃん(都筑区・地域福祉保健計画マスコット)
その他 いこあら(金沢区明るい選挙推進協議会) - ヨッチー(横浜市立大学) - キャプテンわん(横浜市体育協会)- みどりちゃん(横浜市緑の協会.※ミドリ電化のミドリちゃんとは無関係)

横浜市の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 徽章は横浜港開港50周年を記念して、市民からの公募により1909年明治42年)6月5日制定(明治42年6月5日告示第44号)。「ハマ」の2文字が図案化されているため、市民には「ハマ菱」「ハマ章」「ハマ旗」と呼ばれて親しまれている。
  2. ^ 関内地区の中区港町一丁目1番地には横浜市役所が、中区日本大通1番地には神奈川県庁がある。
  3. ^ 横浜村は、武蔵国久良岐郡に属する。「横浜」の名は、海から見たとき「横に長い浜」であることに由来するとされる[11]
  4. ^ 横浜村は、安政6年(1859年)に横浜町となり、1878年(明治11年)には郡区町村編制法の施行により横浜区になっていた。
  5. ^ 横浜市立学校の管理運営に関する規則(昭和59年教育委員会規則第4号)4条1項8号は、小中学校における休業日として「開港記念日 6月2日」と定めている。
  6. ^ 従来、開港記念日は旧暦に合わせて6月2日としてきたが、このとき新暦に合わせて7月2日とした。しかし、1928年(昭和3年)には6月2日に再変更され、現在に至っている。
  7. ^ 関東大震災による死者は2万人余で人口比にして東京の約2倍(5.4%)、全壊家屋は6万戸、
  8. ^ 横浜大空襲による被害は、死者3,787人、重傷者1,554人、軽傷者10,837人、罹災者313,144人、罹災戸数79,350戸に及ぶ(「神奈川県下の空襲被害状況」 (PDF) 、『神奈川県警察史(中巻)』より、横浜市行政運営調整局総務部法制課)。
  9. ^ 戦時中を通じての空襲による被害は、罹災面積6,940,000坪、罹災人口399,187人、罹災戸数98,361戸、死者5,830人、負傷者14,215人に及び、市街地の46%が被害を受けた(建設省編『戦災復興誌』第1巻(1959年) (PDF) より、横浜市行政運営調整局総務部法制課)。
  10. ^ 横浜は連合国軍によって、港湾施設の90%、市街地の27%が接収された。接収された土地の面積は918万m²、建物は96万m²にのぼる。また、横浜の接収は、沖縄を除く全国の接収土地面積の70%、接収建物の61%を占め、その6割は継続接収であった。
  11. ^ 以下、いずれも2014年(平成26年)2月1日現在推計。
  12. ^ その後、2007年(平成19年)4月の地方自治法の改正により、正式名称となった。
  13. ^ 会計間で相互にやりとりする重複部分を除いた純計。
  14. ^ 市議会を地方自治法規定外の通称である「市会」と称する慣習は、他の五大都市にも見られる。
  15. ^ 詳しい表記などは、「横浜市の町名一覧(平成18年11月1日現在)」(横浜市市民活力推進局区政支援部窓口サービス課、2007年1月5日更新)を参照。
  16. ^ 交通の便が良いため、コンサート、ライブ等は多数開催されている。#横浜市出身の有名人で見られるように、輩出している芸能人は多いものの地元への定着性は低い。これは、地元密着のマスコミが少ないためであり、東京を除く関東広域圏共通の傾向でもある(詳しくはローカルタレントの項を参照)。
  17. ^ 2006年(1月〜12月)の日本船籍客船の寄港回数は、131回で4年連続国内1位。

出典[編集]

  1. ^ 横浜市インナーハーバー検討委員会(横浜市都市整備局都市デザイン室、開港150周年の2009年設置)
  2. ^ 東神奈川臨海部周辺地区のまちづくり(横浜市都市整備局)
  3. ^ LRT導入検討本格化へ 林市長が2期目に意欲 横浜(MSN産経ニュース 2013年9月3日付)
  4. ^ エキサイトよこはま22 横浜駅周辺大改造計画 概要版(改訂版) (PDF) 平成25年6月。発行・編集、横浜市都市整備局都心再生部都心再生課。
  5. ^ 関内・関外地区活性化推進計画(概要版) (PDF) 平成22年3月。横浜市都市整備局都市再生推進課。
  6. ^ 新横浜都市整備基本構想パンフレット(1999年) (PDF)  平成11年6月発行。横浜市都市計画局都市企画部企画調査課。
  7. ^ 横浜市都市計画マスタープラン(全体構想) (PDF) 平成25年3月発行。編集・発行、横浜市都市整備局企画部企画課。
  8. ^ 上大岡が副都心に選ばれた理由、そして副都心の定義とは?(はまれぽ.com 2012年8月19日)
  9. ^ 鉄道計画検討調査。運輸政策審議会答申路線に関する中間まとめ。 (PDF) 平成25年4月。横浜市都市整備局。
  10. ^ 横浜環状道路パンフレット (PDF) 平成12年8月発行、平成13年11月改訂。横浜市道路局。横浜環状道路調整部事業調整課
  11. ^ 「横浜」の由来って何?(はまれぽ.com 2011年3月28日)
  12. ^ 地方自治法(昭和22年法律第67号)252条の19第1項、地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令(昭和31年政令第254号)。
  13. ^ 多極分散型国土形成促進法(昭和63年法律第83号)8条1号イ、多極分散型国土形成促進法施行令(昭和63年政令第194号)5条1号、首都圏整備法(昭和31年法律第83号)2条3項、首都圏整備法施行令(昭和32年政令第333号)2条。
  14. ^ 横浜市が「環境未来都市」及び「国際戦略総合特区」にダブル選定!」、横浜市経済局新産業振興課、2011年(平成23年)。
  15. ^ 都市再生特別措置法2条3項、都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域を定める政令2条。
  16. ^ 「横浜市統計ポータルサイト大都市比較統計年表(平成16年)I 土地及び気象 1。位置、面積及び市域の高低」
  17. ^ 平年値(年・月ごとの値) 気象庁、横浜地方気象台。平均値は1981年 - 2010年の平年値。極値は横浜気象台が観測を始めてから、記述時現在(2011年12月23日)までのもの。
  18. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)(2011年12月23日確認)
  19. ^ 「2007年さくら(ソメイヨシノ)の開花日及び満開日一覧(東京管内)」 気象庁。(2007年8月19日時点のアーカイブ
  20. ^ 1909年(明治42年)7月4日付、「横浜貿易新報」。
  21. ^ 横浜市都市経営局基地対策部
  22. ^ 「横浜開港150周年〜市政120周年〜基本計画」、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
  23. ^ 横濱開港150周年、財団法人横浜開港150周年協会。
  24. ^ 開国博Y150公式サイト、財団法人横浜開港150周年協会。
  25. ^ 開港記念式典/ヴィジョン!ヨコハマ、横浜市開港150周年・創造都市事業本部。
  26. ^ 横浜港 象の鼻地区、横浜市港湾局企画調整課。
  27. ^ 「開港150周年の森」づくり、横浜市環境創造局みどりアップ推進部みどりアップ推進課。
  28. ^ マリンタワー再生事業、横浜市経済観光局観光交流推進課。
  29. ^ 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校、横浜市。
  30. ^ APEC首脳会議の開催、横浜市文化観光局APEC開催推進課、2010年(平成22年)
  31. ^ 横浜市放射線対策本部
  32. ^ “平成25年4月1日現在の保育所待機児童数について” (プレスリリース), 横浜市こども青少年局保育対策課, (2013年5月20日), http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/kinkyu/file/250520-250401taikijidousuu.pdf.pdf 2013年5月22日閲覧。 ヨコハマはぴねすぽっと(横浜市こども青少年局、こども・青少年の総合ポータルサイト)”. 横浜市こども青少年局 (2013年5月20日). 2013年5月22日閲覧。
  33. ^ 全国都道府県市区町村別面積調、国土地理院。2008年(平成20年)4月1日速報値。
  34. ^ a b 神奈川県の人口と世帯
  35. ^ 以下、「年齢別人口」 横浜市政策局総務部統計情報課参照。
  36. ^ 人口のあゆみ(明治22年〜平成11年)第18表 年齢(3区分)別人口、年齢構造指数及び平均年齢の推移-市(大正9年〜平成24年)、横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係。
  37. ^ 「人口のあゆみ」 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
  38. ^ 国勢調査でみる横浜市の昼夜間人口 (PDF) 、横浜市
  39. ^ a b c d 横浜市の財政状況(平成23年度版) (PDF) 、横浜市総務局財政部財政課。
  40. ^ 「平成20年度・市税決算額調」、横浜市総務局主税部税務課。
  41. ^ 「都市計画道路の整備状況」 横浜市道路局計画調整部企画課。
  42. ^ 「平成17年国勢調査 従業地・通学地集計結果」 横浜市、総務省統計局
  43. ^ 横浜特別自治市~横浜市が変わる!地方自治が変わる!~(パンフレット) (PDF) 平成25年05月発行。横浜市政策局大都市制度推進課。
  44. ^ 「市政記録2012年版」 第1部 市勢編、横浜のあゆみ p10 (PDF) (初代から30代就任日まで)
  45. ^ 2009年(平成21年)7月28日に辞表提出。
  46. ^ 横浜市行政運営調整局財政課のサイト を参照。
  47. ^ 「横浜市会」 横浜市市会事務局
  48. ^ 横浜市会 会派別名簿”. 2014年9月16日閲覧。
  49. ^ 「神奈川県内の行政機関ガイド」 総務省神奈川行政評価事務所。
  50. ^ 第45回衆議院議員総選挙 投・開票速報、神奈川県選挙管理委員会。
  51. ^ 任期満了日 - 神奈川県ホームページ
  52. ^ “県議在職中に違法ドラッグ所持容疑 「違法だと思わず」”. 朝日新聞. (2014年7月16日). http://www.asahi.com/articles/ASG7J6DXCG7JULOB038.html 2014年7月16日閲覧。 
  53. ^ “大幅削減のはずでは…県議「2減」可決した県”. 読売新聞. (2014年3月21日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20140321-OYT1T00222.html 2014年7月16日閲覧。 
  54. ^ 平成20年(2008年)横浜市観光入込客数過去最高の4,253万人、経済観光局観光交流推進課、2009年4月20日発表。
  55. ^ 県の観光客数が4年連続で過去最高に、神奈川県、2009年(平成21年)6月9日発表。
  56. ^ 平成17年国勢調査 第2次基本集計結果「横浜市の概要」 (PDF) 横浜市行政運営調整局総務部総務課統計係
  57. ^ 「横浜港ホームページ」 横浜市港湾局
  58. ^ 港湾法(昭和25年法律第218号)2条の2、平成16年7月23日国土交通大臣公示
  59. ^ 「クルーズ客船に人気があるのはどの港?」(2007年1月26日) クルーズオンライン
  60. ^ 「平成24年度神奈川県学校基本調査結果速報」、神奈川県統計センター。
  61. ^ 「平成19年度版 教育年鑑」 横浜市教育委員会
  62. ^ 「平成20年度学校基本調査(速報値)」
  63. ^ 「道志村との友好交流促進について」 横浜市都市経営局調査・広域行政課、2004年6月23日作成 - 2012年4月6日更新
  64. ^ 「国際交流」 横浜市都市経営局国際政策室
  65. ^ ベトナム・ホーチミン市と「ビジネスパートナー都市」提携、横浜市経済観光局誘致・国際経済課。
  66. ^ 「姉妹港・友好港・貿易協力港」 横浜市港湾局振興事業課。
  67. ^ 横浜市ムンバイ拠点機能、横浜市政策局国際政策室ムンバイ拠点担当、2011年。
  68. ^ 国連大学高等研究所と横浜市が連携協定を締結”. 2012年1月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 横浜市 『横浜の歴史』 横浜市教育委員会事務局小中学校教育課、2007年。
  • 「図説・横浜の歴史」編集委員会 『図説〈横浜の歴史〉市政一〇〇周年 開港一三〇周年』 横浜市市民局市民情報室広報センター、1989年。

関連項目[編集]

企業・団体

歴史

その他

一覧

外部リンク[編集]

原町田(北東) 荏田(北西) 荏田(北東) 川崎(北西)
原町田(南東) 荏田(南西) 荏田(南東) 川崎(南西) 川崎(南東)
座間(北東) 横浜西部(北西) 横浜西部(北東) 横浜東部(北西) 横浜東部(北東)
座間(南東) 横浜西部(南西) 横浜西部(南東) 横浜東部(南西) 横浜東部(南東)
藤沢(北東) 戸塚(北西) 戸塚(北東) 本牧(北西) 本牧(北東)
藤沢(南東) 戸塚(南西) 戸塚(南東) 本牧(南西)
鎌倉(北東) 横須賀(北西)